ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載:日記—これは驚くべきことなのか

.
 「モリヤ大師の言葉」を掲載されている直居あきらブログさんに興味ある記事が掲載されていました。
この話しの内容は、私の認識(下線及び太字)と同じでした。

日記—これは驚くべきことなのか

先輩の古神道系の行者から連絡があった。その方のご父君は有名な神宮の方で熾烈なほどの行をやり尽くしたという。すでに亡くなっているが、この前アストラル界に現れて86歳の娘にこう言ったという。

自分は今日本神界にありそこで学んだことを教える、法華を含むあらゆる教えは人間の思考のものにすぎない、真理はそれらを超えたものだ。だからお前は自分の好きなように生きるようにしなさい。

娘の行者はすごい知識の持ち主として知られていたが、本はほとんど捨てたという。今は毎日、毎日、編み物をして瞑想に入れることを楽しみ、静かに死を待っている。

東京にほとんどの血縁者がいて以前はそれらの愛する人たちが冠水その他で悲惨な死に方をしないように必死に祈祷していたが、それもやめたという。

すべては天意という思考ではなく、すべては何もなしかしら、と言った。父がああ言うのはすでに修行の時代は終わったということよ、女性でいえば閉経ですよ。終り、終り、ああこれですっきりしたわ。

—だれが神智学でいうコーザルの高我を破壊できるか、出来るわけはない。だから誰でもが我こそはと考えて、霊のゆがみに陥る。言語と思考を杖としている愚かさは見られない!その次はおびただしい幻覚。これも人間であればこそ、か。

しかし今回は周期のエネルギーがそれらを破壊する。おそらくは徹底的に。

その女性はこう言った—直居さんも行は終わった。それはあなたの成就のことではなくて、駆け出しの人でも同じこと。あとに何が残るかも考えなくてよい。

好きなことだけしていなさい、それが魔の世界でも。人生に意味など何もない、しがみつけるものなどないのよ。真理とは途方もない未知、それを語ることはできないの。



 参考:過去に当ブログで同様の内容を語った記事「サティア・ユガ:教義のリセット」も併せてご覧下さい(笑

 注:この老女に関して、古神道系と書かれています。昨今、ほぼ全ての宗教が悪魔信仰という括りで語られていますが、私の経験から申し上げたいことがあります。

 それは、どれをとってもその人の方向性次第ということです。例えば魔術師も、神に沿うか悪魔に沿うかによるだけです。白が使える人は黒も使えるのです(指輪物語で白の魔法使いサルマンが闇側に着き、黒の魔法使いになったのと同様に、その術者次第)。どの教義であっても、その目指すところがであれば悪魔に捕われないでしょう。気をつける事は、それら宗教であがめられている特定の神を目指さない事です。


スポンサーサイト

自分で泳げる人、補助があれば泳げる人、泳ぐ気のない人

.
 ある行動に対して、人それぞれのタイプを水泳に例えてこのように云います。

  イ, 自分で泳げる人
  ロ, 補助があれば泳げる人
  ハ, 泳ぐ気のない人

 そこで、瞑想に関して少し書きますので、上記ハ,の人は読まないでください。その気もなく、また努力もせず経験もないのにいちいち他人の軒先(当ブログコメント欄)で風呂敷を広げられては迷惑です。

 注:ここから先は、泳ぐ氣のある人のみ読むのを許可します。


 今回この記事を書くのは、泳ぐ気のない人が、泳げる人や泳ごうとする人を非難するという愚行が見受けられるからです。ましてやそれが、自分が出来ないからという嫉妬心からきていることはイタいことです。自ら努力して悟るのではなく、神示や学問を読んで悟った気になっている者は、夏休みの作文の宿題を己はせずに、クラスの誰かが苦労して書いたのを丸写しして提出していい気になっているようなものです。そんなものはあとで先生にバレて叱られるのです。
 泳ぐ気もなく、泳げないなら、泳げる人を非難する資格はありません。そして気に入らないなら、静かに立ち去ればいいのです。それが大人というものであり、徳を積む道なのです。


 さて、瞑想とは自身を見つめる行為だと以前から書いてきました。そしてそれこそが後に意識の拡大へとつながる道でもあります。そしてその意識の拡大が、アストラルを通り抜け、光につながるというものです。

 まず、なぜそれが自身を見つめる行為なのかというと、瞑想や禅は、心を鎮め、何も考えないようにするのですが、それでも色々思考してしまいます。そのとき、日常特に気に留めず流していた想いが出てくるのです。例えば、
「たらの芽のやろうほんと腹立つな....」とか、「あの子ほんとに気に入らないわ」等。

 こういう、自身のなかにある苛立ちや嫉妬心などに改めて気づくことが重要です。

 そして思考が疲れて、本当に何も考えなくなった頃、潜在的な自身の声が聞こえてきます。それは思考するような頭で浮かんでいるのではなく、身体全体から湧いて来ているような聞こえかたです。そしてこの声は、自身の深層に隠れている本心であり、別の言い方では自ら押さえつけて表に出そうとしない自身の想いでもあります。

 この声を聞くことにより、人は己の本性を知ることができます。人は、己がどんな感情を抱いているのか知らなければ治すことができません。瞑想とは、自身で行うセラピーです。
 そしてそれは、思いもよらない声であるでしょう。私の場合、もう何年も前ですが、もう許していたと思っていた人物を罵倒する声が浮かび上がってきました。これは、表向き許したと思っていても、深層ではまだ許していなかったことを現しています。

 このようにして、瞑想すると自身の本当の想いを知ることが出来ます。そしてこのようにして押さえつけていた想いを解放することにより、己の未熟さを知り、反省することができます。また、それは人によっては精神の不安定を作り出していた元凶を取り除くことにもなり、癒しにもなります。

 実際、鬱を通り越し精神病の手前まで着た女性に瞑想を薦めたところ、当初は聞く耳を持ちませんでしたが、あとで聞くと、今は瞑想によって安定を取り戻しているとのこと。でも多分、私が薦めたことは忘れてるでしょうね(笑

 この時の肉体的な状態は、呼吸がとてもゆっくりになっています。


 そしてさらに、潜在的な想いが一通り出てしまうと、意識はアストラル域に入ります。このとき、呼吸は完全に停止しています。
 しかしここから先は、泳げる人以外は進まないでください。進む場合、以下を心に留めて行ってください。

 初心者の場合、もちろんこの領域は低域なので、くだらない輩(魂)が攻撃してきます(今は知りませんが)。中には瞑想者を騙そうと、善人ぶる者もいるようです。ここでそれらを振り払えない人は、奴らに捕われ、精神が破綻していまいます。霊能者や精神病の多くが、瞑想以外のところで彼らに捕われた者達です。
 ※自らの意思で瞑想しようとするものは、しっかりとした精神を持っていますので、捕われることはおそらくないと思われます。

 アストラルの住人に対しては、どんなに善人に思えても無視することが肝心です。私の場合は、善人は出てきませんでしたが(笑)印象に残ってるのは「バカなことしてるなぁ」「そんなことしたって意味ないよ」「やめろやめろ」と幾つもの魂が瞑想を止めるよう囃し立てました。当初私は黙って言わせてやってたのですが、あまりにきりがないので「出て行け!」と一喝すると、一瞬にして消え去りました。以後、奴らが出てくることはありません。私の精神の方が強いことが分かったので、彼らはもう手出しが出来ないのです。


 アストラルの住人の邪魔が無くなると、完全なる静寂が訪れます。オーム音が聞こえ、その後優しい光に包まれます。そして頭上から、目も眩むような光の柱が降りてきます。
 最新のコブラのインタビューに、「チベット死者の書」についての回答が有ります。そこに、以前から私が光によってカルマの種子を消し、この3次元の罠から逃れる趣旨を書いて来たのと同等のことが語られています。

ロブ:『チベット死者の書』から死の体験についての質問です。「白い光を思い出しなさい。その純粋な光は、宇宙のあらゆるものがそこから出て、宇宙のあらゆるものがそこに帰るところ。あなたのマインドの本質であり、未だ顕現していない宇宙のあるがままの状態。輝いた光の中へ自らを解き放ちなさい。信じて、融け込みなさい。それはあなたの真の本質。それは故郷だ。」これは死の移行の時に役立ちますか、誤っているところはありませんか?

コブラ:これはとても良い助言です。死に際して、あなたの真の本質、あなたの内なる光に集中する助けとなるような説明です。それは実際、死ぬときにアルコンの罠を避ける方法です。



 瞑想は、死後でなくともアルコンの罠から抜け出る為の方法なのです。潜在意識にわだかまりを残している人は、光とつながれないからです。



呼吸こそがマーヤである。

 まるで私の記事へのコメントに対する私の返信に呼応するかのごとくアップされた記事。
まぁ元々そちらの記事を引用して書いたのだから当然でしょうが、でも出典は別書籍です。

 長いので一部抜粋。全文はコチラで。


 〜略〜

そして現在、人間はごく基本的なことさえ理解することができなくなっています。
   それは内なる自我に組み込まれているものが、自分自身だと思っている意識の歪曲から生じているシステムであり、それが一体どんな代物(しろもの)なのか分からないでいるのです。組み込まれたこのシステムこそが明確な人間の本来のビジョンを歪曲し、あなた方に悪夢を見せ、悪魔が暗躍する様子を個人や集団の虚構世界に投影するのです。

   人類はこの世界に生まれ落ちるやいなや、条件付けを促すシステムに組み込まれるようになっています。つまり、このシステムを通して変質した偽者(にせもの)の人格が形成されるようになっているのです。東洋のもっとも進んだ精神哲学では、幻想の何たるかを詳細に説明した「マーヤー現象」が解説されています。そこには人間の意識が”現実世界”と見なすところの、脳が生み出す虚構世界を超越するための方法も明かされています。


   (マーヤー現象 :マーヤーとは幻影・現象の意で、被造物の構造に本来備わっている幻惑を起こす力。マーヤーは相関性、反転、コントラスト、二元性などの対立状態の原理。サンスクリット語のマーヤーとは”分化させるものという意味。つまり、本来無限大で不可分な世界に、限界や区分があるように見せてしまう創造の魔術的力。またマーヤーとは自然そのものでもある。神聖な不変性と対照を成すのが、常に移り変わる虚構の世界)

これまで教えられ、信じてきたすべてが偽りで虚構の世界


   私たちが囚われているのは虚構世界です。
   それは取引して買収された”ETテクノロジー”によって築かれた、地球人類が統制されている今の世界のことです。遺伝子に植えつけられた”内的構造” は、常時、補足されて維持されています。その要因となるものが、政府や国家、それに準じる各種機関、宗教の教義や告解、法律、規制などです。こうしたものを通して、人間に組み込まれた”内部構造”を悪用した陰謀が展開しているのが、現在の幻想の世界なのです。

   人間の存在は、セックスや権力の上に成り立っており、それぞれの人生は性的オルガズムと金銭の追求にのみ浪費されています。人間は苦しむために生き、あげくに苦しみさえも神聖視しています。人間は怒鳴り、罵り、呪いながら働き、苦悶のうちに出産します。人間は呼吸をし、自らを消耗して使い果たし、自らを死へと追いやっていきます。

   いったいどのような”神”が人間に呼吸を促したのか、私たちは知りたいのです。
   そしてなぜ生命の2つの流れが惰性的に分割されており、なぜ人間は独自に、原始のワンネスである脊柱に供えられた主要回路の唯一の流れを見出せないのか、私たちは理解したいのです。なぜ、松果体の太陽が萎縮してしまい、現代医学がその驚異的パワーをまったく認識できないほどに退化してしまったのか、私たちは解明したいのです。

   本物の真の地球の歴史は、認識されているよりももっとずっと古い時代に始まりました。もし闇の勢力ビッグ・ブラザーズとETエイリアンとの間に、何らかの協定が交わされたのだとすれば、それは太古の昔に結ばれたものに違いありません。つまり彼らは互いに、現在知られている地球の歴史を築き上げるために、偽りと沈黙の契約を交わしたのです。そしてでたらめな歴史継承と解釈が作られていきました。同様に、原始の人間の実像にも歪曲が行われ、”聖なる書物”(聖書)が書かれていったのです。

   原始状態の人間には呼吸する必要などまったくなかったということは想像に難くありません。(本来人間は物質的肉体にのみ生きる存在ではなかった) つまり、人間は呼吸したいときだけ呼吸すればよい状態にあり、しかも二元的概念などに縁のなかった本来の人間には、内や外、闇と光などの区別はなく、永遠なる唯一無二の概念に生きていたからです。


   そしてこれこそが、人間がまったく顧(かえり)みることのない神秘であり、タブーである真の現実なのです。偉大なる謎の光はわずかにしか見えず、人間は真っ暗闇に包まれた谷間で、何も気付くことなく横たわっています。光と影はホログラム(立体画像)の眩惑に過ぎず、そのホログラムに巻き込まれていることに気付くこともありません。こうして人間は、光の欠片(かけら)を求める苦痛の探索の旅の途上で苦悶するばかりです。

   今こそ知るべきなのです。
   ホログラムこそがこの世界の境界線なのだということを。ホログラムそのものが、通り抜けることのできない”扉”と化している事実に気付かねばなりません。しかも人間は”向こう側”に存在するもののどんなことにでも驚き、仰天してしまいます。そしてこのような時、人の脳は動揺し始め、それによって脳がつくり上げている王国はきしみ始めることから、手に触れられて確かと感じられる具体的なものや物理的なもの、理性的なものへと逃避し、それが唯一の解決策であるかのように錯覚します。

   そうしたことを公言すると精神病院へ収容されたり、この世界が虚構であることを知る者たちから抹殺されたりしないようにするために、皆逃げてしまうのです。しかし実際には、”向こう側”にあるものは、誰もが恐怖を覚える世界であるのは確かなことですが。二元的でホログラム的な世界と、真の一次元的世界の間には、目に見えない壁が立ちはだかっているようです。この壁を通してものが見えたり聞こえたりするのは、ごくわずかな人々だけです。そして、この壁を越えられる人はさらに数少なくなります。



 補足:私は上記書物を読んでいた訳ではありませんが、自らの肉体、精神的な努力により、コメント返信のように呼吸の秘密を知ってしまいました。上記の著者がどのような経緯でそれを書かれたか存じませんが、重なる部分はわたしにとっては確証の裏付けとなります。



カルマソフトウェアー仕様マニュアル


 このたびは当アルコン社が提供させ頂くカルマソフトウェアーをご要望頂き誠にありがとうございます。
ご契約の際には以下の「マニュアル」をよくお読みになり、正しく輪廻ください。

 なお、このソフトウェアーはご契約者様の手を一切煩わせることなく当カスタマーセンターにてご契約者様の前世より引き続き組み込ませて頂いておりますのでご安心ください。


 アルコン社製カルマソフトウェアーの特徴:

 霊的法則で作用するのは「波動」でございます。地球惑星の皆さまの多くが、これに伴う法則を引き寄せ、或は因果応報と曲解されておられますが、弊社が提供するカルマソフトウェアーは、ご契約者様のご行為に伴う現象を輪廻プログラムに反映させる地球惑星独自の仕様となっております。

 さらに、このソフトウェアーはご契約者様の物理的なご行為だけでなく「想う」という人類の皆様がつい軽んじてしまわれるご行為にさえ作動する優れものでございます。ご契約者様の欲望、願い、それらの全てを余す事無く輪廻プログラムに反映することが可能です。弊社では、地球惑星への転生を望まれる方に限り、転生回数に制限を設けておりません! それにより、ご契約者様が数ある前世で成し遂げられなかった願望の全てが成就されるまで、何度でも繰り返し輪廻プログラムの転生システムをご利用頂けます!
 また、ご契約者様のご行為に伴う現象は、今生または来生以降にも繰り越すことが可能!となっております。

 ※ヴァージョンに伴うアップロードはヘルプチャネルより意識に直接ダウンロードできます。



 アンインストールの方法:
 
・ご契約者様が過去にダウンロードした霊的知識を削除してください。
・コントロールマトリックスを無視してください。




 

 ご注意:

 このソフトウェアーは、地球惑星での輪廻プログラムに何らかのアクシデントが発生しますと、システムに不具合が発生するおそれがございます。その場合、地球惑星同等の波動を備えた代替の惑星及び衛星をご用意しておりますので、カスタマーセンターまでご連絡ください。 


 おかしいな? っと思ったら:
  
・まずは魂が抜けていないかコンセントをご確認ください。
・ご契約者様が光に感染されている可能性がございます。速やかにチャネルを閉じ、弊社推奨のワクチンソフト「低アストラル i 」最新バージョンをダウンロードされることをお勧めします(当該ソフトは光に対してのサポートは行っておりません)。





道を失った魂の行くところ

 本日投稿されたZWRANIUMブログの記事が私の感覚と似ていますので参考までに抜粋し、赤でマーキングしておきます。これは宗教組織に属していなくても共通する内容なので、可能な部分はわざと宗教と言う文字を抜かしてマーキングしてみました。赤文字だけをつなげて読んでみてください。


 以前 ”マトリッックスを無視する" の中で、死後世界地図という書籍の記述「(地獄にいる者たちは)自ら作った罠に捕われているのである」という言葉を引用しましたが、それらと共通すると思います。

 全文は上記一行目リンクからどうぞ。

 地球の兄弟たちよ、今日は宗教への従属と、間違った信仰についてお伝えします。
   生前に宗教をやっていた、おびただしい数の魂たちが道を見失っており、そうした彼らが存在している空間を観察しています。そこは時間も未来もない空間です。それはカトリックやプロテスタント、仏教などのあらゆる宗教の宗門宗派にかかわらず、それらを信仰して来た多くの魂たちが、実存しない幻想の世界と過去のパラレルワールド(並行宇宙次元)に閉じ込められています。

   そこは時の流れもなければ、神の光もない空間です。
   生前、自分たちがその神や仏を信じていたにせよ、信じさせられていたにもかかわらず、自らの確信もなく宗教に従属してきた人々は、肉体を脱いだ死後、そうした多くの魂が閉じ込められている世界へとやって来ました。

   そこはネガティブな勢力の支配下にあり、彼らのなすがままの時空の世界です。

   その空間では、あなた方がスピリットとか霊、魂と呼んでいる者たちが、自らのホログラム(幻影)の世界に閉じ込められ、太陽も光も愛もない世界をさまよっています。そこには狭い空間を共有し合う、沢山の宗教の宗門宗派がありますが、そこに彼らが祀っていた神々は存在しません。

   現在、あなた方の世界で肉体を持って生きている人々の多くが、過去世ではそうした宗教家であったり信者だったりしたことから、宗教的カルマやトラウマを抱えています。あなた方にもよく理解できると思いますが、そのために自分を責めたり、自己批判を繰り返し、自分を嫌い、自分を愛していない人が多いのです。。それはこれまでの数ある過去世において、宗教に従事してきた事によるものなのです。

   死後、存在しない幻想のパラレルワールドへ行き、無知により作り出された宗教的カルマを持って再び地球世界に転生して来ます。そして地上に転生しても、再び宗教的コントロールマトリックスに囚われ、何らかの宗教に従属する人として誕生します

   社会を見て下さい。
   社会にはネガティブで複雑な人々が多く存在します。そうした魂の多くは、実はそうした古い宗教の出身者です。彼らは宗教による厳格な教えの下で、神を恐れて従属することを強要されたトラウマを抱えているのです。そうした神や宗教を牛耳る人たちに盾つけば、罵倒されたり破門されたりしました。宗教組織に属していても、神を信じるのではなく人を信じて従属するならば、自分の中に矛盾やカルマ、トラウマを作るようになります

   そして、この重いカルマやトラウマを持って死ぬことになり、閉ざされた霊的空間へ行き、その後転生しても、再び宗教的従属意識を持ったまま生まれることになります。そうした人々の多くは再び宗教に戻り、自らの意識は実存しないパラレルワールド(過去の並行宇宙)に閉じ込められたままで、宗教に従属し続けていくのです。

   このようにして、彼らの輪廻転生のプロセスが繰り返されていきます。
   あなた方の今の社会にも宗教という偽りが沢山存在しており、無条件の愛と喜びの中で社会に奉仕している人々の活動の邪魔をしています。すべての宗教が退廃に向かっている現状をよく見て下さい。なぜなら宗教の多くが、神の意志や宇宙の法則に沿ってはいないからです

   あなた方人類は経済的にも困難な時期に入りつつあります。
   宗教は神の愛を探す代わりに資金集めに奔走し、信者を引きとめ魅了するために、より立派な建物を作ろうと四苦八苦しています。神はそのような物の中には存在していません。本物の神々は、人類が地球の調整期を乗り越え、アセンションのプロセスを進んでいくことができるように、手助けすることに全力を尽くしています。これが今のこの時、地球において神々が果たそうとしている主要な役割なのです。

 ホワイトブラザーフッド・聖白色同胞団より緊急の銀河メール
  『悟って もっとアセンション』 A・ジョルジェ・C・R 著 ヒカルランド



 これまでにも私は過去の霊的な教えは、上記のプロセス、つまり闇のループシステム(私はコブラより先に悪循環システムと書きましたが日本語なだけで同じ意味ですね)を具現化するものだった。と書いてきました。そしてそのプロセスを無視しませんか? とも書きました。
 ただ、もう上記のようなプロセスは機能していないと思われます。ですからあとは自身に埋め込まれた真理とは真逆の観念を消去することが出来るか否かだと考えます。

 もちろん、既存の宗教にかかわらず神智学やバーチを信じたい人はそれで結構です。信仰は自由です。私は単に私の思想に共感してくれる人がいればそれでいいのですから。
 ただ、個人がどのような思想を抱いても自由なはずなのに、それにケチをつけたり、あげく攻撃するような人格は心に闇が残っていますので、それが靄となって真理が見えない、というのは実に単純な法則だと思えます。


プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム