ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEDを終わらせる

NESARA REPUBLIC RESTORED Galactic News よりWEB翻訳にて

---------------

承認されたジャック・ルー

 アメリカ合衆国 - ジャック・ルーの上院承認は、合衆国財務長官がIMF、米国の財務省とオーストリアの銀行の間の双方の税協定としても知られる Wanta - レーガン - ミッテランプロトコルの最終的な実行が数時間の内に起きるであろうことを意味する。
 ルーは格下げした米国財務省憲法上の権限を、腐敗した民間の連邦理事会(FRB:不誠実な銀行の利益と世界の金融市場をネズミ講に変えた)を実際に差し押さえるために使うだろう。

P.S ルー合衆国財務長官
クリスティーン・ラガルドIMF常務取締役と中華人民共和国の官僚は、現在世界的な派生的な負債が解明されることと大規模な世界的な持ち分バブルを引き起こすために、不誠実な FED と譲歩された日本銀行によって計画された中国元と日本円に関する通貨アンバランスの終了についてのレベルが高い論議にいる。


------------------
FEDとは

スポンサーサイト

三猿...おお、これは意味深だ

 アメジスト紫峰の輝きさんの本日の記事で面白い記載があった。

 以下のような内容です。

ところで、昨日から起きている群発地震は、日光東照宮のそばですよね。

あの日光東照宮の「眠り猫」や「三猿(見ざる言わざる聞かざる)」で有名な、漆彩色の下地には、大麻布が使われているのですって!・・・ご存知でしたか?。



大麻の日本一・栃木、日光の群発地震、中山・大麻裁判・・・このシンクロは、大麻関連で何かが動き出している気配を感じますが。。。



 それを観て、ハッと思った。

これだ!(笑



22日のハートさんの情報「タイムズ・スクエアに広告が出た!「真実を報道し、ニュースの検閲をやめよ!」の写真だ。

 シンクロしてるんじゃ?(笑

 さらにここにもシンクロが!

 でもこの地震はエデンさんによれば、人工地震の波形だったらしいんだけど、そうなると、日本人への警告か? まだ日本は闇の残党が権力持ってるからね。

「日本人は三猿になってろ」って。
 

英王女、ローマ法王、カナダ首相:有罪判決の日本語訳

日本や世界や宇宙の動向さんに昨日のエリザベス女王、教皇、首相有罪判決の日本語訳が掲載されました。

 以下転載です--------------。

英女王、ローマ法王、カナダ首相、バチカンetc.が25年の懲役刑を受けます。

(概要)
2月25日付け:

集団虐殺を行ったバチカンとカナダの関係団体に対する初めての普通法裁判事例で最終判決が下されました。
ローマ法王、英女王、英国教会、カトリック教会、カナダ統一教会及びカナダ首相らは、カナダにおける人道に対する犯罪で有罪の判決が下され、被告人全員に25年の懲役刑が言い渡されました。
裁判所はこれらの犯人らに対し3月4日までに降伏するように命じました。降伏しなければ、シチズンズアレスト(民間人による逮捕)が行われます。

ブリュッセル発:

本日、国際普通法裁判所により歴史的判決が下されました。ベネディクト法王に対しても人道に対する犯罪で25年間の懲役刑を命じました。そしてバチカンの富と資産は全て没収されます。ブリュッセルの裁判所では市民裁判員が全会一致で有罪の判決を下しました。また、3月4日より30人の被告人に対するシチズンズアレスト(民間人による逮捕)を開始するよう裁判所が命じました。

判決文の一部:

「我々、市民裁判員は、被告人らに対する2つの起訴状に有罪判決を言い渡します。被告人らは人道に対する犯罪を共謀、扇動或いは実行し、また、現行の犯罪的陰謀の数々に加担したことにより有罪判決が下されました。」
裁判員は各被告に対し、陳述なしに25年の懲役刑を言い渡しました。また被告の財産の全てが没収されます。
被告人らは本裁判所が許可する保安官とエージェントへ任意で降伏するように命じられました。被告人らは裁判所命令が発令されてから7日以内(3月4日)に降伏しなければなりません。3月4日を過ぎても出現しない場合は、被告人らに対し国際逮捕状が発令されます。
有罪が下った被告人らは、英エリザベス女王、カナダのステファン・ハーパー首相、カトリック教会、英国教会、カナダ統一教会の幹部らなどです。裁判所の検察官が提出した150もの証拠物件に対して30人以上の市民裁判員が1か月間の審議を経た上で、このような有罪判決が下されました。


これらの証拠物件は被告人らが大規模な犯罪的陰謀を行った動かぬ証拠とされ、カナダ国内のインディアン居住区の学校で何世代にもわたり子供達の大量虐殺を行ってきたことが明らかになりました。被告人らは昨年9月の公開喚問で、異議や異論を唱えたり、告訴状を否定したり、或いは反証を提出したりすることはありませんでした。彼等は沈黙してきました。彼等が無罪であるならば、このような悍ましい犯罪で告訴され面目を潰されたのですから対抗処置を考えるべきなのです。彼等の犯罪により多くの子供達が犠牲となりました。
彼等はキリスト教徒でないインディアンの子供達を絶滅させるために冷酷な計画的犯罪を行いました。そして今でも被告人らは明らかに彼等の犯罪を隠ぺいしています。 我々は彼等の手首をたたくだけでは不十分と感じました。
法の適用を受けずにカナダ政府が支援する教会の関係者が行ってきた恐ろしい犯罪の数々を今、終焉させなければなりません。犠牲者の子供達は今でも彼等による犯罪に苦しんでいるのです。
裁判所は、カナダで大量虐殺を行った教会の富と不動産を全て没収・国有化し、インディアン居住区の学校で死亡した計5万人の子供達の遺族の賠償金にあてることを決定しました。
有罪判決を実行に移すために、裁判所は、カナダ、アメリカ、イギリス、イタリア、その他数十か国の市民らに、武器の所持を許可し法的代理人としての権限を与え、大量虐殺の首謀者であるローマカトリック教会、英国教会、カナダ統一教会の全ての資産を平和的に没収し占拠することを許可しました。
今回の裁判所の判決により、犯罪者集団である教会が法的に廃止されるこべきであり、人々から奪い取った資産が没収されるべきであることが明確になりました。
司法がやっと動き始めました。犠牲になった子供達がやっと安らかに眠ることができます。裁判所は今週中に被告人全員に裁判所の命令を送ることになっています。f3月4日までに降伏しなければ、彼等は民間人によって逮捕されます。ローマ法王は、このような逮捕を免れたいがために、2週間前に突然引退を表明しました。これらの一連の動きはwww.itccs.org で報道されます

------------転載ここまで。

おそらく執行はされないでしょう...。残念ですが。良くて司法取引?

 この最新情報は右の「最新記事」で。

エリザベス女王、ベネディクト教皇、スティーブン·ハーパーカナダ首相:有罪判決

エリザベス女王、ベネディクト教皇、スティーブン·ハーパーカナダ首相:有罪判決

<WEB翻訳>

ブリュッセル:

 教皇ベネディクトは人道に対する罪に於いての彼の役割のために25年間も刑務所に行くでしょう、とバチカンの富と財産は、法務大臣コモンローの国際司法裁判所の今日の歴史的な判決によると、押収されることです。

 ブリュッセルベース裁判所は、その市民審査員から満場一致の有罪判決を言い渡したと、今日、それらに発行された裁判所の命令3月4日開始30被告の市民の逮捕を命じた。

-----------------------

この最新情報は右の「最新記事」で。

ネガティブから注意を逸らそう

 まず、こちらを参照を。
そこに述べられている通り、本当に重要な事が書かれています。

ロード・エマニュエル 2013年2月15日 新しい地球


 さて、くだらない内容にうんざりして、すでに多くの日本人がテレビ離れをしているらしいですが、それでもその影響力は計り知れません。うちの相方も、テレビで報道しないものは信じようとしません。まったく洗脳されています。

 しかし、上記のメッセージはそういうたぐいの意味では有りません。マスゴミを信用するな、ではなく、ネガティブに意識を向けてはいけないという、こ世界の成り立ちに対しての警告です。

 私は、ニュースは出来る限り観たいほうです。たいてい、相方にチャンネルを奪われ観れませんが......。
それにしても、うちの相方は、テレビ報道でしないものは「信じない!」くせに、そのニュースさえ観ないのだから、じゃあどうやって真実を知るの? ってことなんだけど.....。ネットでも観ないし......。

 一応、私は、上記のメッセージは理解しているつもりなので、ニュースを観るのは「報道がどこまで真実を伝えだしたか?」を見極める為に観ています。テレビに流される事はほとんど有りません。


 早く真実が報道される風通しの良いマスコミになってほしいですね!

コブラ返り

コブラの新しいメッセージが有りました。

取り急ぎ、WEb翻訳で(添削し直さなくても大方意味が分かるのでそのままです)。

2013/2/24
特定の情勢が、私が最後に話してもよい場面の後にありました(だからコブラ帰り)
レジスタンスは、表面への重要な進歩を見せました。
基本的に、表面の0〜30メーターより下の全面は物理面上で解放されました。
それは、すべての残る軍事地下基地の最上部のレベルの最終撤去を意味します。
極秘プロジェクトのうちのどれにも関連した任意の方法であったものはすべて、表面の0〜30メーターより下の層から完全に取り除かれました。
これは、陰謀(カバール)がもはや任意のタイプの地下施設を任意のタイプの不法の目的に使用することができないことを意味します。
陰謀によってそれらの儀式および心プログラミングに使用されたわずかの残る地下施設は、完全に取り除かれました。
陰謀によって使用された武器、薬あるいは他の地下施設の地下タンクはすべて、完全に取り除かれました。
さらに、金、貴重なオブジェクトおよび人工品の残りの地下タンクはすべて、陰謀の手から取り除かれました。
陰謀は、今、惑星の表面だけをそのアクションに使用することができます。
レジスタンスは、大部分から人類の活動によってそこに置かれた表面の0〜30メーターより下の層の中の環境汚染を取り除くためにその技術を使用しています。
レジスタンスは、武器、骨格、および人間性の猛烈な活動のmilleniaによってその層に蓄積しており、非常に長い時の否定のエネルギーのためのアンカーだった骨格のような過去の戦争のほとんどの残りをさらに削除しました。
それらが物理面上の手先を明示することができるレジスタンスは、エーテルによるアルコンにあったある技術をさらに閉鎖しました。
グレイとレプリティアンの幻はすべてこのように終了しました。
ブラック・ボックスの技術が削除されました。
チャネリングのエーテルによる飛行機からある形式まで、およびあなた方全員としてのインテルを得るために、物理的なアルコンは今、不可思議な儀式に依存する必要があります、知っている、チャネリングはインテルの信頼性の低い源になりえます。
最終解放の準備をサポートするために、レジスタンスの22,000人の代理人が惑星の表面へ来ました。
この数は単に時間につれて増加するでしょう。
この瞬間では、陰謀はまだほとんど表面をコントロールします。
焦点のそれらの要点は、主体性のない人々のためのマスメディア、および光勇士のためのdisinfo代理人によって惑星のまわりのキャッシュ・フローのコントロール、インテルの操作、および隔離地球を超えた生命のすべての証拠の抑制です。
そのコントロールが落ちて、正しい瞬間に活性化される準備ができていて、既に適所にある前に、光の力のあるオペレーションが試みられる必要があるでしょう。
これらのオペレーションのうちの1つは既に活発です。また、それはプレアデス艦隊を含んでいます。
まだされる必要のある全く多くがあります。また、イベントが5月25日にポータルの開始の前に起こるであろうことは非常にありそうもありません。


 サルーさは「あと数ヶ月だと信じている」と。
コブラは「5/25前ではないだろう」と。

 そして今年も暮れていく?(笑

これもディスクロージャー?

 ついにGoogleニュース欄でも「ロシアに落ちた隕石をUFOが撃墜した」件がピツクアップされた。

スピ系では既に周知の事だが、あくまでも認めない人が多いもんだなと記事を見て思う。その記事の中で

『世界各国のネットユーザーからは、「本当だ!」「完全にロシアの迎撃ミサイル」「バカげている」「本当のことが知りたい」など、さまざまな反応が見られた。』

とあるが、迎撃ミサイルが、貫通できるか? 突っ込んだらそのまま粉々でしょうに....┐(-。ー;)┌

UFOは突っ込んだ後、つき抜けて、さらに角度を変えて上昇している。単なる物体だったら、爆発の勢いに乗ったとしても引力によりそのまま落下して行くはずだよ。

 つまり、認めない人はとにかく「頭が悪い」人たちなのだということだ。

ただ、UFOということで、地球外生命体とは云っていない。アガルタからかもしれないからね。それだったら地球内生命体だ(笑

チャネリングではアガルタのゾラという方が以下のように答えている。

 ゾラが言うには、”隕石を破壊したのは、私の宇宙船で、小惑星の後方から衝突した。私は、小惑星の尻尾から入り、前方から抜け出た。”と。

”ええっ!あなたの宇宙船ですって???どうやって入ったの???”
”変態したからさ。私は宇宙船を次元的に変態させて小惑星の中心に入り込んだ。そして、力の場を拡張させ、それによって小惑星を破壊した。私たちの宇宙船が小惑星の前方から抜け出るのが見られるはずだ。”
”ゾラ、あなたの宇宙船の大きさはどのぐらいなの?”
”長さがタイタニック程度だけど、当然のことに、影響範囲ははるかに大きい。”
”そうやってそんなに迅速に小惑星の軌道に入り込めたんでしょうか?”
”私たちも軌道の上にいた。小惑星がモニターに写るのが見えた。この画像は創造主から私宛に送られてきたもので、創造主はこの小惑星を破壊するように言った。”



 ふむ、....タイタニック....。300m近く有るよね? 隕石は17mくらいとNASAは云っている。
変態しないと入れんわな.....。

 いずれにしても、砕けずだと広島に落ちた原爆の2-30倍の威力らしいから、アガルタも人ごとじゃなかったのかも....。

2月26日は?

 もうすぐ、2月26日が訪れます。2.26と書きましょう。

その日までに、こちらを読み、まずは一考してみませんか?

2・26事件の全容を知り、天皇の呪縛を解こう

 文字に書き起こしてくれています。

 私たちが学ばされて来た歴史が、どこまで事実なのかはわかりません。最近はそういう情報が目白押しですから(笑

 ただ、こういう視点の意見? も考慮するのもいいかもしれません。実際に著者が作家生命を絶たれた事からすれば、まったくのデタラメとも考えられませんよね....?

ロシア/メドベージェフがディスクロージャーを決意している。

 ハートさんから新情報です!

以下転載--------------

ロシア/メドベージェフがディスクロージャーを決意している。—外部銀河系連合軍・司令官アシラ
2014-02-21 21:37:06 | ディスクロージャー
Golden Age of Gaia(旧サイト名;The 2012 Scenario)に掲載された外部銀河系連合軍・司令官アシラ、アシラ・オブ・ネプチューンへのインタビューを読みました。

アシラ司令官は、以前お伝えしたネプチューン号ツアーの中心人物、ネプチューン号の銀河間評議会会長のグレナー氏の息子さんですね。

驚くべき内容が語られていましたので、私の興味を引いた点だけですが、簡単にご紹介します。

我々は何百年にもわたり、人類の集合意識に働きかけて、振動数を高めるのに協力してきた。

今は集団ではなく、個人的に強い影響力をもつ人々に、意識下で働きかけている。

振動数の低い人は、我々と会うことができない。高次元の非常に強い愛とエネルギーに圧倒されてしまうため。電気回路がショートするように。それが以前、ネプチューン号への大量乗船が叶わなかった理由である。

ディスクロージャーに向けて、メドベージェフと協力している。UFO やET の目撃情報は決して偶然ではなく、すべて我々の計算内である。

メドベージェフは、ディスクロージャーをずっと前から決意しており、そのタイミングを測っている。彼は、人々の習性上、非公式に始める必要があると思っている。いずれ他の政治家も、遅れまいとして、彼に続くだろう。

ロシアは、大国の覇権を失ったと感じており、Star being とのコンタクトにおいて首位に立ちたいと考えている。また、未来は、その方向にあると信じている。

エジプトも、ディスクロージャーを行いたいと願っている。

オバマは、彼自身が既にStar being であり、彼が最初の声明を出すことにはならない。しかし、サポートするだろう。

メドベージェフは、ディスクロージャーを自分の使命と感じている。彼に請願するのは良いアイディアだ。

主要メディアでも、準備が始まっている。取り扱うテーマに上りつつある。

ロシアに落ちた隕石は自然のものであり、兵器等ではない。我々が介入を行って、被害を最小に留めた。これは、上を見るように、宇宙に注意を払うように、という人類へのアピールである。

通常は、多くのシップが、隕石が地表に大きなダメ—ジを与えないように、その軌道を逸らしたり、消滅させている。(注: 1908年のツングースカ大爆発もそうでしたね。大隕石が、地表に達する前に不自然に爆発して消えました。)今回は、人類に気づかせるため、地表に到達するものも残した。

また、最近、多くの人が、奇妙な音を聞いている。次元の層がはじけるような、衝撃波の音響のような。シップはいずれも完全に無音だが、これは人類に気づかせるために、わざと音を出している。その許可が出た。

数ヶ月前は、我々は、人類の集合体にしか働きかけを行えなかったが、今では、意識下ではあるが、様々な分野の個人や特定のグループに働きかけられるようになった。

2月20〜29日に、きわめて重要な会議が開かれる。

これから、シップの目撃情報が増える。12月時点に比べて100倍にもなる。また、着陸しているところや、ET が目撃されることも増える。

人類の集合意識は、全員でアセンションすることを選んだ。素晴らしいことだ。そのために、アセンションの進行が遅くなった。物質界のアセンションの鋳型となった。

ガイアは5次元に固定された。個々人のハートや生活において、喜びが増しているはずだ。

人々は5次元のドアを開けて、後から来る人々のために押さえている。我々もポータルを開いて、押さえている。

新しいテクノロジーに関して、地球のいくつかのグループと、顕在意識で一緒に働いている。メーラン・ケシェ(ケシュ財団)もそれに含まれている。

これからは、I からWe へと、考え方を変えることが大事だ。

わお! やっぱり、ディスクロージャーはロシアから!ですね。

そういえば、プレアデス・アガルタ・地球人の地下抵抗組織、レジスタンス・ムーブメントのスポークスマン、Cobra の記事でも、これらの隕石や、法王辞任の発表後にバチカンに落ちた雷は、人々に気づかせようという天の意志である、と述べられていました。

隕石が降る、、、、いかにも、終末っぽいですね。

壊滅的な災害が起こるタイムラインは消滅しているものの、アセンションは物理的な変化を伴いますから、これらは、この時期に起きても不思議はない自然現象かもしれません。

人類に、「長い長い闇の時代の終わりが来た、目覚めよ!」という天界からのサインなのでしょう。

-------------転載ここまで。

 ロシアぁあああ! 期待してるぞぉおおおお!!

結局、色んな宇宙生命体が地球人に向けて自己主張するぞって言ってんだね(笑
つまり、やはり彼らは来るつもりだという事だ!

シェルダン・ナイドルとマシュー君から北朝鮮を繙く。

 正直、北朝鮮の思惑が今ひとつ読めない。

 最近のマシュー君のメッセージでは

『世界中のメディアは北朝鮮の核実験について騒然としました。ミサイルの発射と、弾頭の爆発は、全く別の話であり、発射のテストは、彼の国が世界に考えて欲しかったほどの効果はありませんでした。しかしながら、イランのように、北朝鮮は、核戦争を導きかねなかった「ごろつき」であり脅威であると考えられてしまいました。
あなた方は、そのような戦争はないということを知っていますし、宇宙で核弾頭を爆発させる試みは成功しません。でも、他の人たちはほとんどそれを知りません。そこで、それらの二カ国が示威する切迫した脅威をどのように低減するかが世界的な問題であって、アメリカ合衆国における、銃暴力とともにスポットライトを浴びています。』


 となっており、まるで北の正当性を示唆しているように読める。その一方で、シェルダンナイドルのメッセージでは、

『こうして話している間にも、これらの闇の政府は策略を練って、現在のジレンマから逃れる時間を稼ぐべく、避けがたい運命を先延ばしにする抜け道や他の手段を探しています。奴らを厳重に見張っていますが、さらなる反抗を大目に見るのは我々もうんざりです。北東アジアでの核実験は、上で述べた’他の手段’の最近の例ですが、心配は要りません。』

 とあり、北の行為を闇側とし、避難している。

 ただ、それぞれに感じる事は、マシュー君のメッセージは地球人的だという事。彼のメッセージは、昨年の21日のアセンションにおいて、言葉不足により人々に異常な期待を持たせた事への申し訳なさが感じられるほど人間的だ。

 15才までこちらで暮らしていたのだから当たり前かもしれないが.......。

 つまり、人間的観点であれば、北の云わんとする事をもっと汲取れということだろうか? そこで考えつくのは、北が何に対抗しているのか? ということだ。

 そう、イルミナティに対してか、或はNESARAか? だ。
まだまだイルミの残党が抵抗している事は、二つのメッセージでも明らかだ。特にマシュー君は、

『ロンドンとバチカンから、その帝国を統治したイルミナティのロスチャイルド派閥は、世界のその部分における他の力とともに、メディアの足場を失いました。ワシントンD.Cとニュー・ヨークに本部を置いたイルミナティのロックフェラー派閥の一部は、ウォール街と同様に米国における主要なメディアに対する影響力をまだ持っています。また議会での彼らの未練がましい足場は、その非妥協性のゆえに、明白に進歩を滞らせています。』

 と明確に伝えている。この事は、米国を名指しで威嚇した北の動きが、ロックフェラー一派を意識したものとも考えられる。例えば、板垣英憲氏は、

『米国オバマ大統領が2月12日、今年の米国の政策について方向性を示した「一般教書演説」を行った。このなかで、北朝鮮が国際社会の大反対の声に反して「地下核実験」を強行したことを厳しく批判し、「断固たる制裁措置を取る」と力説した。

しかし、米国は、北朝鮮の熱烈願望の叫びに対して、一貫して無視してきた。北朝鮮は米国と本気になって「国交」を結びたいのである。反対に、中国共産党1党独裁の北京政府から離れたくて仕方がない。中国北京政府は、北朝鮮との軍事同盟により表向きは、「北朝鮮の味方」をしているフリを続け、その陰で、北朝鮮が大日本帝国に併合されていた時代からの「膨大な権益」を横取りしたばかりでなく、その権益を手放さず、なおかつ、ウランやレアメタルなど豊かな地下資源に対しても、権益を押さえて、北朝鮮の経済的繁栄を阻害している。

この現実を北朝鮮の指導部は心底から悔やみ、中国北京政府を恨み続けている。北朝鮮が米国との国交正常化を熱望していることは、中国北京政府は百も承知で、陰に陽に足を引っ張って実現させなくしているのだ。それは数々の「権益」を手離したくないからである。

この苦難の現実を維持し、永続させようとしてきたのが、何を隠そう「6カ国協議」であった。』


 と伝え、北朝鮮は米国と国交を結びたがっているというのだ。そして板垣氏のさらに以下の記事が興味深い。

『米国は、北朝鮮と中国との真の関係にようやく気づいてきた。というよりは、ベトナムの教訓に従い、北朝鮮の中国に対する恨みの歴史に理解を示し始めている。しかし、北朝鮮を中国離れさせることとは、簡単ではない。

中国北京政府がアッサリと認めるとは考えられないからである。それには、中国北京政府に「北朝鮮はもう手に負えない」と思わせる必要がある。

北朝鮮が国際社会の非難に反して「地下核実験」を強行すれば、中国ももはやどうにもならないとあきらめるハズである。

この考えに従って、北朝鮮は「地下核実験」を本当に断行したのである。と同時に米国オバマ大統領は、北朝鮮を強烈に非難してみせたが、よく聞くと、これは北朝鮮に対する援護というふうに聞こえなくもないのである。今回の北朝鮮による「地下核実験」を宣言する歓喜の絶叫として世界中に轟いていた。』


 というものだ。この板垣氏の記事は、マシュー君の云わんとするところと似ている気がする。
もしかしたら、板垣氏の伝える事は真実かもしれない。
では、シェルダンナイドルのメッセージはどうなのか? となると、ここが、理解しがたい部分である。闇となると、まだ、支配を続けたがっているという事だが.....、まだまだ、5次元意識は理解しがたい領域のようだ。

 さて、そんなメッセージの食い違いが観られる中、あちこちでこの意識体は闇だ光だといわれて来た彼らだが、ごく最近まで、人間として生きて来た(マシュー君のような)魂たちのメッセージでは、一部で共通していることがある。それは、

 『バチカンこそが悪である』ということ(笑
以下モンタグ・キーンとマシュー君のメッセージから

『バチカンはピラミッドの頂点であり、世界のあらゆる腐敗を取り仕切っています。ダムは壊れつつあり、その影響は甚大です。児童虐待はその大きい部分ではありますが、バチカンを崩壊させるものはマネーです。大部分の人たちは、バチカンがマネーと戦争を取り仕切っていたとは思いもしなかったことでしょう。バチカンの行為によって非常に多くの人たちが命を失ったことを考慮すると、その奥に潜むことに愕然とすることでしょう。全歴史を通じて、バチカンの行動は、歴史の歪曲を初めとして、解明には長い時間がかかるでしょう。長年の間にバチカンが蓄えた富は返却され、世界の貧困に苦しむ人たちに配分されなければなりません。これ以上腐敗した組織を見つけるのは難しいでしょう。』

『バチカン、このイルミナティ傘下の一流の世界プレーヤーは、サタニズム(悪魔崇拝)の国際的な牙城の本丸であり、その計り知れない莫大な富には、第二次世界大戦の間のナチスとの協力で盗取した重要美術品も含まれます。巨大な詐欺、良心なき振る舞い、また富の蓄積に対しての異議を唱えた全ての法王は、短命でした。
それでも、恐らく最も衝撃的な意外な事実は、かなり昔に、聖書が如何に戦略的に書き換えられたかを示す、古代の記録の暴露です。 最も特筆すべきは、カトリックの民衆に対する教会の支配力を与える、イエスの磔と復活に関するでっち上げの物語です。』


 Oh my God!!

マダニ感染症かぁ....。

 マダニが媒介したウィルスで死亡という事で、ワイドショーがネタにしてます。
 
ところが、死亡した方々に、噛まれた後が無いそうです。

 いま流行の冤罪かぁ?


 そんななんかでマダニに噛まれたときの対処法として、

-無理に取ってはいけない。
-石けんで洗う。
-皮膚科へ受診する

という内容だ。

 えーとね...。マダニに苦しめられた私からいわせるとね、ふ・ざ・け・ん・な!

 無理に取らなきゃどうやって取るんだよ! 毛抜きで牙からしっかりつかんで引っこ抜けばいいんだよ! 牙がちぎれて残ったら針かなんかで取りゃいいんだよ!

 石けんで洗うと取れるらしい?

 そんなんで取れたら、フロントラインは要らねーんだよ!

 コメンテーターの一人が、「芝生で遊ぶ時、長袖着るようにしないといけませんね」だって(笑
服に付いたらそれこそ分からんよ。見える大きさじゃない。で、時間が経ってあちこち噛まれ始めるさ。

 基本的に、陽が良くあたってるところには居ないよ。


 マダニはね? 動物が居るところでは、血を吸って大きくなったダニから9月10月頃にわんさか生まれて、1mmにも満たない小さな奴らが数えきれないくらい数で草の中にいるのよ。

 そういうところに足でも踏み入れると、あっという間にダニで靴が茶色くなる。まじでキモイよ。
でもすぐなら払えば落ちる。まだ噛み付いてないからね。噛まれると、蚊に刺されたより小さいけど膨れる。それに痒い!
 私なんか睾丸に三カ所食いついてたからね(笑
なんか、タマタマ痒いな....。病気かな? なんて鏡みたら、やられた....。って感じ。
風呂に入っても取れるもんじゃないよ。だから石けんなんてね....(ふっ

 そうそう、余談だけど、睾丸はまったく腫れなかった。あそこの皮はやっぱり大切なところ守ってるんだね。感心したわ。


いまはもうあまり居ないけどね。犬が居たときは尋常じゃなかった。
山で動物飼うときは気をつけないとね!


次元上昇とともに

 最近、鬱病だった知人の調子がいいようだ。

 地球が5次元に移行し、振動数が合い始めたおかげだ。元々鬱になる人たちは、3次元の低い振動数に合わせられず、精神的に重さを感じていた。

 そのため、怠け者だとか、精神的に弱い奴だとのレッテルを貼られる事もあった。しかし、振動数の低い者が高い者の側に居ると精神を病むのと同様、高い者が低い者の中で暮らす事は地獄である。
 簡単にいえば、正義感の強い人が邪悪な組織のなかでは気が狂うだろうし、逆も然りだ。

 解決策は、逃げるしかない。

 最も有効な治療法は、自然の中に入る事だ。特定の方々が、そうやって自己を取り戻した。
ところが、宇宙の本質を理解できない多くの者が、それを現実逃避として避難する。が、しかし、実は3次元にどっぷり浸かっている彼らこそが「現実を生きていない」事を知らない。

 我々は3次元のマトリックスの中でのホログラムである。これは、インドの聖者たちが連綿と伝えて来た教えだ。我々の現実は、資本主義に捕われたホログラフィー(現に今のお金は貴金属での裏付けがない不換紙幣である)の中にあるのでなはい。
 私たちの現実は5次元以降にある。5次元意識でこの世界を観た時、この世界が現実ではなく、淡い夢の世界だと気づく。

 今、地球は動物たちとともに5次元に移行した。出来ていないのは人類だけである。

ディスクロージャープロジェクトから

ディスクロージャープロジェクトファイルより

『3.1 公開: 環境,世界平和,世界の貧困と人類の未来に対する意味』から抜粋 

-------------------------------------------------------
1) Greer, Steven M. Disclosure: Military and Government Witnesses Reveal the Greatest Secrets in Modern History. 2001.
----------------------------------------------------------
環境に対する意味:

“人類は秘密にされているエネルギー発生と反重力推進の装置を実際に所有しており,それらは,現在のエネルギーと輸送システムのあらゆる形態を完全かつ永久に無用のものとする能力を持つ” 我々は,公開された議会公聴会で上記のことを立証できる事情通と科学者たちを確認している.それらの装置は,空間の電磁気とゼロポイント・エネルギーと呼ばれる状態に作用し,いかなる汚染をも伴わずに,巨大なエネルギーを生み出す.本質的にこのようなシステムは,遍在する量子真空エネルギー状態,つまりあらゆるエネルギーと物質を生じる基底エネルギー状態を利用して,エネルギーを発生させる.すべての物質とエネルギーを支えるのはこの基底エネルギー状態であり,特別な電磁気回路と構造を使えば,我々を取り巻く周囲の空間/時間から,巨大なエネルギーを引き出すことが可能なのである.これらはいわゆる永久機関ではないし,熱力学の法則にも違反しない.ただ周囲に遍在するエネルギー場に作用して,エネルギーを発生するのである.

 このことは,これらのシステムが,燃やす燃料も分裂または融合させる原子も必要としないことを意味する.これらのシステムは,発電所も送電線も,また膨大な経費を要する関連設備も使わずに発電し,インド,中国,アフリカ,ラテンアメリカなどの奥地に電力を供給する.これらのシステムは,必要な場所にありさえすればよい.どこにでも据え付け可能で,必要なエネルギーを生み出す.本質的にこの技術は,我々が直面している大部分の環境問題に対する最終的な解決策となる.

 このような発見が環境にもたらす恩恵は,数え上げることすら難しいが,幾つかを列挙する:

◆ 石油,石炭,ガスはエネルギー源として不要になり,輸送やこれらの燃料の使用による,空気と水の汚染がなくなる.石油流出,地球温暖化,空気汚染による病気,酸性雨などは,10から20年で解消できるし,そうしなければならない;
◆ 資源枯渇と化石燃料資源の争奪がもたらす,地政学的な緊張は終わるだろう;
◆ 空気,水の両方において,産業排出をゼロまたはゼロに近づける技術はすでにある.しかし大量のエネルギーを消費するために,完全に適用するには費用がかかり過ぎると考えられる.さらに,それらは大量のエネルギーを消費するものであり,今日のエネルギーシステムは世界の空気汚染の大部分を発生させていることから,環境への逆効果となるときがすぐにやってくる.この方程式は,もし産業が大量のフリーエネルギー(燃料不要,発電機よりも廉価な装置のみ)を利用できるようになれば,劇的に変わるし,またそれらのシステムは汚染を発生しない;
◆ エネルギーを大量に消費する再生利用は,繰り返すが,固形廃棄物を処理するためのエネルギーが無料かつ豊富にあるために,完全実施されるだろう;
◆ エネルギーに依存し環境を汚染する今の農業は,きれいで汚染を発生しないエネルギーを利用するものへと変化するだろう;
◆ 砂漠化の進行は食い止められ,世界の農業は脱塩施設により活性化されるだろう.現在この施設は,エネルギーを大量に消費し,また高い建設費がかかる.しかし,一度これらの汚染を発生しない新エネルギーシステムを使えるようになれば,費用効率のよいものになるだろう;
◆ 航空輸送,トラック輸送,都市間輸送システムは,新しいエネルギーと推進技術に取って代わられるだろう(反重力システムは,地表面上を無音で移動することを可能にする).汚染は発生せず,エネルギーにかかる費用が無視できることから,経費は大幅に下がるだろう.さらに,都市部での大量輸送には,無音かつ効率的な都市間移動を提供する,これらのシステムが利用できるだろう;
◆ ジェット機,トラック,その他の輸送形態による騒音汚染は,これらの無音装置の利用により解消されるだろう;
◆ それぞれの家庭,職場,工場が必要なエネルギー発生装置を持つことにより,公共施設は不要になるだろう.つまり,暴風雨による被害で停電を起こしがちな見苦しい送電線は,過去の遺物になるだろう.地下のガス管も,しばしば破裂や漏洩により土壌や水を汚染するが,これもすべて不要になるだろう;
◆ 原子力発電所は閉鎖され,その跡地を浄化する技術が利用可能になるだろう.核廃棄物を無害化する秘密の技術は,すでに存在する.


 ------------------
 米国がケッシュ財団の申し出を断るのは当然だ。すでに技術を有しているのだから。
そして宇宙の財産、つまり神の恩寵を一国家が独り占めするのは神への冒涜ではないだろうか。国への訴えにはそこを突くのが効果的かと.....。
 

箱根山噴火カウントダウン

転載もと:http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8069.html

以下転載------------

箱根山噴火カウントダウン
(日刊ゲンダイ2013/2/15)

1カ月で地震1300回に「山上がり」

温泉地として有名な箱根の山が不気味な動きだ。先月中旬から地震活動が活発化し、噴火寸前に見られる「山上がり」(山体膨張)も観測されている。神奈川県温泉地学研究所によると、1月15日~2月14日に起きた地震の総数は1300回以上。

今月10日には、箱根のロープウエー駅で震度5の揺れが起き、ネット上でも騒ぎになった。
「1 月中旬から周辺地震の数が増え始め、その後は増えたり落ち着いたりを繰り返している状況です。10日にはM2・3の大規模地震が起こっています。群発地震の増加は火山活動中の変化の可能性が高く、熱水や火山性ガスなどの流体の蓄積が原因と考えられます」(同研究所担当者)

火山周辺では、01年、06年、08~09年にも膨張が見られている。その上、噴気異常も起きていて、「いよいよカウントダウンか」という声が聞こえるのだ。

箱根山が最後に噴火したのは、約3000年前。このときに大涌谷や芦ノ湖ができたとされている。
長い間休んでいた分、噴火時のパワーは大変なものになりそうだ。地殻変動解析を専門とする元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏がこう言う。

「箱根山は富士山噴火の時より大規模な噴火を起こしています。このときは山の原形がなくなるほど崩れた。威力が強いのです」

◆富士山にも飛び火

噴火活動が始まれば、まずは水蒸気爆発だ。箱根町火山防災マップによれば、火口から噴石や火山灰などが噴出するという。直径数センチから数十センチの石がコンクリートの天井に穴を開け、火山灰によって呼吸器や目がやられる。
火山灰と空気が混じった「火砕サージ」も怖い。時速60キロ超のスピードで襲ってくるから逃げるのは困難だ。

噴火手前の水蒸気爆発でもこれである。実際に噴火したら、もっと大変である。過去の噴火では、軽石の塊とガラス質の火山灰が約60キロ離れた横浜市南西部まで達したという。「関東平野を覆っている関東ローム層は箱根山と富士山の噴火によるもの」(濱嶌氏)というから、東京も被災する恐れは強い。
しかも、箱根山と富士山は“兄弟分”。箱根山がおかしくなれば、富士山も引っ張られる。

「富士山はすでに5合目まで亀裂が入ったことが分かっていて、いつ噴火してもおかしくありません。亀裂は富士山周辺にも及んでいて、その延長上に箱根山がある。つまり、富士山と箱根山は地盤が続いているのです。一方が噴火すればもう一方も、となる危険性があります」(濱嶌氏)

温泉でリフレッシュするなら今のうちか。

-----------転載ここまで。

 "天災ここまで"ならよかったのに、、、噴火までいかずに....。


しつこいようだが.......。

 15日のzeraniumさんのブログで、「太陽は実は涼しい天体」というタイトルで記事があった。

しつこいようだが、その件に関して、実に興味のある一文があるので取り上げた。

以下引用(文字色はたらの芽によるもの)----------

 あなた方の太陽は、それは同時に我々の太陽でもあるが、太陽は灼熱の天体ではない。それは涼しい天体である。あなた方の偉大な天文学者の一人もそのように信じており、そのように発言したのだ。

 いわゆる「紅炎」(プロミネンス)は、あなた方のオーロラと同じくらいに涼しいのである。光を放つものが必ずしも熱いわけではない。あなた方の蛍が良い例である。あなた方は陽に当ると暖かいので、太陽がものすごい熱を放っていると考えているが、しかしそれは真実ではない。

 真実はこうである。

特定の放射線群が太陽からやってきており、それらが地球の磁場に進入すると、その磁場との間で摩擦が発生する。その摩擦から起きた熱をあなた方は得るのである。

 太陽に関しては、そのすべてをあなた方に告げるわけにはいかないが、あなた方の知らない事実がほかにもたくさんある。そして太陽は宇宙空間では、あなた方が地球から見ているほどには、明るく輝いたりしてもいない。

-----------引用ここまで。

 実は、この赤字部分が、私が太陽は熱くないと考えていた理由だった。
私は子供の頃から、「宇宙空間では太陽は地球から見るほど光っていないはず」という絶対的な見解があった。
 なぜなら、理由は簡単。宇宙空間が光り輝いていないからだ。

 宇宙から地球を見ると、青く明るい。これは太陽の光を受けてだと解釈する。しかしその周りは漆黒である。
例えば、暗闇で明かりを灯せば、その光源から光の届く範囲は光に満たされるはずだ。しかし、宇宙空間ではそうなっている映像がどこにもなく、現在でも、映像で見る限り太陽の回りですら漆黒である。つまりその理由こそが、上記の引用にある青文字である。

 私としては、地球が暖かくなる理由は、太陽から振りそそぐエネルギーが地球の何かと化学反応するのかな? と漠然と考えていたのだが、この記事に出会って胸のつかえが下りた思いだ(使い方が変かな?)。

 そういう事だから、放射線群、磁場、摩擦のキーワードでフリーエネルギーが出来そうだ。
 

いい夢を。

 またしても昨日の件で恐縮ですが、ナイドル氏のメッセージに対して、避難場所へどうやっていけばいいのでしょうね? と問いましたが、2003/11/04版の彼のメッセージの中にその答えを見つけました。

『フル・コンシャス[完全なる意識]*3 へ復帰した皆さんは、地表にへばりついたままである必要性にさよならをして、皆さんの故郷なる天体である宇宙船にテレポーテーションされるでしょう。その後、指定された時間には、地表に向かうことを許されるでしょう。残る皆さん、すなわち、この星に残ることに決めた人たちは、新しい地下の住まいへ「ビーム移送」されるでしょう。』

 だって! ということは、st.ジャーメインのメッセージでは、政府が崩壊したあとにNESARAの布告があるみたいなこと言っているようなので、布告はずぅーーーーーっと先の話だね(笑

 バシャールの話では2030年頃に一般的なコンタクトが始まるだろうと過去に言っていたのでそれを基準に待ってますよ(笑

 もうね、25年、似たような話があちこちで盛り上がって、ナイドル氏の話も、過去から似た内容を繰り返してる。だから長い目で見る事にやぶさかでないんですよ。

 信じてない訳じゃないんです。実際にここ数ヶ月ですごい事が起こっている。おそらく、彼らが言うような世界になると思いますし、ならなければならない。ただ、それがいつかは本当に分からない。

 宇宙意識では「神の瞬きが千年」の単位だから、あと15年なんて、「もうまじか! そこまで迫っています!」になるのではないでしょうか?

 その迫っている未来。それは衣食住のすべてに心配の要らない社会。それが彼らのいう黄金時代です。
今で言えば、年金、国保を納めなくていい社会(笑 と言う事でしょう。

-食べ物も、着るものも、彼らが持つあるテクノロジーで創造されるそうです。つまり、地球に一切の負担をかける事が無いという事。
-ガイアを含め、太陽系が本来の姿に戻り、地球は住みやすい気候になるそうです。
-無学が貧困を生むことのない社会になるそうです(学歴なんて意味なし! ということらしいです)。


 ガイアに関しては、現在23.5-25度傾いている地軸が0に戻るらしい。つまり、太陽に対して垂直になるという事。過去、更なる軸の傾き(ポールシフト)が行われる予定だったが、地球人の意識の向上で回避されたという。
 ただ、その意識の向上と平行して、地球外生命体の宇宙船20000艇が地球を取り囲んでポールシフトを防いでくれていたという。

 ちなみに、ビーム移送はネコも許可してくれるのかな? ああ、でもそれまで私も含めて生きてられるかな?(笑

自己責任ですから

 昨日、Taki氏の翻訳に関して、正確でなく歪められている。と書きました。

実は、数日前にも、「あれ?」と思った事が有るのです。それはこちらです。

私は、この記事の原文をさらに数日前にすでに読んでいたので、「え?」と思ったのです。それは、原文にはどこにも『ニューヨークタイムズによれば.....』など書かれていないのです。

 その時は、まっいいか。とスルーしていたのですが、昨日の件で蘇りました。「そういえば....」と。


この後者の件は、日本版で例えると、『NHKによると...』とも言える内容で、読んだすべての人が「え? NHKが報じたのなら本当だよね?」となり得る重大な一文です。

 すなわち、大手の名を入れる事で、よりリアリティを出す為に付け加えられた捏造ともいえるでしょう。仮にもしニューヨークタイムズが同様のニュースを報道しており、そういう意味で付け加えたのなら、そのことを加筆すべきですが、それは有りませんので、そういう事実は無かったのでしょう。

これらの件により、Taki氏の情報を信用できなくなりました。残念な事に、この一件により、過去の訳すべてが信頼を失う事になります。

 ハートさんが、大事な部分に関して、「原文を読まれる事をお勧めします」と言われているのはこういう事が有るからだと思いました。

 ただ、上記の事柄を、重要と取るか否かは、個人の自由なので御了承を。

昨日の懸念の件

 昨日、シェルダンナイドルの英文に怖い事が書いてある。と書きました。昨日はその後、外出したため、遅くになってtaki氏の翻訳を読みました。

 その翻訳をお借りして、怖いと思った意味深な部分は以下である。

『変化の必要への運動量を増し、表面世界を再構成し、遠い昔に持っていた壮大さを取り戻すよう望んでいるのはガイアです。この表面世界の再構成は次元的にガイアの内部、及び外部世界を統合するプロセスの一部です。』

『ガイアは、大きく破壊された表面を元の状態に戻すプロセスが旨く進行するかどうか心配していますが、この再構成には、まずは安全にあなた方が次元上昇することが必要です。』

『祝福されている母なる地球は、次第に、生命を育む表面世界と豪勢な内部地球領域との合体の準備をしつつあります。アガルタ人たちは丁寧にこの変革のステップを踏み、これから先に行われる人間の転地に対しての多くの備えを済ませました。』

『ガイアは、本格的な表面変化を始める前の最後の準備を今にも始めようとしています。』


 さて、これらは、私の解釈では地殻変動としか思えません。ガイアが人間であれば、社会の変化と考えますが、彼女は地球です。その表面とは、我々の大地でしょう?

 それはいいとして、どうも納得がいかないのは、特に2段目の『』ですが、原文は

The process of preparing your world for this massive transformation is a 24/7 focus for us. Gaia is anxious to proceed with the process of returning her much-battered surface to its pristine state, but the extent of this remodeling necessitates your moving to a safe haven first.

 なのです。これをいくつかのweb上や手持ちのソフトで翻訳しても、おおかたが以下のように訳されます。

この大規模な変換のために、あなたの世界を準備するプロセスは、私たちにとって24/7焦点となっています。 ガイアは、その大いに疲弊した表面を原始的な状態に戻すプロセスを続行することを切望していますが、この改造の程度はあなたが最初に安全な避難所への移動が必要となる(余儀なくする)。

 私としては、ネイティブではないのでネイティブな言い回しが分かりませんが、どこにも『心配している』『次元上昇」という単語は出てきませんし、24/7さえも削除されています。

 taki氏の訳が正しいのか、それとも意図的に日本人に隠したのか。いずれにせよ、納得のいく訳が欲しいと思っていたところ、ハートさんの訳が配信されました。以下です。

『我々は24/7、休むことなく、皆さんの世界をこの大規模な変容に備えさせるプロセスに集中しています。ガイアは、ひどく荒らされた表面を原初の状態へ戻すプロセスを進めたいと切望していますが、それだけの規模で改造を行うには、まず最初に皆さんに安全な避難場所へ移動してもらう必要があります。』

 "24/7"は、24時間7日、つまり、不眠不休、年中無休という意味です。

 さて、どうしたものか....、taki氏の訳には、ものすごく重要なところが外されています。この、歪められた訳という事実を、我々はどう解釈すればいいのでしょう? 

 ネガティブなチャネリングは闇側であると噂されていますが、大いなる魂たちは、死さえネガティブと捉えていないため、祝福という感覚です。
 また、ポジティブな魂は、地震等の情報を我々には伝えませんが、2013、2014は困難な年になるという言い回しはしています。彼らがはっきり云わない理由は、「恐れ」が今後の世界を作り上げるからです。

 我々は、死や大災害さえも、光への行程だと信じる事が大切です。私自身は、もちろんそう生きています。

 で、ナイドルさん? 安全な避難場所ってどこ? 
上記の訳の続きには

『そのことが、個人用ライト・チェンバーを含む皆さんの住居網を構築するのに、アガルタ人が直接、彼らの故郷を提供してくれた理由です。』

 とあります。これは、つまり彼らの故郷が安全な場所って意味ですよね? どうやって行けばいいんでしょうね?
 下の方に

『アガルタ人はこの変化に恭しく歩調を合わせ、来るべき人類の移転に備えて既に多くのことを終えています。』


 とあります。ツアーでも組んでくれるんでしょうか?

 銀河連邦さん.....ちょっと割愛し過ぎですよね......。

ほーー、、、oh my god!

ローマほーー、、、oh! の辞職の真実らしいです。絶対日本のニュースでは出て来ないでしょうね。

法王ベネディクトはイースターまでに予想された逮捕と教会の富の没収を避けて辞職した。

以下転載--------------

  2013年2月12日    
     
ローマ法王の辞職の真の理由は、法王、ジョセフラッツィンガーの児童虐待、児童売買と言う人間に対する罪に関する逮捕状の発行を回避するためのものだった。


ブラッセル発:

歴史的に前例の無い法王としてのジョセフ・ラッツインガーの今週発表された辞職は、ヨーロッパ政府のラッツインガーに対する逮捕状の発行が見込まれることと、イースターまでの間にバチカンの資産の先取特権が認められるという見通しによって強いられたものであった。


ブラッセルにある教会と国家の犯罪に関する国際法廷(ITCCS)は法王ベネディクトの突然の退位によって、以下の詳細の開示をせざるを得なくなった。


1  2013年2月1日(金曜日)に、コモンロー法廷が提示した証拠を基にして、ITCCSは、ヨーロッパ国家及びその裁判所の代表との間に、ジョセフ・ラッツインガー、つまり法王ベネディクトの人間に対する犯罪と犯罪実行指令という犯罪に関して、逮捕状を発行するという合意に達した。


2  この逮捕状は2013年2月15日(金曜日)に”Holy See”事務所宛に発行されることになっていた。これによって、ラッツインガーが関係国に入国したら、彼を犯罪に対する疑惑のために拘束させることになった。


3  これらの国の政府は2013年2月4日(月曜日)にバチカン国の国務長官である、タルチシオ・ベルトーン宛に逮捕状が発行されることになり、バチカン当局が逮捕を実行するよう要請することを通知する外交文書を発行した。ベルトーン宛のこの外交文書には回答が無く、6日後に法王ベネディクトは辞職した。


4  法廷とこの国との間の取り決めでは、この国の裁判所を通じて、2013年3月31日(日曜日)のイースターにローマカソリック教会の資産及び富に対して民間訴訟に関わる先取商業特権が発効する。この先取特権には、国際法と国際犯罪裁判所のローマ法に準拠して、公共の資産として教会の資産を一般市民が補償の対価として占有し、公共の世界的な”イースター再生利用キャンペーン”を行うことも含まれている。


5  これは私たちの裁判所の決定であり、この国家の政府はローマ教皇事務所からの出立次第、ジェセフ・ラッツインガーの人間に対する犯罪の疑いでの逮捕を実行すべきことを指令している。


6  更に、ジョセフラッツインガーの後継の法王も同じ罪で告発、逮捕を行うべきことが決定されている。又、先取り商業特権とローマカソリック教会に対する”イースターの再利用キャンペーン”は計画通り実施すべきことも決定されている。


結論として、私たちの裁判所は、法王ベネディクトのバチカン銀行(IOR)との共謀による犯罪活動はバチカンの最高位の官僚による彼の追放が余儀ないものであることを認めている。しかし私たちの情報源によると、国務長官のタルチシオ・ベルトーネは彼に対して上述の国の政府から2013年2月4日に発行された逮捕に関する外交文書に対応して、ジョセフ・ラッツインガーの辞職をただちに決定したとの事である。


私たちはバチカン株式会社を廃止と、その主要官僚、及び人間に対する反税の責を負う司教を逮捕、及び現在進行している児童虐待と児童売買の犯罪疑惑に関する私たちの法的かつ直接的な努力を支援するよう要請するものである。


イースター再利用キャンペーンイベントに付いての更なる情報は今週私たちのオフィスから発行される。

---------------転載ここまで。


 要するに、NESARAは実行されているということだな。

ガイヤが目覚めるの?

なんだか、本日のシェルダン・ナイドルのメッセージで怖い事を伝えてる。

WEB翻訳ではそう読み取れる。
過去、彼はあまりそのようなメッセージはなかったように思ったが......。

ガイヤポータルも

『ガイアへのエネルギーの流入の制約がこの一年間に、次第に低減されてきた。2012年の12月21日から12月31日にかけての向上期間には、制約は最低限のレベルにまでなった。これらの制約は今、完全に解除された。
まだ目覚めていない人間の意識レベルの向上も、目覚めた人間の制約の解除もこのエネルギーの流入に対する制約の解除に役に立った。
ガイアは今では、宇宙のより高次のエネルギーの流入にさらされている。
目覚めた人間はこれに気付いている。目覚めていない人間は驚きに対する備えをすべきである。』

 となんだか意味深な文句である。

だれか! 急いで正しい翻訳を!

またしても阻止される?

 北朝鮮の「重大な決意」が核実験であったことは今更だが、その決意の理由は何なのか? 

 マスコミが事実を伝えないため、我々は推測するしか無い。核実験さえホントか嘘かも分からない(笑
というかそこまで疑われるマスコミってもう要らないような.....

 多くの事実と情報が隠蔽され、アメリカよりの報道ばかりされてきた。それはシリア然りベネズエラ然りだ。
いったい何が北にそこまでさせるのか。米は何を迫ったのか。

それとも! 北自身の恐れなのか。つまり正恩たち金家の支配を守る為にNESARA布告を妨げる為の行動だろうか? 実際ブッシュはそれをしたのだ。

 なんといっても9日布告予定と伝えていたアシュターのメッセージが9日突然、青信号から赤に変わったと報告して来ている。ましてや今日はオバマ大統領の一般教書演説の日である。まぜ、今日?

 どう考えても、貧困に喘ぐ国であればNESARAの新しい金融体制は新政権には渡りに船だ。拒むとすれば、理由は簡単、支配維持しかない。

 米国内で行動を制限された闇の勢力の残党が、北を動かしての陰謀だろうか?! 元々、北はイルミの傀儡政権だといわれてきた。

 表にはでない、オバマに対する闇の脅迫が有るのかもしれない。

主の御意思です(笑

 人類を「家畜(羊)」として支配して来た根源が、ついに光に屈したか!

ローマ法王ベネディクト16世引退

以下転載-----------------

ローマ法王ベネディクト16世引退 退位は約600年ぶり
退位を表明するローマ法王
枢機卿会議で退位を表明するローマ法王ベネディクト16世
Photo By AP=共同

 ローマ法王庁(バチカン)報道官は11日、ローマ法王ベネディクト16世(85)が高齢を理由に2月28日をもって退位すると発表した。共同電によると、法王が11日の枢機卿会議で表明した。実質的に終身制の法王の退位は約600年ぶりで極めて異例。

 法王は枢機卿会議で、高齢のため法王の重責を果たせないと感じカトリック教会の利益のために引退を決めたと述べた。後任を決めるための法王選挙(コンクラーベ)開催も要請した。今後、後任の法王選定に向けた水面下の動きが活発化する。

 法王は前法王ヨハネ・パウロ2世の後を受け、05年4月19日、第265代法王に選出された。先代法王に続き、生命や家族の重要さを説き、保守的立場を貫いた。10年に出版された本の中で「法王は体力的、心理的、精神的に務めが果たせなくなった場合は辞任する権利と責任がある」と述べ、引退を考えているとの観測が絶えなかった。近年はサンピエトロ大聖堂のミサで自ら歩かずに車輪の付いた台座に乗り、従者に押してもらって祭壇に向かうなど体力の衰えが指摘されていた。

 1927年、ドイツ・バイエルン州マルクトル生まれ。大学で教義と神学を教えた後、77年ミュンヘン・フライジング大司教に就任、同年枢機卿に任じられた。

-----------転載ここまで。

 聖マラキの予言では、現16世の次の代でバチカンが終わると言っています。それについてはこちらが分かりやすいでしょう。

 いずれにしても、バチカンが真実を語る時、この世に大混乱が起こる。

ET ディスクロージャーについて

 「宇宙人が地球に来るなんてありえない」という人たちが大勢います。さらに、「宇宙人なんて居ない」とまで言い切る人たちも居ます。

 この人たちの思考は、いったい何世紀前で止まっているのでしょうか? これは....

地球は平で、陸はここだけだ。だから文明は私たちだけだ」

 という思考でしょうか....?

 しかしその思考も、やがて海の向うに別の大陸や文明があり、さらには(船で)海を超えて他の文明とのやり取りが行われるまでになり、間違っていた事が分かりました。

 つまり、他の惑星と地球のやり取りが(今度はスペースシップで)行われる可能性を疑う方が変です。


 あるブログでは、アセンション(5次元への遷移)とは自己の努力と内面で得るものであり、宇宙人が来てくれて助けてくれると考えるのは愚かな事だ。との主軸でET飛来説を否定しておられる方も居ます。

 確かに、言いたい事は理解できます。しかし、私の考えは違うのです。

ただ、先に言っておきますが、私は著書(特定されるので何かは書きません)でもチャネリングへは警鐘を鳴らしています。ですから、一歩引いて見ているつもりです。

 さて、自由とはまさに5次元からです。いわゆる解脱ですね。その5次元への遷移は自己の努力だけでは行けないのですよ。

 ヨガナンダの師、ユクテスワがまさにそう弟子に諭しています。つまり、グル(或はそれに変わる者)なしでは解脱はあり得ないと。そして、私が不思議なのは、なぜ多くが、宇宙人と聖者を別々に考えているのか? ということです。

 地球に降臨された(されている)神の化身はすべて5次元以上の意識体です(イエスはその時まだだったそうですが...)ですから、単に高い次元の惑星に転生されているだけで、彼らは地球でいうところの聖者なのです(ユクテスワは死後、ヒニャラローカ星というところに転生したそうです。そこは地球人より高度に意識の発達した人々の星であり、彼はそこで霊性の師として転生したと後にヨガナンダに告げた)

 そんな彼らが、私たち地球人のグルとして降臨されてもなんらあり得ない話では有りません。過去に地球に存在した聖者たち同様、信じない者は信じなくていいし、信じる者だけがその教えを請えばいいだけです。

 まぁ、信じない人は何を言っても聞く耳持たんでしょうけどね........(笑

我々はどこまで騙され続けたのか...。

 以前から、私は「太陽は熱くない。金星も熱くない。今の科学は嘘だ」と言い続けてきました。
だれに教わった訳でもないのに、子供のときから感覚として知っていました。真実は、魂が知っているのかもしれません。

以下はhawaiimixiさんより転載-------------------

太陽は本当は冷たく何もない空洞!

太陽の研究で最も注目されているニコラ・テスラ氏の現代版 エリック・ドラード Eric Dollard氏は、これまで科学者は太陽について間違った理解を持ち、意図的に広めたと指摘している。 私たちの太陽の真実の状況は次の通りだと言う。正に地球の常識は、宇宙では「非常識」という事のようです。

* 太陽の中は完全な空洞状態なので、表面だけで中には何もない
* 太陽は異次元エネルギーを変換するトランスフォーマー(コンバーター)
* 太陽は表面の部分のみフレアを発生しCMEを放射している
* 太陽が核融合で高温だというのは詐欺とおなじ。太陽は実際には冷たい
* 太陽活動のサイクルは現在24周期の終焉段階だ(電離層が薄くなっている理由)
* 活動22年周期はルネサンス初期に始まり第2次世界大戦でピーク、その後急速に減退期にはいっている
* 太陽の光輝力FLUXは、以前の半分位にまで減っている

エリック・ドラード Eric Dollard氏 へのインタビュー(英語)

(halera のコメント)

核を未来の有望な電力エネルギーとして開発するために、太陽が核融合だとウソをついてきたような気がする。

これも世界制覇と世界に原子力装置を売り込み、膨大な利益を得ようとした カバル・イルミナティの陰謀だったのかも知れない。

それから、太陽から地球まで1億5千万キロの距離を太陽光が マイナスー273度の絶対温度の宇宙空間を通れば太陽の熱は完全に冷え切るのでエリック・ドラード氏の説は、正当かも知れない。

もう一人、太陽について鋭い洞察をおこなっている人がいる。

世界的な宇宙天文物理学者、Nassim Haramein氏が大きなUFOが太陽へ出たり入ったりす
る次元移行ポータルであることをNASAの映像から解説しているので、太陽が実際には冷たい
というEric Dollard 氏の指摘はつじつまがあうような気がする。太陽がもし100万度の高熱
であるならば、UFOは溶けてしまうのではないだろうか?

太陽の温度についての他の情報

巨人ニコラテスラ

世界的には電球を発明したエジソンが知られていますが、フリーエネルギーなど数多くの発明をしたニコラ・テスラは、エジソンよりも多く(ラジオ、ラジコン、無線送電システム等)研究・発明をしている人です。

------------転載以上。

 私の時代の予感(*ノノ)
 

TAO的には善だ悪だと評価してはいけないが......。

 ハートさんの記事を見てもらえば分かるのだが、6日の『OPPTが、各国(企業体)政府・銀行を差し押さえ!日本も。』の記事が、本日の記事の『本当に私企業だった米政府や国連―差し押さえの事実が広まりつつある!』の内容から、どうやら事実だったようだ。

 ハートさんはチャネリングメッセージだけでなく、こういった海外での時事情報も訳して紹介してくれるので非常に親切だ。なんというか、WEBで関連記事を探す手間が省けるというものだ(もちろん、先方様はその努力をされている訳だが)。
 過去の記事を読み返しても、ハートさんが如何に情報を精査し、また反芻したうえで掲載しているかが分かる。また、米オバマ大統領が光の戦士だと見ている。

 それに関しては私も同意見だ。オバマ大統領が、善側か悪側かは彼が退任するまで分からない。しかし私としては、初就任から1期を終えるまでの政策には、意に反して悪側の勢力に逆らえない状況であったと思っている。周りがすべて悪なのだ。逆らえるはずも無い。

 我が国でも、官僚支配を終わらせようとした首相は早期に退陣に追い込まれてきた。大業を為すには少しずつ力をつけて行くしか無いと思う。そして今ようやく、機が熟したのではないだろうか。

 だから、彼を悪側と見るものは、前政権の負の遺産を彼が背負っていただけということを理解できていないのではないかと思う。現に戦争屋たちが次々にその座を追われているし、それら負の遺産を徐々に解体している(テロ対策用の空港等での全身の線まで映し出されるスキャンの撤去や、大きいところではアフガンの撤退も然り)。
 FEMAや警察国家というキーワードも、過去の政権が作ったまさしく遺産である。

 それにしても、2001年のNESARA宣言の邪魔を息子に指揮するためにわざわざホワイトハウスに越して来てまで9.11を起こしたパパブッシュといい、人類を支配する為の上記のスキャンやSNSなどのCIA工作といい。ブッシュ家はまさに悪魔の家系だ。
 
 これらを鑑みて、現状のオバマ氏の政策を悪というなら、この世に善はあり得ない。

 以前にも述べたが、銃を捨てるという事は、「恐れの感情からの解放だ」ということだ。それはポジティブな行動であり、反対するものはネガティブな精神の持ち主であるということだ。

 つまり、己の身を守る為に銃が必要だと云うのは、国を守る為に核ミサイルが必要だと言ってるに等しい。米国で、銃規制に反対するものは北朝鮮の核実験を否定する権利は無い。我が国でも、原発推進派には同じくその権利は無い。

大いなる瞬間?

 ハートの贈りものさんの訳で、シェルダン・ナイドルの新しい情報がでています。
それにしても、ハートさんの訳はいつもながらお見事です! 読みやすい分かりやすい。....才女だね。

 で、その中で、

『今や、闇の勢力の主要分子は逮捕されています。』

 と有りますが、呼応するように、ナイドルのメッセージが5日ならこちらは4日付けで、報じられています。時差がありますから、もしかすると同日かもしれません。

江沢民一族の管財人、国家能源局トップ 汚職疑惑で立件調査へ

 私は、中国の江沢民が鍵ではないか? と以前書きました。まぁ誰もが思う事でしょうが....、逆にナイドルはアメリカ国内のことを言ってるんじゃないか? と云う人も居るでしょう。

 しかしそんなことはありません。これらは世界の政府との関わりが必須で、

『我々は、各国政府内の犯罪者たちと交替する予定の人々と、仕事上の協力関係を築くべく勤しんでいます。』
『闇の勢力は長い間、世界を、自分たちが所有する「無口な貝」のように扱い、信じられないほどの独占のもと、莫大な浪費をして馬鹿騒ぎにふけってきました。その脱出口が、全世界での負債免除なのです。』

 とあるように、一国だけでは為さない重大な内容から、

『この重大なイベントを正式に報じる日程を設定しています。』
 
 となるのです。


 さて、『我々は、各国政府内の犯罪者たちと交替する予定の人々と....』とあります。
これも時を同じくして本日「日銀の白川総裁、任期を残して辞任」のニュース。

 以下は本日のニュースサイトから。

日銀・白川総裁「駆け込み退職」のワケ 任期残し“最終防衛ライン”死守

 さてさて、関わりがあるのか否か.....。

3次元の戯れに巻き込まれてはいけない

 私は、フェイスブックもツィーターもミクシーもしません。

再三、私の著書を読んだ方や、瞑想関係の方から誘いを受けますが、やる気は有りません。

メンドウくさいというのが主な理由からですが、もう一つ、悪に加担したくないというのがあるのです。

 以下をご覧下さい。

2013年、ビックブラザーの全地球的監視社会が始まる

 実を云うと、私はかなり以前から相方に伝えていました。「フェイスブックってFBIが個人情報収集のために作らせたプログラムだろ?」ってね。

 記事ではFBIではなくCIA(ブッシュCIA)でしたが、案の定でした。

「アラブの春」がフェイスブックやツィーターのおかげと思っている方も多いと思いますが、CIAの思惑通りに使用されたと見ていいのでは? 

 そう、おかげではなく偽旗作戦用としてね....。

 米国に逆う国はデモを起こし転覆させる。それが今までの米国です。

 信じられない人はこれを見ましょう。ベネズェラの真実です。

民主主義に関する戦争 (2007) #TPP 南米 エコノミックヒットマン




追加プレゼント

追加情報。

以下転載----------------

プーフインタビューの要約 2013年2月3日
http://nesaranews.blogspot.hu/2013/02/poof-interview-notes-2-3-13.html
Sunday, February 3, 2013
POOF INTERVIEW NOTES 2-3-13

以下は、2013年2月3日(日曜日)に行われたプーフとの会見の要約である。
彼らは、現在の古いシステムから切り離して、バーゼル3に従って世界的な解決策を実行するという手紙を1月30日に送ってきた。

遅延:彼らは、それを中央銀行において実行したかったが、米国議会が開かれ、彼らを脅迫した。彼らは新しいシステムなしには銀行システムを運営できない。全ての者が今では、新しいシステムに従おうとしている。
ドレークは、マダムウーについての全体像をもっていないので、黙るべきである、マダムウーはカバールではない。
オバマは、プランに従がっている。彼は大統領職に留まり続けるだろう。
ロン・ポール/ベーナーの話はインターネットの噂話に過ぎない。この話は実際のものではない。ベーナーは上院のスピーカーに過ぎない。彼はロン・ポールの暫定副大統領の話などは聞いていない。
オバマはドラゴンから受け取った告知の詳細を所有している。
88番街101番地は告知が始まっても平和を維持する。インターポールは逮捕を支援する。
RVは既に出回っている。
認可システムは存在しない。FEDも存在しない。
NESARAの一部は告知、実行されるだろう。負債は減免されるが、人々が考えているものとは違う。
告知は今週(~2月9日)に行われる。彼らは全ての準備を終えたが、日時は秘密事項である。ウエブに発表されるような性質のものではない。
キャンプデービッドで行われた会合は私たち将軍とのもので、彼らはこの変化にどのように対応するかについての指示を受けた。
米国は2013年1月31日の12時01分に、共和国に復帰した。
ドラゴンは米国が真の憲法に回帰すべきだと主張した。
1871年のコーポレーションは、今や消滅した。
カバールは逮捕され、権力を剥奪されるだろう。多くは監獄に送られつつある。
新しいUSTが非常に間もなく出現する。彼は、テレビの天気チャネルの下部に示されたテロップの、第三の通貨が何かは知らなかった。
高過ぎるので、ZIMがRVかどうかは彼は知らなかった。彼は情報を持たず、RV情報に踊らされないように最善を尽くしている。
ジョージ・ブッシュはRVの策略には関係が無い。彼らは策略をめぐらすことは出来ず、従って、通貨を買い、盗んだが、RVの実施時期を支配できなかった。
中国と米国は、舞台裏で負債の問題を解決した。
アイサセルによる告知はRVのしるしである。イラク人は知っている。
イラクはヨルダンと商談を成立させたが、これはRVの実行が近いことのしるしである。国連事務総長のバン・キ・ムンは、第7章のサインはしなかったが、しようと思っている。バン・キ・ムンは世界的な解決策にはサインを済ませた。
ケミトレールが散布された大気の浄化のための新しい技術が開発された。人々のために酸素量が増える。
告知は非常に膨大なので、次々に、ゆっくりと発表されなければならない。
黒人が1871年以降アメリカを開放したのは皮肉だね、アハハハ。
オバマは善人でイスラム教徒ではなく、キリストを信じている。彼はキャンプデービッド近郊の教会に行った。他の教会に行くのは彼にとって危険だ。オバマは屈服はしないだろう。彼が屈服しなければならない理由はない。彼は何が起きているのかを知っている米国人のうちの一人だ。
彼のソースから、彼はオバマが暫定大統領で、暫定大統領・副大統領はくそ食らえだと聞いた。
90日のNDA・・・人々の保護。
それらは外国為替を扱う銀行ならどこでも売買される。
ブッシュには、作戦実行の資金は残っていない。
全てが今起動している。何年にも亘る遅延は解消されている。
今週には、USTに変化が起きると聞いている。
ディック・チェニーと前ゴールドマンサックスの財務担当役員のポールソンはクローンである。ポールソンは窃盗を続けている時に殺害された。
バスケットが”誰か”に決定された・・・誰かが設定したが情報は無い。これは思っている割には複雑ではない。
どの位早く新しいエネルギー技術が発表されるかについては、彼は知らない。発表は実行されるが、混乱が起きないように秩序が保たれる。
新しい技術のための訓練が行われる。
PP自体は配布されなかった。これは世界的な解決策と結びついている。
OPPTはサン・ジャルマンのコピー・・・あまり良く知らない。
サン・ジャルマンはファンドの唯一の責任者である。
スチーブ・ジョブスはアンドロメダ人である。
五次元への遷移は我々の生涯の間に生じる。
12-12-12に、地球はポータルを通過して、12-21-12に扉は閉ざされたので、後戻りすることはない。黄金時代は我々のものである。

翻訳 Taki

----------------転載ここまで

彼は以前、以下のように語っている。

『質問:どのようなプログラムが行われるのか・
プーフ:レオ・ワサンタ、サン・ジャルマン(彼は主な信託口座からの34口の信託口座を持っている)は合法的であり、ブラッセルはオリジナルのNESARAについて作業をしている。ベンジャミン・フルフォードの立場は不安定で、コブラ、銀河連合、ある種の情報は、でっちあげである。』

 ははははは!

誕生日プレゼント?

 昨日、誕生日を迎えました。正直私はこういった祝い事に無頓着でむしろ煩わしいのですが、相方が「何が食べたい? 」とうるさいので、「なんでもいい」と。そしたら蕎麦と湯豆腐と長芋の短冊といった、単に私の食べやすい好物が出てきました(笑

 そういえば、この歳で浮かぶのが「信長」。彼の遺体が見つからなかったのは、信長が自らか、部下に命令してかは分かりませんが、その身体を爆破したからだそうです。粉々に吹っ飛んだんですね。だから見つからなかったそうです。そんな事が、とある書物に書いてました。一般的には云われてませんけどね。でも真実はいつも表に出て来ないもんです。

 で、そんな誕生日に、いつも見るWEBサイトでなぜか3日付で以下のような内容が....。

転載で失礼します。

-----------------

次元上昇と菜食主義  2013年2月3日
http://www.beyond3dbooks.com/vegetarianism
Ascension & Vegetarianism
Trish LeSage on February 3, 2013 at 12:19am




 人は、次元上昇の道を長い間たどっていると、遅かれ早かれ、菜食主義者になる可能性があります。これは当然のことであり、この人は以下のことを経験することでしょう。
 すなわち、この人は肉を一切食べたくなくなる可能性があります。肉は振動数が低い食物なので、体がもはやそれを必要としなくなります。次元上昇のプロセスにおいて、人のエネルギー振動が上昇すると、肉の代わりに振動数が高い、果物、野菜、種、ナッツが欲しくなります。
 それに加えて、次元上昇の道を長い間歩んでいると、肉の消化に問題が起きてくる可能性があります。このような人たちは、吐き気、胸焼け、逆流性胃炎、胃腸痛、下痢などを起こします。

 次元上昇の道を長い間たどっている人たちは、やがては、人間だけでなく、全ての動物及びあらゆる自然と一つになります。動物は、知的な存在として、人間の兄弟、姉妹たちとして愛され、尊敬されるようになります。この結果、人は肉を食べると感情的な問題を起こします。例えば、このような人たちは肉を食べると強い悲しみを感じたり、涙を流したりします。今まで生きていて、食品にする為に殺された物を食べると考えることは、耐え難いことなのです。食用にされる動物への共感が経験されるようにもなるでしょう。
 やがて、人間と動物がお互いに生き残るために殺す必要がある現実のシステムが作り出されているという全体概念が次元上昇の道を長い間歩んできたものにはわずらわしくなり始まるでしょう。三次元の地球の暴力と残虐の全体システムがますます耐えがたくなることでしょう。生き残りのために殺す必要がない社会が存在する高次元の場所に住みたいという欲望が強まることでしょう。高次元における存在は、食物よりもむしろ純粋のエネルギーと又は光のみを消費するといわれているので、これは驚くようなことではありません。これに似ていることに、三次元の地球では十分なビタミンDを体に補給するために太陽光に当たらなければならないと言うことがあります。

 従って、あなた方が次元上昇の道に添って歩んでいるのなら、そして突然肉が欲しくなくなったら、なぜかが分かることでしょう。私たちのエネルギー振動は上昇しており、やがては低い振動の食品を摂取する必要はなくなるでしょう。私たちはますます高まるエネルギー振動に同調した食品を必要とし始めるのです。

翻訳 Taki

-------------

ええ、その通りです(笑
それにしてもこの方の訳、いつも段落が無いので読み憎いので、勝手に段落作りました。

体罰問題

 昨今、体罰という名文の虐待が話題になっている。

この、暴力を振るう指導者というのは、酒乱と同じである。一種の病気だ。
 この場合、酔っては居ないが、カッ!となって手が出るのだから困ったものだ。それが武道となると話にならない。
 私としては、この手のものが教育機関で指導するというのは避けなければならないことだと考えている。


 とある高校の陸上部の監督は、「もう二度としません。」と誓約書を書いておきながら、それでも犯してしまっている。そう、だから病気なのだ

約束も守れない。
すぐ頭に血が上る。
責任の取り方も知らない。

このような人物が教育者? あってはならない。あっ、そうそう、公務員だよね(笑 尚更ダメだろ。


教育者としても資格のあり方を考えなければならない。
しかもなぜこうまで公務員は守られるのか? 人格的に教育者として向いていないのだから、解雇されるべきである。 
 そのまま継続は教育上にも良くない。

残念なのが、問題があった在校生の一部や保護者が、部活再開や、顧問の復帰を求めると言った、己のことしか考えていない行動だ。

「この顧問が居たからこの学校に入った」
「このままでは大学に行けない」
「スポーツ進学の為に部活が止まったら....」

などだ。

 まあ、あんな指導者だからこんななのだろう。

「朱に交われば赤くなる」........か。


それにしても全柔連の園田元監督。
9時のNHKニュースでの監督辞退の放送を見ていて、思わず相方にいった。

「この人、ずっと柔道やって来て、まさかこんなことでNHKのトップで報道されるとは!」

 残念!!

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム