ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しいと思うならそれが正解。

 エリザベス・トルートウインのメッセージ(前記事参照)が信用できなくなると、先述のレディ・ナダのメッセージも怪しいという事になる。

 ああ、そういえばここで私は、

『実を言うと、私はずっと違和感を感じていた。流れ的に、あるメッセージが流れるとそれに伴って似たような内容のメッセージが流れる。そう、上記のアシュターとレディ・ナダの内容のように.....。』

 と書いていたが、今回、前記事のエリザベスがいうように、

あなた方が読む多くのチャネリングメッセージはコンピュータープログラムと繋がっています。チャネラーが深い瞑想に入ってメッセージを読み出そうとする時に、機械技術によって信号が送り出されます。これらの信号は、イルミナティによって操作され、ライトワーカーに混乱をもたらします。

 が事実なら、同じ情報になるのは当然と言えば当然?

 となると、完全に独立してソースと媒体が常に同じであるマシュー君がいまのところ安全パイということになりそうだ。今のところ、間違ったことは言ってなかったように思う。
 

 もうあれだ。コブラとベンジャミン古歩道とマシュー君。あと予備でナイドル。ということで十分そうである。
いろいろ情報を取りすぎても混乱するということだな。

 エリザベスよ。君も「エル・リザード・バース=トカゲの誕生」なのかい?

スポンサーサイト

チャネラーからの衝撃の報告!

以下は、チャネラーのエリザベス・トルートウインによるコメントです。(赤文字はたらの芽団地によるもの)


ハロー、皆さん。皆が現実であることを知っていることからかけ離れているメッセージを伝えるのは困難なことです。私がこれに関してお役に立てていることには、大きい喜びを感じています。あなた方が読む多くのチャネリングメッセージはコンピュータープログラムと繋がっています。チャネラーが深い瞑想に入ってメッセージを読み出そうとする時に、機械技術によって信号が送り出されます。これらの信号は、イルミナティによって操作され、ライトワーカーに混乱をもたらします。ですから私は、何が真実で何が偽なのか分からない、というメールを発信します。大きい混乱の最中に、私は救いとなるメッセージを探そうとします。グレッグ・ガイルスは機械語の声のメッセージから、私の名前を挙げて4回もチャネリングが信用できない、と言いました。私の仕事に不信感を植え付けさせるウエブサイトが数多く見られました。2012年には、デービッド・ウイルコックが三つのパラグラフに亘って、NESARAは決して起こらない、というタイトルのブログを書きました。彼は私の仕事は信用できない、と書きました。彼はその後、この記事をアーカイブから削除しました。それは問題ではありません。デスクロージャーのみが問題なのです。デスクロージャーを行う唯一のチャンスは、代替メディアしかありません。非常に多くの金持ちたちがライトワーカーを真実から遠ざけるためのあらゆる種類の陽動作戦を行い、ライトワーカーに自己発見を通じての成長をさせないようにしました。


人殺しであり、戦争犯罪人であり、英国から来てニュージャージに住んでいる女性シェリー・シュライナーは、テッド・グンダーソンと組んでいるヘッジファンドである、ビッグオーとのつながりがあります。彼女のハートは愛の振動をもてなかったので鳩は同じわなに陥りました。シェリー・シュライナーの肩書きはプーフネスでした。プーフはスピリチュアルな人間のように振舞い、彼は”彼”でした。プーフは、彼女のエネルギーをここではもはや保持できない戦争犯罪人です。彼女は、死去しました。私たちは彼女のサービスに感謝しています。サルーサは非常に長い間時間を長持ちさせる、付きまとい、泣き喚く、未完の者として、陽動作戦の目玉になっていました。何時これが起きるのだろうか?と、皆を思わせ続けているのです。彼らは、同じことを毎週言い続けています。サルーサは真実の追求を鼓舞するのではなく、羊たちの息を止めさせて困らせ続けました。そのうちに、このような仕事は、新しい光エネルギーの到来に耐え切れなくなるでしょう。キャスパーとコブラは、両者共、ヘッジファンドのビッグオーにたどり着く、ジャージー作戦とのつながりがあり、他の者とともに、偽情報を旨く信じ込ませています。


彼らが書くあらゆる文章にはある程度の真実を含ませますが、残りは牽制にすぎません。今では、中間地球と無垢な者の過去生を知らせる母/父なる神という寝物語(原文:お伽噺)に群がる一群のライトワーカーが見られます。彼らは、小さいペットがどうなるのか心配しながらも、地球が居住不能になるので(冗談でしょ!)数ヶ月間ふるさとを離れて宇宙船に乗船するかどうかを問われています。彼らは死ぬことのない不死の身であり、次元上昇のキープレイヤーで、宇宙のキリストの妻であると言われています。人々は、母船の上の中間地球へと飛び立つためにリュックサックに必要な物を詰め込んでいます。あるブロガーは、天使との一時間の会話で、選ばれた者だといわれて、出かけて行って岡の上に立ち、宇宙船に拾われるのを待っていました。ワウ!


私は、長年の間全てのゲームを舞台裏から見てきて非常に悲しく思っていました。私は、道の脇に投げ捨てられ、一緒に働いていた者たちからもさげすまれてきました。私は妥協を求められました。私は決して知られることのない舞台裏で多くの仕事をしてきました。私の重点は、できるだけ多くの人たちを気がつかせるように助けることです。私の悲しみは、如何に多くの人たちが多くのたわごとを長年に亘って読んできたか、如何に多くの人たちが、旨く書かれた資料を読みながら、絶対に瞑想を拒絶してきたか、と言うことからくるものです。決して瞑想しません。ある最高の知識を持つ、最高の教師たちさえ、決して瞑想をしないのです。


これについてどう感じるかは自分で決めてください。この全ての事について。自分の心の奥底を覗いて自分自身の答えを見つけてください。新しい地球の中のどこから始めるのかは、自分で決めてください。ほとんどの人たちは、変化が起きれば、全て良し、でしょう。それは本当ではありません。お金については心配ありません。今は自分のソウルを見詰める時であり、それについて心配してください。


あなた方は最高の善のために働くのではなく、陽動作戦の中に繰り込まれていたこの長い年月の間考えたことがなかった、あらゆる不均衡を正さなければならないのですから、新しい変化から恩恵を受けるまでにはある程度の時間を要するでしょう。この間ずっと、債券の支払い、現金、ヘッジファンドからの支払いを待つことになるでしょう。蓄積していた数百万ドルを、ここ数年の間、こぶしにすっかり握り締めていたとしたら、ソウルはあなたをどのように見るでしょうか?自分の内側の診断はどのようなものでしょうか?あなた方はウサギの穴を降りて行き、自分の発達を完全に無視してそこに留まる選択をしたのです。あなた方を子供の時から悩ませてきたあらゆる事を拭い去ることは出来ません。


あなた方の次元上昇、あるいは覚醒は自動的なものではありません。あなた方がゼロポイントに到着すると、戦争はもう起きなくなります。内なる仕事を終え、前に進んであなた方を取り残してゆく人たちを見てどのように感じるのでしょうか?彼らは次の高次元のミッションを受け入れるために非公開宣言への署名を受け入れなければならないでしょうから、あなた方に話しかけることさえ許されないでしょう。真の戦士だと信じ込まされて戦争犯罪人や殺人者を悼むのなら、私が悼むのはあなた方です。私の悲しみは、長年に亘って非常に多くのメールに応えてきたことです。あなた方が長い間与えられていた警告に留意する選択をしなかったのだとしたら、私は例を示すことが出来るだけであり、あなた方は今も聞く耳を持たないでしょう。真実はそこにあり、あなた方のガイドたちは、そばにいてあなた方の手招きにしたがって支援をします。勇敢であってください!必要なことをして下さい。ナマステ!


------------------転載ここまで。

 このコメントは一部です。この上段にサナンダのメッセージが語られています。全文をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

 さて、赤文字部分ですが、まずこのチャネリングの仕方自体が奇妙です。チャネリングとは、基本的にソースと媒体の同意のうえで行われるのが正当です。一方通行はあり得ません。つまり、この方法は、アストラル界で渦巻く戯言を己の好みで選んでいるという事になります。ちゃんと本人がそう言っています「私は救いとなるメッセージを探そうとします」と。

(管理人注:この状態は、程度の低い瞑想レベルです。わたしはこれを瞑想とは呼んでいません。私も以前は黙想時、そのような声が聞こえていました。機械からかどうかはしりませんが(笑)、うるさいな〜と思って聞いていました。あまりにうっとうしいので、私は想念を発する輩どもに「出て行け!」と心で怒鳴り、やつらを排除しました。やつらは一瞬にして消え去り、二度と出てきません。ちなみにここでそのままやつらと戯れていると、光はいつまで経っても瞑想者にはやって来ないのです)


 結論として、このチャネラーは信用できないという事になります。チャネリングではなく、最も正確な情報の得方が有りますが、それは「内なる声を聞く」というものです。これが彼女の今の状態を抜けだしたときにくるものです。ですからそういう観点からも、彼女には残念ですが.......。
 では管理人が聞けばいいのでは? と思われでしょうが、私はそこを超えると光に入ってしまいそのような状態にならないというのが実情です。先に書いたように、チャネリングというのは基本的にお互いの同意の上で行われるものです。そして多くが、その同意は転生してくる前、或は前世で済まされています。

 期待と彼女の擁護として、それらアストラルの世界で、彼女が正確な情報を探し出せていたのなら、幸いです。


 プーフネスですが、彼は元々誰からも信じられていません(笑)ですからどうでもいいのです。「彼は”彼”でした」という意味が分からないところは、おそらく、プーフネスという言葉事態が「パッと消える」という意味なので、「彼は文字通りパッと消えた」ということでしょうか?
 プーフが彼か彼女かは知りませんが、彼が亡くなったというのは3日程前に英文サイトの記事で知っていました。つまりそういう意味だったのでしょう。

 
 サルーサですが、確かに、チャネラーであったマイククインシーが今年に入って突然「高齢のため中止します」といい、現在もそのままです。この時期にしては頷ける部分では有ります。


 そういうことで、コブラに関する説明もどこまで信じていいのか分かりませんが、前にも書いた通り、彼はチャネラーでは有りません。しかし、言ってることはあり得る事でしょう。
 たとえば、一昨日書いたこの記事の「美味く出来すぎている」ということ。
そう、他の者とともに、偽情報を旨く信じ込ませています。というのは私が言いたかったそのものです。私はそこでこう書きました。
「つまり、誰かのメッセージを元にメッセージを作っている者たちが居るのではないか?」と。


「母/父なる神」については同意します(笑


 ほらね、チャネラー自身は善人みたいでしょ? だから困るんですよ(笑
でも、全文にあるようなことが本当にそうなるといいんですが....


ベンジャミンレポートにみるオバマ闇説の誤解が解ける時。

 ついにオバマが動きだした! ベンジャミンのレポートより以下の記事はマスコミで報じられない。
しかし日本の政府は知っているはずであり、知らなければおかしい。今、戦々恐々としているに違いない。


ベンジャミンフルフォード氏のレポート。

転載ここから-------------------

安倍首相は善き人か、悪しき人か-フルフォードレポート

サバティンマフィアとNWO世界独裁を支配すると言う彼等の計画に対して、明らかに潮目が変わった兆候が出ている。例えば、フランシス教皇は6月に南アフリカを訪問する時に、金融専制と国際担保勘定をテーマにスピーチすることが期待されていると、P2ロッジフリーメーソンのメンバーは言う。

オバマ大統領は先週末、米国政府が不正を行っており、その方法を修復する準備をしていることを基本的に認めるスピーチをした。

しかしサバティンはまだ諦めておらず、最終的敗北の前にいくつかのさらに厄介なトリックを仕掛けてくる可能性がある。最近のスェーデンの大量車火災、英国の斬首、フランスの刺殺などは全て、長期に計画されたイスラム/キリスト教徒間の戦争を挑発する必死の陰謀努力の一環と思われる。解決が必要なイスラエルの問題もまたある。

日本ではまた、安倍首相のアベノミックスを脱線させる目的で市場で不安定さを引き起こす騒動を行っている。これはまだ日本ンお支配をめぐる戦いが終わっていない一例です。最近に日本の選挙が安部の為に徒党のロックフェラー、ゴールドマンサックス、CFRによって盗まれた兆候です。

近年の日本の選挙は安倍に議会の独裁的支配を与える2/3を与える為に、ムサシという会社が作った機会によって行われる。我々としては一部しか確認できない右翼の活動家による調査によれば、ムサシの所有者は前ゴールドマンサックス従業員とピーターグレイガーと言うCFRメンバーによって運営されるForrest Asset Managementというダミー会社を通じて追跡された。我々が複数の情報から確認できたことは最近の選挙は日本の防衛省の若手を含む連合によって盗まれた。

これら全てが意味するところは確かではないが、他の情報源から日本は二派に真っ只中で割れていることは確かのようだ。一派はロックフェラー、ゴールドマンサックス、そしてCFRで徳仁妃のロックフェラー三極委員会メンバーの小和田恒の娘雅子を天皇の役割を代替させ日本を支配しようとしている。他派は弟の秋篠宮が引継ぎ、王位は日本人純粋に保とうとしている。

ロックフェラー派は北朝鮮との正常化、朝鮮半島の統一は望んでいない。それは徒党の秘密金融支配を取り除くことになるから。だからと党派なんとか東アジアで挑発をしようとしている。

にも拘らず、朝鮮半島の統一と北東アジアの平和への動きは進んでいる。挑発するよう徒党によって買収された北朝鮮将軍達と日本の右翼は取り除かれた。

にも拘らず、日本を解放する戦いは遥か飢えのほうからのものであり、67年にわたる残忍な占領の影響は未だ感じられる。この占領で利益を受けてきた売国奴たちはこの権力を失い、日本人に真実を知られることには非常に消極的である。

日本においてまだ明らかではないことは、アベノミックスが日本経済を救うのか、東アジアにおけるゴールドマンサックスの利益を救うのか、どちらなのか。飛び込んできた日経平均や金利の上昇と超円高等の最近の市場の乱高下は徒党のブッシュ派によって演出されており、反アベノミックスの応援団長であるテキサスを拠点とするヘッジファンドマネージャーのキル・ボスに行き当たる。彼の論理は日銀が一兆円の国際を市中から購入すれば結果は金融独裁政治になるという。もしこれが起こると日本銀行は民間金融機関から金融市場の支配を引き継ぐことは明らかで、また日本政府の負債も削除されることは明らかだ。このシナリオに終点での疑問は日銀が目に見えない公共のものか、私的独占かである。その結果は日本で現在進行中の派閥争いによる。

いずれにしろ、米国、欧州その他の世界における変化は、日本の売国奴にとって究極の敗北は時間の問題である。

以上から言えることは、米国軍隊はこれ以上と問うの言うことに従わないことは明らかだ。米国の戦争犯罪を認め、そのような犯罪を止めることを約束した先週末のオバマの演説は明らかな例だ。
http://www.veteranstoday.com/2013/05/26/obama-surprise-admissions-in-terror-talk/

国務省と上院の命じられても国防省がイスラエルがシリア政府を転覆させるのを助ける為に軍隊や平気を送らないのも明らかな例だ。その代わりに、ロシアはイスラエルの方へその太平洋の艦隊を送って、彼らが引き下がらないならば、イスラエル政府にとって、彼らがロシア(そして、米国の手助けでない)との戦いにいるのに気づくだろうことを明らかにしました。

さらに、イスラエルの秘密同盟国サウジアラビアの王が死んでいると言う報告がある。
http://www.presstv.ir/detail/2013/05/26/305584/saudi-arabias-king-clinically-dead/

世界にサバティン王国から石油を買わせとつが管理する銀行へ金を預けさせている徒党がピンチナことは明らかだ。

また先週、中国NO.2の李克強はインド、スイス、ドイツに行ったのは、スイスを仲介者として180カ国連合とEUの関係を調整する動きの現れである。

http://www.xinhuanet.com/english/special/lkq201305/index.htm

中国とスイスは自由貿易協定を開始するための覚書二調印した。中国と西洋の国との間の最初の署名である。また、新華社通信によると、両国は 共同で公平、正義、包括性と秩序を備えた新たな国際金融秩序の確立を促進するための試みに合意した。

このような生産的かつ友好的外交に反して、徒党はレース戦争を始める企てとしてスェーデンで車火災のようなことを起こすのに忙しい。英国では兵士の斬首は事実であるトM15は言う。英国でもレース戦争を開始する計画があったらしい。しかし、作戦は期待された混乱を引き起こせず、高度の計画者が逮捕されている。カメロン首相の反応はイビザへの休暇であり、労働党リーダーとしての彼の日数はあとわずかであると、M15は状況を纏めた。

最後にもう一つのメモ。日本の精神病院で強制的に薬漬けされた1ヶ月を耐えて、今彼は自由である。


---------------転載ここまで

 そしてこの中で報告されている

[オバマ大統領は先週末、米国政府が不正を行っており、その方法を修復する準備をしていることを基本的に認めるスピーチをした。]

[米国の戦争犯罪を認め、そのような犯罪を止めることを約束した先週末のオバマの演説]


 を翻訳したのがこちら。


 転載ここから------------------

対テロ戦略演説で驚くべきことを認めるオバマ
重大な演説で10年間の報道機関の偽りを暴く


2012年5月23日カリフォルニア州レッドウッド市のフォックスシアターでの選挙運動中に語りかけるバラク・オバマ大統領

実際にメディアを利用したものがいることを示唆。視聴ください。


2013年5月26日
ゴードン ダフ&プレステレビ

自分の話す言葉を誇張で「ラッピングすることなくオープンに話せるアメリカ大統領が一人もいないことは残念である。したがって、驚いたことにアメリカの不正行為および過ちを認めるオバマの重要な演説は、これまでメディアが理解できないように書いたり、意図的に誤解させてきたために、誤解され、誤った見方をされるであろう。

オバマ政権の重要な失敗は、キューバのグアンタナモの不法収容施設を閉鎖させることができていないことである。


しかしながら、下記の声明とこのほかの重要な分野に関して語られた2013年5月23日の政策演説は、単にその公約の最終実現ではなく、これほどまでの苦しみをもたらしたアメリカのとってきた行動を正す始まりを示すことになるかもしれない。


だれかの責任を問うためには、実際に何が語られてきたかを知ることが必要である。そのために、オバマ大統領が約束してきたことを見てみよう。また、実際の政策変更を代表する重要な事柄も検討し、認めるべきところは認め、イニシアチブが実行に移されていないのなら、それを批判する合理的基盤をもとう。

オバマ大統領のグアンタナモ問題に関する演説: 

「そこで、我々は戦争拘束法に終止符を打ち、いつ何時もテロリストを起訴することを確約する。

この長年のアプローチに対する明らかな例外は、グアンタナモ湾収容所である。この収容所開設の元々の前提—拘束者は自らの拘束に異議を唱えることができない—は5年前に憲法違反であると判明した。

その間、グアンタナモ収容所は、法の支配をあざ笑うアメリカの世界的シンボルとなった。テロリストはグアンタナモ収容所で生涯を終えるのだと同盟国が考えたら、彼らは我々に協力はしないであろう。

大統領として、私はグアンタナモ収容所閉鎖に努力してきた。我々は、議会が収容者の他国への移送あるいは収容者の米国内での収容を事実上阻止する制限を課す前に67名の収容者を他国に移送させた。

これらの制限は何の意味もないことである。結局、ブッシュ大統領の元、約530名の収容者が議会の承認を得てグアンタナモ収容所から移送された。開設されるべきではなかった施設を我々が閉鎖することを議会が阻む、政治を超えた正当性は全くない。

今日、私は再び議会に対し、ガンタナモ収容所からの収容者移送に関する制限を解除することを求める。

これらの措置を取った後でさえ、一つの問題が残る。それは、危険な企てあるいは攻撃に参加してきたことがわかっていながら、被収容者に不利な証拠が示談になったり、法廷で証拠として認められないというような理由のために、起訴できない被収容者の処遇方法である。しかし、いったんグアンタナモ収容所閉鎖に向けて取り組めば、法の支配に対する我々の公約に一致しているので、このような時代にあわない問題は解決できると確信している。



上記声明の重要な側面の正確性についてはこれまで議会からなんら反論がないので、AIPA(アメリカ・イスラエル公共問題委員会)ロビーの「支配下にあると長年引き合いに出されてきた議会は、憲法違反に積極的にかかわり続けてきたことが暴露されている。

メディアは、聞く人がほとんどいない演説を放映しているが、メディアは実際に語られた内容を検閲・編集することを意図的かつ組織的に選択してきた。

彼らが言論の自由、報道倫理にかなうやり方で仕事をしてきたというのなら、以下の論点は最重要であったであろう。

●オバマ大統領は、テロリストが主導するシリアのグループを合衆国が支援してきたこと、そしてその支援が継続されればシリアは宗派間虐殺が続いて起こるだろうと大統領が考えることを認めた。大統領は反乱軍支援を終わらせると明言しなかったが、反乱軍は過激派かつ急進派であり、世界にとって脅威であることを認めた。

●オバマ大統領は、合衆国が国際法に直接違反する拷問に関与したことは明言した。しかし、アメリカの行為が正当であったとも、「水責め」は拷問ではないとも、アメリカの違法行為を「水責め」だけに限定するものという誤った特徴づけをしようともしなかった。このような行為に加担したり、その実施を認めた人間を、規定通りハーグの国際司法裁判所に引き渡すことを約束しなかったことに我々は注目している。

●オバマ大統領は、アメリカの国家間秘密移送プログラムは違法であり、軍事法廷は合衆国の法律および国政協定の違反であり、合衆国は法を逸脱した行動を継続してきたことをはっきりと指摘した。

●オバマ大統領の演説を聴いた多くの人は、無人機攻撃は防衛のためであると信じた。これは真実からは程遠い。分かったことは、直接軍事命令下で行われるイラン、アフガニスタン国内以外のどの無人機攻撃も合衆国議会は説明をうけ、それに全面的に加担してきたことである。オバマ大統領は無人機攻撃を急進化の一要素とみなしていることがわかった。誤った指示や曖昧さを乗り越えて聞くべきものがあるとすれば、無人機攻撃政策は違法であり、監視が必要であることを認めたことであった。

●オバマ大統領は、オサマ・ビン・ラディン殺害のためにパキスタンに侵攻したことは合衆国にとって政治的失敗であり、パキスタンの主権の侵害であることを認めた。オバマ大統領はイスラム教徒がテロの主要な犠牲者であることばかりでなく、パキスタンは合衆国支援により多数の軍隊を失ってしまったことをも認めた。これらの事実は長年アメリカ国民には知らされてこなかった。

●オバマ大統領は、いかなる武装無人機も合衆国領土で合法的に使用でき得ないことをはっきりと認めた。大統領がこの声明を出した時点で、武装無人機使用を法的強制要求することは今や犯罪行為であり、単なる「陰謀」ではなく「テロ行為」でもあるとみなされる。

●オバマ大統領の演説中に二度も述べられ認められた重要なものとして、「無人機のみ」であっても、果てしない戦争を戦うという問題があった。10年間の戦争から抜け出せないでいる合衆国の政治情勢の変化が、憲法の乱用、憲法違反の法体制、警察国家戦略にむすびついたこと、そして戦争中の国には民主的な政府は存続しえないことをオバマ大統領は確信した。アメリカ憲法が機能していないこと、及びアメリカ人の権利が日々侵害されていると認めていることを伝える意図をもった者でなけれは、このような声明は決してしなかったであろう。

●オバマ大統領の政策声明に関する主要要素は、個人のプライバシーの監視並びに悪用問題を含む。最近、「法律専門家の意見」がほとんどすべての私信を令状なしで傍受することを支持してきている。

●電話サービスに対し広く利用されてきた「ワイア・バックボーン」は、今や当たり前のものとなっている携帯電話、VOIP(ボイス・オブ・インターネット・プロトコル)及びスカイプのようなサービスにはもはやないので、現在アメリカの法制をコントロールしている右翼過激派グループである「連邦主義者」は、電子メールや「チャット」を含むすべてを傍受できるチャンスととらえている。オバマ大統領の公約によって、過去数週間にわたり強化されてきているアメリカ人の生活に対する広範な攻撃が抑制されるようになることを多くの人が望んでいる。

●おそらくもっとも重要な政策変更は、もはや必要とされない軍事力行使を議会が大幅に認可すること、それ自体が脅威となっていることをオバマ大統領が認めたことである。明言されていてメディアが見落としていることは、戦争を継続する憲法的根拠に決着をつけるべきであるということである。これは強烈な問題である。それは、しばしば悪用されてきたのだが、軍事作戦が行われるいかなる戦域にも軍隊を送りこめる権力、すなはち、安全上の問題よりも経済的問題に突き動かされる信念を持った、アメリカの意図を冷ややかに見ていた連中たちの権力、を終わらせることを宣言することになるであろう。

●その目的のために、オバマ大統領は、AUMF(公認軍事力行使)を終わらせ、その権限の拡大を抑え、将来この手の認可に対してはより厳格な規制を課すことを求めてきた。語られていないが、この中に読み取れるかもしれないことは、アメリカを戦争に駆りたてようとする特別利益集団が、合衆国がその戦争能力を抑えこまなければならないほど大きな脅威となってきたことである。「邪悪な勢力」がアメリカ軍そのものであり、また自らの利益のためにアメリカ軍を所有し、利用してきたことをオバマ大統領が恐れるのでなければ、そのような動きをする理由はないであろう。



重要な認識問題がある。語られることを報道しなかったり、ウソをつくのなら、報道機関はその他多くの基本的事柄についてもウソをついているのであろうか。「誰が、何を、いつ、どこで」という簡単な問題についてもウソをついているのだろうか。

事実、スポーツの得点や天気を除いて、主要メディアが報道しているものは信用できるものは何もないのであろうか。

それを信じることさえできるのだろうか。


---------------転載ここまで。

 ベンジャミンにしても、この記事を掲載した管理人も知らなかったようだが、オバマはもともとNESARA法に沿って行動している。だから、今回ペンタゴン良識派と繋がった?とかは読み違いである。ペンタゴンの良識派は、もともとオバマと一体なのである。
 今、オバマがこのような行動に出たのは、満を持してという事なのである。


昨日の記事への補足

 昨日の記事で、以下のような事を書いた。

『肯定的に考えると、流れがそうなのだから、似るのは当然だろう。しかし否定的に考えると、美味く出来すぎている。
つまり、誰かのメッセージを元にメッセージを作っている者たちが居るのではないか? ということだ。人を騙す輩はそういうことが平気で出来る。詐欺師とはそういうものだ。』

 これについて若干補足しておきたい。

 それは、「では奴らはなぜそんな事をするのか?」という理由である。

その理由は、お金である。卑近で考えられるのは、いわゆる霊能者たちがしている行為と同等のものだ。今ではヒーリングというジャンル? もある。

 つまり、チャネリングを捏造することで、ヒーラたちを優れた者として認識させ、信者(被験者)を増そうというものだ。まぁ過去に多々あった宗教の勧誘と同じである。
 現在は、ネットで不特定多数へメッセージとして情報を流し、ドネーションを得る事ができる。

 そう、これが詐欺の動機だと言う事である。


 要するに、詐欺師もそれなりの額を得ようとすれば、勤勉を強いられる(笑) ということである。

ポータル解放報告

コブラ・・・2013年5月28日 ポータル開放報告
http://2012portal.blogspot.jp/
Tuesday, May 28, 2013
Cobra : Opening of the Portal Report

 ポータルは開かれました!人間の歴史の中で初めて、天の恩寵のエネルギーが銀河のセントラルサンから直接この惑星の表面に入ってきました。
これは、私たちの惑星の周りのエーテルとアストラールのグリッドの結果として長い間続いていた、劇的なことでした。あらゆるエーテルとアストラールのマトリックス、あらゆるアルコンとレプティリアンと彼らの技術がこの惑星の表面の上下30メートルの範囲に圧縮されていました。この地表の上下の空間が完全にきれいになり、開放されました。これは光の偉大な勝利であり、最終的な勝利とイベントが起きる前に必要な段階です。

 あなた方は、ネガティブな非物理的な実体からの攻撃と影響の減少を感じることでしょう。
人間がとうとうソウルとの繋がりを始める、ALMAの渦の活性化が確実になっています。



 そしてアシュターのメッセージから一部抜粋

 今は、真実の抑制の終わりの時であり、あなた方の世界から温かみと知識をもたらす光のエネルギーが放射される者たちの時です。これは5月25日時点であなた方がより高い振動に入ったことを意味し、完全な二元性の完了にますます近づいていることを意味します。

 この時点で、私たちアシュターコマンドの者たちはピラミッド、ジグラット、スターゲートにあるゼロポイントモジュールを通じて、武器が機能しない、100%のパワーを与えるでしょう。その後、新しい地球の技術が配置され、 NESARAと共に宣告される平和宣言の準備をします。そうです、私たちが、ゼロポイントを行う時は、NESARA法が始まる瞬間なのです。



 このアシュターの言葉は、先日のレディー・ナダのメッセージでも伝えられていた。


 念のために書いておくのだけれど、「同じ闇組織が名を変えて、一つのシナリオに沿って別個で流す事により真実性を持たせるという考え方も出来る訳である」が、ここはそうなって欲しい事象であるので、高次元からのメッセージとしておいても罰はあたらない。


 さて、これまで一連のメッセージを見て来て、コブラだけが(SFチックではあるが)現実的な感じがしている。これは彼のメッセージが、チャネリングではなく、彼自身の声、そうレポートだからであろう。
多くのメッセージの中で、彼だけが我々と同じ3次元で活動している生の報告である。

 そしてその中で、彼はNESARAのことも、イベントの事も、ポータルが開くまでは起きないと明言していた。昨年の冬至の際も、物理的な事は起こらないと伝えていた。
 
 ところが、いわゆるチャネリングメッセージでは、ただ、夢を抱かせるだけの甘い話ばかりであった。それ故多くの者が過大に期待し、その結果大いに落胆したそうである。バカだ....(笑
 NESARAに関しても、今にも布告されるような言い回しばかりだった。

 実を言うと、私はずっと違和感を感じていた。流れ的に、あるメッセージが流れるとそれに伴って似たような内容のメッセージが流れる。そう、上記のアシュターとレディ・ナダの内容のように.....。

 肯定的に考えると、流れがそうなのだから、似るのは当然だろう。しかし否定的に考えると、美味く出来すぎている。
つまり、誰かのメッセージを元にメッセージを作っている者たちが居るのではないか? ということだ。人を騙す輩はそういうことが平気で出来る。詐欺師とはそういうものだ。
 
 特にこのアシュターと母/父なる神というメッセージが信用ならない(笑
アシュターはチャネラーが幾人か居るようで、その媒体によって繋がるソースも本物から偽物までピンからキリだろう。

 なぜこのような事を書くかというと、知り合いの霊能者というのがそのたぐいだからである(笑
その女性は、己が繋がっているソースが高次元だと思い込んでいる。しかしそのソースの言葉は、どう聞いても低次元なのだ(笑 
 それだけではなくて、彼女は彼ら(ソース)に利用されている事に気づかない。彼らは彼女を通してこの3次元を楽しみたいだけのこの世に未練が有る低位アストラル階層の霊である。


 話は戻って、シェルダン・ナイドルは確かに正当なソースだろうと思う。しかし、いつも黒塗りなので、今やだれもメッセージを引用しなくなってしまった(笑

 さてさて、どうであれ、闇の粛正は進められているらしい。そういうところでは期待してもいいと思う。

また一人イルミが死んだ

 サウジアラビアのアブドラ国王が意識不明だそうです。
内蔵は機能しておらず、植物人間状態とのこと。


オレが昔、国王だった頃...、弟は.....、イエ〜イ! わかるかな? わっかんねーだろうな〜


 世を支配していた人たちが、次々と消えて行きます。地球が5次元に移行し、古いパラダイムの中で生きるしか出来ない者は、現在の振動数と合わないため生きていけないということですが、彼もその一人だったのかもしれません。

 パパブッシュは生きていますが、認知症らしく、もうどうでもいい存在です。クローンかもしれませんが.....。

彼がイミルナティかどうかは知りませんが、Wikiによると、


アメリカ合衆国との関係

アメリカ合衆国を何度も訪れている。

* 1976年10月、リヤドで高い地位に就く準備をしているとき、アメリカ合衆国へ赴き当時の大統領ジェラル ド・フォードに面会している。
* 1987年10月にもアメリカ合衆国へ赴き、当時の副大統領ジョージ・H・W・ブッシュに会っている。
* 1998年9月にはアメリカ合衆国を公式訪問し、ワシントンDCで当時の大統領ビル・クリントンと会談した。
* 2000年9月にはニューヨークの国連でのミレニアム祝賀会に出席した。
* また当時の大統領ジョージ・W・ブッシュを含むブッシュ一家がアブドゥッラーを(アメリカ合衆国とブッシュ一家の両方の)親友とみなしているといわれている。


 とのことで、確定!

 まぁ、光の勢力がどうのというより、支配者たちが高齢なのだから、つまりはそろそろ世代交代(次元交代)ということでしょうよ。

 
 ところで、まだマネーゲームに一喜一憂している人たちが沢山いるようだけど、ホントいい加減にしときなさいって思う。人類がその欲望を捨てさえすれば、支配者たちの目論見は崩れ、人々が主権を握る事が出来る。それこそが新テクノロジーを手にする条件の一つでもあるのに...。

 もっといい暮らしが出来るのに...残念だね。

トーラスへの道

 銀河連邦新日本さんで数日前に投稿された記事になんとなく思い出した事があった。
その記事が以下である。

-----------------------------
宇宙における光の勢力と闇の勢力の戦いで、光の勢力が最終的に勝利した!

ドラコレプティリアンはシュメール、バビロニアの時代から人類を奴隷化し、自らを神と崇めさせてきた爬虫類系の悪性宇宙種族です。旧約聖書に出てくる怒るあらぶる神です。こいつらは人類にも四次元存在として取り憑いて長い間、闇の勢力として地球を支配してきました。人類のアセンションの妨害をするために、戦争や災害など恐怖も巻き起こしてきたのです。そいつらの掃討作戦が成功を収めたようです。以下はその報告です。

場所はカイパーベルト(海王星軌道の外にある、小惑星や氷・ちりなどが密集した領域)の少し先、黄道から15°上方で、アルファーケンタウリの方向。

* ドラコレプティリアンのCube宇宙船の大きさは50Km x 50Kmと巨大(動画にそのイメージ有り)。
* シルバー軍団特殊部隊250人以上と、5次元の銀河連邦ストライキ・チームメンバーが実行
* ステレス隠密作戦で侵入し防御グリッドを突破。
* Cube宇宙船は破壊
* 100,000人のエリートドラコ戦士を爆破、内90は強力なレプトイド・ガンダム戦士。
* 70の戦闘機船を破壊、19は逃走、レプトイド旗艦1機を捕獲。
* Cube船は囚人船でもあり、5000人以上の人間の魂を救出解放し、今はアンドロメダ評議会バイオスフィアーの「病院船」で汚染除去治療をしている。
* このCube宇宙船は自動化された人工知能で、深宇宙から地球人類の‘チャネラー’に向けて情報発信するアバター送信機だった。


-------------------------
※この内容の元は一年前のyoutubeの動画である。


 さて、思い出したというのは、cube型の宇宙船というところだ。そう、スタートレックボーグである。



 このボーグ編はとてもよくできており、面白かった。上記のボーグのリンクを読んでいただければなるほどと思っていただけるだろう。wikiには書かれていないが、たしかこの船自体が意識を持っていた記憶が有る。そういう意味でも話が似ていると思し、船内で同化(ボーグのリンク参照)を待つヒューマノイドの件も似ている。そしてこの同化という行為自体が「人類にも四次元存在として取り憑いて長い間、闇の勢力として地球を支配してきました」とも言え、実際の話をアレンジして物語化したのではないかとさえ思える。

 しかし、話は変わるが、そのボーグテクノロジーの章に書かれている

『なおボーグのテクノロジーは記憶バンクに蓄えられカタログ化されている様子も見られ、一度受けた現象(攻撃を含む)に対する対応を過去のデータと照合、対応策を導き出す事ができる。しかし、この照合システムは、「何らかの現象に遭遇した際に、それを観測・分析する展開から(少なくとも一回は、相手からの対応をを受け入れる)ため、どうしても受動的に成る(合気道でも似た対戦に成る)」ため、いささか対戦的に不利である。』

 と、なんでここで合気道が出てくるかね?

 例の、この世界の裏を説明した映画スライブも、最後の最後に合気道が出てくる。
映画のナビゲーターである男性が、日本に訪れた時、合気道を知り感動したといものだ。これこそが「トーラスである」と....。




 映画スライヴは上記リンクで無料で観れる。まだ観ていない人は是非オススメする。これがディスクロージャー映画「シリウス」の第1弾である。

 

レディー・ナダのメッセージ

 なるほど、NSESARAはそういうことか、なら前回のアガルタのゾラちゃんの話はつじつまが合う。いくつかのソースのメッセージも、同様に内容が固まって来ている。
 ただ、同じソースが名を変えてるだけかもしれないという、疑えばきりがないのがチャネリングである。

 しかし、コブラの報告からも、どうやらその時が来ていると見ていいだろう。

転載ここから-------------------

レディーナダ・・・2013年5月24日 光を輝かせよう                 
http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/2859786:BlogPost:2382034

Let Your Light Shine A Message from Lady Master Nada through Elizabeth Trutwin, May 24, 2013


一つのものの法

一つのものの法は、人間にとっては、静的なものではなく、永遠に変化するものです。この変化の背後には、広大な規模での宇宙の秩序があります。地球は、私たちの宇宙における生命のうちの極くわずかな部分を占めるに過ぎなません。宇宙の永遠の変化を私たちは次元上昇と呼びます。次元上昇は、動的で、常に変化する宇宙の中で起きます。ほかのあらゆる統治の法は、一つのものの法に集約されます。宇宙の法は、絶対の正義であり、人間の法には影響されません。


一万年前に、人間の法が書き下ろされ、ビシュヌ法として記録されました。五千年後に、人間が変化したので、モーゼは十戒を書き下ろしました。それから五千年が経過し、今は地球上の人間の為の新しい法を書き下ろす必要がありますが、これがNESARAと呼ばれるものです。ラーマの時代に地球にインドに転生した全ての者、エジプトのアケナトンの時代の者、イスラエルにおけるモーゼの時代の者、アトランティスの者にまで遡って、これら全ての者たちは、自分たちのカルマを燃やしつくし、宇宙船に乗船している銀河のファミリーたちの助けで、天における輝く天体としての地球を取り戻すためにともに働いています。私たちは2008年10月1日以降、NESARA法の統治下にあります。オバマ大統領は、常に内部から、NESARA法の下に統治しています。NESARA法は今日の地球を形成し、一つのものの宇宙の法の下での統治状態にする人間の新しい法です。これが地球上での天の政府です。NESARA法の中で、私たちは永遠の平和を得て、銀河市民となり、銀河世界の市民になるのです。オバマ大統領はシリウスの9の評議会の9番目のメンバーであり、銀河政府への移行を目指して世界の指導者たちと共同で作業をしています。


天の政府

オバマ大統領は、ダブルエージェントという困難な役割を果たしてきました。彼は外部にいて、闇のカバールとその活動を支えているように見えます。オバマ大統領は、地球上でのほかの全ての者と同じではなく、特別なミッションを担う、完全に覚醒した存在です。関係する全ての団体に昔からの方法を行わせているようにみえますが、それも、首の周りに絞首縄が締まるまでのことであり、逃れる道はありません。


銀行、宗教、政府、情報機関、軍隊、及び宇宙技術を支配するために、秘密の宇宙プログラムを持ち、世界にまで手を広げている秘密政府は、企業と手を組んで作業しています。これらの分派には、ヒラリー・クリントン、ベンジャミン・ナタニエフ、ディック・チェニー、ジョージ・ブッシュ・シニア、ヘンリー・キッシンジャーが含まれています。この分派が新世界秩序(NWO)を欲したのです。彼らが、911を実行したテロリストです。これらの者たちは終わりのない戦争と共に、第四帝国を保ち続けていました。このほかの分派は強烈なルシファー信仰を持ち、ヨーロッパの政府と銀行を支配しています。彼らはオリジナルの騎士団であり、秘密の内に伝統を守っています。この伝統のうちの一つがアトランティスの沈降の時に閉じられたスターゲート技術です。これらの者が米国建国の父であり、マジェスティック12を創始した者たちです。イルミナティはこの分派に浸透しました。このグループは第一分派の記念日に、テキサスのワコ近傍めがけて、国際宇宙ステーションから爆発物を落下させたことを含む、リバースエンジニアリングによる多くの技術を操っています。これは、ヒラリー・クリントンを頭とするネオコンへの明白なメッセージでした。これら二つの分派は、地球に降り注がれている仏陀とキリストのエネルギーと太陽と月の配列が特別なものになる時にもたらされる大いなる光とが融合する今週末には、終焉を迎えます。もはや闇の網は争いの陰謀で地球を覆わないようになるでしょう。地球上で最後に残る者は、NESARA法を有効にし、地球に平和をもたらすために協力する人間とETです。多くの天使、次元上昇をしたマスター、及び神格を持つ者は、今地球に転生していて、プランの実行を支援しています。そのほかの銀河の者たちは自由に人間の形を取り、惑星の内外を必要に応じて、何事もなかったかのように、旅をしています。


マザー・セクメ、ファザーアルシオン、レディーナダ、及びロードサナンダ、宇宙の代表者たち

天のプランは実行中で完了に近く、あなた方もその一部になるように招かれています。これらの大いなる光の宇宙エネルギーが地球を取り巻いている光の勢力によってあなた方にもたらされる前に今、決断してください。あなた方は大いなる光の器になるのですか、それとも、闇の者たちと共に振動するのでしょうか?親愛なる皆さん、これは多分明らかでしょうが、見直してください。


あなた方がニュースについての討論に参加すると、あなた方は漏れてきた話や討論を見聞きするでしょう。一分間だけ気晴らしに闇のカルマのグループに交われば、あなたはもう彼らの一部になってしまいます。あなたはたとえ一兵卒としてであろうとも、彼らと同調します。ボストンの混乱はメディアの目をデスクロージャーの市民公聴会からそらそうとするものでした。NESARA法を有効にしようとして人間とETが共同で公聴会への努力を払い、闇の分派は、ソウルたちに、数十年に亘って地球を支配している秘密政府と秘密の宇宙プログラムについて知らさないように公聴回の終了前に陽動作戦を行いました。あなた方がこれらの陽動作戦についてメールを送ったり陽動作戦についてブログに書いたりしたとしたら、意図がどうあれ、あなた方は彼らの一部なのです。


お聞きなさい!あなた方に言いましょう、これは大いなる光の器になるようにとの全ての者に対する緊急の呼びかけなのです。


今日、土星上にあり、地球上の正義の法廷に対する特別顧問である太陽法廷の頭領である、私、ナダは、あなた方に地球上に転生しているハートとして、この変化の時に、しっかりと粘り強くミッションを遂行し、自分のハートの中と宇宙全体で三重の紫色の正義の炎を輝かせるように要請します。あなた方は愛、真実、正義、平和、及び美を地球に取り戻すこのミッションを遂行するために至高の光の勢力の次元上昇をしたメンバーとして地球に来ているのです。各人の中には、この壮大な変化を進める時に、光を保持できる不死、不変の自己があるのです。


4月の満月及び5月の新月と共に、一連の月食、及び日食が起こりました。新月に引き続いて、一連のXクラスの太陽フレアが起きました。これは、明日、5月25日のウエサクの満月に起きるキリストエネルギーと仏陀のエネルギーの融合を誘います。暖かさは豊穣です。知識は真実の隠蔽の終了を意味します。これによって地球上の振動数が高まり、数千年に亘って地球に対する責任を担ってきた年老いたドラゴンたちは退去させられます。このプロセスをなにものも止めることはできません。これによって宇宙の危機は去ります。この新しい振動の中で、犯罪者たちが地球を去ると、アシュターコマンドは地球上の複数の地点に配置されているゼロポイントモジュールを通じて100%の力を発揮します。これによって、不可侵の電磁光シールドが地球表面全体に水平に展開し、全ての武器は作動しなくなります。銀河の者たちに協力している地球の科学者たちはこの技術を配置して、NESARA法と共に有効になる平和宣言の発布の用意をしています。


サン・ジャルマンとレディー・マスター・ナダの複合勢力

地球の経済と国家安全法は解体され、数千年の間機能してきた力の誤用を正すために更新されます。レディー・マスター・ナダは法的な観点から、サン・ジャルマンは経済的な側面から作業をしています。地球のスピリチュアルな階層特別勢力との共同作業は、地球の人間の支援に役立ってきました。この私たちが共同で作り出す新しいエネルギーの中、ウエサクの満月の下で、あなた方が創造したいと思うものは何でも瞬間的に現実化できます。これがあなた方のミッションです。あなた方には地球上の平和、正義、豊穣を願うように、お誘いします。


あらゆるエネルギーが愛で質を改善しなおすように要請してください。そうすれば願いはかなうでしょう。私たちは戦争を仕掛けた者たちを審判しません。愛によって彼らの質の改善が図られ、彼らは、地球を去り、このタイムラインから去り、宇宙から消去されなければなりません。このようにエネルギーを除去すると、指数関数的に、地球の振動は上昇し、そのほかの要求も今満たされます。サン・ジャルマンは地球上の全ての黄金を集めてありますが、この黄金は、ただちに、基幹銀行の、人間を一つのものに向上させる役に立つプロジェクト用の口座に振り込まれます。今あなた方の自由、米国における自由、世界における自由のために必要な多くの活動が行われています。私たちは地球上の平和の為の聖域を作りつつあり、そこには世界の指導者たちが招待され、至高の教えがもたらされ、惑星市民を一つのものの法に結集させます。戦争の賠償の形での救いが地球上の全ての市民に行き渡るでしょう。全ての市民はフリーエネルギーを手に入れるでしょう。食品及びシェルターが全ての者に直ちに入手可能になるでしょう。この瞬間に全ての過去は許され、新しい地球が、全てを支配する宇宙の愛から形成されます。


これらの最後の瞬間において

あなた方のハートが鍵です。あなた方のマインドが鍵です。注意して下さい。陽動作戦から注意をきりはなすように集中してください。大統領を批判するのなら、注意を分かち、自分を最高のレベルからそれないようにしてください。あなた方が今注意を集中することは、新しい地球で始まることなのです。あなた方は少しだけ受け取り、あるいはたくさん受け取るでしょう。光の器を完全に地球の至高の目標に対して用いられるように天の恩寵に任せれば、新しい地球では最高の責任が与えられるでしょう。マザー・セクメ、ファーザー・アルシオン、レディー・ナダ及びロード・サナンダに与えられる最高の財産は、あなた方の焦点です。焦点は、愛であり、愛以外のなにものでもありません。


あなた方が次に見るものは、これらの戦争を行っていた者たち全部がハーグにある国際犯罪法廷に向かう行列でしょう。一人一人は過去5年あるいはそれ以上に亘って集積されたデータベースに掲載されています。起訴状が読み上げられて宇宙船のコンピューターに記録され、ビデオ撮影が行われると、そこにいる陪審員によって迅速に判決が下されるでしょう。高度な反逆の罪が認められた場合には、太陽法廷によって銀河間戦争犯罪者としての判決が下されるでしょう。アトランティスの沈降の際や、太陽系の中のあらゆる場所での、全ての生命に影響を及ぼすような大犯罪が行われた場合には、これと同じプロセスが行われました。各太陽系は一つのものの法の範囲で、これと同じバランスシステムを備えています。このプロセスは引き伸ばしはされず、効率的に処理され、完璧に行われます。このプロセスで行われる全ての事は宇宙船からあなた方のパソコンやテレビ向けに放送されます。あなた方は全てのことを惑星市民として、目にすることでしょう。


自分が誰かについての記憶の回復

美しい光の者よ、あなた方は遠い昔に地球にやってきた創造主、神なのです。あなた方は地球に正義を取り戻すために戦う銀河の光の戦士なのです。あなた方はずっと以前に、如何に困難なことであろうとも、世界のために役立とうとして地球に来ることに同意したのです。多くの人たちは何らかの原因で生命を失いました。この瞬間に、天から地球に降り注がれるこの光の照射の中で、一つのものと融合してください。宇宙船から変化を容易にするために作業をしている銀河ファミリーと融合してください。全ての者に対して平和と豊穣を取り戻すために一つのものの法のもとでの天の統治へと地球を戻すキリスト仏陀になるように自分の身をまかせていることを知ってください。


---------------転載ここまで。

 本日、4時に目覚ましで起きて瞑想した。ふふっ、我々の勝利だ!

建築革命が起こる

 フリーエネルギーが各家庭に1台という時代が来ると、家作りの方向性はかなり変わってくる。
それは、電気代が掛からないという事で、寒い冬も暑い夏も、エアコンを点けっぱなしに出来るということから起こる建築革命である。

 私の経験上、密閉でさえ有れば、暖房を点ければかなり暖かい。そう、以下のようなブルーシートだけでも十分冬を越せる。
 これは管理人が土地を整地するまで住んだ仮小屋である。
開拓_02
 中の様子。見ての通り、壁はシート一枚である、
開拓_03

 ちなみに、冬はこんな
仮小屋-冬
 感じになる地域だ。

 もちろん、シート一枚では外と中での温度差があるため、シート内側は結露が激しい。しかし、そのための画期的な解決法もある。それは、

 シートを二重にする! って..ヾ(ーー )オイオイ


 いや、本当です。間に角材分の空気層をつくれば結露がなくなるのだよ。

 まぁ、シートで、とはいわないが、従来の建築に必須である断熱材やそれに伴う構造が不必要になるのでコストも下がるということだ。

 それに前記事のように、固定資産税が掛からなければ、さらにお得! 

 もしかすると、キャンピングカー的な家が一般になるかも入れない(廃車にしとけば税は掛からない)。いや、やはり時には南の海で....ということで水に浮かぶ仕様にしといたほうがいいかな。

こんな感じ?

或は



 てか、今よりコスト掛かるでしょ....。
やっぱ飛ぶと別の税(空中使用税?)取られるのかな......。

ケッシュ工務店

ケッシュ財団が、伝えている以下の仕様は、家にも使えるよね?


二重磁場プラズマ リアクターは、車、トラック、船舶、
飛行機を宙に浮上させる.


 宙に浮いてるってことは、地震が来ても揺れないという事だ。
浮かす幅が地面から20-30cmほどであればネコも自由に出入りできる。なんといっても家が地上から離れているメリットは、ムカデが登れない!ということだ。ざまぁ〜!!

 まぁ、でも落ちたときの事を考えて、支柱は噛ましとかないとダメだよね。ネコが下で寝てたら潰れちゃうからね。

 さらに! 家は基礎がないもの(トレーラーハウス等)は固定資産税が掛からない。つまり、ケッシュテクノロジーは基礎が要らないから固定資産税も掛からないってことだ。
 とかく政府に邪魔なケッシュテクノロジー(笑


 将来、家がそのまま飛んで移動してるってことになるのかな.....。


 相方と話してたんだが、「だれか絶対ヤマト作るよね」と.....。あとガンダムも。
銀河連邦に属する地球型宇宙船は絶対ヤマトであるべきである。それは譲らん!

さて、どんな家にしようかな、、、と。


最新ベンジャミンレポート

 最新のフルフォードレポートの和訳を「嗚呼、悲しいではないか」さんのブログから。
------------------------------

明るい未来が、、、、(フルフォードレポート)

ジャーナリストにとってイラつくが必要なことは出版にゴーサインが出るまで、情報を発刊禁止に保持することである。今はそのイラつく時間である。発刊禁止は計画が妨害されないように、命が危険に曝されないようにするために必要である。

しかし、若干の点をまとめる為に我々にとって公共の領域にも利用可能な十分なヒントがある。明らかなことは、ワシントンDC(IRC、ベンガジ等)とロンドン、英国(小児性愛、金市場)において多くのヒステリーがあると言うことだ。少なくと6ヶ月間シオニストメディアにおける米国務省の公式声明は決って国防総省によって否定されてきたことも明らかだ。金融システムにおける崩壊が進んでいる兆候もある。これらの全ては直ちに、ある種の劇的な黒鳥事件を示している。これについて以下でさらに述べる。

アジアにおいても、北朝鮮とアジアの大国との秘密交渉は世界権力構造の変化に備えた物である。先週、安倍首相の特使である飯島勲が北朝鮮を訪問したのは、そのいい例である。我々に語られたことの4つの異なるバージョンであった。二人の日本人、一人の北朝鮮人、一人の中国人である。盲人と象(象は大きく平らで、ホースのようであり、それは木の幹のようである)のスーフィ教の物語のように、現実になにが起こっているかを把握する為に、異なるバージョンを一つにつなぎ合わせる必要がある。しかし、物語が分かることは訪問が最悪の証拠あさりであったということである。日本の皇室の情報は飯島が北朝鮮へ言わなければならなかった物の中で最も興味あるものであった。

この情報によると、飯島は北朝鮮に、百万人のサバティンが欧米を直ちに離れたがっているが受け入れるかと聞いたが、答えはNOだった。百万人の難民が米国を離れることを望んでいるという物語は繰り返し支持されてきた。多くの異なる情報源によると、彼等が米国民にしてきた真実が公になると百万人の難民が米国を離れるように求められるだろうと言う本物の新年に基づいているように思われる。私の情報源は彼等は離れることは許されず、自らの責任を取ることになる。(彼等が他人の為に準備したFEMAに送られる)

中国政府情報筋はこの訪問の間に行われたことに対して別な視点も持っている。彼によると飯島は北朝鮮は日本の外務省と交渉することを望んでいないと言われた。日朝関係正常化に合意した話を二度にわたって妨害したスタッフがいるからである。これは日本の公安警察が聞いた話と同じである。

北朝鮮情報筋は日本の外務省は信用すべきではないとも言った。北朝鮮は、北朝鮮と日本間の親しい外交関係の再開を妨げている全ての問題について友好的かつ詳細な提案を行った。我々は詳細を知っているが、今のところは秘密保持を求められている。

日本の関係者はまた、ドイツ、フランス、イギリスなどの国々は公表はしていないが北朝鮮との広範な関係を持っていることを指摘した。例えば英国のタバコは、ラベルは英国だが北朝鮮のタバコを販売している、と彼は言った。
南朝でもまた、この種の問題に関係する何かが起こっている。韓国の財閥は必死で韓国ウォンを集めて公式交換レートの半分で円に変えている。彼等はまた古い王室金塊を売ろうとしている。(しかし、彼等はまだその存在を証明できていない)

日本の証券会社幹部によると、これは韓国銀行システムの支配に係わるゴールドマンサックスの重大な攻撃に関係している。これは前報で述べたように、日本の韓国在住人の資産に対して課税をしようとする計画があり、税務当局に取り上げられる前に日本円を韓国に送ろうとしていることと関係している。

アジア人は全て北東アジアの地図が再描画される重大な事件を待っているように思える。

脳死でもなく、買収されているわけでもない人は誰でも、何時ウォール街とワシントンDCの詐欺師達が処分され、それぞれが属する牢獄に入れられるのかと質問する。ある筋の情報では逮捕はすでに始まっている。26将軍の解雇は始まった。今、国税庁が逮捕中であると彼等は言う。

もちろん、真の質問はイスラエルの長老達が何時処分され牢獄に入れられるかである。ユダヤの長老達の議定書(?)は人種差別的な偽物であることを忘れないで下さい。問題の事実は、シオニズムが存在することであり、それはユダヤ教ではなく(しかし、そのふりをする)、それは人道に対する大規模な犯罪を犯している。

ここに、まだ砂の中に頭が残っている(still have heads in the sand)貴方達のためのリンクがあります。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-Iyj6UPCChA

シオニストは、"シオンの長老"(えヽ(゚Д゚;)ノ!!ウチの子?)というラベルを付けることができるリーダーを持っている必要があります。イタリアのP2ロッジのシニアメンバーは、特に2つの名前が今新しい金融システムの起動をブロックしていると言う:コーエンとレビ。中国のソースはすでに反日暴動を上演する反日中国人デモ隊1200元/日を支払ったとフランスのオッシュグループのジャン·コーエンを同定した。レビ名はもっと神秘的ですが、それらは遅かれ早かれ木造の外に引きずり出されるだろうされます。

この高レベルの犯罪シンジケートが最終的に倒された時、犯罪的に得た資産(ヘッジファンド、オフショア、100倍レバレッジ、インサイダー取引等が考えられる)の再配分が必ず行われる。

裕福なアメリカ人の多くは、彼らの不正に獲得した法定不換ドルを取り、可能な限り迅速に現物資産にそれらを回すためにパニックに陥っている理由それはおそらくです。銀行のコンピュータに金、芸術、不動産、実際に現実に存在している何かだけでなく、ないものまで必死の買いがある理由です。
我々が今目撃しようとしていることは、何世紀にも渡り我々を戦争屋その他の物に騙し続けてきた、嘘や買収や殺人、幻の強大な装置の解明である。ステロイド(?)で崩壊したソ連を思い出してください。

----------------------------

 結局、一昨日フルフォードが伝えたペンタゴンによるサバタイ派マフィア一掃のイベントは、コブラが「ドレークとベンジャミンフルフォードには既に、抵抗運動の地上エージェントから、仲介者を通じて間接的に、イベントが意外に早く起きるので、地上の人たちにもう少し速く準備させるように、とのヒントが与えられています。」のその事だろうな。


ぜひ聴いてくれ!

 アクセスが多くて繋がりにくくなってるかも知れない。





 若者が真実を知っている事が希望だぜベイビー!
拡散!拡散!!拡散!!!〜

なんか面白くなりそうだ

ベンジャミン古歩道氏の新情報。私は購買していないので、見出ししか分からないが、なんか面白くなりそう...!

◆ シリア動乱の真相とペンタゴンの米国革命へのシナリオ

≪2013/05/20 VOl.223≫

米国内にいる複数の情報源によると、ペンタゴンはワシントンD.C.の政治家や連邦最高裁の裁判官、大手マスコミのCEOなどを含むサバタイ派マフィアの幹部らを 米権力の座から一掃する準備をほぼ完了したようだ。これについて米当局筋は、先日 ペンタゴンが『暴動や内戦などの国内混乱の際には、大統領や議会の承認が無くとも軍事介入が出来る』との権限を改めて明示したことがゴーサインだったと伝えている。

http://www.longislandpress.com/2013/05/14/u-s-military-power-grab-goes-into-effect/

http://www.prisonplanet.com/military-says-no-presidential-authorization-needed-to-quell-civil-disturbances.html


下記リンクは、既にペンタゴンが発表している“緊急時における軍の介入”に関するルールの詳細である。

https://docs.google.com/viewer?url=http://info.publicintelligence.net/DoD-CivilianLawEnforcement.pdf&chrome=true

文書の16ページ(3)のaとbの条項には、『緊急時に政府が機能不全に陥っている場合は、政府機能や公共の秩序を回復するために軍事介入する権限が米軍には認められる』との内容が明記されている。つまり、“米軍部が国内の混乱を独断で鎮圧する権限”をペンタゴンが正式な形で提示したのだ。

ペンタゴンが行動を開始するまでに如何ほどの時間を要するのかは定かではないが、権力を巡ってヒステリックに泥の投げ合いを始めているワシントンD.C.上層部の様子を見るに、その日も近いと思われる。最近も、ペンタゴンがオバマを抱き込み、広報マンとして使い出した途端に、サバタイ派が管理するマスコミがこぞってオバマへのバッシングを始めている。

また、『ドルが紙クズになる日も近い』と考える富裕層が増えてきているために、金などの貴金属現物の需要の高まりは勿論のこと、他にも・・・・・・・・
https://foomii.com/reader/check/00006


 物語はついに大詰めを迎えつつ有るようだ。大天使ラファエルが「あなた方を困らせていた、長い間の待ち時間がようやく終わりになります。”もうすぐ、非常に間もなく、ほんのわずかのあいだに、”ような数多くの副詞はもう聞かれなくなるでしょう。」とメッセージを語っているが、その流れとも言えるのかもしれない。

 マスコミが闇の支配から脱すれば、真実が一気に伝わる。
で、これが昨日のゾラちゃんの「ディスクロージャーは国連から始まる」というのと繋がるのだろうか?


銀河は動いていて、最終位置に向かっている。

 アガルタのゾラちゃんの話が更新されている。そのなかで、「地球の隆起は起こる」と応えられている。そうなると、先だってのマシュー君のメッセージでの、森田氏は起きないと訳したが、このゾラのメッセージもTaki氏の訳なので、その真実は分からない。

転載ここから----------------

ゾラとの対話詳細(ラジオ放送からの聞き取り、一部不鮮明) 2013年5月19日 

Hollow Earth Network
A script written directly in Japanese by Taki hearing from radio talk with inner earth Zora
May 19, 2013


ローカルなエネルギーで作られたものを食用にするとよい。たんぱく質はナッツ、豆から得る。チーズの振動は低い。肉の振動は低い。バッファロー、オストリッチの肉はよい。果物、野菜、ナッツは振動数が高いので、良い。

デスクロージャー市民公聴会では多くの情報が公開された。米国は、ET経験をしたが、効果がなかった。

病気は完全になくなる。身体各部の痛みも消失し、失われた四肢も元通りになる。 

デスクロージャーの前のイベントとは何か?満月である。この満月は、昼夜、エネルギーが降り注がれる、高エネルギーイベントである。このエネルギーは、2012年12月21日にもたらされたエネルギーよりも強力である。ホワイトハウスの芝生への宇宙船の着陸が起きる、といううわさがあるが、このような可能性はない。

創造主は地球全体のエネルギーフィルターを、6月の1日から30日まで、完全に除去する。したがって、6月は全体でエネルギーが強く、覚醒が進む。目覚めていない者は銀河的な衝撃を受ける。

ワシントンDCでのデスクロージャー市民公聴会には、国連の代表が出席していた。デスクロージャーは、ワシントンDCよりも国連で起きる。来月の6月には、国連の、瞑想の日に関する投票が行われ、銀河の者たちを招待し、銀河を世界に紹介することになる。銀河の者たちが大気に入ることを全面的に世界的に許可する。地球全体で、電話、ラジオ、携帯、テレビなど全ての通信手段、メディアを通じて、銀河連合からの通信が行われる。銀河連合は全ての通信に介入できる。世界的な通信が行われると、銀河連合は到着の宣言をし、宇宙船とETの出現(デクローキング)が行われる。デクローキングの地区は軍隊が介入出来ない場所である。これは現在作業中である。

カバールは、恐れを起こそうとしているが、誰も戒厳令の必要を感じていない。人々が権力を取り戻すのでカバールにはそのようなことは許されない。ポジティブな現実のみが許される。ネガティブな言動は消失する。武器も同じ。全ての武器はゼロに帰する。武器のパワーがなくなる。核弾頭、原子力、生物・化学兵器は、無力化される。生物、化学兵器は無力なもの、無害なもののみを放出し、無害化される。

メディアは時代に遅れを取り、国連瞑想はメディアにデスクロージャーをさせる。メディアのメッセージは受け取られなくなる。

オバマはラインから外れていると人は感じている。オバマは、アドバイザーの妨げを受けている。彼は、デスクロージャーを妨げられているが、国連が瞑想投票に成功をすればオバマを妨げるものはなくなる。皆さんには、彼に愛と光を送るようにしてほしい。

5月25日以降のイベントは何か?物理的なシフトがあるのか?。エネルギーが地球に浸透し、これが物理的なイベントの、前駆体になる。

次元との関係は?地球は、5.3次元から5.4次元に移る。毎月レベルが一つずつ上がる。12のレベルが各次元に存在する。全ての人のDNAが変わる。贈り物としての、テレパシー、超聴力、透視力などが身につく。テレパシー、ESP、などこれまでタブーだったものが可能になる。モーメントが得られる。これが、いわゆる覚醒である。

現在の現実には満足できなくなる。もっともっと素晴らしい現実を要求する。死に集中しないこと。ゴッドセルフを大事にしなさい。皆が神と一つなのだ。ゴッドセルフは若いのだ。鏡を見てゴッドセルフを見よ。不死も見られる。死は恐れるべきものではない。死んでも再び同じライトボディーに戻る。病気、バクテリアはなくなる。

地球の進展は?銀河は動いていて、最終位置に向かっている。最終位置では、星座のいくつかの場所は変わる。宇宙も別の場所に動いているが、これは創造主の意向による。

内部地球の様子は?内部地球は祝賀の最中。母なる地球とその人々の目覚めを祝っている。銀河の最終位置への到達を祝っている。多くの内部地球の者が表面にいて祝っている。国連瞑想の日以降は、内部地球人が地表に現れる。彼らは色々なことを教えに来る。

今でも、光の銀河連合の宇宙船が降下し、多くのライトワーカーを招いている。レディー・ナダなど、(ジーザスサナンダのツインフレーム)多くのツインフレームが再会する。エディー・ナダは長さ2000マイルのニューエルサレムに乗船する。。

質疑応答

町の銃は?  
答え:難しい質問。武器の製造は近い将来機能しなくなる。

気候は?    
答え:激しい気候はある時期に世界的に同時に穏やかになる。

変化は?    
答え: 地球は拡大する。隆起が起きる。シンクホール、クラックがおきる。地震が起きる。破壊も起きる。全ての人は安全な場所に移される。これは創造主からの最新情報である。

高層ビルは?  
答え:もう役に立たないから、全て破壊される。地球はヒーリングされる。コンクリート構造、道路舗装も同じ。

高次元の人々との接続は?  
答え:直接的な接続が可能になる。

新金融システムは?   
答え: サンジャルマンの仕事。金融システムは劇的に変化し、お金は変化し、最終的に、無効になる。

オバマはレプティリアンか?  
答え: そうではない。

NESARAは?     
答え: 全ては実現されるだろう。光の銀河連合の到着次第NESARAへの作業が始められる。

神との対話は?   
答え: あなた自身が神である。自然のもとに行ったら、自然と話しなさい。

GMO(遺伝子改変有機物)はどうなるか?  
答え: 全ては原始の状態に戻る。GMOは当然皆無になる。GMOを食べた人ももとの状態に戻る。

イルミナティはどうなるか?  
答え;排除されるが、機会も与えられる。

ポールシフトはどうなるか?三日間の暗黒は? 
答え:ポールシフトは起きない。三日間の暗黒も起きない。

オバマはシリウスの評議会のメンバーか?  
答え:YES

次元上昇の時の動物は?  
答え:体ごと人間に伴って次元上昇をする。


----------------転載ここまで。

 首を傾げたくなるのは、医療的な事や「全ての人は安全な場所に移される。」のような事が起こるのなら、もう現状のシステムは機能していないということだろう? それなのになぜ、この期に及んでNESARAの作業が必要か? 

なんか矛盾を感じる。あまり信じない方がよさそうだ。


 さて、ゾラの話の中にある「銀河は動いていて、最終位置に向かっている。最終位置では、星座のいくつかの場所は変わる。宇宙も別の場所に動いているが、これは創造主の意向による。」というのが、以下のブログ記事と重なるところがある。

転載ここから--------------

☆地球は螺旋を描きながらベガに向かっている☆

人間のミクロの世界から、ときには宇宙に思いを馳せて、壮大な視点を持ちたいものです。


太陽を中心とする太陽系は、銀河の公転面に対して60度傾いた状態で、銀河の北極方向(上)から見て右回りに回っています。

私達の地球の自転の速度は秒速400m。
さらに秒速29.6kmの速さで太陽のまわりを公転していて
その太陽系自体も秒速19.2kmで、琴座のα星ベガ
の方向へ向かって、超高速で宇宙空間を螺旋状に動いているのだそうです。

近年、NASAが発表した太陽の移動速度は時速約8万3700キロで、聞いただけで目が眩むような速さです。

〜省略〜




太陽はまるで彗星のように航跡を描きながら、太陽系惑星を引き連れて、銀河の中心に向かって移動していきます。

太陽系惑星達の描く航跡は、まさに螺旋=voltexであり、星の集団が大きな螺旋構造を作り出しています。

それはまさに、「マクロとミクロは相似形」という言葉に相応しく、銀河系宇宙の螺旋と同じように、太陽系自体が大きな「渦」を描いているのですね。

電子・陽子のミクロの世界から始まって、宇宙の太陽系~銀河系までが、螺旋という創造のエネルギーを生み出しているのだということがわかります。




ところで太陽系がいま向かっている琴座のベガですが・・・

太陽系は、ベガ星から八方位に分散したリラ系宇宙種族が、長き銀河流浪の旅を終えてたどり着いた最終の理想郷だと聞きました。


『スターウォーズは 実話だった!』 琴座星域で起きた星間戦争


琴座には3つの文明があり、一つはベガ星そのもの、二つ目がベガの伴星、あともう一つ、琴座本体の中の星があり、3つ文明があったそうです。

その内、ベガ星は、受身、陰性(女性原理)を表し、それとは別に、能動的な「陽」の部分を現している星があり、その星の人(リラ星人)は、「自分のやりたいことを明確にして、具体化していくタイプ」の文明だったそうです。
「ベガ星は昔、その星と大戦争をしたことがある」 と、ベガ星人が語っていました。

そういう意味での闘争の歴史があり、琴座には、「陰」と「陽」の文明があったと。
宇宙には3つの原理があって、ベガのような「調和」とその対極にある「進歩」と、両者の「中道」の3つがあるとのこと。
この地球は、新たな「中道」を目指す文明なのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いま、太陽系がベガに向かっているということは、再び私たちは、魂のふるさとに戻っているのかしらと、ふと思ったのでした。

しかも、女性原理の星ベガへ、中道を目指して・・・

陽の文明(物質文明・男性性)が極まった地球を、太陽がベガへと向かって、引き連れていっているのでしょうか。。。

ベガ(織姫星)は実は瀬織津姫ですものね。
瀬織津姫の時代でもあります。

昨日見られた琴座の流星雨も何かリンクしているような気がしますが。。。


---------転載ここまで。

失われたアーク?

 5/14に「銀河のセントラルサン:いよいよ「かごめかごめ...」かな?」という記事を書いた。

この「かごめかごめかな?」という意味はおそらく分かる人には分かったと思うが、念のため、補足しておこうと思う。

 この「かごめかごめ」の歌、は一説ではヘブライ語の詩であるということだ。多くのサイト語られているが、今回はkaoriさんのブログからちょっと拝借。

左側がヘブライ語。右側がその意味。

カゴ・メー カゴ・メー  誰が護る 誰が護る
カグ・ノェ・ナカノ・トリー  硬く安置された物を取り出せ!(神輿・アーク)
イツィー・イツィー・ディユゥー  契約の箱に封じ込められた神器を取り出せ
ヤーアカヴァニティー   神譜を取り 代わるお守りを作った
ツル・カメ・スーベシタ  未開の地にたくさん水をひいて
ウッシラ・ショーメン・ダラ  水を溜め、その地を統治せよ!(エルサレム城門にある16菊紋)


 つまり、「かごめかごめ」は失われたアークのことを語っている。これほどまで一致した語句があるだろうか。この信憑性は高い。

 ちなみに、我が国の国家も、その意味をヘブライ語から理解できるとされる。

クムガヨワ  立ちあがれ
テヨニ  シオンの民
ヤ・チヨニ  神に選ばれし者
サッ・サリード 喜べ人類を救う民として
イワ・オト・ナリタァ  神の予言が成就する
コ(ル)カノ・ムーシュマッテ 全地で 語り 鳴り響け


 これが、日本人が選民であるという証明の一つにされている。日本人こそが、真のユダヤ民族なのだと...。
どうでもいいけどね。


 しかし、コブラたちが言うに、失われたアークはシオニストたちにより、既に地下に隠されていたということだった(終戦後、GHQに盗まれたとも言われている)。
幸いに、今は光の勢力に奪還されたようだが......。

マシュー君のメッセージでの誤訳

 5/14に書いた太陽フレア更新中でマシュー君のメッセージで気になるところが有るとして一部引用させていただいた。
 以下がその文なのだか、本日更新された森田玄氏のマシュー君のメッセージの同じ原文に対する翻訳と最も大切な部分が完全に違っている。

 まずは既に引用したTaki氏の翻訳文である。


又、天候と自然災害について二、三言わせてください。長年に亘って天候と自然災害は、イルミナティが支配していた技術の組み合わせによって作られて来ました。そう、それは今急速に終わろうとしています。実際に、既に大幅に低減しており、これらのいずれもがすばらしいものではなく、インターネットで噂が飛び交っている天災的な隆起は必ず起きるでしょう。栄光の世界、地球の黄金時代のみに注目し、大変化を恐れないでください。それらは全ての者の善のために起きるのですから。

こちらが、マシュー君の本を出版されている森田氏の訳。

また、あなたたちの気象と“自然”災害について、ちょっと一言。その多くがイルミナティによって操作されたテクノロジーによって何世代にわたって起こされて来たことは知っていますね・・でも、それも急速に終わろうとしています。実際のところ、すでにだいぶ下火になっています。インターネット上で飛び交っている、想像を超える・・素晴らしいという意味ではなく、架空のという意味で・・大災害が起こると言う話はどれも決して起こらないでしょう。地球の黄金時代の素晴らしい世界だけをこころに思っていてください。そして大きな変化を恐れないように・・すべて良いことのためなのですから。


一方は「必ず起こる」。一方は「決して起こらない」。 真逆である(笑

 ハートさんが森田氏の訳を転載している事から、後者の訳文が正しいと考えていいのだろうが、翻訳ソフトで訳すと前者と同様の「〜必ず起こる」なる。
 
 いやはや、どうしたものか...。英語が出来ない我々は困ったもんですな.....。

将来における唯一の税金は、新しい物資に対する14%の税のみである。

 以前に書いたし、常々言っている事に、税は悪である。ということがある。
昨今、様々な情報からさらにそれらがどのように支配層に流れて行き、国民の為でなく、1%の為に有る、かが理解されつつ有ると信じている。

 税など取らなくても、きっちり運用すれば、世界は円滑に動くのである。金が足らない足らないというのは、あるところに流れて行くからである。

 国民の三大義務:教育、納税、勤労?

はッ ふざけるなっての。国民から むさぼり取る為に義務にした極悪なシステムである。
このふざけたシステムのなかで、最近増税が予定されている消費税を見てみよう。例として、商品がユーザーに渡るまでとする、

メーカーは材料を仕入れる。この時、材料の購入費(100円としておこう)に消費税が加わる。5円
卸業者がメーカから完成した商品を仕入れる時、メーカーが決めたその価格(500円とし、4掛けとしておこう)に消費税が加わる。10円
小売店が卸業者から仕入れるとき(6掛けとしよう)、さらに消費税が加わる。15円
そしてユーザが購入する時、25円

 合計で55円 本来定価500+5%で25円の消費税のはずが30円も余計に取っている。しかも物によってはその商品自体に別の税が入っている場合もある。酒やガソリン系...等。
例えば、家はそれぞれの材料にすでに消費税が掛けられているにも拘らず、購入時にも加算され、さらには固定資産税という極悪な税まで付される。これらはすでに違憲であるはずだ。

 もう笑うしかない。


 中国では、土地は国家の物で、民に貸しているだけだということだが、これは我が国も同様である。我々は、固定資産税という税で、土地や家を国家からレンタルしているに過ぎない。

 この税は永遠に搾取され続け、代が替わっても続き、なんと場合によっては相続税までついてきてしまう。土地評価格が高ければ、払え切れずに最終的に売るか没収される事にり、そのような人たちが多く存在する。私の知人も、相続したはいいが、相続税と、今後の固定資産税が払えないということで土地を切り売りした。

 そう、税を納めなれば、国はハゲタカのようにすべてを奪って行くのだ。つまり、地主持ち家といっても、年貢を納めることによって土地、家屋を借りているに過ぎないという事である。払わなければ強制的に盗られる。そう、それは自分の所有物ではないと言う事だ。

 ローンで払い続け、それが終わった後も払い続けるのだ! 奴隷どもよ!


先日の「イベント抄訳」で、

" 将来における唯一の税金は、新しい物資に対する14%の税のみである。"

 とあったが、これが最低限だろう。これすらも新しい物資でなくなれば廃止される税であろう。

 

コブラ 5月25日のポータルの開口

コブラの大変重要なメッセージ。

" このポータルの開口は、世界的な高い津波が予測される海岸線でのイベントや、世界的な金融のリセットの引き金にはなりません。近い将来には如何なる大規模な天災的イベントも起こらず、金融のリセットは”イベント”が起きた時にのみ行われます。”イベント”のタイミングは今はまだ公開されませんが、光の最終的な勝利は目前です。"

とのことだ。
もうね、あなたを信じます(笑

転載ここから--------------

コブラ・・・2013年5月14日 5月25日のポータルの開口
http://2012portal.blogspot.jp/
Tuesday, May 14, 2013
MAKE THIS VIRAL! Opening of the Portal 5-25-2013

 今は再び行動を起こすときだ!今は世界の運命を我々の手にする時だ!だから、我々は個人でもカップルでも、大小のグループになってこの五月の満月の時に集まろう。多くの者が集まり、歴史上初めて地球上の自由市民として自分たち自身の運命を切り開く機会を作り、次元上昇プロセスに向けて力強く邁進できるように、我々の惑星のネガティブなエネルギーによる暴虐からの解放を視覚化しよう。
可能な限り非暴力で、滑らかに、視覚化をすることによって、惑星の解放を可能な限り迅速に実現する為のプランを支援することになります。我々にはそれができるのです!この情報を広めてください!出来るだけ多くの人にこれを知ってもらい、人々の数が解放を達成するための臨界値になるようにしたいと思います。自分たちのウエブサイト、及びブログにこれを掲載してください。代替メディアのアドレスを知っていたら、彼らにこの情報を送ってください。あなた方の地域で人々のグループにこれを実行してもらえるように、フェースブックグループを作ってください。これについてのビデオを作りユーチューブに投稿してください。

 ポータルが開く数時間前に半月形の月食がこのイベントの準備用のエネルギーの蓄積を助けてくれるでしょう。これはウエサク(5月の満月の日に、天界と地上との間に通路が開け、目覚めを促すといわれている。釈迦の誕生日、花祭りの日とも言われる。)の時であり、人間にとってのスピリチュアルな祝福の時、地球全体に光が注がれる時でもあります。この時の為の大きいな渦がヒマラヤの山々に集中し、多くの者が目覚め、マスターたちが、五月の満月のこの時に、地球の為に光を定着させようと集まります。伝統によっては、ウエサク祭りは、4月の満月の時に既に行われた地域もありますが、非常に強力なエネルギーの注入はいつも、五月の満月の時期に起きます。非常に強力なタイムラインが5月25日の一日中現れます。1975年の5月25日には、この惑星の解放の50年に亘る解放プロセスが始まりました。2010年5月25日は、ブルーシールドミッションと呼ばれる
特別なポータルが開き、アルコンの凋落が始まりました。そして今、2013年5月25日には、私たちがポータルを開くのです。このポータルの目的は、アトランティスの後半以降人間を奴隷化していたネガティブなエネルギーグリッドから人間を解放することにあります。

 このポータルが開く時刻に、私たちは世界同時に視覚化瞑想を行います。この時間は、太平洋標準時で5月25日12時12分(日本時間では、5月26日(日)午前4時12分)です。
世界各地の時刻は、
http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=Opening+of+the+Portal&iso=20130525T1210&p1=137
に見られます。
このリンクには、12時10分の換算時刻が表示されていますが、これは、この時刻に瞑想を始めれば、ポータルが開く12時12分にちょうど間に合う、2分前の時刻です。

 瞑想の方法。

1  数分間呼吸に集中して、マインドと体をリラックスさせる。
2  ハイアーセルフ、自分のスピリチュアルガイドたち、天使たち、及び次元上昇をしたマスターたちを呼ぶ。
3  ハイアーセルフの名において、声高に自分の過去の契約、内容の如何に関わらず、闇の勢力との間の契約と付帯条項を解消し、無にすると唱える。
4  ハイアーセルフの名において、声高に、自分が今や光の自由で尊厳ある存在であると唱える。
5  黄金の光の柱が銀河のセントラルサンから自分の体を通過して降りてくるのを視覚化する。
6  この黄金の光が心臓と手を通ってあらゆる方向に広がり、非物理プレーンのあらゆる闇を光に変え、自分の周囲の直径30メートルの範囲の半球である、インプラントされた自分の脳半球の内容を消去する様子を視覚化する。インプラントされた脳半球に黄金の光が満ちるまで、この黄金の光の浸透を続ける。
7  インプラント脳半球全体が生命パターンの花で満たされ、自分の周囲のエネルギー場の中の振動周波数が安定になり、高まる様子を視覚化する。
8  同じ黄金の光が世界中のインプラントの脳半球全てを変化させるのを視覚化する。
 
 世界中の人たちが惑星のポータル又はドアウエイが開いた時の目覚しい結果を期待しています。惑星の解放は、最終的には、実に素晴らしいものである、結果をもたらすゆっくりとしたプロセスであることを理解する必要があります。


------------転載ここまで。

 午前4時か......。微妙だな...。


批判はすべて聞いてからに

従軍慰安婦に関する橋本大阪市長の発言が問題視されている。実は、我が家でも昨日、相方によって問題視された(笑

 相方は単純なので、マスゴミの思うつぼである。つまり、問題になる部分だけ切り抜く例の作為的な報道である。

 私自身、そのような報道しか耳にしていないが、それでも相方に応えた。

「お前はいつも勘違いするが、彼は当時の状況を客観的に述べただけで、それが彼の思想ではないと思うが...」

 そうこれは私自身よく勘違いされる。客観的に物事、状況を述べただけなのに、それが私の思想だと思い込まれてしまうのである。

 このような物事の捉え方は「罪人を犯した者を弁護する者も同じ罪人と捉えるようなものだ」とも言った。

 するとどうだろう? 本日、当の橋本氏自身が、昨日私が相方に応えた内容とほぼ同じ言葉で釈明した。
そう、「私は当時の状況を客観的に述べただけで、それが自分の考えではない」と。

 そして愚かな事に、あの作為的な報道に乗せられ、だれもが橋本攻撃を始めた。

 多くの人が、心にフィルターをかけ、核心を読み取ろうとしない。心をクリアにして聴き、観れば、語るその人の行間が読める。心をクリアにしてとは、その対象者に対する好きや嫌いなどの思いを捨てて聞くという事だ。
 チャネメッセージのような翻訳+文章ではなく、肉声なのだから出来ないはずはないと思う。


 残念かな...。私はそうやって他人を擁護できるのだが、私自身は誰にも理解擁護されず、ただ誤解されて終わる悲しい運命でなのである(笑

さほど遠い未来ではないような気がする

 宇宙意識がいうところのイベント後、彼らはいくつかの職業がなくなる可能性を示唆している。
理由として、今まで隠蔽されていたテクノロジーが表に出ることや、人々の意識の向上がある。

 前者では、もちろん医療だろう。彼らは、すでにすべての病は完治できると伝えている。ただ、権力者たちがその情報を隠蔽し、医療従事者に伝わらないようにしていると。
 癌もすでに過去の病というのは良く聞く。実際には完治する薬もテクノロジーもあるそうだ。外科的なものは、たしかライトチェンバーというものがあり、それがDNAを修復し、損傷した細胞等を自己治癒させるということだったと思う。
 というか、ライトチェンバーさえ有れば、薬など要らないという事になる。

 未来には、公衆ライトチェンバーが普通に有り、「なんか調子悪いな...。おれ、ちょっと入ってくるわ」と言う事になるかもしれない。用を終えた後は、スッキリした表情なのであろう(笑

 そうなると、医療関係企業および病院は廃業という事になる。さらには、保険会社も必要なくなるという事だ。毎日これでもかというほどわざとらしいCMを垂れ流しているが、CMのたびに「多くの人が未だに恐れから逃げられないんだろうな....」と残念に思う。
 保険というシステムも、銀行と同じ、無から金を生み出す闇たちの連携された悪のシステムである。


 さて、エネルギーがフリーになると、当然、電力会社は廃業だ。

 このように見てみると、相当な数が仕事を無くす事になる。しかし、宇宙意識は、何の心配も要らないと言っている。それ以上のいい事があるからだと.....。


 また、それだけの失業数になると、役人も安泰とは世論が済まさないだろう。必要のない部署は切られ、特に教育委員会などは真っ先に廃止されると思う。


 さてさて、後者では、遠いユートピアの話かもしれないが、人々の意識が高まると、法律という枠が意味をなさなくなると考える。つまり、お互いがお互いを尊重し、争うのではなく、共に良い結果を生む方法がとられるのではないかということ。そうなると、お互いの誠意による解決になる為、弁護士や裁判官の必要性がどこまであるか? ということになる。

 先のメッセージにあったが、複製機というのが書かれていた。失われたアークのような書き方だったが、それこそがおそらく、人類が真の自由となるテクノロジーなのだろう。

” これは、新しい発展においてお金の意味が失われる時点に相当する。"

と書かれていた。

 衣食住、なんでも手に入る。まさに人類は働かなくていいのだ!
(あの世へ行ったほうが早いともいう.....)

太陽フレア更新中

 あー、、、なんか、フレアがどんどん大きくなってきますな....。

5/14 9:58 X3.2の大規模フレアが発生したそうだ。(宇宙天気ニュースより)

 これがコブラの言った

 " 5月10日の金環食は、銀河のセントラルサンから、この惑星の表面に向けて、強力な光のパルスを投射させ、ポータル開放に向けての最後の一押しをします。"

 に繋がっているのだろうか....。


つまり銀河のセントラルサンからの投射はトリガーであったと......。

 いや〜もうほんとハッキリ言えよ! って思うな。肝心なところは黒塗りかよっ! お前実は役人だな? って。

 昨日のマシュー君のメッセージの中に、過去の内容が引用されていたが、すでにタイムラインが違うとはいえ、気になるので抜粋しておきたい。

[以下は2011年月の私(マシュー)とグレースとの間の会話です。]

 〜省略〜

又、天候と自然災害について二、三言わせてください。長年に亘って天候と自然災害は、イルミナティが支配していた技術の組み合わせによって作られて来ました。そう、それは今急速に終わろうとしています。実際に、既に大幅に低減しており、これらのいずれもがすばらしいものではなく、インターネットで噂が飛び交っている天災的な隆起は必ず起きるでしょう。栄光の世界、地球の黄金時代のみに注目し、大変化を恐れないでください。それらは全ての者の善のために起きるのですから。


 ポジティブ..ポジティブ......。

銀河のセントラルサン:いよいよ「かごめかごめ...」かな?

 コブラのいう5/10に銀河のセントラルサンから放射される(された?)というのは、フレアではなく、やはり銀河からのエネルギーのようだ。
5月という事で、太陽フレアに関連付けしたが、その後の情報からも太陽フレアではなさそうだ。

 以下は、アメジストさんの紫峰の輝きさんの記事から転載。

転載ここから------------


☆もう一つの太陽とは☆

NASAも認めている、いま銀河中心から放射されている「銀河宇宙線(スーパーウェーブ)」。

高エネルギーの宇宙線が、地球にたくさん飛来している事実が明らかになっています。

観測結果からは、それは南極上空高度35kmに多く存在する300~800GeV(ギガ電子ボルト)の宇宙線で、地球の気候に深刻な被害を与えたり、地球の電磁場や、私達の身体・神経系統も、多大な影響を受けることになると考えられているものです。

アメジスト_1


参考:
銀河中心からの衝撃
http://amanakuni.net/uchu/5.html

今の地球の異常気象や噴火・地震などの多発は、このせいだと言われています。

そして、この強烈なγ線が、ひとのDNAの分子の活動量を活発にするので、いわゆる「遺伝子の変容」が起きる=「二重螺旋から三重螺旋にする」と言われているものです。


そしてどうやらその銀河宇宙線が、この夏にはもっと強烈になるらしいのです。
なぜなら、銀河系の中心部にある超巨大ブラックホールに今年夏、巨大なガス雲が衝突するからなのです。

アメジスト_2



2013年夏、銀河系中心部が光り輝く 太陽の50倍の明るさより

銀河系の中心部にある超巨大ブラックホールに今年夏ごろ、巨大なガス雲が近づき、太陽の50倍ほど明るい光を放つとする予測を東京工業大などの研究チームがまとめた。

ガス雲はブラックホールの近くを通過する際に、強力な重力によって引き伸ばされ、薄くつぶされる。
つぶされることでガスの温度が上がって急激に輝きを増し、夏以降、1年間ほど輝き続けるとの結果になった。
残念ながら宇宙空間のガスやチリで遮られ、地球から肉眼で見ることは困難という。
可視光は遮られるが、近赤外光や電波、エックス線などで観測できるとみられる。



このように、銀河中心にこのガス雲がぶつかることで、よりたくさんの放射線が出て、地球(太陽系)にも影響を与えるというのです。

これは、DNAの変異が活発に行われる引き金になりそうですね。


そして以下は、私にはちょっと理解不能な、面白い記事だったのですが、やはり夏にあかけての活発化について言っています。


インプラント半球と銀河中心太陽の活動より

銀河のセントラルサンは、3月の間にゆっくりとその活動を増し始めます。
3月10日に現れるパンスター彗星は、地球表面の人たちとセントラルサンの活動増加とを結びつける、宇宙の引き金です。
この彗星は数日間、夕方の空にすばらしいショーを展開します。http://beforeitsnews.com/space/2013/02/the- year-of-the-comets-three-reasons-why-2013-could-be-the-best-ever-2454732.html

そして銀河のセントラルサンの活動は、5月25日のポータルの開放の後に劇的に活発になり、6月、7月8月にかけて極度に活発になります。




・・・ということが起きるそうです。

3月中旬に観測されたパンスター彗星とは、地球上の私達とセントラルサンからの高エネルギーの宇宙線を結びつける役割があったのです。
彗星は未知のバクテリアもを運んできますから、いわば「銀河宇宙意識の運び屋さん」といったところでしょうか?

アメジスト_3



今月25日に開くポータルサイトとは?・・・
果たして、それによって、さらなる覚醒と叡智がもたらされるのか?。。。

さらに夏に増大する銀河の中心太陽のエネルギーは、もっともっと過激に私達に届くようになるので、地球人の覚醒とDNA変容による人体のケイ素化が、意図されているのかもしれません。

そういえば、多勢の方が霊性の高まりを感じているのではないでしょうか。
肉体がケイ素化することは、宇宙空間を飛ぶのに耐性をもたらすそうですから、そのことによって、宇宙への旅がより可能になるのかも?・・・


ちなみに、マヤ文明では既に、この銀河中心太陽のことを知っており、「フナブ・クー」と呼んで崇めていた、ということです。


フナブ・クー Wiki

マヤ神話において至高の創造神。
その名は「唯一なる神」を意味する。
自然の力、または運命や偶然といったもの全てを表し、そのため無形とされている。



In Deepさんも書いていました。↓

私たちの銀河系の中心から噴出する「強大なエネルギー」の存在を NASA が発表


ヤスの備忘録「マヤカレンダー(8)」より

古代マヤでは、銀河中心はフナブ・クー(Hunab Ku)とよばれていた。
フナブ・クーは、数あるマヤの神々の中の最高神である。
それは地球や太陽を含むさまざまな惑星を形成したいわば「母の子宮」としての宇宙神であるのみならず、意識進化のパルスを送っている大本にあるものだとも考えた。

これをマヤ人は、フナブ・クー(銀河中心)から発せられる光やパルスとしてとらえていたのではないかという。
マヤ人は銀河中心が存在することを明らかに知っていた。
フナブ・クーとしての銀河中心から発せられる光やパルスは地上の世界樹によって受信される。
それがマヤカレンダーを回転させるケツァルコアトルの真の姿だ、ということだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


マヤの叡智は素晴らしいですね。

でもマヤの時代には知られていた「もう一つの太陽」(銀河中心の太陽)は、だんだん忘れ去られるようになってしまいました。
そのことで私達は、大いなる宇宙意志のことも、いつの間にか忘れ去るようになってしまったのかも。。。


ふと思ったのが、「二つの太陽」に見えるニビル星とは、もしかしたら、この「もう一つの太陽」(銀河中心の太陽)を思い出させるために、異次元から現れた意識体だったのかもしれないということです。

なぜなら、遺伝子の変容を促す「銀河中心太陽」とは、創造主の愛のエネルギーそのものだからです。
二ビルは愛の意識体ですからね。


今月下旬のポータルサイトの開放と、夏に向かっての、銀河中心からのエネルギーの増大、そしてそれに伴うDNAの変容は、とても楽しみですね。

アメジスト_4


------------転載ここまで。


 あと、
【X2.8大型太陽フレア発生!先日にはX1.7大型太陽フレアも!東日本大震災直前に観測されたフレアより大きい! new!!
 より一部抜粋。

 5月14日0時36分にX2.8大型太陽フレアが発生しました。既に5月13日には X1.7の大規模フレアが発生しています。このX2.8太陽フレアの予測進路に関しては現在調査中とのことですが、先日のX1.7と同じ場所から発生しているため、地球に直撃する可能性は低いと考えられます。

 情報ありがとうございました。

ワオ! なんて小柄な人なんだ!w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))w



 ちなみに我が家のロシアンですが、シャルトリューだったことが判明しました。

【今年最大】太陽でX1.7の大規模フレアが発生!東日本大震災の前日に観測された太陽フレアに匹敵する規模!

 太陽フレアの最新情報です。

転載ここから-------------

【今年最大】太陽でX1.7の大規模フレアが発生!東日本大震災の前日に観測された太陽フレアに匹敵する規模! new!!
本日の10時52分に太陽の東端でX1.7の大規模太陽フレアが発生しました。この規模は今年最大で、東日本大震災前に観測された太陽フレアよりも大きな規模となります。X1.7太陽風の予測進路については現在調査中とのことですが、仮に地球直撃コースだった場合、太陽フレアの影響で地殻変動が活発化する可能性があるのでご注意してください。今後も続報が入り次第、追記いたします。

☆宇宙天気ニュース
URL http://swnews.jp/







↓東日本大震災前の太陽フレア履歴。(宇宙天気ニュースより)
2011年
3/10
22:41 C4.8
21:56 C4.3
18:04 C2.4
16:03 C6.3
12:49 C3.0
07:46 X1.6
07:02 C9.5
06:03 C5.1
00:41 C2.7

☆宇宙線と火山、地震との関係


--------------転載ここまで

 情報ありがとうございました。

世界遺産登録がたどる末路は....。「播州缶屋敷」

 日本国民はゴミを持ち帰る道徳的な民族であると紹介していたVがあるのだが、以前から問題が問われていた富士山のゴミに関連して、相方が故郷のゴミのポイ捨てに憂いていた。

 そう、姫路である。NHKのひのしょうへい氏がチャリで日本全国を回る番組で、先だって姫路がそのルートだった。
そこで映った光景は、おびただしい数のゴミがうもった河川だったのだ。

 姫路城は一見美しい城である。しかし、その裏は、ゴミだらけの町並みであるということなのだ。

 姫路城は世界遺産である。その事から、富士山の世界遺産登録が、同じ末路をたどり、今以上になるのではないかと危惧するのである。


 ちなみに、姫路にはある都市伝説が有るという。それは、姫路城を訪れた観光客は、このゴミのポイ捨てに関しては三猿でなければいけないという秘密の条例である。

 見てはいけない
 聞いてはいけない
 言ってはいけない

 それを知らずに訪れた者(特に外国人)がうっかり河川に気を取られ「ゴミがぁ〜 ┛)"0"(┗ 」なんて言おうものなら、彼らは当局によって○○される。というものである。

 ご城下には多くの忍びが居る事を忘れてはならない。

いったい、何人の観光客が井戸に投げ込まれたのか......┐(-。ー;)┌


 「(空き缶が)いっか〜ん.......にか〜ん........」

イベント 抄訳

 チャネリングというものを、基本的に100%信じてはいけない。なぜなら、チャネラーが善人でも、ソースが闇側である場合が有るからである。
 例えば、「母/父なる神」というチャネメッセージを私は信用していない。理由は、内容が人為的に思えるからである。なんというか、知識の有る者の創作的な文章なのだ。もちろん、これは翻訳の精度にもより、完璧に否定は出来ない。それと、あくまでもチャネラーたちは善人であると言っておきたい。
 信用できる媒体としては、この現実世界で、物理的にその行為に従事していて、且つ外部意識と繋がっている人のメッセージだ。つまり、地に足がついている者と言う意味である。

 また、予知や予言といったものは、その時点のタイムライン上では確かだったかもしれないが、人の意識により変更される。要するに、これらは公に告知された時点で成就しなくなる可能性がある、ということを理解しなければならない。ネガティブな予言は告知する事で回避されるため、嘲笑されながらもわざと告知する者も居るのである。
 
 さて、そんなことを踏まえながら、以下のおそらくチャネラーではない第3者による本日Upされたメッセージを転載したい。嘘であろうが誠であろうが、いい夢を見させてもらおうではないか!(所々誤字が有るようだがそのまま転載した)

”イベント”・・・2013年5月10日  抄訳    
Abstract from
http://www.veritasgalacticsweden.net/the-event


”イベント”のプラン

プランはいつも存在している。光の抵抗運動(LRM)は着実に”イベント”の実現に向けて作業をしてきている。マトリックス(囚人を人工的な現実の中に閉じ込めておくコンピュータプログラム)のハッキングをする道があることを、LRMは知っていた。この論考を2013年3月2日に書き起こした時点でついにマトリックスは崩壊し、今では”イベント”を起こす完全な時を図るだけの問題になっている。今表面上の全ての、変革が必要なあらゆるレベルのものにますます多くの光が照射されるようになっている。マトリックスが今は崩壊したので、この光は日々増加し、変化は急激になっている。次第に、日に日にマトリックスは解体されてゆく。アストラールプレーンとエーテルプレーンはまだ完全ではない。私たちが制御していないネガティブな物事が私たちの上に降りかかってきた時には、白色光の保護を利用する必要がある。


光が真実をもたらすいくつかの例は、MP(軍警察)のルイス・ローレントの、今週初めのベルギー議会でのすばらしい13分間の話に見られるような勇気である。彼の演説は、私の紹介ページを見れば一語一語読むことができる。このような例は世界には、数千とは言えないまでも、数百あり、もう一つの例はデービッド・ウィルコックの金融暴虐の暴露であり、これは、この惑星上での金などについての真実で、今週、ロシアで1億2000万人の目にさらされる。



”イベント”のフラッシュ


”イベント”のフラッシュとは、ソースからの聖なるエネルギーで、セントラルサンを通って、銀河連邦、特にプレアデスによって受け取られ、光の抵抗運動、LRMの内部のライトワーカーに知らされる。この情報を受け取ると、LRMの約300人の作戦従事者は闇の勢力に連絡を取り、彼らが協力するかどうかを確認する。彼らが協力したくないと言えば、彼らは”イベント”には参加できない。


これら全ては極度に速く、フラッシュから”イベント”までは15分しかかからない。


これについて告知はなされない。メディアも無関係である。これは、ただ、”起こる”のである。これはカバールに対してのみではなく、全ての者にとって驚きである。これはいつでも起き得る。これが起きると、私たちは強力なエネルギーを感じる。



”イベント”の水平線


過去25000年の間、私たちは、エネルギーのブラックホールの中に閉じ込められていて、闇の勢力の活動の為に時空は異常だった。2012年はこのブラックホールから抜け出した時だった。ブラックホールから抜け出した時は、”イベント”の水平線として知られている。これが今起きていることである。私たちは光がどのようなものかを忘れている。光はもっともっと輝かしく、わくわくするものである。私たちは今”イベント”の水平線の中にいるのである。



ガイアの光のグリッドの回復―渦


この惑星のライトボディーの活性化。LRMは、着実に、途切れることなく毎週のようにこの惑星の周りの渦を取り戻していっている。コブラ会議の都度、渦の瞑想が旨く行っている。多くの人たちがこのプロセスを世界的な規模で支援している。全部のエネルギーグリッドが私たちのものになった時が”イベント”フラッシュの時である。



今はあなた方の直感に頼る時


”イベント”の初期には、あなた方が何をすべきかについて外部から言えることは何もなく、この時は、自分の真の感情と直感に耳を傾ける時である。あなた方は何をすべきかが自然に分かる。自分を信じなさい。恐れと困惑に駆られる人が多いだろう。あなた方はこれらの人たちに対する強さの柱になるであろう。この変化の時に必要とされる自分の洞察力を信じなさい。ライトワーカーに対するアドバイスは簡単なことである。

1)  静かにしていること。

2)  人々に情報を与えること。人々はあなた方に耳を傾けるだろう。



闇の勢力の排除とデスクロージャー


ネガティブな人のグループである、ジェスイット、ロスチャイルド、ロックフェラー、及びイルミナティ

などのうち、1000-2000人が”イベント”の後に排除されるだろう。


闇の勢力は、捕えられ、権力を剥奪される。”イベント”の後では、カバールのメンバーは、監獄に送られ、あらゆる外部世界との接触を遮断され、相互に隔離される。裁判のプロセスが開始されるが、これには人間全体が関わりを持つ。これらの犯罪者たちがついに捕らえられ、その行動の責任を問われるのは、大衆の感情の浄化、カタルシスであり、人間にとっての劇的なヒーリングのプロセスである。カバールのほとんどのメンバーは、社会病質者であり、人間本来の特性である、ポジティブな感情や反応を示すことが出来ない。


新しいバランスをとるために、これらの者たちをどのように処置するのかは、人間全体で決定する。

ある者には慈悲が与えられるが、彼らのほとんどの者はセントラルサンに連行されてリサイクル処理される。


カバールの大量逮捕は単なる物理的な作戦ではない。長年に亘って日夜このために働いてきた者として理解される、非常に多くのライトワーカーたちは、度重なる”遅延”にいらだっている。それでも”イベント”の絶対的な日時が示されたことはなく、2012年12月21日以前に、コブラは、12月21日は”イベント”が起きる日ではない、と言っていた。”イベント”の遅延は上からと、下(内部地球の社会)からのスピリチュアルな支援が必要である為で、大量逮捕が起きた時の人間大衆がパニックに陥らないように今必要なのである。


ある時点では、銀河のセントラルサンのエネルギーは燃焼し、アストラールプレーン、及びエーテルプレーン上のマトリックスのあらゆる障害を突き抜け、全てのネガティブな者たちは排除されるだろう。ある予言が美しくも言い当てているように、彼らは天使やスピリチュアルガイドに置き換えられるだろう。



ネットは降ろされねばならず、終わり、光が入ってくる


最後の段階は、単純にネットを降ろすことである。これは実施されねばならず、その後、複数の”イベント”が急速に引き続く。一つのものはその全てのエネルギーをネットに集中させてネットを破壊し、”イベント”がほとんど直ちに起き始める。


このプログラムは、隠蔽されることなく、ポータルの必要も、装置も、他の何も必要としない。これを皮切りとして、光輝の天候パターンが始まるだろう。


コブラは、ほんの数日前にマトリックスが崩壊したと知らせてきたので、”イベント”非常に近いことが分かる。だから、ライトワーカーは今、エーテルプレーン、アストラールプレーン上の光の勢力が闇の者たちを光へと導くのを”見て”、支援するために、日々の瞑想で引き続き努力を傾注し、”イベント”までの時間を加速させることが出来る。


世界規模の渦の瞑想は、滞空している銀河ファミリーの宇宙船との関わりで、ポジティブなエネルギーグリッドを作り出した。これは更に、特別な位置に結晶を配置することによってバランスを取られ、強化されてきた。


”イベント”の始めの数時間の間には、銀河の勢力は通信衛星と通信局を占拠し、世界で起きていることについての情報を発信する。テレビは、LRMの支配下に置かれ、告知がなされる。LRMはイルミナティのネットワーク内に300人の作戦要員を潜入させているが、ほとんどは軍隊や情報機関のトップの地位についている。これらの者たちは、検知されることなく、イルミナティにはこれらの者がどこにいるのか皆目見当がつかないままでいる。


LRMは、プレアデスや、他の連合内のポジティブなETとの物理的な、非テレパシー通信を行っており、全てのカバールメンバーが、どこにいるか、何をしているか、何を考えているか、についての情報を毎日受け取っている。イルミナティは今では、どこにも隠れ場所を持っていない。デスクロージャーは機密文書の開示を含む。これらの文書の95%は迅速に開示されるだろう。これは多くの人たちにとって大いなるショックであろうが、最初の衝撃的な反応の後には喜びに溢れることだろう。



連絡を受けるライトワーカー


”イベント”が起きる時点では、まず連絡を受けるライトワーカーのグループがある。彼らには、特別なことを実行するかどうかの選択の余地が示され、選択をしない自由度も与えられる。選択しなければ誰か他の者に連絡が取られる。その後、全ての者に連絡が取られる。世界のコブラ会議に出席した者は、この最初の被連絡者になるであろう。



当初の最長3日~7日


”イベント”の始めの数時間の間には、銀河の勢力が通信衛星と通信局を占拠する。あなた方はこの惑星上、及び周辺で起きていることについての情報を受け取ることになる。LRMはウイルスを侵入させ、ロスチャイルドの金融システムのコンピュータープログラムにコードを打ち込む。これはもちろん既に試験済みであり、数十億ドルを、ためしに引き出した事がある。したがって彼らはこれが作動することを知っている。このウイルスはコンピューターのメインフレーム内の口座を閉鎖させる。クレジットカードは動作しなくなる。銀行も閉鎖される。


この時点で資金の移動の手段はなくなる。現金、及び、金銀のコインを手にしておくよう勧められる。


ある商店は開かれたままであろう。ある商店は現金、金銀を受け取るだろう。銀行が閉鎖されると、人々はパニックを起こしがちになるだろうが、パニックを起こす必要はない。お金を廃却すべきではなく、最初の数週間使用できないだけなのである。なぜなら、このお金は後に有効になるからだ。逮捕が完了するまでの数日間だけ混乱が見られるだろう。


新しいことが起きてから45分以内にスーパーマーケットは文字通り空になるだろうから、3日~7日分の食料を常に確保しておくことが賢明であろう。多くの奉仕活動をしなければならないことが分かっていない限り、ガソリンタンクを満タンにしておけば十分であろう。全ての物の一週間分の蓄えが必要である。これらの初期の混乱時期には、十分な水と食料の確保を確実にしておいて欲しい。


数日以内に、新しい金融システムが稼動するだろう。やがて、カバールが奪取していた黄金が人間の手に戻されるだろう。カバールは、真の黄金を所有しておらず、タングステンゴールド(外側だけが黄金のタングステン)を製造している。私たちは彼らが作り出している幻想を信じているだけで、それが機能しているのだ。100ドル札の製造には、たったの2ドルしかかからない。新しいシステムが稼動すると、それは黄金を背景にした通貨の流通を意味する。


この”イベント”の後には、再評価が行われる。それは私たち全てにとっての遷移の時である。全ての人は必要とするものを入手できる。



天の支援


多くの次元上昇をしたマスター、大天使がこれらの変化に関わり、人間を支援する。ここで司令官アシュターを紹介したい。彼の地球への最後の転生は、25000年前だった。彼の主なプロジェクトは人間の次元上昇である。アシュターのもう一つのプロジェクトはファーストコンタクトである。更なる彼のプロジェクトは、テレパシー通信の訓練である。”イベント”が起きる時には、彼はメディアを掌握する。全てのテレビプログラムは彼のメッセージを放送する。


この”イベント”の後では、ホームレスは存在しなくなる。必要とする者全てに住居が与えられる。



公正でバランスが取れた金融システム


新しい金融システムは公正でバランスの取れた”スピリチュアル”な金融システムになる。あなた方が稼いだお金の半分は、何がしかの形でカバールの収入になってきた。ロスチャイルドのシステムは、コンピュータープログラムである。2012年の6月には、LRMはカバールの銀行システムに侵入した。カバールはウインドウ形式のオペレーションシステムを備え、全ての金融取引を制御するための裏口システムを有している。”イベント”が起きるとメインフレームコンピュターを遮断するウイルスが作動する。前述のように、資金の移動が出来なくなり、大量逮捕が行われ、銀行は閉鎖される。

クレジットカードは機能しなくなるので、現金が必要になる。長年に亘って人間から盗取されてきた全ての黄金は人間に返却される。



黄金


LRMは、イルミナティの手にあった山下の黄金を、2012年の1月と2月に捕捉した。この黄金は、今はLRMの地下室に格納されていて、”イベント”の後に人間に返却され、新しい通貨は全ての人に対する豊かさを意味するので、これらの黄金が新しい通貨の裏づけになる。


カバールに属している全ての口座は凍結される。詐欺によって人間から奪い取られた全てのお金は、これからは、人間を支える為に使用される。


始めの内は現在流通している通貨をそのまま用いる。再評価は行われない。イラクディナールは有効ではなくなる。


全てのビジネス契約は”イベント”の後にも有効とされる。コモンローが簡単で分かり易い。

逮捕プロセスの後には、リセットが行われる。連邦準備銀行(FRB)と米国の国内歳入庁(IRS)及び国際決済銀行(BIS)は破産処理され、解体される。これから先には、透明な取引のみが行われる。

部分準備制度、金利、株式市場は、存在しなくなる。株式市場は閉鎖され、二度と開かれることはない。


ある銀行は再開するが、取引は透明となる。FRBとの関係を持つ銀行は解体される。詳細が通知されるので、行われていることについては全ての人が分かるようになる。始めの数日間には、銀行預金口座は凍結される。


最初に放出される資金は人間性の回復の為のものである。タスクグループへの資金がこれに続く。LRMは導き、観察するが、彼らは人の心を読めることを忘れないように!プレアデス人たちは、私たちの行動の全てを追跡しており、誰が何をしているのか、を知っている。



破産


遺伝子改変型の人間にとって有害な種子を製造販売しているモンサントのような企業は破産するだろう。マイクロソフトは、善、悪、の二つの部分からなる。善の部分は再構築されるだろう。600~800人の銀行家が退職することになる。彼らは退職を余儀なくされるか逮捕されるか、である。これはここ一年程度継続して行われている。多くのサイトが退職した銀行家について報道しているが、これらの多くは、最高の地位ンにある者である。


何年も前に既にNESARAが計画された。これが実行に至らなかった原因は9/11であり、9/11は、この新しく、より良い金融システムの実現を防止するために実行されたのである。



議会、政府


世界的に新しい政府が誕生する。”イベント”の後には、世界的に議会が一新される。私たち全ては、今でも依然としてカバールの支配下にある国連で会合を開くことになるだろう。この会合の様子はマスメディアによって放送されるだろう。人間はスピリチュアルに導かれる。この惑星上のある場所が光の町として準備されている最中である。


米国議会は、カバールの一部ではない。議員の大多数は、買収され、あるいは脅迫されてきた。古い政治システムは”イベント”の日に閉鎖され、リセットされる。真の議会のあるべき姿は、スピリチュアルな階層ではない。LRMが支援をするが、議会に参加はしたくないといっている。新しい政界的な政府は意思決定がより迅速でより効果的である。



将来の税金


将来における唯一の税金は、新しい物資に対する14%の税のみである。税務署に勤務している者は失業するであろう。他にもっと面白いことがたくさんあるので失業しても心配はない。



全ての者に10万ドルが支給される


金融のリセットでは、全ての人が突然百万長者になるわけではない。全ての担保の総計は、500-1000兆ドルの間にある。これは、一人当たり10万ドルであることを意味する。借金がある者はこの額から返済しなければならない。カバールはもちろんこの支給の対象外である。1万ドル払えば家が入手でき、高額の医療費の支払いの心配はなくなる。適当な住居、食料、かなり快適なライフスタイルには十分だが、余生をプール脇でカクテルを飲みながら暮らすには十分ではない。



免除される負債


負債のあるもの、例えば住宅ローンは免除され、抹消される。国の借金は免除される。モートゲージは抹消される。退職金口座、健康保険、社会保険は再構築される。


ライトワーカーについてはその働きが補償される。彼らはもはやお金に関心を持ったり、生活上の資源の不足に悩むことはなくなるだろう。



マインドコントロールを受けていた者


”イベント”の後では、マインドコントロールを受けていた者は力を失うであろう。彼らにはヒーリングが必要である。この例はオバマ大統領で、子供の時から、マインドコントロールされてきた。彼のマインドコントロールが解除されると、オバマは、光のために働き始めるだろう。彼はヒーリングを受けた後で、強力な立場を取り戻すだろう。イルミナティのうちの50%はこのような家族の中に生を受けたという不運を背負い、ファミリーの伝統的なルールに逆らおうとはしなかった。このような者は”イベント”の後でヒーリングを受け、マインドコントロールを外されるだろう。表舞台には全く新しい人たちが現れるかもしれない。


大天使ミカエルが言うには、”オバマ大統領は、最近そうはないという考え方があるにもかかわらず、依然として大統領たしい大統領である。誰でも少し想像力を働かせれば、彼が大きい役割を演じていることが分かるだろう。彼は、私たちのこの時期に役割を果たすように準備をしてきた、光の者なのである。OPPTが別の人間をこの地位に据えようと誓わせたりしているが、この時期の論議としては意味のないことで明日。”イベント”が起きると、オバマ大統領はそれまでさらされてきた試練から解放されて、高い価値ある人のニーズに応えられる者になり、それ以外のものになりたいとは思わないだろう。”



ポジティブな軍隊の”イベント”における役割


”イベント”の時には、世界各地で社会不安が起きる可能性がある。コブラによると、孤立する場合もある、との事である。ポジティブな軍隊は私たちの惑星上で最も強力なポジティブなグループである。彼らは、LRMの支援で自身のプランを開発した。LRMは、主としてイルミナティ情報の供与と、ロジスティック面で、軍隊をバックアップするが、多くの場合には背景に隠れたままでいる。米国、ロシア、中国におけるポジティブな軍隊は”イベント”の際にはお互いに協力するだろう。彼らはこれに関する彼らの役割を当初から明確に認識している。彼らは絶対に武器は使用しないだろう。”イベント”には銀河ファミリーのうちのあるメンバーが関与し、ある種の”武器(他に良い言葉が見当たらないので)”による支援を行い、人々を一時的に動けなくする。軍隊と警察はポジティブな方法で支援をする。



警察力の再構成


”イベント”の間には、軍隊が民間の警察力(米国での連邦保安官、国際的にはインターポール)をバックアップする。民間警察は、カバールメンバーの逮捕を実行する。


”イベント”終了後、警察の再構成が行われる。現在の警察は人間への奉仕とは異なる役割を果たしているからである。



獄中の人たち


獄中にいる人たちのほとんどは釈放される。ある人たちには心理的な救済が行われる。新しい世界では暴虐は許されない。



新しく、進歩した健康システム


より進歩した健康システムが導入される。ほとんどの病気は、今既に、治療が可能である。この情報は、カバールやのカバールの為に働いている多くの多国籍薬剤企業による悪の作業によって医療従事者や一般人に伝達されていない。健康管理は無料になるだろう。健康維持手段はより効率的になり、スピリチュアルな原理に基づくものになる。これは始まりに過ぎない。


現在のあなた方の健康の為に、毎日できる限り多量の水を飲み、その水は可能な限り純粋なものにすること。私たち全てが異なるように、アユールベーダでは個人の水の摂取量を旨く説明しており、日々1リットルから2リットルの間である。体からの解毒プロセスを始めたいと思ったら、適当量のコロイド状銀が解毒に有用である。いずれにしても摂取する食品の質が大切であり、これによってより多くの光を受けられるようになる。


ワクチン注射はやめること。



麻薬


麻薬取引はカバールの作戦で、CIAが取り仕切っている。これは変化を受けるだろう。



世界中のあらゆる種類のプロジェクト


世界を安定させるための多くの驚異のプロジェクトが行われる。これ専用のウエブサイトが開かれていて、人々が技術、エンジニアリング、芸術、ビジネス、科学、心理学、エコロジー、マルチメディア、共通事項などについての将来を語る現実のサンドイッチとして心に写る集まりである。組織化のスキルを持つ人たちが”イベント”の後のあらゆる生活分野で進んでいる全ての新しいプロジェクトについて世界的に必要とされる。LRMはこれらのプロジェクトを私たちと共に推進し、実現させス。空しか上限は無いのだ。



新しい進歩技術


世界的にまず導入されるべき大切な新技術はフリーエネルギーである。これは既に実用化されているが、”イベント”の直後に、この技術を提供するための工場が建設される。


輸送の手段には大きい変化が訪れる。”イベント”後の数ヶ月以内に旧来型の自動車のエンジンは新しいものに置き換えられるだろう。何故かいぶかるかもしれないが、単純に新しいエンジンは蒸留水で動くからである。多くの工場は、ほとんどこのために建設される。第二段階は、更に進化した自動車、つまり空中浮上自動車の導入である。進化したセンサーが事故を防止する。ケッシュの技術は、既に浮上自動車の開発を開始した。これは危険なものではなく、逆に自動車同士が接近しすぎた場合に作動する自動ブレーキを装着しているのでかえって安全である。


カバールが情報の開示を妨げていたので、多くの暮らしの役に立つ装置が実用化されなかった。これらの多くの装置は、”イベント”の後にただちに大衆に公開される。これらの新しい装置の全ては、極度に安全なものである。あらゆる物は、今よりもはるかに安価に製造される。ほとんどの物の価格は低下するエネルギーの生産はほとんど無料であり、暖房もエンジンも同じである。人々はもはや貪欲ではなくなる。



週に3日から5日の作業日


作業日は、これ以上長いことはない。人々はその創造性を生かせる自由度をついに得る。人々は今や自分の内側でのスピリチュアルな発達に集中できるようになる。コブラは早い時期にほとんどの人間は毎日数時間働けば幸せだといっていたが、自分の外部での休暇は退屈だからである。又、私たちは、カバールの奴隷ではなくなるので、仕事は、人を元気付け、創造的で、大きな報いのあるものになるだろう。



私たちの愛する母なる惑星ガイアの浄化


新しい技術のおかげで私たちはガイアのあらゆる公害物質の浄化能力を得る。私たちは全ての化学廃棄物を一掃する。あらゆるところで供給水が浄化される。私たちは生態系を癒す。原子力発電所は閉鎖される。化学廃棄物を除去するための大掛かりな作戦が実施される。これは、”イベント”の後に自動的に職を失う、弁護士や収税官吏の仕事の分野になるのかも知れない。生態系には超純化が行われる。


GMO(遺伝子改変有機物)穀物の代替には一年のサイクルを要する。モンサントは、解体されるだろう。全てのGMO種子は粉砕後廃棄される。食品は安全になるだろう。又、全ての需要を満たす希土類鉱物が利用可能になるだろう。


大天使ミカエルが言うには、母、父から流れ出すエネルギーの洪水は止まるところを知らず、継続し、ガイアの変化を起こし、あなた方を、生きているという、今までに味わったことがない、心地よい実感で満たす。あなた方は純粋な祝福のつながりの瞬間が感じられる原始の森の中、湖や海のそば、あるいは洞窟の中にいたことがあるかもしれないが、今やエネルギーはあなた方に中に満ち、これが新しい標準になっている。



石油産業からの製品


石油生産従事者と工場にはあらゆる種類の鉱物の利用が可能になり、計画の方向変更がただちに行われる。




ガイア上の動物


”イベント”の後には一般的に、意識の向上が見られるだろう。これはあらゆる生命の聖性への気づきになり、ここで私たちと共に暮らしている動物に対する私たちの見方に影響を与えるだろう。食糧生産に関しては、動物の苦痛には全くの顧慮がなされていない。動物の処遇は変化し、より良い食料が与えられるようになるだろう。



教育


最初の教育プログラムを始めたのはジェスイットであり、それ以来彼らはマインドコントロールを実施している。この文章を書いている時に、私の耳の中で、ピンク・フロイドの”壁”と言う歌が鳴り響いている。ジェスイットの学校プログラムは、洗脳であった。私たちは学んだことを忘れなければならない。私たちが学んだことの大部分は真実ではない。私たちは古いプログラミングを除去しつつある。ジェスイットは、複雑なマインドコントロールを大学を通じて開発した。罪、恐れ、のようなスピリチュアルなアイディアは全てがジェスイットのマインドコントロールの結果であり、非物理的なアルコンがこの効果をもたらすのに協力をした。


ホラー映画は製作されないようになる。”イベント”の後では、ほとんどの映画は非常にポジティブなものになるだろう。


教育は完全に改革される。教育は、もっともっと面白く、スピリチュアルな面の教育をも含めた全体的なものになる。



私たちの惑星の真の歴史


”イベント”の後の極く初めの時期に、私たちの惑星の真の歴史についてメディアを通じて学び始めることになるだろう。



タイムラインの終わり


タイムラインは私たちの惑星上の状況の将来の結果である。タイムラインは、特定の”イベント”の可能な将来についての定義である。最も可能性の高い将来のタイムラインは、”イベント”に近づくにつれて崩壊してきた。私自身はどこかで全てのタイムラインは2012年12月21日に終わりになったという記事を読んだことがあり、それが今は本当であるように思えるが、多重に可能な将来のタイムラインを終わりにする決定的な要素が、この”イベント”である。2012年11月11日までは、私たちにとっては将来のネガティブなタイムラインが可能であったが、その時点でそれらが崩壊し、その日からは、私たちの惑星にとっては、ポジティブなタイムラインのみが可能になっている。


意識の拡張と共に、時間そのものが変化するであろう。



複製機の導入


複製機は、ファーストコンタクトの後に利用が可能になる。この装置の使用には、スピリチュアルな成熟が必要である。これは、新しい発展においてお金の意味が失われる時点に相当する。


古代の複製機である、盟約のアークは、カバールの手中にあった。今はもうカバールは複製機を持っていない。それはトンネルの中に隠され、地下を経由してLRMの基地に輸送された。


カバールは米国又はヨーロッパに幽閉され、自由には移動できない状態になっている。



私たちはついに、自分たち自身の現実を創造し始めている


”イベント”の”後の大量逮捕の後には、人間にとっての大きな突破が起きる。今では、私たちはついに、私たち自身のここでの運命を、決して招待されることがなかった者たちによる抑圧や支配無しに創造し始めている。



”イベント”そのものがポータルであり、大きいスピリチュアルな覚醒である


”イベント”の最中にはスピリチュアルな成長が容易になり、人々は五次元に移行し始める。私たちには二ヶ月前から新しいエネルギーが降り注がれているが、しばらくの間この状態が継続し、私たちの真の姿に目覚めさせる。大天使ミカエルは人々からの、”大天使ミカエルよ、私には何も変化が起きません。私が変わったようには見えません。”との多くの不満が寄せられている。彼が今年、2013年の1月28日に言うには、”あなた方は私と、私たち(愛の評議会=次元上昇をしたマスター、及び大天使他)と共にあなた方がそうであった姿、何を考えていたか、一年前、四年前、十年前には何を感じていたか、を反省するのであり、証言者、観察者としてではなく、自分がどこにいたのか、自分が本当に見ること、自分が選択した成長を自分で感じることが大切なのだ。あなた方は母、父のエネルギーによって満ち続けるのだ。”


”イベント”が起きた時には、次元上昇の備えが出来ている者は、体を五次元に止めておくことに制約を課すものは何もないことを理解すべきである。ガイアと共に次元上昇をし、あるいは三次元の経験を続けるためにどこか他のところに行くのか、多くの機会があるだろう。後戻りは出来ないが、コブラが言うには、この時点でどこの点を閾とするのかは話せない、との事である。”イベント”の時点では、大きいスピリチュアルな覚醒が起きる。この時点で人々には多くの記憶が戻ってくる。それらは、思い出すと危険が生じるので記憶の回復が不可能であった、銀河ファミリーとのコンタクトの記憶などである。


スピリチュアルなことについての真の情報は、ただちに開放される。人々には、スピリチュアルな教育がなされる。小さい光のコミュニティーとしての光の町がこの惑星上のどこか複数の地点に準備されつつある。


人間はにはスピリチュアルな導きが行われている。人々は個人的にも集団的にも次元上昇の準備をしている。



ロスアンジェルスで質問をした誰か


誰かが歴史上の今と言う時は単にあるサイクルの中の一点なのではないか、つまり、将来の別の時点で又ここにやってくるのではないか、と尋ねたことがある。コブラが言うには、”いや、そうではなく、今ここで起きている現実は二度と再び現実にはならない。私たちはレッスンを学んだのだ。進化が進み、転生においては決して後退することはない。私たちは後戻りはしない。黄金時代は、消失するが、私たちは二元性を卒業したのだから、この黄金時代は永続する。”と。



コブラがロスアンジェルスで言ったこと


彼が言うには、2012年12月21日以降には何も計画してはならない、と言われたと。次の世界的な会議の焦点は、世界を如何にして変化させるか、である。これは”イベント”の後のことであろう。



物事の順序(”イベント”の中での一連のイベント)


”イベント”の後には、物事はある順序で進む。

* 新しい公正でバランスのとれた金融システム

* 地球の真の歴史の開示

* 人間の飛躍的な変化と次元上昇

* 暫定政府の樹立

* 選挙

* 銀河ファミリーとのファーストコンタクトへのゆっくりとした準備

* プレアデス人々のファーストコンタクト

* 公式のファーストコンタクト

* 大量着陸

* 次元上昇をしたマスターの出現


ロスアンジェルスでは、誰かが、政府の構造などに関して、善意の存在が到来しても何も抵抗は起きないのか、と尋ねた。コブラが答えるには、”この惑星上の全ての人たちは、真実を知るためにただ待っているだけで、全ての通信衛星とメディアは抵抗運動が押さえるので、人々は非常に迅速に全ての真実、ここ、この惑星上でここ数千年の間に起きたことを知るだろう。テレビニュースを経由した証言が次々と行われるであろう。


これは別のマインドコントロールではない。自分のハートに聞いて見なさい。自身自身のハイアーセルフにこれらのニュースが自分のどのように作用するのか、確認してみなさい。マインドを開けば、真実だけが残るだろう。真の幸福と真の光はそれ自身の定義は必要としない。ベールがはがされれば、パラダイスの中の永遠の幸福が見られるだろう。これが宇宙における自然の権利である。私たちはもうほとんど忘れているが。


今は歴史上最も特別でユニークな時、光の勝利の時なのだ。


あらゆることに関して感じる強度の上昇は、物事が急速に動いているしるしであり、私たちが”イベント”に近づいている証拠でもある。



私たちが”イベント”に対しての備えがあれば、私たちは既に”イベント”に対して準備が出来ている


世界のライトワーカーは、疲労しており、全てのことが約束されていた、2012年12月12日以降何も起きなかった、といささか失望している。実際には、以下のことを理解しなければならない。マトリックスに関して、この惑星の周辺のプログラムされたベールが配置され、アルコン、レプティリアン、私たちの意識に最大限の影響を及ぼそうとしていたそのほかの者たちで一杯だった。主な一夜にして起きるこの惑星上の変化は一つのイベントが起こすようには、調和が取れたものではない、


不幸なことに、最近の多くのチャネリングは必ずしも銀河、又はマスター、あるいはからのものではない。この理由は、アストラールに陣取る者たちが、チャネラーに影響を及ぼし、意図的に彼らを誤まった方向に導いたからである。



マトリックスは崩壊した


当初は、多くの者たちは地球に最も近い層に降りてきた。この層は、地表の上下100メートルの範囲だった。この領域は、今では、LRMと、世界中の人たちの、世界中の町や都市の浄化に貢献する瞑想によって日に日にきれいにされつつある。あるライトワーカーは”フィールド”から脱出して、この浄化に携わっている。


マトリックスの崩壊以降、多くの光が私たちのところに届いてきているが、それでも、地表の上下100メートルの範囲は、闇の者たちに占有されている。LRMは災厄の可能性を高める作戦を何も計画しておらず、闇の者たちが恐れを広めるかも知れないので、人々はそれによって、災厄の可能性をもたらす。


LRMはこのようなリスクを犯したくはない。したがって日時は示されない。古いネガティブなグリッドが取り去られれば、新しい新鮮な光のグリッドが設けられ、上昇中の光エネルギーが、急速に、より多くの人たちを目覚めの状態にするだろう。


私たち全てが忍耐をし、ライトワーカーとして自分自身の仕事に集中するのが良い。私たちがこうすれば、”何も起こっていない。”と感じる時間はないであろう。もしも何も特別なことをすることがなければ、天使たちが行っているグリッドの洗浄を日常的に支援出来るだろう。


エネルギー的にガイア表面及び表面下周辺がエネルギー的に浄化されればされるほど、人々のパニックのリスク無しに”イベント”がより急速に起きるだろう。LRMは非常に長い間このプランの実行に力を注いできたので、真の意味で完全主義者なのである。彼らは中途半端は好まないのだ。



起きることが起きるであろう


この最後のパラグラフはコブラとの2013年1月31日の会見から得た私の解釈である。

大天使ミカエルは、以下のように締めくくりたいとした。


新しい地球の創造を始めたいとの私たちの希望に関して、大天使ミカエルは、言った。”外側に大きく、壮大に現れるあなた方の内側に真に存在することの反映を見たいという希望は衝動ではなく、ほとんど気力、しかも直感的な気力になっている。それはまるで磁石を北に設定して、真の北を目指すようなもので、コースから外れるようなことはないだろう。


それはあなた方が自分のことを、道を示す者、柱、門番、又は光の保持者、愛の保持者と呼ぼうと、何と呼ぼうと、問題ではない。あなた方は創造主であり、その役割を完全に果たす立場にある。それは新しいことではない。あるとすれば、大昔にあったことである。それは円の終端を閉じるようなものであり、新しいことの始まりなのだ。


私はあなた方を招待し、腕を広げて全ての力強い者、全ての大天使がするようにあなた方に差し伸べる。天の母、天の一団、である私たちは腕を広げて、今、私たちの仲間になって欲しい、と言うであろう。”
 


 GFLサービスたきさんのホームページより  
 

Are you ready?

 ガイヤポータルの最新のメッセージですが、以下のような内容はあまり見かけませんでした。今までは、エネルギーに関した事が多く、それ故にあまり取り上げませんでした。

転載ここから------------

ガイアポータル・・・2013年5月9日 ガイアのエネルギーは感動的な変化の準備が整いました
http://gaiaportal.wordpress.com/2013/05/09/energetics-of-gaia-set-for-impressive-changes/
Energetics of Gaia Set for Impressive Changes…
May 9, 2013 in GAIAPORTAL

 混沌とした瞬間の最中の安定は,来たるべき日々を通じてガイアの前進の鍵となるものです。ガイアのエネルギー,特に,ガイアの人類一般には,素晴らしい変化が予定されています。各個人の人間意識における「感動するような変化」,または「感動を創造するような変化」と言うことができるかも知れません。これらの変化はガイア全体,および全ての種類の住民を包むので,回避したり押し退けることは出来ません。
目覚めた人々それぞれはこれらの瞬間に対して準備が出来ており,こうした変化を体現し,それが生じた際には、その瞬間の混沌の上に昇るでしょう(その瞬間の混乱を克服するでしょう:by たらの芽)。
混沌とした瞬間の中から,高次の秩序がやって来ます。
翻訳 Yoko


-------------転載ここまで。

 Yes!, 準備万端です。いつでも掛かってきなさい(笑

 ところで、本日9:19頃からシリアに向けての瞑想を始めたんですが、気がついたら寝てしまっていた(笑
時に31分.....ノ( ̄0 ̄;)\ 一番大事な25分の時どうだったのか!?(笑

ガイヤ劇場いよいよクライマックスか! 役者は揃った?

 ハートさんが前記事のコブラのメッセージをより具体的に知らせてくれています。

転載ここから-----------

緊張高まるシリア!イベント決行間近か?WW3を防ぐために、私たちができることは、、、
2014-05-09 18:24:03 | 政治・経済ニュースから

プレアデス、アガルタ、地球人混成の地下抵抗勢力、レジスタンス・ムーブメントのCobra から、緊急情報が出ました。(Cobra からの情報の翻訳は、こちらをご覧下さい。)

シリアで今、極めて悲惨な状況が続いています。

極東での開戦工作に失敗した闇の勢力は、いよいよ的を絞り、最終決戦として、シリア発の第3次世界大戦を計画している、ということです。そのために、なるべく多数の国を巻き込もうという工作が既に始まっています。米軍も、不穏な動きをしています。既に、奴らは、シリアのインターネットを遮断(たらの芽注:この件は8日にこちらで記事になっていた)して、人々を情報から遠ざけています。ブラックホール・ボルテックスを生みだして、闇のアーコンの侵入を手引きするのだそうです。

奴らの目的は、光の勢力の勝利が決まる5月25日のポータルの開口を、何としても阻止することです。

奴らが、全面戦争へ発展させようと企んでいるタイミングは、5月20日22時22分(GMT)。その時に、星座は、緊張がピークとなるような配置を取るため、奴らは、それを利用するのです。

レジスタンス・ムーブメントでは、「暴力がエスカレートするようであれば、まだ”機は熟していない”ものの、窮余の策として、いよいよイベントを発動せざるを得ない。」と、言っています。

イベントとは、具体的に何なのでしょうか?

彼らは、「人々に準備させるために、Drake とBen Fulford には、間接的にその情報を流した」そうで、そう言えば、今週のベンジャミン情報・英語版には、確かに意味深なコメントが。。

一番下を読んでいただければわかりますが、要するに、ベンジャミン週報では、「アメリカの良識派ペンタゴンが、クーデターを起こさざるを得ない状況に近づいている。各界のトップ層に居座る闇の勢力を、合法的に排除することが不可能だからだ。アメリカ軍は伝統的に、政治には介入しないことを誇りにしてきたが、それを破って、動き出す必要がある。」という意味のことを、述べているのです。

つまり、アメリカの政治・経済・司法界に巣くう闇の勢力の大量逮捕が始まる訳ですね。

その際には、同時に、レジスタンス・ムーブメントは、前もって闇の勢力のメイン・コンピューターに仕込んでいたウイルスも発動させるのではないでしょうか。これまで抑え込まれてきた世界的な金融崩壊の引き金が引かれます。(しかし、既に新しい経済金融システムが準備を終えて、所定の位置に付いているはずです。)

Cobra は、「まだ、イベントの引き金を引く惑星的な条件は完全には整っていないが、、、」と述べており、ネガティブな勢力を、地球表面社会から完全に排除しきれていません。その状態にも関わらず、25日までにイベント決行となる確率は今、6%だそうです。

そのため、Cobra は、「シリアの人々を救うために、集団瞑想で、愛と光を送ってほしい」と、呼びかけています(たらの芽注:2つ前の記事をご覧下さい)。

瞑想の中では、宇宙のセントラル・サンから青い光の柱を自分へ降ろし、その光を、自分の手から、シリアの人々へ向けて送り出します。シリアの闇を光で満たします。

集団瞑想の時間は、次の金環食のタイミング、日本時間で、5月10日の午前9時25分、です。

平和を祈る集団瞑想が、実際に犯罪を減らす効果のあることが、科学的に証明されています。

明日の午前9時25分、シリアの人々の命が一つでも多く助かるように、ぜひぜひ集団瞑想で、愛と光を送りましょう。

Ben Fulford: Netanyahu summoned to China, cabal purge begins in UK, May 6, 2013(ベンジャミン・フルフォード週報・英語版 5/6)

一部抜粋

This of course, is a preliminary to investigations that will finally bring justice to the perpetrators of the 911 terror and mind-control attack against the US. The wheels of justice will roll towards George Bush Jr., Donald Rumsfeld, Paul Wolfowitz, Frank Carlucci, Michael Chertoff and the entire fascist cabal that seized control of the US following the rigged year 2000 election, according to patriotic CIA and Pentagon sources.

The question remains just how far down the rabbit hole the whole crackdown on the perpetrators of 911, 311 and related events will go. The problem is concentrated at the top and it is very difficult for military and law enforcement types used to following orders from above to take action against their “superiors.”(問題は、トップ層に集中しているが、上からの命令に従ってきた普通の軍人や法の執行者にとっては、上司に逆らうことは非常に難しいのだ。)

When you have a supreme court that has been threatened and intimidated into submission, a Congress and Senate that have been mostly bribed and a President who is a puppet, then going through them is not a realistic option in dealing with the criminal fascist takeover of the US.

My understanding is that the joint chiefs of staff of the Pentagon are the best hope for restoring the US Republic and freeing the American people. What they need to understand is that it is not going to be any court case that will settle the problem.

If the American people are to be freed, the military need to temporarily take over the key centers of power. They need to send troops to occupy the following places: the Federal Reserve Board branches, the Congress, the Senate, the White House, the Supreme Court, the Justice Department, the Department of Homeland Security, the FBI, the CIA, the NSA, the major media companies and the Council on Foreign Relations.(米国人が解放されるためには、軍が一時的に権力の中枢を乗っ取る必要がある。部隊を、連銀、上院下院、ホワイトハウス、最高裁、司法省、DHS、FBI、CIA、NSA、主要な報道機関、CFR へ送って、占拠せねばならない。)

Once this is done, it will be a fairly simple job to figure out who has been part of the fascist cabal: follow the money. Anybody who is living way beyond their salary and cannot explain the source of money should be suspended pending further investigation.

There is also a need to remove all US/Israeli dual citizens from any government offices. Dual loyalty and service to your government are not compatible.

The Pentagon types rightly point out the lesson of history that the military are not good at running governments as the reason they have not taken action yet. That is true but, the military are very good at restoring order and then returning to their barracks.

The military take pride in the fact they have never interfered in government since the founding of the United States. However, they need to realize that never before in the history of the United States has the country been surreptitiously taken over by a foreign power.(軍は、建国以来、政府に介入したことが無い事実を誇りにしているが、これまでは、外来の勢力に不正に乗っ取られたことは無かったことを理解する必要がある。)

This of course brings us back to Israel. Israel was founded by Jews who murdered other Jews in order to force them out of their European homeland as part of a criminally insane project to carry out ancient biblical prophecies. It sounds too far-fetched for us normal people to fathom, but history makes it clear this is exactly what has been going on. That is why there has been no solution to the Palestinian issue despite over 5 decades of “peace negotiations.” Peace would prevent their planned Armageddon.


-------------転載ここまで。

 ありがとうございました。

最新のコロナホール・停電状況(本日箱根・富士、2回コロナホール放射を受けた模様)

太陽地震予報官さんより情報です。

転載ここから---------------

最新のコロナホール・停電状況(本日箱根・富士、2回コロナホール放射を受けた模様)

まずコロナホール状況です。現在、小型コロナホールが北半球に2群存在しており、中型コロナホールが赤道付近に1群存在しています。

最新コロナホール


うち、北半球小型コロナホール2群の照射ポイントは、15時ごろ日本を通過、現在東日本沖を東進中、日本を離れつつあります。

赤道中型コロナホールは、現在大阪淀川区及び愛知県・山梨県に停電を発生させており、これからゆっくり東進して行くでしょう。

昨日ブログ記事で、511箱根山噴火予言を紹介しましたが、時間的にこの赤道中型コロナホールがトリガーになる可能性があり、最有力容疑者と考えています。

予言どおり起きるかどうか不明ですが、511近辺で富士・箱根を通過する有力放射はこれしかありません。


しかし、どうも動きが早いような気もします。ゆっくり来れば11日もありえますが、まあ様子見ですね。一応10日から箱根山の動向に注意が必要です。


ではここから、北半球小型コロナホール2群の照射ポイントの追跡結果。このコロナホール放射は、フィリピンのマヨン火山噴火のトリガーになった可能性が高いと思われます。

小型コロナホール2群の照射ポイントは、7日午前8時、東からフィリピンに接近、マヨン火山に放射を浴びせて火山噴火を誘発。
そのまま西に移動して、8日午後にマニラ近郊のメラルコで広範囲の停電を発生させた模様。

フィリピン(紫・マヨン火山 赤・停電)


その後東進して日本へ上陸、本日9日に停電を時系列順に、岐阜から北海道にかけて発生させた模様です。現在日本東海上離脱。

北半球小型コロナホール2群の9日の停電発生状況

5月9日
0時09分 岐阜県岐阜市 6700戸5分停電
2時59分 千葉県成田市 5分停電
10時25分 千葉県茂原市 5分停電
12時43分 神奈川県横浜市 700軒停電
15時15分 札幌北区 停電

現在日本東海上離脱


次は赤道コロナホール照射ポイントの現在の動きです。この中型コロナホールですが、横幅がある程度あるので比較的広範囲に停電を発生させているようです。

大阪淀川区、愛知、山梨県に停電が発生しています。うち山梨県はすでに2回停電が発生しており、付近の富士山・箱根山も2回コロナホールの放射を受けているでしょう。


今山梨県にいるコロナホール照射ポイントは、10日あたりに関東に来ると思いますが、そうなると今大阪・愛知付近にいるコロナホール照射ポイントが10~11日にかけて、富士・箱根にコロナホール放射を浴びせることになる可能性が高いでしょう。


噴火発生するか分かりませんが、10日からは箱根山の動きに注意が必要になります。


赤道コロナホール照射ポイントの9日の停電発生状況

5月9日
11時52分 山梨県甲斐市 甲府市 50軒停電
12時29分 愛知県瀬戸市 南山大学瀬戸キャンパス 停電
16時15分 大阪淀川区 新大阪駅 短時間停電
16時30分 山梨県 900軒停電



これまでの停電ツイートなど


停電情報 岐阜
http://teiden.chuden.jp/p/office/410.html

停電発生日時 5月9日0時5分
復旧日時   5月9日0時10分

岐阜市 6700戸


5月9日 0時09分 岐阜県岐阜市

一瞬だったけど停電した(゜ロ゜;びっくりしたわー(゜ロ゜;
2~3分くらい停電しただけだったけど、今元に戻ったよ(T ^ T) ビックリした~ヽ(;▽;)ノ

うおおおおお停電したびっくりしたしばらく戻らなくて怖すぎてりん抱きかかえながら窓開けるって謎な行動した。こういうとき電気がない生活なんてもう無理だと本気で思う

どうやら岐阜のぼくんち近辺は停電した模様
地元一帯、停電したぞ((((;゚Д゚)))))))
停電したーーーー!!!!((((;゚Д゚)))))))

いきなり停電したと思ったら、町内全部停電したっぽいわ。
一瞬停電したんだけど…(´Д` ) びびるわー
瞬間的に停電しました。死んでください。


5月9日 2時59分 千葉県成田市

地震という要素以外では初めてかもしれん。一瞬でも地域的に停電なったの。
びびびっくりした!停電だった(>_<)こんな時間にやめてよ?(:o;)(:o;)心臓飛び出るかと思った。寝る!=3
市内一気に停電まじびびったあー!!!
15秒くらい停電して、なにもしてないのに復旧した(・_・;) 怖すぎるわ(゚o゚; 寝よう
今一瞬停電した。 怖い。三分くらい停電して電気ついた。こんな時間に?何もないのに? まぢ怖いんだけどー、むり、
今成田市真っ暗になってたぞ。一瞬だが停電したな
成田界隈、やっぱり停電したのか・・・。原因なんて発表されないんだろうな~w
さっき停電した…どれくらいか判らんが、一帯らしい…取り敢えず冷蔵、冷凍什器は問題なく復旧した…びっくりした


5月9日 10時25分 千葉県茂原市

あれ?停電してる?
まさかの停電(´・ω・`)?
2回停電した、なんだったんだ。
うちだけ?停電なう。なんでだ?
9:55頃、突然停電。5分強で復旧したが、何だったんだ東電。


5月9日 11時52分 山梨県甲斐市 甲府市
【停電情報 2013年5月9日 11:52】東京電力停電情報によりますと、山梨県甲斐市 甲府市の約50軒で停電が発生しているとのことです。



5月9日 12時29分 愛知県瀬戸市 南山大学 瀬戸キャンパス

大学停電(^O^)(^O^)
まさかの大学停電ねww 停電とかいつぶり?www
瀬戸キャン停電( ̄▽ ̄)
大学が停電なう!!∑(゚Д゚)
お昼休憩に停電なう(・_・)電気ついてない所で皆がご飯食べてる姿‥ww
講義中にまさかの停電。
停電は電柱に付いてる何かがダメになってたらしい



5月9日 12時43分 神奈川県横浜市

【停電情報 2013年5月9日 12:43】東京電力停電情報によりますと、神奈川県横浜市青葉区の約700軒で停電が発生しているとのことです。

何か地区一帯が停電みたいです。 あと、1~2分で終わるはずだったのに!
長いこと停電( ゚д゚)いつ電気つくのかなー?
理由は、わかりませんが、二度停電
静岡の方も停電らしいしどうなってるんだー
何回停電かましてんだ?東電は!



5月9日 15時15分 札幌北区

◆停電◆ 北区/篠路町拓北 (09日15時15分 現在) 〔復旧見込日時:5月9日16時30分頃〕 《札幌支店管内》



16時15分 大阪淀川区 停電

淀川区が停電してて、仕事がてきません( ̄O ̄;) いつ復旧するのー!??
原因不明の停電^^; 仕事できん。進まんやん! 電気って大事やなって改めて思った! 早く復活して? そしてPCデータ保存できてますよーに><
会社停電中ー!
西中島南方の私の会社エリア停電中(-o-;)
会社のビル停電中ワロタwwww
ビル全滅の停電て珍しいな。
おいおい 新大阪駅でいきなり停電かよ Σ(゜Д゜)


16時30分 山梨県 停電発生
【停電情報 2013年5月9日 16:30】東京電力停電情報によりますと、山梨県の約900軒で停電が発生しているとのことです。


 ------------転載ここまで。

 ありがとうございました。

5月9日/10日の日食の時

コブラからのメッセージです。


転載ここから---------------

コブラ・・・2013年5月8日 シリアでの平和を祈る世界日食瞑想
http://2012portal.blogspot.jp/
Global Solar Eclipse Meditation for Peace in Syria
Cobra : Wednesday, May 8, 2013

カバールはシリアを通じての新しい世界戦争を起こそうとするプランを拡大しています。言うまでもなく、そのようなことは許されることではありません。
しかし、始めにカバールのプランがどのようなものなのかを説明しましょう。まず第一に、彼らは国際社会のうちの多くの国を分裂させて、シリアにおける一連の事件に巻き込もうとしました。

http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2013/05/07/rumblings-of-wwiii-iran-speaks-of-resistant-axis-against-west-israel-on-war-alert-41-nations-gulf-military-exercise/
http://www.veteranstoday.com/2013/05/07/war-has-begun/

それから、非物理的なアルコンと物理的なカバールの共同作戦で、全ての光を遮断してシリアにブラックホールの渦を作ろうとしました。非物理的プレーン上で、彼らは可能な限り多くのレプティリアンをシリアに送り込み、この地域を囲い込もうとしています。物理的プレーン上では、彼らは、インターネットへの接続を遮断して、シリアを孤立させました。

http://allthingsd.com/20130507/syria-has-dropped-off-the-internet-again/

手短に言えば、彼らは光と情報を遮断してシリアに混沌を起こし、エントロピーを最大限にまで増し、このようにして起こした紛争の中にできるだけ多くの国を巻き込もうとしています。これは5月25日のポータルの開口を防止しようとする最後の試みなのです。

このようなこと許されません。現在の生物兵器と核地下壕破壊爆弾は抵抗運動の忍耐の限界を測っています。依然として、多くの非物理的なネガティブな力がこの惑星の表面上に存在するので、イベントに関するこの惑星の条件はまだ整っていませんが、抵抗運動は、暴力がエスカレートするとしたら、非常保護手段として、イベントを起こす決意です。ですから、カバールが事を荒立てることによって、実際には、その存在の時間を劇的に短縮しているのです。彼らが利口なら、事を静めなければなりません。

ドレークとベンジャミンフルフォードには既に、抵抗運動の地上エージェントから、仲介者を通じて間接的に、イベントが意外に早く起きるので、地上の人たちにもう少し速く準備させるように、とのヒントが与えられています。この時点での極端な予防警告としての、イベントが5月25日以前に起きる確率は、6%です。

シリア紛争を大規模な戦争にまで拡大させるためのカバールの目標期日は、世界標準時で5月22日22時に起きる天王星と冥王星の直角の瞬間ですが、この配置は、緊張を頂点に至らしめ、5月25日のポータルの開口以前の最後の試練の時です。

このような状況では、私たちの支援が必要です。それゆえに、シリアの渦にポジティブな平和の共振場を作り出すために、5月9日/10日の日食の時に、出来る限り多くの人に、瞑想を実施して欲しいと思います。 科学的な研究の結果、人間社会での大衆瞑想にはポジティブな効果があることが確認されていますので、あなた方一人一人がこの瞑想に参加すれば、シリアで実際に人間の命を救うことが出来ます。

http://www.mum.edu/m_effect/dc_md.html

このシリアでの渦は古代の女神のエネルギーの場であり、この惑星のエネルギーグリッドの重要な鍵になる地点なのです。
日食の正確な時間は、グリニッジ世界標準時の5月10日、0時25分です。ヨーロッパとアジアでは、日食は、5月10日の朝に起きます。米国では、5月9日の夕刻になります。
多くの場所での正確な瞑想の時刻は、下に示すサイトに見られます。日本では、5月10日(金)の午前9時25分です。

http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=Global+Solar+Eclipse+Meditation+for+Peace+in+Syria&iso=20130510T0125&p1=136

瞑想の方法

1  呼吸に集中して、数分間心と体をリラックスさせる。
2  電気のスパークのブルーの色の光の柱が銀河のセントラルサンから、体の中を通って降りてくるようにイメージする。
3  その光が心臓を通過し、手の先から直接シリアの渦に向かい、シリアの渦を光で満たし、そこに満ちているあらゆる闇を消し去るイメージを心に描く。
4  天の女神に自分の体の中に降りてくるように頼む。
5  平和と調和のエネルギーをシリアと、紛争に巻き込まれている全ての人に向けるように女神に頼む。数分間、このエネルギーを、心臓を通り、手の先からシリアの渦に向かうようにさせる。
女神は平和を望んでおり、平和が実現することでしょう。

翻訳 Taki 


------------転載ここまで

 そしてベンジャミンフルフォードの情報の先週分


西側金融システムの支配を狙う悪魔崇拝マフィアは権力を保持する目論見で文字通りプーチン大統領に世界を提供していると、グノーシス・イルミナティ団長とM16代理人は言う。ロシアが米国民に対する偽のボストン爆破心理作戦に公式には歩調を合わせている理由かもしれない。また、第二次世界大戦終戦から続いている領土問題のゴーサインを日本とロシアの為に与えたれたのかもしれない。

しかし、米軍はシオニストの計画にこれ以上付き合うつもりはないので、今以上にプーチンの役割は極めて低い。

米国内で大きな対決が密かに起こっており、シオニストは先ず目をぱちくりしており、今恐怖と服従の状態である。この証拠は多くのところで見ることができる。

一つの明らかな例は、シリアの状態で、大きな戦争の企みは引き戻されている。米国をシリア侵略に騙す為のシリアの化学兵器使用糾弾というイスラエルの心理作戦は失敗した。イスラエル政府は「イランは1-2ヶ月で核爆弾を手にできると20年以上も言い続けてきて、世界の笑いものになっている。

その代わりに、世界の軍事情報共同体は終に、「イスラム原理主義テロはシオニストによって行われており、ムスリムではない」とまで指摘した。隠れユダヤ人であるサウジ政権もまた今、金融騒乱と殺人における役割に対して重大な非難を受けている。グリーンドラゴンを含む多くの秘密結社は、彼等が直ちに中止しない限り、元サウジ国王の男子子孫は暗殺の対象であると言っている。

いずれにしろ、シオニストが企む第三次世界大戦はすべての面で失敗している。

アジアでは中国を太海の2-3のちんけな岩に関して扇動する為に送られたシオニスト失敗者の艦隊は無視されている。東京の靖国神社への政治家大量参拝は、歴史の真実について誠実な対話を求める中国の合理的対応異常の物は引き出せなかった。アジアにおいて核テロを始め、それを北朝鮮の所為にする計画もまた失敗に終わった。

代わりに日本の4月28日に、61年間で初めて独立を宣言した。

この式典は公式には1952年にサンフランシスコ講和条約調印を祝うものであったが、実際は非常な高レベルでの殺人、贈収賄、喧伝そして恐喝と言ったシオニストルールからの独立を祝うものであった。

ロシアとの関係を強化するという新しい動きはその良き兆候である。両国は1956年にロシアが合意した4島のうち2島を返す内容に再び調印した。日本人はシオニストにより、彼等の植民地日本を隣国から孤立される活動によって、破棄することを強要されていた。安倍首相とプーチン大統領は以前の合意に基づいて平和条約を締結する宝庫であると宣言した。これはロシアと日本が今は極東の経済関係強くを改善することで合意したからである。彼等はまた、彼等双方が中国との教会問題を共有することで、将来中国がいぢめっ子にならないようにする共通の利益もあることを確認した。

北朝鮮の状態も安定してきた。グノーシスイルミナティは彼等がキムジョンウンを権力の座から引き離すことを希望していると言っている。日本軍情報機関は金正雲は実質ほとんど権力を持っておらず、挑発的な強力な将軍達が取り仕切っている。しかし、中国政府と北朝鮮情報筋は平和的挑戦再統一と地域、世界との関係正常化において重大な進展がなされていると言っている。ここに、北朝鮮自身が言ってることの例がここにあります。
http://www.kcna.co.jp/index-e.htm

それは朝鮮を核騒乱を開始しようとしてる狂った政権であると描くシオニストの喧伝からは程遠い。また、米国と韓国の軍事演習が停止されていることは注目に値する。

シオニストがユダヤ人を含む多くの欧州人、米国人から支持をされていないことは明らかである。代わりに人々は、NWOと言う全体主義独裁を作る為の彼等の計画に気付いている。

例えば、最近の世論調査ではフランス人、ドイツ人、英国人、イタリア人そしてスペイン人の多くはEUを信用しておらず、私はEUSSRというべきだと言っている。
シオニストはFRBと欧州中央銀行という不思議なお金印刷機の支配を失い始めている兆候も出ている。先週、主要金融犯罪者のヘンリーポールソン(ゴールドマンサックス、財務省等)と戦争犯罪人ヘンリーキッシンあーは中国国家主席の習金平との会談で新華社通信のニュースに登場した。中国政府筋は彼等は物乞い任務であったが、手ぶらで追い返されたと言っている。同じ情報筋は中国政府は先週の中国の地震は地震兵器によって引き起こされ、それは中国から金を引き出すことに失敗したからだと信じていると言っている。現在進行中の鳥インフル生物化学兵器の攻撃は同じ目で見られている。

世界中をめぐる各種の爆弾は(チェコスロバキア、イラク、シリア等)は死に行くシオニストテロマシンの断末魔の苦しみであり、恐怖を武器に支配を維持しようとする作戦の失敗の一環であると見られている。彼等は手負いの獅子であるので注意が必要だ。

私は、私のホットメールが検閲され制御されていることにうんざりしていると言っておきたい。私があってメールを送るように言った人は、必ず私に電話をしてきて「このメールアドレスは問題がある」と言うメッセージが付いて戻ってくると言う。通過したように思えるメールも核テロ攻撃の警告を含んでいる。私のスカイプのアクウントも同様にハックされている。ゲーツさんに悪魔の仲間達よ、貴方達は時間を無駄にしている。私が送る重要なメッセージは手書きで人によって運ばれている。

イタリアのP2ロッジは西側金融システムの中の演算は破壊されたことを認めている。ある種の合意が国際担保勘定以上に到達する必要がある。

彼等は東南アジアであるスルタンと接触していることほのめかしている。そのメッセージは届きました。金融戦争を終了しシオニストのテロ資金を遮断する時が来た。世界の人々は平和を望んでいる。


 と今週分の途中まで。

◆ 欧米権力のテロ支配体制崩壊に伴う世界各国の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2013/05/07 VOl.221≫
EPUB URL:http://foomii.com/00006-16054.epub 

世界人類がシオニストテロ組織であるサバタイ派マフィアの崩壊を待ち望んでいる。しかし様々な情報を総合してみると、それもさほど長く待つ必要はなさそうだ。

先日の4月28日、日本では政府が開催した「主権回復の日」式典により初めて独立記念日が正式に公示された。それが、何故サンフランシスコ講和条約が発効されてから61年も経った今なのかと言うと、その時から水面下で始まった欧米サバタイ派マフィアらの暗殺、脅迫、賄賂、謀略による支配から日本国が61年ぶりに解放されたからである。近い将来、アメリカでもサバタイ派マフィア、並びにシオニストたちへの厳しい締め付けが始まる、と多くの米政府関係者が語っている。

そして水面下では既に、その前兆とも言える動きが始まっている模様だ。例えば先週も、サンドラ・デイ・オコナー(Sandra Day O’Connor)合衆国最高裁判所(連邦最高裁)元判事が、2000年のアメリカ合衆国大統領選挙の
結果をめぐり法廷闘争が行われた いわゆる「ブッシュ対ゴア事件」の際、票の数え直しが違憲か否かの判断が委ねられていた連邦最高裁には 脅迫を含む かなりの圧力が加えられていたことを軍人たちの前で告白した、との知らせが寄せられてきている。

ペンタゴン関係者は、『彼女の証言は、ブッシュ一族とその背後にいるサバタイ派マフィア全体に対する逮捕劇の法的準備に向けたものだ』と話している。
また中国政府関係者によると、イスラエルのネタニヤフ首相が中国に呼ばれて今週5日から10日にかけて訪中することも、サバタイ派の取締りと深く関係しているのだという。


 
 このコブラの言う事が一番しっくりくる。なぜならもっとも3次元で現実的だからだ(笑)以前書いた「ルシファーは居なくなり....」とかいうメッセージは「信じたい」とは書いたが、信じてはいないのだ。
 だいたい、自ら神であると名乗る者は信用できない(笑)他のまともなチャネリングソースでは、「自分たちは神ではない」と伝えている。神なら10次元以上だ。そんな所と繋がる人間が現状のチャネラーのやっていることと結びつかないのである。

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム