ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は愛そのものである

 すでにあちこちで時事情報は転載されているので、さしたる情報もないので、最近のチャネリング記事に対してタオの観点からひとつ....。

 道(タオ:老荘思想)的に観れば、天に仁(慈しみ)はないということである(昔は愛という言葉はなく仁であった)。

 道徳教にこのように有る。

 『天地は仁あらず、万物を以てスウ狗と為す』(老子道徳教 第5章)

 これは、天はすべてに於いて平等であり、えこひいきはないということの逆説である。嵐は人にだけ、或は特定の誰かだけに厳しい訳ではないという事だ。

 逆に読めば、天は宇宙のすべてを平等に愛しているということである。そう

   神は愛そのものである。

私たちは何度も何度もそう教わってきたのではなかったか?

従って神はなんびとも試したりはしない。ましてや神が自身の言動から人々をネガティブにすることはあり得ない。なぜなら、神は愛そのものだから....。
 
そして神はすべての生命の自由意志を尊重されてきた。私たちは何度も何度もそう教わって来た。従って神はなんびとにも試練を与えない試練を科しているのは私たち自身である

 私たちはそう学ばなかったろうか?

スポンサーサイト

答えはその人の潜在意識下にある問いにしか与えられない

 オバマ闇説...ここのところ盛況だ。まぁしかたない。報じられている事から推し量ればそうなるだろう。
いまのところ、私には彼が光か闇かを判断する術がない。

 正直言えば、景色や聖者、そして音楽や歌声などからたまに感じる高波動を彼から感じた事はない。
そう、たまにTV画面から映し出される風景に信じられないほどの高い波動を感じる事が有る。言葉で言えば、全身に氣が通り、肉体が弛緩される感じだ。
 もし彼からそのような波動を感知できていれば、誰がなんと言おうと、光の者であると断言できる。しかし、それはない。しかしだからといって闇かというと、それも分からない。私は負の波動を認識する能力はあまりない。分かるとしても、「なんか場が悪いな....。」それくらいだ。


 では瞑想時、訊いてみれば? という事だが、そうは問屋が卸してくれない。一昨日の話しだ....。

 夜中にネコに起こされ、目が冴えてしまったついでに瞑想を始めた。この日は体調が良かったのか、すぐに私の意識は肉体を離れ宙に浮かんだ。私はどこまでも昇って行きたかったが、しばらくしてストンと落ちた。
 そして着地した私の目の前には、円形のテーブルに肘をかけ、椅子ごと私に向きを変えて座る中年の外国人女性がいた。家具や内装からみて、西洋である事は間違いない。

 微笑んでいる彼女に、私は「あなたは誰ですか?」と尋ねた。通常、この意識状態の時、こちらの意識はハッキリしており、覚醒時と同様に自分の思考で行動がとれる。

 彼女は答えなかったが、私はこの人になにか助言がもらえるのではないか? そうでなければここへ来る必要がない。と思い、両手で彼女の手を握りしめ、「私になにか助言をください」とお願いした。
 彼女は私のプライベートな問題を終止穏やかに語り、やがて区切りがついたところで私の意識は肉体へと戻った。

 私はもう少し彼女の側に居たかったので、今度は自らの意思で彼女の元へ赴こうとした。私は彼女の顔を思い浮かべ、「おねえさん..」と何度も呼びかけた。

 しばらくすると、石造りの建物が見えて来た。私は経験上、物体をすり抜けられる事を知っているので、そのまま外壁を通り抜けると、先程とは違う場所で家事に勤しむ彼女を見いだした。彼女は先程より若返っており、すごく奇麗だった。彼女は「困った人...。」という仕草で私を迎えた。

 しかし今度は、私の問いに「分からない」と答えるばかりだった。(どうやら、いわゆる水平線上の別の時間に来てしまったようだ)
 若い彼女は、先程の時間の本人より穏やかさが欠けているように思えたが、それは私の問いにあからさまに顔を曇らせるからである。今思えば、答える必要のない質問だったからかもしれない。
 そして彼女はいい加減にうんざりしながらも「あなたは○○○○...」と、私の中にあった感情を指摘した。
「それは何に対して? 人? それとも...」
 彼女は答えなかったが、私を見つめる彼女の瞳から、私は「ああ..」と自分で理解してその場を去った。


 意識が戻ってからも、しばらくそのことをずっと考えていた。やがて睡魔が襲って来たので、その後は眠った。


 さて、彼女が誰だか未だに分からない。なぜ外国人なのかも分からない。しかし彼女の助言は的を射ており、納得せざるを得ないものだった.....。

 この体験が示唆するものは、つまりは、私の問いも、こちら側の都合、思惑通りには答えてくれないという事だ。そう、そうは問屋が卸さないとはそういうことだ。その人に必要のない情報は与えられないというか、その人が必要なときに必要な事だけが与えれる。ということだ。

 これはどういう事かと言えば、私の潜在意識が、さほど社会に関心を持っていないということだろう。彼女からすれば、「あなたにとって、それらの問いは差し迫ったものではない」ということだ。聖者たちの言葉を借りれば、「そんなことに思いわずらうな...」ということだと思う。

 おそらく、本来は誰もがそうなのだ。真我は、その向上を求めている。表面意識では仕事だ金だと心配するが、魂は真我を求めている....。


 ふぅ〜...ったく、融通が効かないものだ......。


ケッシュ財団詐欺疑惑?

 以下に記載する内容は、当ブログのケッシュ財団はシリウスか?!という記事に対してコメント欄に投稿されたものである。

 真偽は定かではないが、大変興味深い内容であるのでここに記載したい。


タイトル:冷静に

 私は警視庁捜査2課で80年代~90年代に横行したM資金詐欺とロスチャイルド資金詐欺を担当し、その後定年で退職する2011年までの間、警察庁の管理の下で国際刑事警察機構を通して国際犯罪組織の一団を調査していたことがある。

M資金詐欺の被疑者を調べるうちに捜査線上に浮かび上がった数名の欧米人がいる。いずれも詐欺や窃盗の前歴のある人物で、それらの人物のうちの一人が3年前にケッシュ財団をネット上で確立する作業に着手しており、現在では架空の財団の滑稽なイメージを一部の人たちの空想の世界の中に確立しつつある。
しかしその実態は詐欺師たちの巧妙な面会術であり、特定の訪問者に確信を与えるだけであって、実業としては何の活動もしていないという事実が2011年の当局の調査により判明している。しかし、それだけでフリーエネルギーではない別の何かを目的にしているとは一概には言い切れない。

 今のところ詐欺は実証されておらず証拠不十分である。しかし人が集まり、ある程度の注目が集まり、一部の人たちの信頼を得るならば、それらの人たちを巧みに利用して大金を集めることもたやすい。今回は国際的な呼びかけがあるので、もしこれが何らかの詐欺か情報収集を目的にしたものであるとすれば、大規模で高額な詐欺につながるか、真の研究者を炙り出す手段になるだろう。エネルギー危機を逆手に取り、刺激的でバカでかい架空の話で煙に巻いてしまえば、あとは意のままに動かせるという典型的な詐欺、或いは情報収集のお手本と言えるかも知れない。
一国の政府機関を名指しして、さも公式にプロジェクトに参加を表明したかのような作り話を記載すること自体、政府機関への敵対行為以外の何物でもない(日本政府についても嘘の話が記載されている:確認済み)。そういうことは良識のある人間のやることではない。要注意である。



 コメントにて情報下さったカントリーマームさん、ありがとうございます。

 さて、以下は、管理人の考えです。

 ケッシュ氏は、自身のHPのなかで、様々な組織が活動を妨害しようとし、殺害の脅迫や嫌がらせにあったとしており、ケッシュ氏以外にも、フリーエネルギーや水で動く車などを公表した者は、ほとんどが詐欺師の汚名を被らされている。それはスライヴを観ても明らかである。

 したがって、注意するも何も、日本人しては彼の発明を購入する術が今のところないので、静観するしかないというところだ。

 さらに、カントリーマームさんには誠に申し訳ないが、嘘と隠蔽で固められた当局を今時だれが信じられるというのだろうか....というのも実情でである(カントリーマームさんへの批判ではありません)

 このコメントすらも、既得権益を守りたい電力事業者の捏造、陰謀と取られかねない昨今である。
フリーエネルギー自体はニコラ・テスラによってすでに確立されている。政府が邪魔さえしなければ、ケッシュ財団でなくともすぐに誰かが現れるだろう。

今月最も笑った記事。

火星で丼鉢発見か。






 NASA.....もういいだろう?

補足と釈明

 当ブログ25日の、チャネラーグレッグ・ガイルズの件で、補足があります。
当日、記事アップしてからしばらくして書き足していますが、翻訳者のTakiさんがソースを偽物認定し、訳す価値なしとしたのは、グレッグのソース自ら「皆さんを騙していた」と自白したからだということをここに補足しておきます。

 以下はその訳文です。

「あなた方はまた少し騙され易く、私たちがあなた方に伝えたもの全てに、ほとんどとにかく騙されました。」

「あなた方は、例えあなた方のうちのある者はグレッグを友だちと考えても、あなたは本当には彼を知らないし会った事も無いのに、完全な他人である彼の言葉を単純に信じたのです。」ふるやの森


 ということです。


 さて、キャサリン・メイはスルーと言っておきながら、クリックしてしまいましたorz 恐いもの見たさ的なところでしょうか...(笑

その冒頭でクスッと笑ってしまいましたが、誤解が有るようなので釈明しておきたいと思います。それは「憤慨の波から少し醒めたところでしょう」と言う部分ですね。

 実際のところ、当管理人は一切憤慨しておりませんよ(o^-')b このあたりは、読者の方も誤解されているかもしれませんね。でも管理人自身は怒りの感情はとうの昔に捨て去りました。今では何を観ても聞いても「困った人だね〜」くらいです。それは管理人が武道を通して指導する小、中学生にもいい影響を与えていると自負しています。

 それは、管理人が一切怒らないので、子供たちも怒りません。もちろん、子供たちに「怒るということほどエネルギーを無駄に使うものはないよ」と常日頃話していることと、怒りの感情を克服する方法を伝えているからだと思います。
 そしてこれは管理人の指導経験の中で最も喜ばしい成果でもあります。というか、武道でこれ以上の教える事があるのか? というくらいですよね? タオの基本ですよね。

 まぁ実生活でも、関西圏生まれの性からか、お約束というか、受け狙いから誤解を招くことが多々有ります(残念!


 そうそう、あと、告知どおりでなかったからとか、そんなレベルで管理人は判断していたのではないということですね。おそらくそれは海外の方も同じではないでしょうか? 
 特に当ブログでは告知の件は一切記載していなかったでしょ? その辺りが、浅いなぁ〜と思った次第です。その後はいい事も伝えてますけどね。

 言える事はいくらでもありますが、あまりこの件に捕われていても仕方ないし、みなさんもうんざりでしょう。だからこの辺りで打ち切りにしますね。


 それにしても、今回シェルダン・ナイドル氏、なかなかいいですよね。特に

あなた方の意識の向上によって、生涯とはどのようなものかが見られるようになり、多くの人には既にアマチュアとプロのスポーツの終焉とスポーツリーグの欺瞞と、想像よりもはるかに大きい変化を見ています。


 部分は、管理人がスポーツにほとんど興味がない理由を代弁してくれています。現在のスポーツの理念?がタオとかけ離れているんですよね。

 そしてさらにその部分のもっと激しい代弁が宇宙への旅立ちさん。相変わらず歯に衣着せぬ文章が痛快です。

光の銀河連邦のシェルダン・ナイドルによると、スポーツという、人々を戦闘的にさせるものもなくなるらしい。これからのスポーツは、戦うものではなく、楽しむための勝ち負けのないスポーツになるらしい。私自身は運動音痴だったので、その件に関しては、まったく問題がない。大体にして、米国でも、スポーツバーなんかでたむろってビール飲みながらフットボールゲームを観戦している奴らは、皆、爬虫類人レプタリアン達なのだ。


 wwwwwwww

キャサリン・メイはスルー。エリザベス..その他..は?

 昨今、当ブログではキャサリン・メイのチャネリング情報は信用に値しないと断定したが、エリザベス・トルートゥインは未だどっち付かずである。
というのは、ソースが機械から発信されるという彼女のいい分も、ソース側が高度に進化した文明ならあり得るかもしれないと考えたからである。

 言われているのは、ソース元の、とある宇宙文明の母船のコンピューターが人工知能を有し、いわゆるウェブポッド的な情報収集でタイムラインを読み取り、それを情報として流すというものだ。そして媒体がそれを拾い、人類に情報とする。
 現代のテクノロジーでも、マイクロ波を使った脳内音声兵器のようなものが既にあり、ソースがそのようなものとすればあり得る話かもしれない。

 そう考えれば、エリザエスの(他のチャネラーも)手法がチャネリングにカテゴれるのかは疑問だが、彼女が言う

あなた方が読む多くのチャネリングメッセージはコンピュータープログラムと繋がっています。チャネラーが深い瞑想に入ってメッセージを読み出そうとする時に、機械技術によって信号が送り出されます。

 というのは事実かもしれない。ただ、このすぐ後に書かれている

グレッグ・ガイルスは機械語の声のメッセージから、私の名前を挙げて4回もチャネリングが信用できない、と言いました。

 という意味が理解できないが.....。おそらくこれは句点の位置の問題で、

ソースである機械語の声のメッセージが、私の名前を挙げて4回もチャネリングが信用できない、とグレッグ・ガイルスが読み取って言った。と言う意味だと思う。

 ということは、エリザベスもグレッグも同じソースから情報を得ているという事が考えられる。これらの文書の間には、

これらの信号は、イルミナティによって操作され、ライトワーカーに混乱をもたらします。とあるので、まぁとにかく、そのように媒体自身が混乱する情報を与えられている我々子羊たちは、まさに闇の思う壷な訳である。チャネラーからの衝撃の報告より



 まぁそれはさておき、エリザベスは(ソースからではなく彼女自身が)上記同報告で「サルーサ、キャスパー、コブラ、母/父なる神」を偽情報としている。(コブラはチャネリングではないので、ここでは検討しない。当ブログではコブラは3次元のレジスタンス勢力であるとの認識である)
 そこでもしサルーサが偽だとすると、母/父なる神と同意見のオバマ光説が怪しくなってくる。確かサルーサはオバマ擁護派だったはずだ。

エリザベスが、偽の根拠とする

サルーサは非常に長い間時間を長持ちさせる、付きまとい、泣き喚く、未完の者として、陽動作戦の目玉になっていました。何時これが起きるのだろうか?と、皆を思わせ続けているのです。彼らは、同じことを毎週言い続けています。サルーサは真実の追求を鼓舞するのではなく、羊たちの息を止めさせて困らせ続けました。(上記同報告リンク)

 という訴えは、残念ながら事実である。そう言われればそうなのである。ただ、それを言ってしまえばシェルダン・ナイドルも同様である。だからそこを以て闇とは言かねる。


 さて、上記であがっていない有名どころの名前として、マシュー君とモンタギュー・キーン氏、そしてシェルダン・ナイドルがある。エリザベスがなぜこの3名を挙げなかったのかは不明だが、彼女的には偽ではないと捉えているのかもしれない。

 実はマシュー君とモンタギュー・キーン氏の二人には、共通するものが二つある

 1, 二人とも最近まで地球で過ごした人間だったというところ。
   まして自身を「神」や「マスター」などと勘違いすることも偽る事もなく、単に「マシューです」「モンティより」と言っている。

 2, ソースと媒体の身元がハッキリしているというところ。


 そして2は、信憑性に於いてかなり重要である。そして特にその間柄は無視できない。
マシュー君側は、親子であり、媒体からすれば愛する息子である。母親なら愛する息子が語りかけてくる声の真贋は直感で判断できるはずだ。

 モンタギュー側は夫婦であり、こちらも夫を愛していたならその声の真偽は判断できるだろうし、仮に愛していないなら声も聞きたくないだろうし...(笑

 (当ブログでは、すべてのチャネラーに対し、媒体側の性善説をもとに考察している)

 つまり、マシュー、モンタギューは自身を我々より高位としておらず、ただ、観える位置が我々と異なった場所へ転生したと言うだけである。彼らは教師でもなく、マスターでもないのだ。だから間違いも有るだろう。当ブログとしては、それはそれで何の問題もないという考えだ。

 にも拘らず、この二人を悪魔(レプ)扱いするブロガーも居る。もし間違いを発信して悪魔(レプ)とされるなら、ジャーナリストのみならずブロガーたちも悪魔(レプ)であり、そんなことで魂を滅せられてはたまったものではない。

 従って、当ブログでのマシュー、モンタギューに関する見解は、彼らの語る内容から、彼らは単に愛する者へメッセージを送っているだけであり、人々をどこかへ導こうとする企てはないものとしている。

 問題にしているのは、高次元を騙り、自身をマスターや神と騙り、人々を従わそうとするソースである。

「母/父なる神」はグレッグ・ガイルズと同ソース?

 もう、ぐてぐてである.....。母/父なる神様。
この最新メッセージ(説教?)を読んでこのソースがまだ高次元からだと信じる者が居るのだろうか...。(転載したくないのでリンクから読んでほしい)


 さて、コメントで母/父なる神はグレッグ・ガイルズの「光の銀河連合」と同じソースみたいだと頂いたのだが、おそらくそのコメントの通りだと思われる。

 チャネリングメッセージをずっと読んで来られた方々は、今回のメッセージと似たような出来事が以前にもあったことにお気づきだろう。「ハートの贈り物」さまのこの記事で、グレッグの件に関して記されているので一部を引用したい(全容はリンクで要確認)。

しかし、、、、時々、ここから出てくるメッセージには、共鳴しきれないものを感じていたのです。上の2件のメッセージだけに留まりません。最近、私のサイトでは、グレッグさんチャネリングの銀河情報メッセージをほとんど載せなくなったことに、お気づきの方もいるでしょう。

そもそもは、3月29日のメッセージで突然、「地球に大異変が起こる」とか「海面上昇により、沿岸部の都市が水没する」というようなことを言い出したのがきっかけでした。もちろん、そのメッセージは、「だから、その時が来たら、警告するので、我々の誘導に従って避難してほしい」と言う風に続くのですが。

このメッセージは、それまでの銀河連邦のメッセージとはかなり雰囲気が異なっていて、私も、「一体、誰、これ?」と、驚いたのを覚えています。

案の定、それに対して、The 2012 Scenario の Steve Beckow が、すぐに反発しました。

「マシュー君やサルーサ、AA マイケルは、「そのようなタイムラインは回避された、この先、アセンションまで、大災害は起こらない」と、言っている」と。

私は、海面上昇くらい起きても不思議はないだろうから、その地域に住む人々が、彼らの誘導に従って安全な場所に避難する、それ自体は悪いことだとは思わなかったのですが、気になったのは、その時のメッセージの波動なんですよね、口調というか、メッセージを書いた担当者のものの言い方というか。

突然に、「何だか、偉そうになったよね、ちょっと怖いわよね」という感じを受けたのです。これは、翻訳文ではなく、英語の原文を読まないと伝わらないかもしれませんが。

そして、その後も時々、「我々は、ジャッジ(裁き)しているわけではない」とは言いつつも、何となく、こちらとしては、叱られているように感じるメッセージが現れるのです。サルーサやAA マイケルのメッセージには、決して見られないものです。非常に、何というか、話の内容が具体的過ぎる、また、思考回路がこちらに近すぎる、(3次元的な)人間臭さを感じさせる、のです。



 いかがだろう? 酷似していないか?

*何だか偉そう....
*我々は、ジャッジ(裁き)しているわけではない」とは言いつつも、何となく、こちらとしては、叱られているように感じるメッセージ
*思考回路がこちらに近すぎる、(3次元的な)人間臭さを感じさせる


 など、そのままである。

 そして翻訳者であるTAKIさんは

 2012年9月25日に

 最近のグレグ・ガイルスによる光の銀河連合からのメッセージの調子が、これまでとは大きく変化し、他者を非難する傾向が強くなってい ます。そのために一部のライトワーカーたちは、光の銀河連合からのメッセージから離反する傾向が見られます。最近の光の銀河連合のメッセージは一回の伝送 量が多く、とても訳し切れませんので、抄訳にしています。それでも十分にニユアンスをお伝えできていると思っています。私としては、善悪は別にして、今の まま、翻訳を続けるつもりです。従って、最終的な判断を皆様にお願いする形になっていることをどうかご了承ください。

 とコメントし、そして同9月30日には

 今まで偽情報を懸命に翻訳していたわけで、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。この場をお借りして陳謝もうしあげます。

 とグレッグからのメッセージを偽情報と確定している。(ふるやの森)

 ※この時、Takiさんが訳す価値なしとした、グレッグのソース自身が偽情報だったと告白した訳文は、上記のふるやの森さんのリンクページの下にあるコメント欄で読む事が出来ます



 さらに、以前(2012/9/23)グレッグがその信用を落とした文言の一つが以下である。

直感力を増した人たちには、イメージが掴め始めたのではないでしょうか。言って見れば騙されたと思っている人がいると思います。あなた方は試験されていたのです。この試験とは、あなた方の信頼の試験なのでした。この試験を通じてあなた方の信頼が強化されました。あなた方の旅にとって非常に大切なことは強化された信頼です。GFLたきさんのホームページ


 そして今回、『神』のお説教で以下のような苦言があるところも共通している。

私たちはあなた方に究極的な試験を課しました、親愛なる皆さん。究極的、とは、最後の試験なので、できるだけ厳しくした、と言う意味です。



 神の有無を言わさぬここぞの一言!

「あなた方を試験していたのです! ( ̄^ ̄)エッヘン」


 

コブラからの報告

2013/6/23 
短い状況の更新

 大きな進展は、5月25日のポータル解放後になされています。 非物理的な面では、残りのすべての負のエンティティをクリアする光の力の最後の攻勢を開始しました。この攻撃は、非物理的な平面の最終的かつ完全な解放まで継続され、光の力はどのような状況下に於いても後退しません。この攻撃は、惑星の解放のための重要な要素の一つであり、我々は第二次世界大戦で連合軍が勝利を決めた1944年のオペレーション・オーヴァーロードと比較することができます。
 解放が完了するにはまだいくらかの時間がかかりますが、我々の勝利が保証されています。


  
 地球の表面下の地下のネットワークでは、銀河連盟へのレジスタンスの統合プロセスが行われています。 多くの異なる肯定的な宇宙の種族は、精神的、文化的、社会学的な統合プロセスの一環として、地下ネットワークのより深い部分に彼らの拠点を構築しています。あなた方は、銀河の種族の約70%がヒューマノイドであり、世の中には生命の多くのエキゾチックな形態があることを理解する必要があります。
 それでも、彼らの物理的な肉体または精神的な性質がどのように奇妙かエキゾチックでも、宇宙愛はこれらのすべての種族をつなぐより深い絆です。

この統合プロセスでは、イベントの後に起こる地上の人々のためのファーストコンタクトの準備の一環として、異なる宇宙間の種族とレジスタンスとの間で宇宙愛と兄弟の関係を強化していきます。
 このプロセスの他の部分は、2013年内に地球上に於いてそれらの種族のうちのいくつかの特定のメンバーの出現が含まれます。それらの出現は、公であるか、または公でないかもしれません。このプロジェクトの詳細は今のところ機密にしておく必要があります。

 言うまでもなく、多くのプロジェクトおよびオペレーションが陰で起こっており、うまくいけばすぐに結果があるでしょう。また、私は面白いニュースを持ってくるでしょう。

マシューメッセージ誤訳? で翻弄されるスピ系日本人

 今月のマシュー君のメッセージで、また森田氏とTaki氏で、訳が異なっています。
この違いの段落は以下の部分で、マシューを信じる者、信じない者双方にとってその判断の材料になる重要なメッセージにも拘らずです。

Taki氏翻訳 

モンサント保護法に関しては、イルミナティの代 弁者が、大統領に、もし彼が賛成に回っても、議会は無効にするだろう、と言ったのです。さらに、彼らは健康管理法否決の為の努力を強化し、移民問題を緩和 する法の成立を妨害し、交戦による闘争ではなく、合理的な話し合いによる国際紛争の解決の試みを排除する、と言ったのです。

これが、現実の理由であり、オバマは法案に表向 きは署名しましたが、イルミナティ一派が知らない局面があります。彼らの脅迫にも関わらず、大統領は法案には署名しませんでした。彼に近いETが署名しな いように忠告したからです。彼らの高度な支援では、市民のこの陰険な法案に対する怒りがその無効化に向けての動機付けを必然のものとするということでし た。人々は彼らの権利と責任を実行に移し、選挙で選ばれた役人に頑固な連携を終わらせ、ロビイストのお金による投票支配を終わらせ、国の最善の利益に役立 つようにさせなければなりません。


森田氏翻訳

モンサント保護法について、オバマ大統領は、もし拒否権を行使しても議会が無効にするだろうとイルミナティの代表に言われていました。それだけでなく、低所得者向けヘルスケア法案を撤回させ、移民法緩和法案を阻止するだけでなく、国際紛争の敵対的関係に代わって冷静な話し合いによる解決への取り組みを挫くための圧力を強めるだろうと警告したのです。

それはオバマ大統領がその法案にサインした言わば“表向き”の理由ですが、そこにはイルミナティ陣営が知らないべつの面があります。彼らの脅しにもかかわらず、オバマ大統領はその法案にはサインしないつもりでした・・でも結局そうしたのは彼に近いETたちがアドバイスしたからです。ETた ちは、この恐ろしい法案がもたらす国民の怒りによって、国民がその法案の無効を迫るような気持になる必要があると考えたのです。国民は、彼らの選んだ代表 者たちが頑強な派閥争いを止め、ロビイストたちの金力による議案の票支配を終わらせ、国益に適うように働くように自分たちの権利と責任を行使して要求しなければなりません。



 結局、オバマ大統領はモンサント保護法にサインしたのでしょうか? しなかったのでしょうか?

 私としては、Taki氏は以前に原文にない文章を付け足し、ニュースを若干捏造したことや、大災害の有無でのお二人の翻訳の違いに関し、個人的に「負のタイムラインは外れた」と感じているので、大災害なしと訳した森田氏の訳を信じたいと思います。


 以下は今年4月、モンサント保護法に対して一般からのマシュー君への質問とそれに対する回答です。

質問:オバマがマシューの言う通りの存在で闇の人間たちもいなくなっているのなら・・どちらにしても・・なぜオバマは数日前に問題ある”モンサント保護法”に署名したのですか?

マシュー:昨年12月の冬至中に起きたエネルギー急上昇のあいだに、イルミナティの一部は肉体を存続するのに必要なだけの光を吸収したのですが、スピリチュアルと意識レベルの気づきを得るには不十分でした。そのため彼らにはオバマにプレッシャーをかけるだけの影響力をもっているのです。しかしオバマは、私たちの社会の幸福に反するような法律、政策、規則はすべて順々に廃止されることを知っています・・それにはモンサント保護法も含まれます。玄のリモ農園ダイアリーより


 現実として、そうなりつつありますね。ヨーロッパでモンサント『ギブアップ』

G8サミット:オバマとプーチンのシリアに対する概念の相違


「私たちは戦争の悲惨さを覚えている。
 いかなるときも、誰にも戦争を起こさせないためにあらゆることをする」

                   (ロシア赤の広場軍事パレードでのプーチン露大統領の演説)
 
 この演説をしたロシアの英雄は、有言実行のため、命を賭して『G8サミットに臨んだプーチンはシリア問題に関して7対1の劣勢をひっくり返した』(新ベンチャー革命)。

 概略は昨日の記事にあるが、改めて言うと、

プーチン露大統領はサミットで、シリアへの武器輸出を優先させる国益重視の姿勢を鮮明にした。欧米は「異質な価値観をもつ大国ロシア」(英メディア)に振り回された格好だ。
 サミット終了後に発表されたG8首脳宣言。会議筋によるとロシア側は、「アサド政権」の表現をすべて削除するよう要求した。
 その結果、サミット議長のキャメロン英首相ら欧米の首脳が当初使っていた「自国民の殺(さつ)戮(りく)を続けるアサド政権の退陣を求める」という表現は消えてなくなり、単に「シリア和平のための国際会議の早期開催を支持した」という中立的な表現に置き換えられた。
 ロイター通信は18日夜、「ロシアのプーチン氏がアサド氏退陣へのG8の努力を撃破」と伝えた(唖蝉坊の日記


 上記の露大統領の演説が、並々ならぬ決意と覚悟の上で発せられたことが、今となって分かる。新ベンチャー革命さんの記事(上リンク参照)によるとプーチン大統領は暗殺を覚悟しており、妻を危険から遠ざけるために離婚したと推測している。また、G8サミットへの出席に於いて、プーチン大統領は食料と水を持参したもいう。 
 注:朝日新聞“プーチン大統領が離婚「2人で決めた」激務が原因か”2013年6月6日

 さて、bloombergでは

プーチン大統領は17日、G8サミット開催中の北アイルランドで行われたオバマ大統領との会談後、「もちろん、われわれの意見は一致しないが、全員にシリアでの暴力を止める意志がある」と指摘した。オバマ大統領は「われわれの見方は異なっている」とした上で、「暴力抑制は共通の関心事項だ」と付け加えた。Bloomberg.co.jp

 と伝えているが、その異なった見方が欧米7 対 露1の構図となるのには、以下の概念によるものと推測する。

欧米諸国における「中東」の概念 Wiki

欧米諸国では、「中東」はほぼアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の国々を指す概念として用いられ、具体的には、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメン、イスラエル、イラク、イラン、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリア、トルコ、バーレーン、ヨルダン、レバノンの諸国、及びパレスチナ自治政府の管轄地域がその概念の中に含まれている。


 つまり、オバマ米大統領をはじめ、欧州の指導者に念頭に有るのは、中東=王制=独裁の図式であろうということだ。
 この概念はマシュー君にも見てとれる。前回シリア紛争で再考する明治維新では分からないとしたが、シリアはカバールに対抗する為、デモ活動や集会の禁止、民主活動家の逮捕・禁固刑判決、言論統制の強化、移動の自由制限などしたが、それが民主化と逆行し、実質アサド大統領の独裁政権となり、欧米の反政府勢力支援の大義となってしまった。 

 同記事でアサド政権支持者としてリンクしたシリアンガールだが、細かく言うと、彼女たちもアサド氏自身を支持している訳ではない。彼女たちは現在の世俗的社会の継続を望んでいるのであり、「アラブの春」後のエジプトのようにイスラム原理主義色が濃くなることを危惧し、とりあえず現政権を支持しているのである。

 ここを理解せずして、オバマ大統領もマシュー君もその行間を繙くことはできない。

 いずれにせよ、シリア紛争で再考する明治維新に書いた「問題はその国の民が幸せかどうか」ということだ。支持が高い以上、他国の介入に大義がない。宇宙人が地球に簡単に介入できないのと同じである。

 

G8:シリア「暫定政権」樹立呼び掛け-露大統領が歩み寄り

 この記事は昨日のもので、昨日の当ブログの記事シリア動乱から再考する明治維新にぶち込もうと考えていたのだが、書いているうちに忘れてしまっていた(歳.....

 日本のマスメディアの多くが米露の物別れを報道するなか、以下に転載する参照記事内容が事実なら、マシュー君のメッセージで語られていた....

5/12『結局はシリアの自由戦士たちの勝利に終わります。そして、独裁的支配者を市民たちが排除したほかの国のように、この国も社会的安定としっかりした指導者が得られるまでは混乱期を経験することになるでしょう。』玄のリモ農園ダイアリー

6/11『シリアは共通点のないグループがアサド政権と戦っており、彼らの目的は同じでも、グループ毎に、いわば、もくろみが異なっています。勝利が得られたときには、常識と智恵が支配的になるまでは、グループの中で最も激しい者たちが先導する激しい衝突の時が来るでしょう。その後、連合が形成され、この国は平和的な安定に向けて動くでしょう。』GFLサービス


 .....というそれぞれの一文は、全くのいい加減。ということではなくなる。反政府軍の表向きの目的はアサド政権打倒であるから、アサド大統領が退くことは、シリア自由戦士たちにとっては勝利という事になる。

 もちろん、6/11に語られている『シリアは共通点のないグループがアサド政権と戦っており、彼らの目的は同じでも、グループ毎に、いわば、もくろみが異なっています。』というところで、暫定政権後、『常識と智恵が支配的になるまでは、グループの中で最も激しい者たちが先導する激しい衝突の時が来るでしょう。』という捉え方は理にかなっていると言えよう。

参照:Bloomberg.co.jp

G8:シリア「暫定政権」樹立呼び掛け-露大統領が歩み寄り 

6月18日(ブルームバーグ):英国・北アイルランドで開かれていた主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)で、ロシアのプーチン大統領はできるだけ早期のシリア「暫定政権」樹立を呼び掛ける首脳宣言に署名することに同意した。シリアのアサド大統領への圧力を強めることになる。

首脳宣言ではシリアについて「完全な行政権を有する暫定的な統治組織を双方の合意によって樹立する」ことを求めると明記。アサド大統領の退陣を求める文言はなかったが、サミットの議長を務めたキャメロン英首相は記者団に対し、暫定政権にアサド大統領が入ることは「考えられない」と述べた。

G8首脳はまた、交渉による内戦終結を支持するとし、シリア難民向けに15億ドル(約1400億円)の人道支援を表明した。

シリア内戦の死亡者は9万3000人を超え、アサド大統領を擁護するプーチン大統領はG8首脳の中で孤立していた。

プーチン大統領が暫定政権の樹立を支持したことは、米国を含む西側諸国への歩み寄りを示すものだが、意見の対立は残っている。同大統領は18日、米英仏が主張するようにシリア政権が化学兵器を使用した証拠はないと述べたほか、反政府勢力への武器供与は状況をさらに不安定にする恐れがあると指摘した。

原題:Putin Agrees to Call for Syrian ‘Transitional Government’(2)(抜粋)



シリア動乱から再考する明治維新

 シリア紛争は、我々日本人に、歴史観の再考を促してくれる。それは、我々の学んだほとんどを捨てなければならないという悲劇でもある。

 シリアを筆頭に、リビア、イラク等々.....の西側による介入の大義がすべて偽りだったということで分かるように、さらに過去にさかのぼり、我々の学んだ歴史は、ほとんどがカバールたちによって騙されているということだ。

 この件に関しては、WEB上や書籍で何年も前からあちらこちらで多くの方が記事にされている。私の手元にもそういった関係の書籍がなぜかあったりする(笑
眉唾ものだったそれらが、ネットのお陰でここへ来てその信憑性が一気に跳ね上がった。

 私は自国民でないから、アサド政権が独裁政権なのかどうか分からない。したがってその件に関して双方の言い分はドローとしておく。問題なのは、その国の民が幸せかどうか? というところである。ある情報によると、シリア国内でのアサド政権の支持率は70%だという。
私は、そこへ他国が介入し、政権を転覆させるこの状況に、我が国の大河ドラマ、そう、今まさに会津藩と新政府軍が戦況にある「八重の桜」の幕末を重ね観る人も多いのではないかと思う。

 維新が欧米勢力の思惑により起こされた事は今では周知の事実だ。いつの時代、どこの世界でも不満を抱く者は居るだろう。そんな改革派という者たちに擦り寄り、彼らはほどよく日本を事実上植民地化することに成功した............。


 さて、我々の祖先は、その戦い、改革を望んだのだろうか? ここに今回の本題がある私たちの祖先は、時の為政者に苦しめられていたのだろうか? この為政者は、独裁者だったのだろうか?

 私たちは、幕府の封建制度が民を虐げていたというプロパガンダにさらされて来た。どの時代劇を観てもそういう歴史観で伝えている。しかし、本当にそうだったのだろうか? 
いや、そうではない。ある歴史家たちは、日本の民は幸せだったのだという。他国の封建制度とは全く異なる封建制だったというのである。その時代、日本に訪れた外国人のほとんどが、日本の平和と民の幸福度を体感し、驚愕したという。


 では、なぜそのような貧農史観がプロパガンダされたのだろうか? それは明治政府(カバール)が「重税」を正当化するために江戸時代の貧農史観を捏造したというのが本当のところであろう。
 そしてこの悪のシステムは、さらに磨きを加え、現在に至っている。つまり、明治政府が出来て以来、我が国の民は本当の意味で奴隷化されたのである。


 これらの観点から、明治維新の歴史観は見直さなくてはならない。攘夷派 倒幕派どちらが正しかったのかという議論は今となっては不毛である。維新以後、民が虐げられるようになった事は以下の引用からも見てとれる。Wiki

維新を進めるに当たり、大きな問題となったのが税収の確保であった。それまでの年貢は収量を基本とする物納が基本であり、また各藩領において税率の不均衡があったことから、土地を基本とする新たな税制が構想された。1871年には田畑永代売買禁止令が廃止されて土地の売買が可能となり、さらに1874年に地租改正条例が布告されることで土地は私有となり、土地所有者に地券が発行されることとなって、所有する土地に対し地租が課せられることとなった。これにより、土地の所有権がはじめて法的に認められたことによって土地の売買や担保化が容易になり、私有財産権が完全に確立することで資本主義の発展の基礎条件が成立した。


 そう、このときから、資本主義という悪魔(レプ)が日本を蹂躙して行くのである。
そしてさらに同様に、世界史の歴史観も見直さなければならない。シリアは動乱(貧民史観で云えば一揆)が起こる程、貧しい国ではない。維新で例えると、カバール率いる倒幕派攘夷派の戦いを余儀なくされたという事である。
 ちなみに、シリア国民のアサド支持者は、エジプト「アラブの春」後を教訓に、反政府軍と戦っているとシリアンガールは伝えている。

参考:

江戸時代、農民は虐げられていたのか

「百姓」は百の姓。公民の総称。
百姓


 江戸時代は武士がいばっていて、農民をイジメて搾取したようにいわれていますが、実際には農民は「村」の単位で自治しており、領主が「村」に立ち入ることはありませんでした。
 知行取りの武士は「XX石の知行どこそこ」といって領地が定められますが、江戸時代の武士はその領地に住むことも無ければ見にいくこともありません。(一部の藩では実際に領地を治めていた) 領地を治めるのは藩の官僚機構が全部肩代わりしていたのです。
  年貢は「村」の責任によって納入され、年貢未納者は村が弁済しました。これを年貢村請制といいます。年貢の率は5公5民とか言われていますが、検地が終了 してからは農業生産の実態は変化しており、収益性の高い商品作物の導入や農業化工業の進展、農民の賃金収入などといった経済条件を加えると実質は十数パーセントから二十パーセントといったところになります。
 
 1603年に農民統制令が発布されています。これには領主に非分がある場合には、所定の手続きをとればそのムラからの立ち退きが許されていました。武士に対しては「百姓をむさと殺候事御停止たり」と理由もなく切り殺すことを禁じていました。「切捨て御免」とういのは俗説です。また「農民を生かさぬよう、殺さぬよう」と いうのも同様です。よく農民が借金をするとき「年貢が払えないから」と理由をつけた証文がありますが、これは証文作成上の常等文句であり、必ずしも年貢の 重さによって困窮したわけではありません。会社を退職するときに「一身上の都合」という常等文句を辞表に書くのと同様です。

 ムラには村役人というのがおり、名主(庄屋)、組頭、百姓代という村方三役がおり、農民の利益を代表する性格と幕藩体制の行政役人という性格を持っていました。村役人の選出はムラで行います。
 農民は家族員の死去や離散で生産能力が欠如した場合も組という複数農家による助けあいが行われていました。村にはムラの掟があり、違反したものは「村八分」となっていましたが、実際には一定の罰金や労役で済んだようです。

  農民は苗取り、田植え、稲刈りなどの農作業が終わった後は農休みをとり、18世紀後半以降になると娯楽性の強い遊び日として意識されるようになっていま す。大体年間30から40日、場所によっては60日あったといわれます。休日には歌舞伎、踊り、獅子舞、相撲、花火などの祭礼興行を行うに至っています。 あまりにも遊興化が進むと幕藩領主が倹約令を出すようなことも起こっています。豊かになっていた証左でしょう。

 飢饉になると百姓一揆や 打ちこわしが起こりますが、これは体制を壊そうというものではなく、年貢減免などの要求を出すものです。百姓は現在考えられているほど弱い存在ではなく、 「百姓」というのは百(たくさん)の姓という意味で、天皇から「姓」を与えられた公民の総称です。1821年の上野国の百姓一揆では「然れば上御一人より下万民に至るまで人は人というに別はなかるべし」と天皇のもとの平等を訴えています。1853年陸奥国の百姓一揆は「汝等百姓杯(など)と軽しめるは心得違いなり。百姓の事を能く(よく)承れ」とカラカラとうち笑い誇っていたといいます。百姓は天皇の権威の下にあり、強い存在だったのです。



ピエールからのメッセージ

 ピエール・ドゥ・ロンサールという名のバラだそうな。相方が育てている。

ピエール
「たくさん咲いたよo(^o^)o 背景が暗いからいつか伐ってね」


ピエール_2
「咲いた順が劣化で分かるよね('▽')ノ”」


ピエール_3
「どお?(u u*)」


 約2週間後の7/4はインディペンデンス・デイ(米国独立記念日)。 UFOは現れるのか! そしてオバマ大統領は何を話すのか! なぁピエール?

 てか、お前EUだっな.....。


タオイストに戻る

 チャネリングメッセージもそろそろ出尽くした感があるし、あちこちで転載されているので私が書く事もなさそうだ。
そろそろタオイストとして「道」に戻ろう(笑

 偽チャネメッセージを転載することで、闇に加担したくはない。ネガティブな情報を載せて、ダークサイトになりたくもない(笑
現実として、私視点でのいい加減な情報(私が納得がいかない内容と云う事)を記載しているサイトを見たとき、私自身いわゆる振動数が下がる(これは私の未熟さが原因なのだが)。それと同じ事を私がしてはいけない、させてはいけないということだ。


 ところで、先だって「NASAが確認・・・太陽を凝視することで超人になれる!」という記事を「日本や世界や宇宙の動向」さんで読んだのだが、その概要は

『NASAによると、太陽を凝視することで同時に複数の場所に出現できるような、スーパーヒューマン(超人)の能力が身に付くというのです。マヤ、エジプ ト、アステカ、チベット、ヨガなど多くの文明で使われていた古代テクニックの提唱者等は、一般的な病気を治癒するだけでなく、高度なテレパシーや食物を一 切食べずに生きて行ける超能力を身に着けることができると言っています。』

 というものだ。

 実は私は太陽凝視をやっている。そこに書かれているようなメソッドに沿ったものではないが、夕刻、太陽が目に耐えられる程度のまぶしさになっていれば時々している。入り日なら何分でも大丈夫だ。太陽は真っ白。ゆらゆらして見える。気温はそうでもないのに、体が熱くなってくる。「ああ、エネルギーが目から入ってくるんだ....」と思う。

 10年ほど前より以前は、真夏の太陽を真っ昼間に凝視していた。お前はガラパゴスのイグアナか! 段々慣れてくるもので、少しずつ凝視する時間は長くなった(それでも1分もやらない)が、今はもう出来ない(やっていないから)。
 そのころは、例えば車を運転していて正面に太陽が来てまぶしくて、誰もがサンバイザーを降ろすときでも、私はまぶしくなく前方が普通に見えるという恩恵があった(笑

 実を云うと、私は食に関してあまり欲がない。食べなくても平気なたちだ。もちろんお腹は空くが、だからといって別に食べたいというところに繋がらないのだ。どちらかと云えば、食べるのが面倒というのが本当のところ。だから時々食を抜くことがよくある。子供のときからそうなので、小学校時代、担任が心配して困った(笑 向うも困っただろう.....。
 「たらの芽君が給食を食べない」そういうことでよく親が呼ばれてウダウダ話し合ってた(笑

 まぁ過去はどうでもいいとして、NASAが研究したというその記事はまんざらではないだろうということだ。

「人は食物で生きているのではない。神の光で生きているのだ」

 パラマハンサ・ヨガナンダが書物のなかで良く言っていた言葉だ。


 仙人のように霞を喰って生きて行けるまでには至らないが、でも年を取ればだれでもそうなるのではないか? (年を取れば食が細くなるのが正常だ)もちろんその為には、邪気に当たっていない事が必要だろう。

 そういう意味でも、今後はダークサイト(管理人認定の)には近づかないようにしたい。もちろん今後も、ポジティブな情報が有れば記事にするつもりではある。



 あ〜ぁ、、、土曜日に雨が降ったから草がボウボウ....。自ら切り開かないと道ってなくなるんですよ......。自然はね。


冒涜?「母/父なる神」への疑念

 チャネリングメッセージ「母/父なる神」に関して、???が募るいくつかを抜粋した。これらはあくまでも特に分かりやすい部分であり、実際にほとんどのメッセージ文で???が並んでいる。

 文は全文読んでほしい。その上で、文字が「つっこみどころ」で、文字が「つっこみ」である。

 ちなみに、それらメッセージが本当に「神」だと信じている方は読まない方がいい(笑

突っ込みここから--------------------------------


<150号 2013年5月2日 夢がかなえられ、新しい時代が始まる>

さて、もう一つの偽情報について言わねばなりません。コスミック・アウエアネスが書いたと思われるメッセージが伝わっています。以前からこれらのメッセージは良く目にしていますし、過去においては正確なものでした。しかし、私たちのメッセージとは違って、その内容は奇妙なものですし、明らかにレベルの高い存在が書いたものではありません。(そっくりそのままお返ししますね)以下、どのような差があるのか、お伝えします。(そういうことしないほうがいいと思いますが.....)

このメッセージは三次元的な思考に基づく哲学的な考察です。(そっくりそのままお返ししま〜す)私たちはハートの中にしまわれていることを知るための人の行動全体について述べるようなことはありません。私たちにはどのような時でも人が放射する光の量、色、レ ベルによってそれを知ることは出来ません。人のオーラが全てを物語ります。このメッセージを書いた者の結論に至る記述方法は演繹的であり、行動のリストの 最小公倍数から結論を得ています。これは古典的な”科学的”手法であり、五感によって得られたものにしか基づいていません。私たちにはもっと深い証拠が得られます。(神なら当然で、だからこそむしろこのような事は云わないでしょう....)

この作者は天のヒエラーキーを全く知らないか、オバマがメンバーであるシリウスの9の評議会のことをまったく知りません。高次元の者は誰でもこのグループとそのガイアのための良い仕事のことを良く知っています。

メッセージの調子は、オバマの未知の可能性についての”恵み溢れる” コメントをあざけり、浅薄にけなすものです。寛容で度量が大きいようには見せていますが、(あなたも...ね)審判をしています。私たちは審判はしませんし、個人を中傷しません(今ご自身が述べてるこれは? 私は高次元ではないのでさせて頂くことにしましたぁ ((^┰^))ゞ テヘ )

あなた方には情報源が隠されていていたので、あなた方に警告し、あなた方を教育し、あなた方には知る術がないことに遅れないようにするために、私たちは破壊的な行動と闇の組織を指摘しました。主流メディアの報道から明らかであり、容易に 得られる証拠について批判し、審判をし、結論を得るようなことはしませんでした。私たちはあなた方が自分で審判するのに任せてきました。


<158号 2013年5月19日  キャサリンと読者からのリクエスト>

以下は、私たちがあなた方にして欲しいことについての要望です。
私たちは、あなた方が仕事をする時には、次元上昇をしたマスターの衣装をまとうようにお願いをします。(教祖様になれと....? 注:これは媒体者に対しての要望だと思う)これは、あなた方の偉大なマスターたちの中での立場を利用し、この次元上昇プロセスを完了させるために、あなた方のあらゆる行為においては、次元上昇をしたマスターのように行動し、考え、感じるようにしなければならない、と言う意味です。(いや、その説明"言い訳"は無理が有るでしょ)


<164号 2013年6月1日 私たちのあなた方への支援の仕事>

キャサリンとともに、私たちはあなた方が起こす必要がある変化、多くの人たちを圧倒的な恐 れの状態に陥れている子供時代の記憶状態から、十分に進化した大人の意識の中にのみ感じられる平和的なマインドへの急速な進化を支援するためのツールを提供しました。行間に、あなた方に対して私たちが感じている愛を浸み込ませた本を提供します。(も○みの塔ですか?)私たちは、キャサリン/ポルティアに、簡単で効果的な、素晴ら しいビジュアルセンタリング技法を、国や世界中に教えて歩くように要請しました。(もしかしてエホバの○人のかたが回って来られる?Σ(゚Д゚)


<168号 2013年6月11日 自己嫌悪と怒りは”私は存在である”の対隅> 

あなた方はキャサリンが教えるプロセスの一部を利用して、この経路に沿う古い障害を取り除き、円滑な情報経路を作る必要があります。これを紙の上で教えることはできません。これはビジュアルセンタリング法のビデオと教師によっておこなわれなければなりません。キャサリンはこのテクニックを教える数人の人たちの訓練を行っていますが、(我々をコントロールしようとしていませんか?)これに......

----------------------------突っ込みここまで。


 さて、いかがなものか....。わざと辛辣につっこんではみた(笑
しかし読めば読むほど、怪しい宗教団体のように思えて来る。実は読んでいるうちに、この媒体がソースに支配されているように感じるのである。文面から見ても、まさにご本人が云われているように「寛容で度量が大きいようには見せていますが、」すべてが上から目線だ。
 高次元のメッセージは、このような人間の学校の教師のような話し方はしないはずである。

 さてさて、、、毎月ポストに入る、とある宗教組織の小冊子の「スピ系用WEB版」なのでは? と感じた。

魂の云うところ

 もやもやしてて、叫びたくて仕方がない。もう何日にもなる。

しかしあまり誰かを叩くというのはしたくない。ああ、でももうワタミ会長をしちゃったぁ(笑 いまさらなにを.....。

 庭に穴でも掘って「王様の耳はロバの耳!!」って叫べばいいのだろうが、それは不毛だ.....。だから、このブログが穴だと思って叫んでやる!

 で、

 「○/○なる神」のソースは、神じゃねェー!ヽ(`Д´)ノ

 
 (;-д- )=3 ハァハァ 言ってやったぜ。ふふっ


 と、いうことで、あのメッセージは人間が書いたものか、或はどうしてもそれがチャネリングだというのなら、同レベルのアストラルからの声だろう。

 書いてある啓発的な内容自体はおおむね間違っていないのでその事はどうでもいいが、内容は単なる啓発テキストに過ぎない。「神」とするにはあまりにも人間臭い(笑 
ただ、二日ごとにメッセージを作成するのは面倒な事だろう....とは言っておきたい。

 よく読んでみてほしい。そう、当たり障りのない事しか言っていないのだ。たまにでもいいから、宇宙の事、人類の歴史、私たちが知らないもっと壮大な事を語ってみてはどうか? もちろん、他のソースがまだ語っていないことでである(ここがミソである)。

 私が言いたいのは、内容は自己啓発として受け入れ、好きな人は読めばいい。ただ、その程度で「神」を騙るな。と言う事である。
 そこの書かれているレベルは、この手の本を長年読んで来た人たちならだれでも語れる程度の内容だ。そういう意味では、まさに媒体であるその道のDr.にふさわしい内容であろう。叡智も輝く波動も感じない。感じるのは疑念ばかりである。


 ああ、本人は多くを啓発したいと思っての事だろう。そういうことにしておく。ただ、実はそれは大義名文で、本人自身が気がついていない、(あえて書かないが何か)付加価値を求めているように感じられる。

 おそらく、わたしの云わんとしている事は「ああ...」と分かってもらえると思う(メッセージの文中に、媒体である女性の名前が出てきた部分のその語られた内容から推し量ってほしい。日本の霊能者にもよくあるパターンだ)。


 インドの聖人故サティア・サイババの語る言葉には叡智があった。それは私の魂が自然に受け入れている。
しかしそれでも彼は自分は「神」ではないと語っていた。

NESARAへの布石か!

 日本のTVも、元CIA&NSA職員による「米政府が国民の情報収集をしていた「PRISM」問題」を報道した(私が観たのは、古館氏の番組)。内容はネット上に流れているまんまだったが、TVを信じる相方にはいい情報公開だった。

 さて、そんな中、ベンジャミン・F氏の情報が真実なら、一つの流れが見える。そうNESARAだ。
以下のベンジャミン氏の情報に

” 世界ジュビリーの実施が実現可能となる機運が高まってきている。( ※ ジュビリー:旧約聖書レビ記第25章に記されている、負債の帳消しや一部の財産・不動産の再分配などを一定の周期で行い、不平等を是正する行事のこと)"

 とある。これはまさにNASERA法に沿ったものだ。

 しかしながら、首相がどこを向いているのか正直分からない。私としては、軍国化、原発推進、マイナンバー法は反対であるから、やはり支持できない。


 さて、

” しかしながらサバタイ派マフィアらが管理する欧米企業マスコミの日本特派員たちは、これらについての話題を報道していない(もしくは、報道させてもらえない、と言うべきか)。なぜなら、世界の各国政府でアベノミクスが広く導入されることになれば、国際社会におけるサバタイ派の借金奴隷制度が崩壊するからだ。"


 と上記の情報には続きが有るのだが、感じるのは、首相の動きがオバマの動きと似ている事だ。ベンジャミン情報が正しければ、オバマ大統領も安倍首相も、共に陰謀組織を敵に回し始めていることが伺われる。

 これはあくまでも淡い期待であるが、首相の原発ビジネスは既得権益集団への表向きで、実はそれらがもはや意味をなさないと分かっていての行動なのではないか? と思いたい。
陰謀組織がやけになり米国でのように無茶をやらかさないためのカモフラージュだと.....。
 昨日のコブラのインタビューのまとめに

「日本、ロシア、中国、インドは陰謀に対して統一戦線を作成しており、その軍事同盟の組織化は安定しておらず、提携の変更やシフトの変更が毎月行われている。BRICS同盟がその大きな部分である」

 と書いた。つまり、例えばインドへ原発売り込みは建前であって、上記の赤文字一文が目的ではなかったか? という憶測(期待:笑)である。


 オバマ大統領も、マシュー君(だったかな?)のメッセージによれば、モンサント保護法への署名も、彼はそんなものはすべて意味がなくなることが分かっていてサインしていると語っている。
 そう、すべてがひっくり返ることを知っているから、今はイルミナティを刺激しないように行動しているというものだ。先程配信されたマシュー君のメッセージではオバマは表向きは署名したが、実際にはしていないと語っている)

 実際に、原発再稼働は難しくなっている。もんじゅの件も然りだが、本日も大飯原発1,2号機の再稼働が延期された。その延期が、コブラの言う「イベント」まで持ち越してくれるとありがたい。このイベントこそが、すべてがひっくり返る青信号だと思う。

 そしてそのコブラであるが、

" 光の力が衛星と通信系を制御するので、テレビは時間がたつにつれてそれらの真実を明らかにするでしょう。 秘かに世界主要メディアのすべてを所有して、系統的なマインドコントロールを担当しているメディア王、マードック、ロックフェラー、およびロスチャイルドのいずれかが逮捕されるか、または無力にされるでしょう。

 との声明を出している
実際に、上記のような元CIA,NSA職員の重大な告発を公にするなど、若干変わって来た体感が有るが、日本は今のところ「自分たちに当たり障りのないものはとりあえず報道しておこうか...」というスタンスだろう。情けないが.......。


 以下、ベンジャミン・F氏情報の一部
-----------------------

◆ アベノミクス、米中蜜月に焦るサバタイ派と米マスコミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2013/06/10 VOL226≫
以前に、このメールマガジンの記事でも紹介し、提案していた世界ジュビリーの実施が実現可能となる機運が高まってきている。( ※ ジュビリー:旧約聖書レビ記第25章に記されている、負債の帳消しや一部の財産・不動産の再分配などを一定の周期で行い、不平等を是正する行事のこと)
先週、外国人特派員協会で記者会見を行った世界的に有名な経済学者、ジェフリー・サックス氏も、その一部を実践しようとしているアベノミクスを評価し、『GDP比200%とも言われる日本の政府債務も、日本銀行が貨幣を製造して帳消しにすることが出来る』との見解を公にした。つまり、これは陰謀論などではなく、名立たる経済学者が認める程の、非常に現実的な話なのである。日本が国家借金を帳簿から削す取り組みを始めたことは、日本が世界に発信する戦後最大の経済ニュースである。さらに先日、安倍総理は横浜で開催されたアフリカ開発会議(TICAD)に際し、アフリカに対する具体的なプロジェクトを提示した上で、今後5年間で最大3兆2000億円の支援を表明している。まだまだ始まりに過ぎないが、これまで軍産複合体に貢がされてきた自国の外貨を、日本政府はようやく世界の平和的発展のために使い始めたのである。

しかしながらサバタイ派マフィアらが管理する欧米企業マスコミの日本特派員たちは、これらについての話題を報道していない(もしくは、報道させてもらえない、と言うべきか)。なぜなら、世界の各国政府でアベノミクスが広く導入されることになれば、国際社会におけるサバタイ派の借金奴隷制度が崩壊するからだ。

これに対するサバタイ派マフィアらの抵抗は必至と思われ、これから暫くは金融戦争もエスカレートする見込みである。それに伴い、株や国債、外貨・・・・

--------------------------

昨日のコブラのまとめ

 昨日のコブラのインタビューだが、昨日は時間がなかったのでWEB翻訳を取り急ぎアップし、そのまま放置した。

私自身は、ブラウザアドオンの翻訳と、WEBでの翻訳、そして2つの翻訳ソフトを使った。つまり、4つのソフトで訳すと、それぞれの意味不明の文をどれかが補完し合ってくれたということで、まぁそこそこ理解できた。翻訳ソフトも10年使っていると、英語のスキルが上達するというより、ソフトの訳の傾向で把握力のスキルが上達するのである(笑

 さて、私が気にする部分をざっとでいうと、


「陰謀団の逮捕がある」

「金融システムのリセットがあり、新しい公正な金融システムが始まる」

「 ET情報のリリースがあり、新しい高度な技術の導入がある」

「人類に影響が有る災害は起こらない。否定的なタイムラインは消去された」

「様々な変革は、イベントの後に起こる」

「金融システムの転換では銀行が1-2週間動かなくなるのでお金を引き出しておいた方がいい」

「核戦争は起きない」

「お金を銀行に預けるということは、戦争に加担しているのと同じ」

「闇の地下施設は完全に閉ざされ、もうない」

「地下基地の虐待されていた人々は解放された。母船でヒーリングを受けている」

「地球は拡大していない。同じ直径に留まる」

「イベントの全体の変換は多分1〜2週間続くがそれは長くはない」

「人間のように見えるが、ブッシュは爬虫類(レプティリアン)である」

「戒厳令も、FEMAキャンプもない。それらは許可されない。容認されない」

「オバマの真実はイベントで発表され、それは驚きとなる」

「イスラエルのネタニヤフが『すべての米国の借金を帳消しにしなかった場合、日本の原子炉を破壊すると日本を脅した』というベンジャミン・Fの情報は正しい」

「米国民が自由になるのに軍が権力を引き継ぐ事はない、軍は法に従って行政当局をサポートする」

「アジアの金融の指導者が、金融の孤立が終了した後に、非軍事的な西洋のベンチャー資金を調達することで合意したとされるフルフォード情報はまだ始まっていない。それは青信号を待っている」

「朝鮮は惑星上の最悪の生活環境である。これは改変する必要が有る」北とは書かれていない

「日本、ロシア、中国、インドは陰謀に対して統一戦線作成しており、その軍事同盟の組織化は安定しておらず、提携の変更やシフトの変更が毎月行われている。BRICS同盟がその大きな部分である」



 とのことである。


2013/6/4 コブラへのインタビュー

 6/4にコブラに対して行われたインタビューがあります。
web翻訳ですが、長いので添削していません。意味が不明のところもあるでしょうが、そこはみなさんの叡智で補完してください(笑

 原文はこちらからご覧下さい。

------------------------------------------

ALEXANDRA:みなさん、こんにちは。 Today is June 4, 2013.今日2013年6月4日です。私は、に提出された質問の束を確認するために、今日私と一緒にコブラを持って www.galacticconnection.com 私たちは、月のイベントや疑問を少し検討しようとしています。 Bear with us.私たちと一緒にクマ。我々は2つ のセグメントでこれを行う必要があるかもしれません。カバーするためにたくさんある。コブラは、彼らがイシスと抱えている他の女神の会議の真っ只中にハワイでこのインタビューを持って親切にされている。

コブラねえ、HIの天気を楽しんでいる?それはそこにどのようにして上に起こっている?

COBRA:天気は素晴らしいですが、設備には、素晴らしいです、すべてが完璧です。

ALEXANDRA:クール。あなたは、大きな進展がありましたか?

COBRA:アーバイン、ラグナ会議およびポータルの開設後に別のブレークスルーがあります。 ちょうどここで起こって別の突破口はここにいないだけで、ありますが、抵抗運動と銀河連盟との間で起こっている大きな変化があります。 私は私のブログでこれについての詳細を掲載する予定です。

ALEXANDRA:ファンタスティック。私たちの多くは間違いなく5月25日ポータルオープン以来シフトがあったことに気づいている。(はい)私は巨大なシフトを意味する。 我々は、すべてのそれを感じている。

COBRA:はい、これは、我々はそれをしたポータルの目的です。今、我々はそれから良い影響を収穫することができます。

ALEXANDRA:良い、素晴らしいことだ。多くの人があなたのフィードをバック聞くことを切望しているので、私は最初のいくつかの質問から始めるつもりです。どのように正確Agarthanネットワークは、イベントの時に役割を果たすことになるだろう。彼らは私たちを訪問するか、プレアデスになる最初のものになります。

COBRA:今起こって大きな変化があるので、いい質問です。 Agarthanネットワークは、長年の多くの多くの何千ものための地下に存在し、光の非常に古いネットワークです。抵抗運動は、ほんの数年前に惑星Xからの光の新鮮な衝動です。地下抵抗運動とArgarthanネットワークの統合、特定のプロセスがありました。 Right now.今のところ。5/25にポータルを開くことの結果として再会抵抗運動、Agarthanネットワークと銀河連盟との間で行われている別の統合プロセスがある。 私は惑星のサブ表面部分が銀河社会に統合されていることを言うでしょう。 もっと私のブログになります。 イベントが発生すると、それらの異なる人種、要素や社会が徐々に露出があるだろう。

AALEXANDRA:うわー、そうあなたが本当に彼らがextrovertedly惑星の周り、到着開始にゴーサインを得ていると言っている?

COBRA:私はこれを行うには、右の瞬間を持っているときに私は私のブログ上の特別なリリースでは今それの一部を説明し、その一環でしょう。イベントで大量の人口しかベース工作を表面に露出されます。私は白騎士を言うだろう。マス人口とさえエキゾチックなレースも、抵抗運動、プレアデスのいずれかの間には直接的なエクスポージャーはありません。これは、イベントの後に徐々に来る。すぐにイベントの後開示ファイルがリリースされます。 開示ファイルで、私は他のETレースの存在を政府の公式文書を言っている。 そして、これが速い他の種族の存在と現実のために人類を準備します。 それが起こるとき、それは最初に接触するまで、数ヶ月かかります緩やかなプロセスになります。 イベント自体は、外側に向かって純粋に人間の経験になります。 人類は金融システムの転換前に、政府のファイルがリリースされる前に、陰謀の暴露前に、イベントが発生する前にETコンタクトのいずれかのタイプを受信する準備ができていません。 これが行われると、人間は、特定の変換、心理的な調整期間を通過します、その後公式最初の接触につながる、より多くの直接的な接触が徐々に出現があるだろう。

ALEXANDRA:白騎士を通じて接触の最も興味深いが、その大部分は地球上の星の種に向けられるだろう。

COBRA:白騎士イベントの過程を支援することが可能である誰に連絡します。はい、それらの人々のほとんどは、彼らが覚えているかどうかにかかわらず、他の星系からのずっと前にこの惑星に来た。これはそれほど重要ではありません。 重要なことは、実際にはイベント自体を管理する、プロセス自体を支援の意欲と能力である。

ALEXANDRA:理にかなっています。 つまり、この他の質問につながる。人々はどのように抵抗の一部にすることができます求めている。すでに会議であることを取り上げました。彼らはどのようにメンバー、ボランティアまたは募集することができますか?

COBRA:我々は、イベントのための表面インフラストラクチャの一部を作成している。あなたは、レジスタンスの一員になっていませんが、表面のグラウンドクルーのメンバーは、私はそれを呼び出します。 この会議では、我々はあなたが参加することができます特定のタスクフォースを作成している、我々は様々なサブグループを持つWebサイトを作成している。 あなたはこれらのサブグループに参加することができるようになります。これらのサブグループの各々は、イベントのために内部のインフラストラクチャを提供し、その特定のタスクを中心に説明する。例えば金融グループは、銀行がシャットダウンされている期間中に支援します。 新しいルネッサンスグループが大衆を目覚めさせるなどというようにする新しいアートの形を提供する。私は、このWebサイトはすぐに実行して、運用されることを願っているので、私は全部、約抵抗 からさらなる指示を解放することができます。

ALEXANDRA:はい、我々はその多くに取り組んでいます。

COBRA:はい。多くの人々は非常に活発で、専用であり、これはその一環になる絶好の機会絶好の機会です。 まもなく命令や情報を質量集団について説明する。 私は特定のものを解放します。 Webサイトの準備ができ次第、我々は行動に足を踏み入れることができます。

ALEXANDRA:これは本当にエキサイティングです。 一人はどこかアガルタにチャンバーを前方に来る私達の完全な意識について尋ねた。 あなたはそれで同意しますか、それは私達の完全な意識かどうかを受信するこれらのチャンバ内に3日かかるでしょうか?

COBRA:チャンバーは光のではないことを示す室、恐怖、誤報についてDIS多くの情報がありました。 実際に、それらの室は、非常に高度な光技術、私達の完全な意識に到達するまでに私たちを支援有機、統合された技術です。イベント周りのある瞬間における表面人口にそれらのチャンバの漸次導入があります。私は最初の接触の周りと言うでしょう。彼らは、より大規模な最初の接触の後、我々は完全なアセンションのプロセスに深く来るとしてその後個別に最初の接触前に、それらの準備ができているそれらの先進的な光の労働者に使用されますが、イベントの後になります。

ALEXANDRA:OK。 Wow.うわー。 これはとてもエキサイティングです。

COBRA:ああはい、我々は、ほとんど存在しています。

ALEXANDRA:あなたはそれを感じることができる。それは本当に5月25日の後にシフトしました。

COBRA:より多くの人々がポータルに参加するので、私はラグナにご参加するために、できるだけ多くの人々のためのコールを発行した理由はい、これは、我々は惑星の状況に持っているより多くの効果である。ポータルが到着したとき、活性化のいずれかが到着したとき、クリティカルマスに達するために、できるだけ多くの人に集まって:これは、人々が行うことができます何か他のものである。第三のものは日曜日瞑想です。より多くの人々がより多くの我々は効率的で、プロセスをスピードアップすることができます惑星を解放するための日曜日に集まる。

ALEXANDRA:はい。それは間違いなく本当です。我々は、プロセスをスピードアップする。 新しく追加された多くの人は、イベントを記述することを求めている。あなたはとても雄弁にそれを行う。あなたはその何度も何度も行くことができますか?

COBRA:1。イベントに関するすべての情報は、私のブログにあります。 あなたが私のブログを検索する場合は、そこにすべてを見つけるでしょう。 2。私は私のブログ上の情報から電子書籍を作成します。時間が正しいときに私はいくつかの時間があるときには、利用できるようになります。私は、今後数ヶ月でと、やるために非常に多くのものを持っている。 すべてが電子書籍になります。さてイベント、物理的、非物理的であろう地球のための画期的な瞬間。 非物理的な平面上に惑星の表面に向かって行く銀河中央太陽から来る光の大きな波があるだろう。物理的な平面上に陰謀団の逮捕があるだろう、金融システムのRES-セット、ET情報のリリースでは、新しい公正な金融システムの始まり。 人類の目覚めはゆっくりと徐々に肯定的な、非地上波種族が存在する。新しい高度な技術の導入。それが短い上図である。それにはるかにありま す。

ALEXANDRA:それは私のウェブサイトで提供されています、私は11月にコブラの会議の41ページのコンパイルを持っている。 平均時間では2012年の会議をクリックします。(www.galacticconnection.com)

ALEXANDRA:多くの人がお金について求めている。彼らはあなたからそれを聞いたことがあるが、他の場所で、銀行の彼らのお金を取ることだけではなく。どこであなたがそれを置くお勧めしません。

COBRA:生命のあなたの楽しみのためにそれを使用する貴金属で一部、土地部分と、部品を配置します。お金は備蓄されることを意図しますが、楽しんでされていません。さらに、プロセスをスピードアップするため惑星の解放を支援することができ、プロジェクトにあなたのお金の一部を入れて。

ALEXANDRA:私はあなたを聞く。ディナール - それは、次のトピックに私をもたらします。人々は、物事がシフトしたことを情報のトンを得ている、ディナールは再評価されています。その上であなたのテイクとは何ですか? あなたは、過 去に非常に断固としてきた。

COBRA:それは起こっていない。全体的なアイデアは、正確に正しくありません。 RVは、イベントで発生し、それが一部の人が期待するほど抜本的ではありません。はい、人々は、この中に彼らのお金の一部を投資することができると彼らはここから利益を少しを得る可能性があります。これは、いくつかの自分の憶測を得るために人々のための金融システムの転換の目的ではありません。それはゲームのルールのグローバルな変革の詳細です。 ディナールの事は主な金融ツールではありません。それはここでの主な問題ではありません。人々がそれを期待している、それは起きていないので、それのほとんどがDIS-infoです。人々は毎日、毎日、毎日、これを期待している。

ALEXANDRA:続いている - このようなCIAの戦術である - 彼らはオメガと繁栄の資金でそれをやった、それが彼らの個人的な生活の中で停止して、完全に人をもたらした。

COBRA:現実と有効な、それらは陰謀によって引き継がれた、文字通りシュトーレンお金と多くの資金が偽物であることをいくつかの繁栄ファンドがありました。 はい)私たちは、それらのものに注意する必要があります。 そのうちの70以上ありました。

COBRA:多くのプログラムと大衆に利用できない大規模な投資計画があります。彼らは、徒党の手にされている。これらのプログラムへのアクセスを取得し、それらを変換しようとするいくつかの白騎士団があります。主なものは、イベントの時に起こります。 全部はシャットダウンされ、再設定されます。

ALEXANDRA:彼はことに関する答えですが非常に一貫性のあるです。

ALEXANDRA:これは非常に興味深い質問です - 2013年には基本的に任意のミステリーサークルがなかった。(非常に少数の)理由です?

COBRA:ミステリーサークルの目的は、人間の人口の特定の部分を目覚めさせ、彼らの注意を取得することでした。さて目的は、次のセグメントを目覚めさせることです。人々は、彼らが突然停止した理由を求め始めるのだろうか? それは、人々がそれらのより少なくある理由のような質問をして起動しなくなるまでいつか今年も再現するミステリーサークルのためのプランです。

ALEXANDRA:興味深い。それは、私たちは熟考と反射を得るために別の方法です。

ALEXANDRA:あなたのテイクは我々を通過する別の太陽系には何ですか?

COBRA:それは起こっていない。

ALEXANDRA:なぜなら銀河介入のことですか?

COBRA:現実に根拠を持たない奇妙なアイデアを広める人々が単にあります。私は人々が科学、天文学の物事がこの宇宙でどのように動作するかの基本的な理解を得るため、彼らは真である、何でないのか見分けることが良くできるようになることをお勧めします。

ALEXANDRA:OK。恐怖煽る地球の大変動についての、波に関するコミュニティ内の混乱があることがあります。あなたは、人々が地球に上昇することを選択していない場合、古い3D惑星は大変動を経験する時間があるだろう同意しますか?

COBRA:これのほとんどは恐怖の普及である。銀河連盟は、我々は今、巨大な大変動を持つことになり、地球を安定させるための技術を持っており、銀河連盟の支援がなければすぐに何十年も地球を安定されています。惑星のアセンションのプロセスは、いくつかの点で惑星の変換が必要ですが、まだ、今ではないでしょう。間違いなくイベントの前に。人類は(COOL)プロセスで損をされることはありません。恐れることは何もない。すべてが導かれる。 事態がうまく行かないかもしれなかった非常に多くの時がありました。核戦争(重い大変動なし)はありませんでした。また、それは起こりません。

ALEXANDRA:あなたが安全だと感じる。あなたがそれにテープ場合は、安全だと 感じる。(YES)、私は空の気持ちが落ちていることはありません。

COBRA:そこグローバル肋イベントの特定のアイデア今月であり、それは起こっていない。 リラックスして、もっと重要なことに焦点を当てています。 これらの異なる戦術は人々をそらすためであり、行動をとるから人々を保持します。

ALEXANDRA:だから、それは流用です。お金の質問に戻ってジャンプ。 米ドル以外のdiff通貨を使用している世界中の人々。あなたは銀行からお金を取ることがすべての人に適用されることに感じていますか? あなたには、いくつかの通貨がこのブリッジ時点で他よりも安全である感じですか?

COBRA:ALL銀行はロスチャイルドの中央銀行システムに関連付けられています。 同じ条件は世界中のどこにも当てはまります。私は、それらがどこかにかかわらず、誰でもそれらのお金を取り出すことを提案しましょう。銀行でお金を維持すれば、それらの戦争オペレーション手を貸しています。

ALEXANDRA:私は同意し、変更を上に延長されています。 (はい)この男は、それが彼の国のすべての現金を運ぶために安全ではないと言うので、彼は彼が何をすべきか迷っています。

COBRA:それはあなたが特定の場所でそれを非表示にすることができます現金を持ち歩くことは安全ではない場合 - 土地でそれを転送します。 金を購入。 お金はとにかくバンクに安全ではありません。

ALEXANDRA:いや、いいえ、それはありません。彼らは約6カ月前に金庫の束をつかむませんか?

COBRA:セーフテ ィボックスは安全ではありません。 押収される最初のもの。 彼らはパニック得れば徒党があなたをつかむでしょう。

ALEXANDRA:彼らはすでに行政命令で私たちを準備中しています。

COBRA:それの一つの側面はい、はい。

ALEXANDRA:明確に行って、軍事の地下施設が壊れていると思う? 人々はかごの中に保持されておらず、性的に心理的にこれらの位置の陰謀によって虐待されていますか。

COBRA:ALL地下施設が完全に、絶対にシャットダウンし、クリアされた。そこには何もありません。もう地下軍事基地はありません。もはやそこに起こって間違っては何もありません。そこに起こって間違っては何もありませんこれ以上。それらのものをクリアする抜本的な介入がありました。間違っていたすべてが表面上で起こっている。

ALEXANDRA:これに関与して爬虫類がいた? 彼らは惑星を脱いでいた?

COBRA:多くの爬虫類は、これらの塩基は解放され戦いで殺された。.爬虫類W / O自分の体は、銀河の裁判所に連れて行かれた。 光に渡ったものが銀河社会に参加して、残りは集団中央の太陽に行ってきました。

ALEXANDRA:フリップサイド。 投獄され、拷問されているすべてのものについて、何が、それらの人々に何が起こったのか、上の実験?

COBRA:これらの地下基地にあったし、虐待されているそれらの人々が解放された。 ほとんどは、その後、追加の癒しのために母船に運ばれ、抵抗からの癒しとサポートを受けています。 一部は地球の惑星の形質転換のために母船で待機している。いくつかは、他の惑星に行ってきました。それらのほとんどが帰ることを拒否したため、それらの非常に少数のは、表面の惑星に戻ってきた。

ALEXANDRA:OMGosh。 この時点での死亡の主要な増加があると思いますか?

COBRA:その時点でこれに同意していません。 出口はもっとだと人口のセグメントがあります。 一般的にはすべて同じ程度だ。

ALEXANDRA:私は年上の彼らは良いオプションを持っている感じ多分思った - ここから抜け出す。

COBRA:まだ。

ALEXANDRA:あなたはガイアを取り巻くスペースデブリについてどう感じています。 どのように我々はそれを処分するのですか? 我々はそれのためにコンピュータシステムをシャットダウンするを見ている?

COBRA:イベントは銀河連盟はすべてのことがクリアされた後に発生する何が起こっている。それは非常に簡単です、それは15分の操作です。

ALEXANDRA:うわああ、真剣に? Wow.うわー。 みんなの役割に準備ができている会議であなたと語った。みんながスタンバイになっている。

COBRA:はい。 すべてが表面人口を除い準備ができている。 我々はイベントの代替表面インフラを構築している理由です。当然の抵抗が自社のインフラ、白帽子、正軍を持って、彼らは私が詳細にについて話すことは許されないよ独自のネットワークを持っている。 私たちは、できるだけ多くの人、別のインフラを持っている必要があります。 我々は今それを構築している理由です。

ALEXANDRA:OK。私は同意します。これは面白い質問です。あなたは、ヨギのと神秘の支出の何年も何年も惑星に平和と光を送ることについてどう感じています。彼らは、インドとチベットの洞窟や森の中でたむろする。彼らはこの新しい地球と遷移に何を貢献してきた?

COBRA:彼らは誰もが無視していたビジョンを開催しています。彼らは地球のために光を開催し、オープンなポータルや、それらの一部を開催しました。いくつかは、星とAgarthanネットワークに属していた。彼らはビジョンを開催し、この時点までは、この移行を通して安定化を支援。

ALEXANDRAを:あなたがこれらの人々との接触を持っていますか?

COBRA:私は星の兄弟との一定の接触を持っている。

ALEXANDRA:多くの他の中で。

COBRA:非常に多くの接触があります。それらのほとんどが必要である。私はここで物事を調整するために可能な限り完全なパズルを必要とする。

ALEXANDRA:ポータルオープニングに関しては、エンティティが地球の表面の周りに30メートルの層に限定されていることをあなたのサイト上で言及した。

CCOBRA:30メートル上下30 - 合計60メートル。

ALEXANDRA:ポータルがオープンして以来、これがシフトしていますか?

COBRA:いいえそれは30メートルに閉じ込められ、そこに滞在している。 それは少なく密集なってきている。より多くの光がその層を貫通している。

ALEXANDRA:それは彼らがローミング小さい層なので、これは人間のための問題の多くである、彼らはより激しく私たちににしがみつい?

COBRA:私はそれが同じだと思う。 彼らはかなりの時間のために必死であったため、問題のより多くではない。それはまだ強烈になります。まだそこにクリアする必要があることを多くのですが、我々は近い突破口になってきています。

ALEXANDRA:私は非常に興味があります - あなたが地球が拡大していると思いますか?

COBRA:いいえ - それはありません。.同じ径、同じ直径がままになります。

ALEXANDRA:がっかり。私はあなたがクールな何かを持っているでしょう期待していた。ドランヴァロは1-6ヶ月W / O電気、通信やインターネットがあることを良いチャンスがあると述べた。 4月からから非常に高いチャンス - 9月、今年。同意しますか?

COBRA:私はそれに同意しない。 イベント自体は、イベントの全体の変換は、決定的な瞬間には、多分1〜2週間続くが、長くはありません。 我々はすべての計画を作っている理由はここにありますので、時間がかかった理由、それはです。 決定的な瞬間を容易にする。ほとんどのケースでは電気がタクトに滞在する、ネットワークはそのままとどまる。私たちは、移行時にインターネットがあるかもしれません。

ALEXANDRA:良いことだ、それが唯一の7だ - 14日。

COBRA:長くするべきではありません。物事がうまくいかないだろうと極めて低い。

AALEXANDRA:あなたがいることを聞いた。誰もが最終的な解放の話と地球オフアルコンを取っている。彼らはただそこhas't、それらの少ない私達のより多くのそしてより多くの光がある場合、それらを停止するために取得する機能であった理由の周り自分の脳を包むことができないのですか?

COBRA:表面人口の影響のほとんどは、非物理的なアルコンによるものである。 彼らは、人間の行動の70〜80%を決定。イベントが発生した場合、彼らは夢中になるでしょう。まず明確なアルコンので人間がそれらの自己によるものである。そして、我々は、イベントがトリガされます。

ALEXANDRA:渦エネルギーは、あなたが推進している瞑想なしでそれほど強力か?

COBRA:特に惑星を解放するために設計瞑想。 この瞑想の目的は、世界中に広がると同じことを行うためにクリティカルマスを得ることです。人々は瞑想で自分のことを行う場合、それらは電力を減少。 (文字化け)この瞑想は、クリティカルマスに到達し、移行を支援し、スピードアップすることです。

ALEXANDRA:あなたは負エイリアン、地球上の物理的な形で爬虫類、グレー、Nephelim、、あるいは単にアストラルが残っていると感じますか?

COBRA:それらのいくつかは、人間の体内での化身である。 彼らは人間のように見える。例えばジョージ·ブッシュ弟は、人間の体内で完全な爬虫類です。

AALEXANDRA:はい。あなたはただ彼と一緒に伝えることができます。 あなたはTolecに精通している?(YES)、彼は、イベントについて話している - 大規模な壊滅的な地球変化を伴う。古いタイムラインとは何か。 その上であなたのテイクとは何ですか? 誰もがパズルのビットを持っているような気がしますが、我々は時間ラインとどのようにそれが出て演じてを見ることができることで作品を逃している。

COBRA:消去されているすべての負のタイムライン。 我々は、昨年12月21日にポータルサイトを開設したよう。イベントの時点では激変のイベントはありません。

ALEXANDRA:クール。 何についてのすべてのこの米国のまわりでポップアップ強制収容所についての恐怖煽る。人々はそれについては怖がられています。ビデオ報道の多くは、タンクの動きの多くは、弾薬の購入があります。陰謀の一部としてベースの戦術を恐れる。私たちは、物理的にそれが米国で下りてください。

COBRA:徒党は、これらの施設を構築していますし、あるいは何十年もの間、これらの施設を構築してきました。それは良いの人が知っているである。それらは使用されることはありません。それが起こることを許可されません。徒党は、これらの施設を使用したり、弾薬を使用できるようになることはありません。それは倉庫にそこに座っている。 これは許可されません。これは許可されません。彼らはそれをやろうとする場合(COOL)、イベントはそれを停止するための予防措置として直ちに起こります。彼らはそこに人を入れしようとした場合、イベントが起こるか、それは自分自身の逮捕をスピードアップするだろう。

ALEXANDRA:あなたは前に、それは素晴らしいですと言われたことがありません。

COBRA:それは計画の一部です。 我々はすべてをカバーしている。 No 戒厳令。 No FEMAキャンプ。 これは許可されません。それは容認されません。

ALEXANDRA:HARPについての質問 - 多くの人は、5月20日でOKを竜巻の中で非常に説得力のあるビデオを読んで、見てきました。 シドHARPは、そのような状況に影響を与える? 徒党によって強要されたということでした? ポータル開口部に影響を与えるために彼らの最後の努力のこの部分でしたか?

COBRA:彼らはポータル開口部に影響を与えませんでした。 ことができ、ある程度の影響を与える天候エーテルHARPがあります。それは物理的な技術ではありません。それはエーテル技術です。全ての天候は重くエーテル平面に影響されます。ほとんどの人はそれを知らない。 スカラー波はエーテル平面を通って伝播。非物理的なアルコンは、まだ彼らは時々使用することができますその技術を持っている。しかし、我々の瞑想は影響を与えることができます。(文字化け)竜巻やハリケーンが形成されている場合でも、グローバルマス瞑想はそれの効率を低下させても、それを溶解することができます。

ALEXANDRA:瞑想は非常に重要である理由をだから今、私たちが知っている。

COBRA:ハリケーン形成した場合、我々はグローバルな瞑想を形成することができると我々はハリケーンの運命を変えることができるだろう。

ALEXANDRA:良いアイデア - どのような砂はどうでしょうか? Did you feel that was influenced by HARP?あなたは、HARPの影響を受けていたと感じましたか?

COBRA:エーテル面から影響を受けた。 (Garbled) (Connection spotty) I'm not exactly in the middle of civilization, no internet, just a i-phone and Skype. (文字化け)(接続むら)私はちょうど私が電話やスカイプ、文明の真ん中に正確にはインターネットじゃないん。

ALEXANDRA:私は砂やHARP聞いていませんでした。あなたは、繰り返しでした。

COBRA:エーテルHARPとエーテル性面から影響を受けた。それは人口が驚かすための徒党からのイベントの一部であった。

ALEXANDRA:多くの人々が現在のG-7会合について求めている。あなたはそこに出てきたのか上の任意のインテルを持っていますか?

COBRA:数日では、まだない。

ALEXANDRAを:あなたがクリス·トーマスについて聞いたことがありますか? (NO)彼は非常に興味深いです。彼はテレポーター、リモートビューア、彼らがやっていることに撤回することができるように政府内本当に重いものだ。.彼はVelons呼ばれるレースがあると言う。 今までそれらのことを聞いた?(YES)アヌンナキは、イルミナティに潜入している。 彼らはより強力になってきた。彼らは、人間の体で自分自身を体現し、おそらくそれらは破壊された。 彼は世界の人口は3.2法案の周り7法案ではないことを言っている。 あなたの気持ちは何ですか?

COBRA:世界の人口は7法案前後です。 はい、多くの浸潤は、イルミナティにありました。 これが減少している。 そこに表面上に存在する特定の番号がありますが、伐採と削除される。

ALEXANDRA:ベンガジの実話とは何ですか? それはヒラリーが飛行機に墜落し、その彼女は姿を消し、彼らは彼女を誘拐しようとした理由であることは本当ですか?

COBRA:この周りに非常に多くの物語があります。 これはにすぎて、あなたの意識のを置くためにすべて転換戦術だ。

ALEXANDRA:現在のオバマとスタッフにあなたのテイクとは何ですか。 あなたは彼がこの時点で何をしているかを感じています。彼は銀河連盟との通信を開始し、光が見え始めている? .彼は古いものと新しい社会のために橋を保持している?

COBRA:私はこのようにそれを入れますが、オバマの真実はイベントで発表され、それは驚きだ。

ALEXANDRA:私はあなたのことを言うかもしれないと思った。開示時のアルクトゥルスの役割は何ですか? 彼らはスターゲートのキーパー、アセンションのポータルや廊下ですか?

COBRA:アルクトゥルスのレースは非常に長い時間のために惑星のエネルギーグリッドに取り組んできました。それは、銀河のこの分野でポータルを開いたままにキーレースの一つである。特定の時点でイベントの後、Arcturianレースが前進するでしょうし、彼らはマスアセンションプロセスを支援します。これは、まだありませんが、これはイベントの後かなりの時間が起こるのだろう。

ALEXANDRA:彼らはフォアフロント型のレースの一つではありません。 もっとプレアデスとArgarthans気に入りましたか?

COBRA:アルクトゥルスが関与される操作の一部があります - 情報の普及。 真実の解放。 これは彼らの役割になります。 彼らは非常に多くのことを支援します。

ALEXANDRA:私たちの体、変化するDNAで起こっている何がDNAの再校正のあなたの気持ちは何ですか、私たちは光の体になって?

COBRA:だけでなく、我々はまた、エーテル性のDNAエーテル質のDNAを持っている物理的なDNAについて私たちは、完全に12ストランドを有効にしている必要がありますする必要があります彼らは過去に台無しにされました。今、銀河中心からの光からのエネルギー。 今、光のエネルギーは、それらを回復して再編、従って私達は私達の高いサイキック能力を目覚めさせることができている。それは緩やかなプロセスです。今でもこの漸進的なプロセスは、アルコンの技術を持つエーテル面からに干渉されています。そうあるべきこのプロセスはまだ起きていない。しかし、それは、DNA配列の結果として、イベントの後に多くの自発的な覚醒があるだろうイベントの後になります。

ALEXANDRA:アセンションが行われると、実際に我々はすでに真っ只中だが、マスアセンションが起こるとき、あなたは私たちが第四密度かに既に登録されていると信じていますか?

COBRA:第4密度や次元はアストラル平面である。我々はそれを変換する過程にある。それは偉大な浄化だ。本当のアセンションプロセスの前に、ここ数年、特に今何が起こっている人類の大量精製工程がある開始することができます。 このプロセスは、イベント発生時に終わると、その後だけにして本当のアセンションプロセスの開始ができます。

ALEXANDRA:彼らはそれが内部犯行であることについて話しているので、人々は、言葉のアセンションでraggingされています。 アセンション自体についてのあなたの気持ちは何ですか? 我々は第五次元である日目を覚ますと、 "うわー、我々は別の場所、別のボディにしている"に行くつもりです。 そのあなたの意見は何ですか?

COBRA:それは最終的な変換で絶頂に達する緩やかなプロセスである。我々はそこに着く前に発生するとどうなる必要が非常に多くのものがあります。 我々は、実際のアセンションの時点ではまだわからない。これを開始するために我々は準備をしている。 これは、イベントから始まります。銀河のエネルギーが増加し、将来のある時点でアセンションに絶頂に達するAA緩やかなプロセスで変革につながるでしょう。

ALEXANDRA:ニールキーナン。彼はいつも話をしている物理的な金で多くの仕事をやっている? あなたは、金は地球から取られたり、様々な場所に隠されていることを断固としています。 あなたはキーナンの役割についてどう思いますか?この仮定金見守っこれは終らせるマウスピースであることにはありますか?

COBRA:私はこのようにそれを置くだろう。 そこにこれに取り組んで多くの人々であり、彼らは公共ではありません。彼が何をしているか、私は彼が何をしているかについてはコメントできません。しかし、私は行われている過程だと思い、それがニールケナンについてではありません。それは、約そんなに多くである。これについての特定の部分があるので、それはこれにコメントするのは難しいと私は現時点では開示できませんので、私はこれに答えることはありません。

ALEXANDRA:もう一つの質問は - 私たちの松果腺は、私たちが制御され、我々はそれを越えて移動することになっている気にし続けるためのアルコンのインプラントである?

COBRA:いいえ、それは自然な腺であり、それは光の中で持参する目的だ。インプラントは、松果体をシャットダウンする、ブロックするアトランティス以来、頭の領域になっています。

ALEXANDRA:我々は、この時点で月を越えるための時間の少しを持っている。 私たちは前に、エネルギッシュなポイントから月について言いたいことはありますか?

COBRA:それよりもイベント、さらに私たちを得るために私達を支援するプロセスの引き金となっていることに成功したポータルのオープニング。

ALEXANDRA:我々は前進しているように私たちは本当に感じています。

ALEXANDRA:それはとても良い感じ。私は最初のカップルのことを通過したかった。我々は、おそらく時間が足りなくなります。コブラは、週の終わりに私と一緒に別の見直しを行います。 彼は今、旅行だ。月程度以上行くことがたくさんあり ます。私はあなたについてお聞きしたかったことの一つは、ベン·フルフォードに従う?

COBRA:はい、私は彼の作品に精通しています。

ALEXANDRA:彼はベンジャミンネタニヤフ、彼らはすべての米国の借金を帳消しにしなかった場合、日本が原子炉を破壊すると脅してきたかについて語っています。 私はあなたの意見はその程度であったのか見てみたかった。 何が起こっている見ていますか?

COBRA:情報が正しい。 ベンヤミン·ネタニヤフはその金を持って、そのネットワークの一部であった。 実際には、イエズス会の運転だった。彼はただその操作の執行者であった。

ALEXANDRA:興味深い。 彼(フルフォード)は、アメリカの人々がフリーであれば、軍が権力の主要なセンターの引き継ぐ一時を考え出す必要があることに言及している。あなたが会議でこれを少し議論しました。 そのことについてあなたの気持ちは何ですか?

COBRA:軍が引き継ぐことはありませんが、行政当局を支援し、サポートします。それは法的な操作になります。それは完全に銀河と有効であっても、実際の法律に整列されます。それは引き継ぐない、それは、それらの場所の解放だ。

ALEXANDRA:私はちょうどそれが私たちの脳の周りをラップすることはそれほど難しいことだと思う。

COBRA:陰謀団はそれらの場所を占有し、これを停止する必要があります。

ALEXANDRA:どのようにジョージ·ソロスについて。そこに恥骨に大きな数字はであり、彼らは、任意のより多くのように公共のされていない。消え、ジョージ·ソロス、マットの種類は? ロスチャイルド?

COBRA:彼は誤解です。 彼らはまだ公共の場で登場している。はい、メイソン? ブルガリアやルーマニアまたはいくつかの場所で確認されています。 .彼らは非常に生きているし、彼らはここにある。 彼らはまだもう少し時間がありますが、あまりない。

AALEXANDRA:あなたがサバティアンオシを明確にすることはできますか?

COBRA:彼らは実際に崇拝反対側が作成された特定のセグメント。 これは、ユダヤ教の宗派の説明です。徒党の多くのメンバーは、そのイデオロギーに属します。私は完全に同意しないことを歪んだイデオロギー。

ALEXANDRA:彼らが崇拝してはいけない - 大きなフクロウ?

COBRA:彼らが使用するシンボルが良いシンボルであるが、それらを歪曲し、それらを悪用。 フクロウは知恵の象徴、知恵の古代のシンボルです。彼らは、シンボルだけでなく、多くの人を取るし、それらを歪める。彼らはねじれとシンボルを通るエネルギーの電流を歪めることを行うとき。 これは、彼らが彼らの負のエネルギーネットワークが実行し続ける方法です。

ALEXANDRA:そのためにありがとうございます。彼は(フルフォード)のもアジアの金融の指導者が寛大に金融スタンドオフ終了後に、非軍事的な西洋のベンチャー資金を調達することで合意したと述べた。それはすでに始まっている?

COBRA:まだ始まっていません。 緑色の光が起こるのを待って東の同盟。 イベントの前にアクションにステップインしない。 彼らは慎重である。彼らは善意を持っている。この失敗するために恐れて少し。私はそれに同意する。

ALEXANDRA:ライン上であまりにも多くの命。 (YES)は、おそらく前に聞いたことがない - 物語100万人の難民が、彼らは米国を残した後に行く場所を探しているという。真実が出てきたときに1メートルを残すことを本物の信念があることをソースに繰り返し下支え?

COBRA:私はこの1つについて少し説明します。 約200万悪魔のカルトに強制されたことがありました。 儀式虐待。 彼らは自由意志によってカルトに属していない。 イベント後、彼らは癒しが必要になります。 それらの人々は北朝鮮に行くためのいくつかの交渉がありました。 これは銀河連盟の計画の一部ではないため、それらの交渉は失敗しました。それらのカルトに強制それらの人々のほとんどが否定的なことを行うことを余儀なくされた本物の無実の人々です。これを組織陰謀のごく一部は、この責任を負うことになります。 場所を取って人のない大量流出はありません。 このことについて、特定のサークルの一部の話。 それらの噂が正しいですが、これは起こりません。

AALEXANDRA:200万人?

COBRA:はい、人々の約10%。

AALEXANDRA:アメリカの変容:私は本を読んだ。 Did you read that?あなたはそれを読んでいましたか?

C COBRA:それはそれについて自分自身に知らせるために良いだろう。 It is not easy to digest.それは消化することは容易ではない。

ALEXANDRA:いいえ、それはありません。 あなたはブレアをどう感じていますか - 彼はカナリアのように歌っています。

COBRA:徒党のメンバーは、時間の短い期間のために尋問されています。 彼らは疑問拘禁とリリースされています。2月、別の1月には、昨年。 少数の人々は、時間のカップルのための拘留と疑問視されてきた。

AALEXANDRA:連邦区の監査がありますか? それという感情はありますか?それが起こっている?

COBRA:徒党が減速し、プロセスに干渉しようとしています。 多くの閉塞と干渉が起きている。

ALEXANDRA:はい、しようとしています。

CCOBRA:はい、彼らは実際にそれをやっているが、そのことについて反対がたくさんあり ます。

ALEXANDRA:私は会議でこのことについて尋ねた。 彼は(フルフォード)テイクダウンが既に始まっていることを言っている。26人の将軍の解雇はスタートしており、現在IRSも同様にダウン取られている。

COBRA:OKオバマの第2回選挙が起こったとき11月に開始した、特定のクリーンアップがありました。 はい、逮捕された特定の人々が存在する、特定の人が降ろされています。 しかし、これは何をすべきかと比較してマイナーである。

ALEXANDRA:ハイレベルの暴力団 - 資産の再配分。 それは行くためにどこに行くのですか?

COBRA:起きて一定のリストラがあります。すべてのマフィアのは派閥に接続した。それらの組織の一部がオフ破るしようとしています。世界中で行われている特定の再編があります。

ALEXANDRA:うわー、非常に多くの変更が起こっています。アジア、中国、そのように。朝鮮、日本、そして私たち、政権交代を強要する際に中へ少しもなく。朝鮮。それについて詳述することができますか。それはどのように私たちに影響していますか。それはどのように肯定的ですか。

COBRA:いいえ朝鮮は地球上で最も孤立した国である。それは大きな強制収容所のようなものだ。 これは、変更する必要があります。

ALEXANDRA:うわー、私はそれを知りませんでした。

COBRA:私はナンバー韓国の状況をより意識するようになるために人を求めるだろう。餓死寸前の人々のすべての時間。それは地球上で最悪の生活条件との大陸だ。そのことについて知らされるように良いことだ。これは、すべての非常に多くのメディアに広がっする必要があります。 The situation is not nice.状況は良くないです。

AALEXANDRA:彼らはwarmongersとして私たちに提示されているためということです?

COBRA:繰り返しになりますが、マスメディアので、人々にそんなにディス情報は、状況を認識されないであろう。

ALEXANDRA:うわー、コールまでかなりウェイクだ。 私のためにモーニングコール。

COBRA:彼らは抑制されます。これは、今、地球上他のどの国よりもはるかに悪いです。

AALEXANDRA:中国の情報が1トンありました。明らかに彼らは国防部をハッキングしてきた。 その背後に抵抗があった?

COBRA:いや、いや、いや。(別項目)。彼らはそこに非常に巧みなハッカーを持っている。

ALEXANDRA:はい、それは本当だ。ベン・フルフォードは、ロシア人、インディアン、およびすべて中国のものの境界を共有する日本人が既にそれを作る軍事同盟を組織したと言います。それは非常に明確にそれらは陰謀に付随しません。それは中国を通って別世界コントロールを提供することを計画します。任意のコメントは?

COBRA:彼らは同盟をシフトの過程にある。 接続と話しているこれらの国々の軍との会談がたくさん。すべてのこれらの国は、中国、インド、日本、ロシア。すべての時間をそこに話している。状況シフトとしてシフト。 このすべての一般的な、基本的なノートでは、彼らは陰謀に対して統一戦線を作成しようとしているです。この提携は、まだ安定していません。 だから提携の変更やシフトが毎月行われている。

ALEXANDRA:あなたはBRICS同盟がその大きな部分であると感じていますか?

COBRAは:はい、それはそれに接続されている。 だから私たちは、軍事の人と金融の人々が同じ目標に取り組んできた。

ALEXANDRA:トウモロコシの破壊全体GMO背後には誰でしたか? モンサントは今月実際に思いきり攻撃されました。
多くの人々が世界中で抗議してきた。トウモロコシと小麦は日本によって拒絶されました。どうやらモンサントは彼らの遺伝子組み換え食品を販売することはできません。それは延々と続く。 モンサントは、本当に大きな打撃を受けています。 その上であなたの視点とは何ですか?

COBRA:私は同じくらい私ができるように言うだろう。 長い時間前にこれを行うことを計画している特定の小さな正のグループがあります。 彼らは一生懸命働いている、それがモンサントの独占とパワーを打破するために協調行動だ。 結果はここにある。

ALEXANDRA:私は本当にそれに同意。 私は彼らが落ちて行くのを見たくない人なんて誰も知らない。

COBRA:はい、これは長い長い操作の一部である。 多くのハードワーク、長時間を分類し、行動に跳びました、専用の人々と協調し多くの労力。

ALEXANDRA:私がお聞きしそんなに多くを持っている。私たちはただのイベントの多くをカバーするために、別のセッションを行うと思います。我々はこれまでを結ぶように一方では、ハワイでの会議について言うには何も持っていますか?

COBRA:はい。ポータルが開かれたように我々は女神の存在を固定されています。 これは、非常に必要とされた。男性と女性の側面を統合し、バランスをとる。我々は女神のグループを形成している。 .時間が正しいのブログに詳細情報。

ALEXANDRA:良いニュースだ。 それは素晴らしいアイデアだ。 私は、彼らの質問に送信者の皆さんに感謝したいと思います。 そのうちのいくつかはあなたのために反復されている可能性がありますが、それを聞く必要がある新しい人がたくさんあり ます。

COBRA:私はちょうど私のブログに移動し、それらのすべてを読んで、と言うでしょう。あなたは、情報や理解の多くを得るでしょう。 200記事以上あります。

A ALEXANDRA:www.galacticconnection.comに移動します。 情報について話しています。私は世界中のニュースの掲示6,000以上のよ。

ALEXANDRA:あなたコブラございます

C COBRA:これは車の中で私の最初のインタビューで - 初めて。

ALEXANDRA:祝福みんな。瞑想を続ける。 私たちは、あなたが投稿しておこう。 私たちは、新しい社会とすべてのその情報にあなたが投稿し続けます。我々はそんなに起こっています。だから課税が壊れたときに我々が用意されている。

COBRA:はい

ALEXANDRA:すばらしい日を過して下さい。

ユダヤ社会はオバマ大統領に怒り狂っています

 アメリカの動向=オバマの指示 と未だに思っている人がいて、オバマ大統領を共産主義者と批判するブロガーが居ますが、以下の記事がそうではないことを簡単で分かりやすく書いています。

 米国在住の"宇宙への旅立ち"さんから。

転載ここから----------------

オバマ大統領 国連大使にユダヤ社会が一番恐れるサマンサ・パワーを起用!ユダヤのサラ・ペーラン、オバマに怒りをぶつける。


Samantha Power receives an honorary Doctor of Humane Letters degree from Brown University.

 ユダヤ社会はオバマ大統領に怒り狂っています。それは、オバマ大統領がどんどん反ユダヤ、反イスラエルの人材を重要ポストに当てているからです。その代表がサマンサ・パワーです。彼女は中東に平和が来ないのは、パレスチナ人が問題なのではなく、イスラエルと米国に居る超大金持ちのユダヤ人のせいだと主張しています。しかし、ユダヤ人からは、オバマ政権は本来ならばユダヤ利権のためにあるべきなのに、反対にユダヤ人の権利を剥奪しているとカンカンに怒っています。

 初めてオバマ政権になった時に、バイデン副大統領が「これからは、ユダヤの思うとおりにはならない」と言っていたのが真実味を増してきました。オバマ大統領が選ばれそうになった時、ユダヤ社会のトップのジョー・リバマンは慌てて民主党を脱出し共和党に味方しました。彼の慌てぶりはメディアの笑いものになりました。そう、このオバマ大統領叩きはユダヤ社会から発信されているもので、それに乗じてはいけません。

 皆さんはあまりご存知ではないでしょうが、DHS(国土安全保障省)という所はFEMA強制収容所などを管轄している、影の政府です。そう、アメリカには2つ政府があるのです。1つはオバマ大統領の国民が選んだ政府。もう1つは、このDHS(国土安全保障省)影の政府です。このDHSはブッシュ大統領によって作られた影の政府で、万が一、国民の選んだ政府が反ユダヤだった時に、影からコントロールするために設立されたのです。その他にも、ユダヤの政府にNSAという所もあります。

Illuminati の反対からのスペルでitanimulli、そして.comを付けてサーチするとこのNSAのサイトにたどりつきます。


 そう、オバマ政権がDHSをコントロールしているとお考えのあなた!もう一度、米国には2つの政府があるということを確認しなくてはなりません。


----------------転載ここまで

闇の罠に嵌ったワタミ会長

 おそらく、元はこんな人物ではなかっただろう。闇に関わるとこうなる。というよい例と言える。

 上場企業の会長となり、誰も逆らえない立場になると、おおくの者がその罠に落ちる。そう、独裁者となるのだ。

 誰もが、Yesマンで、叱ってくれない。それどころか、ここまでくると、叱る者を拒絶し、さらにはその者からの苦言をききいれるどころが批判して返すという愚かな行為にでる。

 主イエスは「この世界をくれてやる」といったサタンに対して「悪魔よ去れ!」と言い放ったが、会長は「サタンよ去れ!」とは言えなかったのだ。当然だ。経営で成功しても意識レベルがイエス様と同等とはいかない。
むしろ「神の国に入るのは、なんと難しいことか。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい(マルコ福音書 10:17~31)」のだろうし(笑

 お金に目がくらんだ指導者は、もはや正常な考えが出来ないらしい。これこそが偽ユダヤが作り上げた株式市場と言う悪魔のシステムである

 
 もはや従業員の健康などクソくらえなのだ。市場の原理に意識を失った指導者は、ついには頭がポポポ ポ〜ンしてしまいこんな理念? まで作り上げる

 「365日24時間死ぬまで働け!」

 闇の期待にみごと応えたワタミ会長。

 これってやはり奴隷に言う言葉なのでは?
従業員が過労鬱になり、で自殺しても反省もしない。これこそ闇の雛形。

 理念集には、これ以外に「出来ないとは言わせない」とあるらしく、「これら理念に同意しない者は辞めてもらう」との趣旨が書かれてあるらしい。

 それならば、従業員も会長に言えばいい。

「残業しなくてよく、それでいて高収入の職場システムを構築してください。出来ないとは言わせません」

 とね。


 会長は、己の善人ぽい行動の背景に、それが従業員が命を賭して稼いだお金である事を顧みる必要が有るだろう。

マラキの予言か?

コブラはここで「近い将来には如何なる大規模な天災的イベントも起こらず.-------」と語っているが、欧州では記録的災害が起きている。

以下転載

人類への警告・欧米を襲う記録的災害

壊滅的な洪水・欧州中央部


ドナウ川(Danube flood)の洪水で冠水したドイツ南部パッサウ(Passau)の旧市街
(2013年6月1日撮影)(c)AFP=時事(AFPBB News)
 

欧州中部では、先週末から記録的な集中豪雨で大規模な洪水が発生し、土砂崩れや増水した川に流されるなどしてドイツやチェコ、オーストリアなどで多くの死者や行方不明者が出ている。

オーストリア西部のフォアアルルベルク、チロル、ザルツブルク、オーバーエスタライヒの各州では、豪雨による土砂崩れで1人が死亡、2人が行方不明となり、数百人が避難している。同国気象当局によると、週末の数日で平年のこの時期の2か月分の雨が降ったというから凄い。

AFP通信によると、チェコでは7000人以上が避難し、政府は被災地に非常事態を宣言。首都プラハで地下鉄が運行を停止したほか、学校が休校となった。また、観光名所のカレル橋は閉鎖され、動物園は動物を高台に移した。

ドイツの被害は特に大きく、南部と東部の4州で甚大な被害が広がっている。一部地域で48時間の降水量が記録的な水準に達し、ドナウ川の堤防が複数箇所で決壊して数十町村 が水に埋まっている。水位が13mに達したドレスデンでは聖母マリア教会も水没。連邦軍は兵士1760人を動員し、土のう作りや避難所の整備に当たっている。ドナウ川やライン川で一部の船が運航を停止し、物流にも影響が出ている。

この他、スロバキアやハンガリー、ポーランド、スイスでも洪水などの被害が拡大しているが、欧州がこれだけ広い範囲にわたって記録的な豪雨や洪水に見舞われるのは極めて珍しいことで あり、本格的な天変地異の到来を知らされているようだ。我々日本人もこれを対岸の火事とせず、しっかりと肝に銘じておくべきである。 

「ひでぼー天使の詩」の中の一節がが心を打つ 


今、地球は立派な蝶となり、羽ばたこうとしている。
新しい地球の始まりだ。
これまでの間違ったやり方を反省させられ、
一斉に裸にされてしまうときが迫っている。



6月2日、中央ヨーロッパの多くの地域が洪水に見舞われた。
写真はオーストリアのザルツブルグ。 BBC より。
--


3日、ドイツ南部パッサウで、冠水した通りをボートで進む救難隊員(AFP=時事) 


チェコ・プラハのブルタバ川沿いで、洪水を防ぐ止水板を設置する軍の兵士ら
(2013年6月3日撮影)(c)AFP=時事(AFPBB News)  


米国は災害のオンパレード


米国各地で記録的な自然災害のラッシュが続いている。竜巻、豪雨、山火事、雷、洪水 ・・・・・ これに噴火と地震が加わったら災害のオンパレードとなる。なお5月中旬以降、連日のように十数個発生している竜巻であるが、まだその数は例年に比べて半分ほど。しかし被害が大きくなっているのは、それだけ竜巻の規模が巨大化したことと、住宅街を狙ったかのように発生しているためであるようだ。

先日5月20日に巨大竜巻に襲われ20人を超す死者と多くの負傷者が出たばかりの米中西部オクラホマ州では、再び立て続けに5件の竜巻に襲われ、これまでに子供2人を含む14人の死亡が確認され、70人を超す重軽傷が出ている。

竜巻に襲われた高速道路では、横転した多数の車が取り残され救助活動が難航。また風力発電のタービンが強風で45mも遠くまで飛ばされ、託児所に激突している。幸い中に人が居なかったので人的被害は免れているが、今回の竜巻がどれほど危険であったかを物語っている。

直撃を受けたオクラホマ州のムーア市当局者はテレビに対するインタビューで、「2日前にがれきを片付け始めたばかりなのに、またこの竜巻だ。信じられない」と語っており、ショックを隠せないでいる。オクラホマシティー付近の被害は竜巻だけではない。激しい雨で洪水も発生して道路が切断され孤立したエリアも出ている。

竜巻や激しい嵐の発生はオクラホマ州だけでなく、ミズーリ州やイリノイ州などの中部でも起きており、多くの民家や学校の体育館の屋根が壊れ、計20万世帯が停電するなど被害が広がっている。またニューヨークシティーでは真っ暗闇となった空から強烈な落雷が落ち、ベンチにいたニューヨークヤンキースの選手たちが飛び上がっている姿がテレビで生中継された。

一方、カリフォルニア州やコロラド州などの西部では乾燥した状態が続いており、先日から発生している山火事がさらに拡大し、既に20,000ヘクタール(およそ琵琶湖の3分の1)が焼失している。


オクラホマを襲う竜巻


オクラホマの洪水で道路が切断


コロラド州デンバーの山火事


ニューヨークシティーでは雷が発生


転載ここまで。

別のサイトでも伝えられている

欧州中央部の大洪水は過去100年で最悪クラス!各地で未だに水位上昇が続く!計13人死亡!ドイツは緊急支援を決定


 なんか最近、フレアもたいした事なく、地震も火山も平穏だなぁ〜と思ってたら、日本だけのようだ。

あれかな? マラキの予言?

ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう。
ローマ人ペトロ、彼はさまざまな苦難の中で羊たちを司牧するだろう。
そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。


オバマ大統領は反シオニスト

オバマ大統領は確実にシオニストと対決しているようだ。

以下、日本や世界や宇宙の動向さんの「大国政府が絡む世界戦争がはじまりました」から一部転載。

--------------------------

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2013/06/1st-super-governmental-world-war-begins-warning-graphic-content-2446976.html

(概要)
6月4日付け:
(アメリカは、幼児を惨殺するような連中に武器を供給しています。)
私は個人的にアメリカをハイジャックした連邦政府に苦痛を感じ、恥ずかしく思っています。連邦政府はもはや人民による人民のための政府ではありません。アメリカのリーダー達は米国民の権利を保障する共和国とは全く関係ないところにいます。米国民は、アメリカが苦境に立たされていることを否定し、シオニストのメディアが報道する偽情報を全て信じ、覚醒した人々をバカにし、ネットで流される情報を、嘘だと決めつけているのです。しかし彼等こそ、騙されているのです。大衆を騙すことの方が、大衆が騙されていることを周知させることよりも、ずっと簡単です。ゴードン・ダフ氏による以下の記事には、キリスト教正統派のプーチンはシオニストのアジェンダや彼等が5年以内に7ヶ国を滅ぼそうとしていることを知っています。シオニストはアサド政権を転覆させるために反政府の自由シリア軍シリア(アルカイダ、CIA、Dahの複合体)や他の過激派に武器を供給し、敵対者だけでなくキリスト教信者らを大量虐殺しているため、それに対抗してロシアはシリア政府軍に武器を供給しています。米政府は、エジプトのムスリム同胞団などの過激派グループが他国政府を乗っ取ろうとおかまいなしです。
アメリカのメディアは次から次へと大量の嘘や恐怖に塗り固められた情報を流布していますが、その直後にそれらが嘘であることが分かります。真実の情報とは。。。シリア国内で若い女性や少女を拉致し、強姦し、殺害している強姦集団の反政府勢力は監視されているということです。戦線が引かれました。正式に戦争が始まりました。シリアの連合軍はロシアのプーチンが率いています。このように世界が紛争状態の中で、ロシア政府は公然とロシアのシオニスト・オリガーキーと関係を悪化させながら、初めて最前線に立ちました。

プーチン側:
・ オバマ、国防相、ペンタゴン
・イラン
・シリア
・イラク
・ヘズボラ

中央又は枢軸国:
・ドイツ
・トルコ(イラクのクルド)
・イスラエル
・サウジアラビア
・イギリス、フランス
・アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)、米議会内部のイスラエル・ロビースト
・ジョン・マッケイン議員、アルカイダ
・世界的な組織犯罪のスポークスマンであるグローバル・メディア

戦争が始まっています。それはシリアだけでなく、アメリカ国内でも、メディアの情報操作により恐怖と嘘の情報をばら撒きながら継続的な偽旗テロ攻撃が起きています。最近では、ボストンとイギリスのウルウィッチで偽旗テロが起きました。
偽旗テロ攻撃の嘘やプロパガンダが暴露されています。




-----------------転載終わり


太陽光発電設置から一年

 2012の5月に取り付け、一年が経過した。自治体へ報告義務が有り、まとめたのでついでにここでも報告。

 うちは設置当初、抑制が頻繁に発生し、3kw以上になるとパワコンの抑制が働き、せっかくの発電が無駄になっていた。理由は、トランスまでの距離とケーブルの細さによる抵抗からである。

 対処として、当方は敷地内のケーブルを太くし(有料)、敷地外からトランスまでは電力会社が太いケーブルに変えてくれた(無料)。

 この工事を施したのが7月。よって、昨年の5、6月の2ヶ月は正味の発電がなされていない。


以下は昨年の6月初め〜今年の5月末までの一年分である。

総発電力:7103kw(モニター上)内、売電4829kw(メーター上)

 ※モニターとメーターが完全に一致していないのは仕方ないのだが、あまり変わらない。
 金額に変えると、

*電力会社に売った額は:202,818円
*買った額は:138,617円
*差額(儲け):64,201円

 うちは水道代が電気(井戸のポンプ)なので、それが29,207円。それをそこから差し引いても35,000円残った。
 

 つまり我が家のこの一年の電気代は完全にタダになった。


 昨年の5、6月の抑制は今年と比較するとほぼ 1万円/一月 の違いが出ている。昨年の5月は14000円強だったが、ケーブルを変えたあとの今年は25000円代となっている。従って、単純に考えると、次回の総売電分は今回の売電よりさら2万円は増えると思う。

 (フリーエネルギーが出て来ず)現状の社会の動向のままなら、10年後からは儲けはないが、買う電気代が若干掛かることになる。
しかし今から10年後までに余る 約35000円/年 をその後の10年に足せば(繰り越せば)、電気代はタダということになる。
ちなみにこのパネルは20年保証である。

 ということで、なんとか10年で元を取りたい....。

コブラの報告 5/30

コブラの報告があったようです。知りませんでした。

転載ここから----------------


コブラ5/30:アーヴィン/ラグーン会議の報告とイベントのために新設されたウェブサイトの告知

引用元:Portal 2012 | Thursday, May 30, 2013

(Yahoo翻訳)
アーヴィン/ラグーン会議についての短い最新版

我々の会議は、大きな前進でした。我々の場所は、ポータルを起動させた渦のための主なアンカーポイントでした。Eventが起こることができる前に、これは必要な主要なエネルギー進展の1つです。

我々の会議の焦点は、Eventの時間頃の数週間の過渡期の間に表面の人口を援助する機動部隊をつくることになっていました。これらの機動部隊は、多数を静めて、人類に移行を案内するためにEventの時に表面の人口を通して使われることができる実用的なツールを開発します。



行政当局とResistance MovementがEventの時に彼ら自身の基盤を提供するが、同様に草の根の基盤を持つことは非常に重要です。我々の代わりの基盤により隙間を満たして、確実に移行がより滑らかでより調和していることになります。

6つの機動部隊はつくられました:惑星リーダーシップ・グループ、治療者グループ、メディア・グループ、新しいルネッサンス・グループ、新技術グループと財政的グループ。すべてのこれらのグループは、彼らの特定の地域で移行を容易にすることを助けることができる実用的なツールを開発します。

我々は、Eventの時間のために一般的な表面の人口のために詳細な指示を含む特別なウェブサイトをつくりました:


www.prepareforchange.net

我々の機動部隊の各々は、彼らの特定の内容をウェブサイトにアップロードします。それはここ数週の間にアップグレードされて、開発されます、そして、かなり完全であるとき、表面の集団の呼びさまされた一員を通してウィルス性にする時間です。

Lightの勝利は、近いです!


-----------------------------


Short Update about the Irvine/Laguna Conference

Our conference was a huge breakthrough. Our location was the main anchor point for the vortex which activated the Portal. This is one of the main energy breakthroughs needed before the Event can happen.

The focus of our conference was to create task groups which will assist the surface population during the few weeks transition period around the time of the Event. These task groups will develop practical tools which can be used throughout the surface population at the time of the Event to calm the masses and guide humanity through the transition.

Although the civil authority and the Resistance Movement will provide their own infrastructure at the time of the Event, it is very important to have grassroots infrastructure as well. Our alternative infrastructure will fill in the gaps and will ensure that the transition will be smoother and more harmonious.

Six task groups were created: planetary leadership group, healers group, media group, new renaissance group, new technologies group and financial group. All these groups will develop practical tools which can help easing the transition in their specific area.

We have created a special website which will contain detailed instructions for the general surface population for the time of the Event:

www.prepareforchange.net

Each of our task groups will upload their specific content to the website. It will be upgraded and developed during the next few weeks and when it is fairly complete, it will be time to make it viral throughout the awakened part of the surface population.

Victory of the Light is near!

Posted by Cobra at 1:22 PM
http://2012portal.blogspot.jp/

----------------転載ここまで


プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム