ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロメダ評議会サイト閉鎖?

 アンドロメダ評議会のHPが閉鎖されています。

推測ですが、ドメインの更新をしていなかったのだと思います。

ドメインの取得、更新は有料です。

 通常は更新の時期が来ると管理会社から連絡がきますが、サイト運営者がそれを受け取られていないのかもしれません。

 いずれにしても、もし推測通りなら、管理者様はもうやる気がないということでしょう。

 あと4ヶ月ですしね。その為に1年分の更新料払う事もないでしょうし......。

スポンサーサイト

シリア軍事介入でチャネリングの真贋を問う

 この茶番はいったい何だろうか?

あたかも軍事介入しそうで、まるで避けられないような報道でありながら、英は介入に議会が否決? だったらなぜメディアは先走った報道を流したのか。
議会にもかけられていなかったものがなぜ3国の軍事介入とされていたのか。ニュースを見ないでくださいというメッセージは正しかったということか? 

 まだ米国の結論は出ていないが、少なくとも英国の部隊は巻き込まれない可能性があるということだ。


 それにしても米だけで行動するのはもはや狂気の沙汰だ。今や誰もが疑問を抱くその事案に単独で介入すれば、それは逆に世界を敵に回す事になる。もし大統領が介入を強行すれば、オバマは間違いなく闇側ということになろう。

 しかし、これもマシュー論だとこうなる可能性がある。

 以前、モンサント保護法に対してオバマ大統領がサインをしたことにマシュー君は

この恐ろしい法案がもたらす国民の怒りによって、国民がその法案の無効を迫るような気持になる必要があると考えたのです。国民は、彼らの選んだ代表者たちが頑強な派閥争いを止め、ロビイストたちの金力による議案の票支配を終わらせ、国益に適うように働くように自分たちの権利と責任を行使して要求しなければなりません。


 とその行為を正当化している。

 今回のシリア問題でみれば、確かに非常に多くを覚醒させただろう。しかも当事国ではデモさえ起り、それは間違った行為を無効にして、マシュー君の上記の言い分にあてはめる事はできる。

 ではその為にケリー国務長官はあんな悪魔みたいな顔で、シリア政府が化学兵器を使用したと全米につたえ、介入の正当性を訴えたのだろうか。オバマ大統領もその為にシリアの使用を断定したのだろうか。


 もし、米国がシリア介入を強行すれば、ペンタゴンは未だ闇の支配に有るという事であるし、このまま介入がなければペンタゴンは正常に機能していると観る事ができる。
 そしてオバマもそれによりどちら側かの判定ができる。

 今までのチャネリングメッセージの真贋を問う絶好の機会である。

 

 

八咫烏? イエ、野生のカラスです。

 はいはいはいはいはい...。情報カオスですね(笑

情報を集めてくださっているサイト様もちゃぶ台をひっくり返したい心境でしょう。

 一部では「全てが順調に進んでいます」とのメッセージがありながら、世俗の時事では戦争へと向かっていると云われています。メディアもジャーナリストもチャネリングもどれも信用なりません。


 そんな中で、ZAPの報告は説得力が有りました。元であるプーフネスは語った事がすべて外れましたが、今までの状況を鑑みれば、予定としては嘘ではなかったのかもしれません。ZAPが語るように、一旦決まりそうになっても、誰か(どこかの国)が不満をこぼしGoに至らなかったのかもしれません。

 さて、いずれしても、私としてはもうやることはやったのではないかと思いました。シリアもエジプトも平和の瞑想に参加しました。それでも戦争が起こるなら、それはもう我々の手を離れています。3次元好きな方々で勝手にやってください。

 そのとき私がする事は、それに巻き込まれないように自然体でいることです。みなさん、これでよくわかりましたね? やはりすでに次元は別れてます。

 ちなみにコブラ最新では、シリアでの負のアルコンの渦は瞑想の結果として崩壊しており、これはカバールがもうシリアでの戦争を作成するための大規模なエネルギーをサポートしていないことを意味していると述べています。さらに 陰謀による外国軍のシリアへの侵略は、正軍による行動の引き金となり、それにより実際にイベントを開始することができると伝えています。


 それはさておき、私は、26日に我が家に隣接する林を拠点にしているカラスから情報を受け取りました。確認したのは

-何が起こるのか?
-いつなのか?

 です。この "いつ" に関しては3段階有りました。そのある日時に起きなければ次はこの日というものです。そしてその2、3段階目は来年です。ちなみに3段階目は8月です。

公に告知すると成就されませんから秘密にさせてもらいますが、ブログ内容からヒントを得てくだされば幸いです。但し、もうひとこと云うと、3次元の方々からすればネガティブな現象です。だから書きません。


 その代わりと言ってはなんですが、その時得たカラスの習性をお教えします。
どうやら、朝、カラスたちの咆哮? はエサの情報を交換しているようでした。我々の言語に変えると「○○のところにウサギがいるよ。それから白い家の納屋の入り口に人間が置いた食いもんが有る」という感じです。

(テレパシーは受け取る側の語彙力に合わせて変換されます。彼らがこのまま会話している訳では有りません)


 さて、動物たちは次元上昇に伴う地球の変動を受け入れていると伝えられています。彼らにとってその変動は吉なのでしょうか凶なのでしょうか....。

 はっきりしている事は、かれらは自然体だということです。


 

コブラ呼びかけ集団瞑想の日本時間

 えー、、、コブラが呼びかける集団瞑想の日本時間ですが、

動画では 25日 18:11
ハートさん 26日 6:11
啞蝉坊さん 24日

 となっています....。

どれが正しいのでしょうか?

 というか? 時差が6時間ありますから、25日 17:11 となると思うんですけど

 だって今カイロ 6:37 だよ。日本は 12:37 。

*******************

 さきほど、コメント頂きました。私のはサマータイム入ってたみたいです。このサイトのせいです(笑

それで真相はどうやら午後11:11だったようで、従ってハートさんがいう

 26日、午前 6:11

 になるそうです。


 

コブラ:平和のポータルが2013年8月25日に開く

 日本語です。




公開日: 2013/08/14

2013年8月25日には、この惑星の紛争地域に浸透する強力な光をもたらす非常に重­要なポータルが開く。
この日には、7月29日のグランドセクスタイル(複数の星が太陽を中心として、60度­おきの配置になること)に次ぐ、夏のグランドセクスタイルの状態になる。


TV業界のくさい芝居は信用を落とす。

 皆さんは、TVで紹介される商品が、本当に番組が注目した商品や人物として紹介されるなんてよもや思っていませんよね?

それらはすべて広告代理店から営業されたものです。
例えば、芸能人が気になる人物として「○○さんに会ってみたい」などと偽って、番組に出演したりしますが、ほとんどがスポンサーからの要請による広告代理店の仕込みです。

 私が大好きなジャッキーエヴァンコのときは露骨でしたね(笑
行列ができる法律の中で、芸人が会いたい人として彼女を名指ししましたが、きっちりコンサートの来日に合わせていましたから。しかも失言「初めて聞いて驚いた」って....おい!

 こういうことをまぁ仕事を通じて知っちゃってるもんですから、もうわざとらしくて呆れてしまいますが、知らなかったみなさんも、これから見る目が変わるでしょう....。


 番組の中で紹介される書籍やグッズもほとんどそうです。すべてに金が絡んでます。一度に数十万人、数百万人の目にさらす事ができる場所と時間を、タダで済ますわけがありません。

 情報番組等の合間に新聞からのピックアップとして新商品などを紹介していますが、これらもすべて広告代理店が仕組んでいます。
そしてそのからくりは、新聞に載せる前から始まっています。

 まず、広告代理店は広告を取る時、企画を作りますが、例えば、とある企業が「新商品(新人)を宣伝したい」と持ちかけた時、広告代理店は企画を作り、同業種に声をかけ、「今回このような企画が有るんですがいかがですか?」と持ちかけます。

 数社集まると、あたかも新聞の記者が見つけて来たニュースかのように『今年は○○が熱い!」とかタイトルを付け、それぞれの企業の商品と特徴が記事になります。そう、その記事自体が、広告なのです。

 しかも事前にTV番組にはその新聞社のその記事をピックアップするよう話しはついており、特に売りたい商品は番組で実物を持ち込み紹介し、コメンテーターやひな壇の芸人たちが褒めそやすという仕組みです。

 これで、スポンサーから持ちかけられた宣伝は終了する訳です。

 一度、思いっきり突っ込んだ宣伝が有りました。上記のように新聞からピックアップしたようにとある記事が紹介され、アナウンサーがその記事でダジャレをいうとすぐCMに入りました。するとなんと映ったCMがそのダジャレの名前の会社だったのです。それもその日その時しか放映されませんでした。広告代理店に騙されたようなかわいそうなCMでしたが、逆に「ここまでやるとは凄い! なんでもありなんだな....」と感動しました。
 つまり、スポンサーに合わせて記事を選んでいるのです。


 時折、人気者が手にしていたものがたまたまTVに映り、それが爆発的に売れたりしますが、そんな甘い話しは有りません。そこにもしっかり広告代理店がついています。芸能人は歩く広告塔なんです。お金頂いてるんですよ。
もちろん、ドラマなんかに出てくる小物もそうですが、あれらは基本的に無償で提供されています。そのかわり、クレジットに企業名が並ぶ訳です。私の会社も並んだ事が有ります。

 多くの中小企業の社長さんたちが、商品には自信があるのに売れない、と嘆きますが、結局、大手広告代理店でそれなりの宣伝をしようと思ったらそれなりの金額が必要だという事です。

 そうです、我々がいつも警戒しているあれです。人気もないのに人気上昇中とか政党の支持率とか....。メディア業界は嘘だらけの世界なのです。

光の柱

 In Deepさんのブログに面白い写真が有って、これは先週どこかのブログで観た事あるぞ? と、検索してみた。

これが今日のIn Deepさん掲載の写真。実際は過去の記事らしいんだが、今日の記事に合わせて再掲載したらしい。

In Deepさんより

 なかなか意味深な写真だ。

 で、これが先週の阿佐ヶ谷で撮られた「何かかが降臨したようだ」というコメント入りの写真。

以下のリンクより


 まぁ結論として、スマホで雷を撮ればこのように映るらしい。なんか残念.....(笑


 うちらの周りは降臨だらけ(笑
薪づくりで木をきってると、株が焦げて倒れてる木が結構ある。あれは落ちた証拠だね。すざまじいからね。音なんか半端ないです。家が揺れるから。
 焦げた木は敷地内だから20mほどだから、いつも思うのは、よく家に落ちないな....ということ。


 ところで、私の実家、光の柱が立ってるんだよね....。私には見えないけど、相方が見える人なんですよ。
初めて家を遠くから観た時、光が降りてたそうな。でもそれを私には黙ってた。
でも、兄貴が「家に光が降りてるんだ」と私に云うから、「へー」って思って相方にそれを伝えたら、「降りてたよ」と。しかも
「あのとき、『光の柱が観えた』って言ったでしょ?」
 と怒られた。黙ってたんじゃなくて、たんに私が忘れてただけか、聞いてなかったようだ(笑

 ちなみにその実家、神戸の震災前に引っ越した場所なんだけど、その土地探してあげたの私なんです。

ここはね、降りてなかったから、降ろそうと思ってます。


エジプト情勢

 エジプトでいま起こっていることの真実を、啞蝉坊さんのブログが分かりやすく解説してくれています。私もそこに書かれている内容と同じ認識でいます。内容は昨日の記事「見える手・見えざる手」と今日の記事「英米メディアの印象操作にエジプトが反発」を併せてご覧ください。

 さて、なぜ同じ認識かというと、そもそもムスリム同胞団という組織が政権を握っていたという事が間違いだと思っているからです(いつだってそうですが、革命は若者たちの手によって成功するのに、その後統治するのはいつだって年寄りです。いかに若者が利用されたかが分かります)。

 そのように若者は一連の「アラブの春」に続いて自由を勝ちとりましたが、実は新たな統治体制が出来ただけで、実は何も変わっていないというフランス革命や明治維新と変わらない状況だったのです。

 シリアの民衆多数が、自由シリア軍を受け入れない理由は、エジプトがアラブの春以降、政権を握ったムスリム同胞団がイスラム原理主義色を強めたのを観ていたからです。
 これは、ほとんどの宗教然りの、人々を教義で縛り支配するというまさに何千年も前の振り出しに戻ってしまう可能性があったのです。

 エジプトでは、まさにそれが起きていました。民衆はデモで一旦自由を勝ち取りましたが、それは既存の支配体制が崩れただけで、闇はまた一から支配を立て直そうとしだしたのです。凄まじいまでの支配欲です。

 しかし今度ばかりはそうは問屋が卸しません。どうやらエジプト軍はまともなようです。

 いずれにせよ、極端とも云える男尊女卑のイスラム原理主義が世にはばかることは許されません。男尊女卑の思想そのものが支配欲なのです。己より弱い者を作りたがるのです。そして不思議な事に、そういう人たちは、自由に対して無頓着です。そう、彼らは下の者には強いが、上の者には弱いのです。宗教組織にのめり込む人たちにも共通するのですが、彼らは自由を欲していないか、支配されたがっているのかもしれません。なぜなら、自由とは責任が伴うもので、それよりは、誰かの言いなりになるほうが楽だと考えるからです。

 つまり、弱者を作り上げるような教義に心を捕われている者たちが今後の地球で生きていくことはできません。したがって今回の出来事で亡くなるのは、致し方ない事かもしれません。

 彼、彼女たちが誰かの言いなりになるだけでなく、己で考え、はやく気づくことを祈ります。




言葉足らずでした。

前記事の

 オバマ大統領を光の戦士と捉える人は英語圏ではほとんど居ないそうです。

 ちなみに、英語圏の知人に寄ると、YES WE CAN を逆再生すると、THANK YOU SATAN (サタン) となるそうです。



 はコブラの情報では有りません。紛らわしかったですね。お詫びします。

ということで、若干書き直しました。


9月に計画されている米軍によるクーデターは阻止される

 9月に米国で軍事クーデターの計画がされており、オバマ大統領は辞任させられるだろう。との情報が最近出ていましたが、コブラ最新情報では、それは阻止されるとのことです。

 しかし準備はされているようなニュアンスなので、この計画が本当だった可能性はあります。


 また、金融リセットに関してここで、告知がされているが、イベントの準備が整うまでリセットはないと伝えています。


 あと、コブラ情報では有りませんが、オバマ大統領を光の戦士と捉える人は英語圏ではほとんど居ないそうです。

 ちなみに、英語圏の知人に寄ると、YES WE CAN を逆再生すると、THANK YOU SATAN (サタン) となるそうです。


安倍ネオナチ政権が打倒されて新たな革新政権が樹立される

 信じる信じないは別として、時々覗かしていただくサイトに面白い情報があったので.....。4日程前の記事だけど....。

太陽のポールシフトで世界金融恐慌
米、中、露、EU、日での革命が起きる

2013.8.7;更新:8.9

 11年毎に起きる太陽の北極と南極の逆転=ポールシフトは、1980年にイラン・イラク戦争、1991年にソ連解体をもたらした。2002年にはチェチェンのテロリスト集団がモスクワの劇場を占拠、特殊部隊の突入で犯人40人を射殺、人質129人が死亡した。

 現在既に米国では、70兆ドル以上の対外債務で国家財政が破綻している上に、米基幹産業たる自動車産業の本拠デトロイト市でGM社が破綻、市の財政破綻とゴーストタウン化が起り、多くの州と都市の財政が破綻状態にある。露、独、仏、伊、西、希も経済が破綻状態にある。日本では国家債務が1008兆円、 GDPの2・2倍以上に達して国家財政が破綻状態にある。

そこで、宇宙情報によれば、太陽のポールシフトが本年11月に起って、米ドルと米経済が崩壊し、1億300万人の貧困者始め3億5000万の米国人民が決起して、内戦と新アメリカ革命が起って、勝利する。

 その過程で世界金融恐慌が起って中國、日本、EUの経済も破綻する。世界中の通貨が紙切れ化する。中国で7億の貧困者その他の10億以上の人民が生存の脅威に直面して、中国新人民革命が起きる。

 中国の新人民革命の影響下にロシアでも新たな人民革命が起きる。しかしそれは、レーニン-スターリン型の革命にはならない。それは新しい人民革命になる。

 EUでは、独、仏、伊、スペイン、ポルトガル、ギリシャ等々で人民革命が起きる。
 
 日本では、安倍ネオナチ政権が打倒されて新たな革新政権が樹立されるが、当初は中途半端な改良に留まる。しかし金権奴隷の屈辱的な金権全体主義心理と、その起因たる遺伝子設定の監獄が、創造主らの支援で無力化され、日本社会は抜本的変革へ向かう。日本の東と西の海外で起った米国革命と中国革命からの社会的大津波で、日本も革命へ向かい、史上画期的な革命が勝利する。

こうして、世界規模で社会革命が発生して、それは、創造主らの多数宇宙ブロックス管理界の天命により、地球人が万事無償奉仕の新地球社会へ移行する歩みを開始することになる。すべての社会変革は、この方向へ向かう。

 しかし、現状のままでは、創造主らの多数宇宙ブロックス管理界でのサタン類似存在からの妨害がありうるので、それが地球社会変革の不確定要素を潜在させている。



 前にも書いたのだけど、この宇宙ブロックス管理界って何なのだろう?
この情報を出している人もそれを伝えてほしいですね。


JFKの娘キャロラインは突っ走る安倍政権への抑止となるか。

 昨日23時ごろにこの記事を書こうと思ったらサーバーが0時までメンテナンス中とのことでログインできませんでした(悲

 さて、以前、JFKの娘であるキャロライン・ケネディが現ルース米日本特命大使の後任となる事で、彼女は日本を足場に父の仇を打つのではないか? と記しました。
 そして昨日、新ベンチャー革命さんのブログに同様の認識とみられる記事が出ましたので転載させていただきます。

新ベンチャー革命2013年8月12日 No.783

タイトル:日航機御巣鷹山墜落慰霊祭の8月12日に沖縄に移送されたオスプレイをオバマ米大統領が忌避したのはなぜか

1.オバマ米大統領も忌避するオスプレイ、日航機御巣鷹山墜落事故犠牲者の命日に沖縄に移送される

 2013年8月12日は、1985年に起きた日航ジャンボ123便御巣鷹山墜落事故犠牲者の命日です。

 同じ日、米軍のオスプレイ8機が岩国から沖縄普天間基地に移送されています(注1)。この移送は先日、沖縄で米軍ヘリが墜落事故を起こして、延期されていたものです。何の因縁か、オスプレイはよりによって、8月12日に移送されました。

 沖縄の人々の神経を逆撫でするような米軍の行動です。

 2013年8月10日、オスプレイがオバマ大統領の休暇旅行に初運用されたそうです(注2)。しかしながら、これは大統領スタッフのみが搭乗し、オバマ一家は大統領専用ヘリCH-46Eに乗ったとのことです。

 ちなみに、米軍は普天間基地に配備されている旧式ヘリCH-46Eをオスプレイに更新代替しようとしていますが、皮肉にも、オバマ自身は米軍に逆らってオスプレイを拒否して旧式ヘリCH-46Eに乗ったのです。

 上記の事実から、日本はオスプレイの実験場にされているという本ブログの主張がいみじくも証明されています(注3)。

 ところで、オバマはなぜ、オスプレイを忌避したのでしょうか。

2.オバマはなぜ、オスプレイを嫌うのか

 もし、今回の夏休み、オバマが率先してオスプレイに乗っていれば、外務省と防衛省の日米安保マフィア連中は、オスプレイの日本配備を国民に説得しやすかったのでしょうが、オバマは見事にスル—しています、なぜでしょうか。

 本ブログでは、オバマはケネディ(JFK)・ジュニアの飛行機事故死(1999年発生)を意識しているのではないかと想像します。このとき、JFK・ジュニアはケネディ家の別荘のあるマサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード島に向かう途上でした。彼は映画俳優のような二枚目で、米国民に大変人気があり、もし生きていたら、間違いなく大統領になっていたでしょう。

 そして、今回、オバマ一家が向かうのも同じマーサズ・ヴィニヤード島です。

 オバマを熱狂的に支持してくれたキャロライン・ケネディ(亡くなったJFK・ジュニアの妹)が近々、駐日米国大使に赴任する予定ですが、おそらく、キャロラインがオバマ一家をケネディ家別荘に招待したものとみなせます。

 ところで、本ブログのメインテーマである米国戦争屋一派(CIA含む)がJFK暗殺に関与していた疑惑は根強く米国に存在します、それは、本ブログ前号No.782にて取り上げたオリバー・ストーンの映画“JFK”でも明らかです

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.687の注記をご覧ください。

 以上の事情から、オバマ一家がオスプレイに乗ると、そのオスプレイが墜落事故を起こしても、これは未亡人生産機と呼ばれるほど事故が起きやすい飛行機ということでやむを得ないと、米国民を納得させられるわけです。

オバマは常に米戦争屋謀略部隊から監視されて狙われており、彼自身は暗殺される危険を覚悟しているのでしょうが、家族を危険にさらしたくないのでしょう。その証拠に、過去、オバマの娘が命を狙われたことがありますから(注4)。

3.ボストン・テロはオバマのキャロライン・ケネディ登用への妨害工作だったのか

 さて、米国では、オバマがキャロライン・ケネディを駐日米大使に登用すると発表したとたんにボストン・テロが起きているので、本ブログでは、これも、オバマへの嫌がらせとみていました(注5)。そのせいなのか、しばらく、キャロラインの駐日米大使人事案が立ち消えになっていました。ところが、最近、その人事がまた復活しています。

 米国戦争屋ボスを含む米国寡頭勢力はJFK一家からの復讐を非常に恐れており、JFKジュニアが不審な事故死する理由は十分あります。そして、その妹キャロラインの政界入りも忌避するはずです。彼らはいまだに、JFKの亡霊に悩まされているのです。

 そのような環境下、オバマによるキャロラインの駐日米大使人事強行で、オバマが米戦争屋から仕返しされる危険は非常に高まっています。

4.オバマは何者かに、常に恫喝と嫌がらせを受けている

 オバマの二期政権がスタートした2013年、オバマに対する露骨な嫌がらせの映画が二本も封切られています、まず、今年3月に“エンド・オブ・ホワイトハウス”が全米で封切られています(注6)。

 さらに6月には“ホワイトハウス・ダウン”が封切られています。こちらの映画では露骨にも登場する架空の米大統領が黒人となっています。

 このところ、日本のテレビ局では頻繁に、ホワイトハウスが攻撃され、大統領専用機エアフォースワンが撃墜されるCG画像が流されています。

 オバマは過去、すでにエアフォースワン搭乗時に実際に恫喝を受けています(注7)

 本ブログでは、これらの悪趣味映画の闇スポンサーは米国戦争屋一派とみなしています。彼らの目的は、オバマへの露骨な恫喝と嫌がらせです。

 オバマが大統領に就任して以来、米戦争屋は常時、オバマを恫喝していることは、本ブログ前号(注8)にてすでに指摘しています。

 これらの事実を知れば、今回、オバマがオスプレイに家族を乗せたくない気持ちはよくわかります。

5.オスプレイでもめるこの時期、オリバー・ストーンの来日はオバマの代弁のためか

 上記のようなオバマ周辺の動きを分析すると、オバマは米戦争屋に殺されたJFKの仇をとろうとしているような気もします。オバマは今、あえて、米戦争屋を挑発するように、JFKの別荘のあるマーサズ・ヴィニヤード島で休暇を取り、そして、ボストン・テロを仕掛けられても屈せず、キャロライン人事を強行するといった行動に打って出ています。そうしてみると、キャロラインが日本に赴任する前、露払いのように、JFK暗殺の映画をつくったオリバー・ストーンが来日したもの、オバマの計略である可能性すら出てきます。オバマは日本国民に、自分の考えをオリバーに代弁させているような気がします。

 オリバー・ストーンはオバマをヘビのような人間だと酷評していますが、上記の分析から、オバマはJFK仇討に関しては、ヘビのように執念深いのかもしれません。オリバーはオモテムキ、オバマを批判してみせて、米戦争屋のターゲットにされるのを巧妙に回避しているようです、それだけ米戦争屋は油断ならないのでしょう。オバマがヘビなら、米戦争屋を龍と言っていますから・・・。

 最後に、今日、2013年8月12日は、1985年の日航機御巣鷹山墜落事故犠牲者の命日ですが、この事故の責任をかぶった米戦争屋系企業ボーイング社は1985年にオスプレイの開発プロジェクトの受注に成功しています(注9)。

 オスプレイ(鷹の一種)が未亡人生産機といわれるのは、日航機御巣鷹山墜落事故で亡くなった犠牲者の御霊に呪われているからとみなせないこともありません。


 
 キャロライン氏の就任は、9月の上院聴聞会で承認される必要が有りますが、おそらくそうなるでしょう。

 この中で、米国戦争屋ボスを含む米国寡頭勢力はJFK一家からの復讐を非常に恐れており、と云う行りがありますが、それと彼女が米日本大使になることとどのような関係があるのでしょうか? オバマ大統領も、彼女の米日本大使の就任になぜそこまでこだわるのでしょうか?

 それはやはり、米闇たちの最後の安住の地である日本に光を差し込むためではないでしょうか

 ただ、キャロラインを光と捉えていいのか? ということになりますが、彼女の家族にまつわる悲劇は、単純に考えても彼女一家が闇側の対極に居ることは明白です。またキャロラインの兄は飛行機事故で亡くなり、転載にあるように当然この死にも疑惑が取り沙汰されています。まして父の暗殺の事実があるその長女が、兄の死に疑問を抱かないはずがありません。そしてケネディー家に於けるその地位からして、真実を知っていたとも考えられます。

 そんな娘が、家族を殺した闇側につくとは考えられません。反戦争のオバマ大統領がそんな彼女を日本に据えるということは、戦争へと突き進もうとしている安倍政権への抑止であり、さらに我が国に巣食う闇への対抗と取れるということです。

 9月。我が国にとって大きな転機となるかもしれません。


最新情報は元ソースをお確かめに。

 9日の「コブラ最新情報・・・2013年8月9日 イベントの後で金融界に生じること」と、11日の「コブラ・・・2013年8月11日 イベントの間に起きる事」を最新情報だと勘違いしている方々が居ますが(最新情報と書いてあるからそう思うよね)、これは当ブログが7/15に掲載したイベント:変化への準備をのソースからのそれぞれ抜粋ですから勘違いしないでくださいね。

 レディードラゴンが9日と11日にそれぞれタイトルを上記のようにつけて配信し、GFLさんがそれを翻訳しただけで、元ソースは同じですよ。ちゃんと元ソースを見るようにしてくださいね。

 だから、11日の上記の情報は1ヶ月前の情報なので、今なにかが始まると思わないようにしましょう。時々2、3年前の情報がまるで最新情報のようにしれっと掲載されてたりしますから、注意してくださいね。まぁ他意はないと思いますが。


 現状は、昨年の今頃と特に変わっていません。8月、9月、.....今か今かと気がついたら年末だった(笑
そして今年も暮れて行く...。

 本当のコブラ最新では10月〜12月、遅くて来年3-4月と、まぁ予想通り先延ばしのようです。

 そういう意味ではコブラは正直では? 他のポジ系はやはり信用なりませんな。

知足が人類を救う

 セント・ジャーメインのメッセージの以下のくだり

必要な物はは交換によって入手でき、寛容、親切、及び哀れみによって、誰もお金を必要としない点にまで達することができるのです。
多くの人がやってきて生産を手伝い、全ての人が必要なあらゆるものを入手できるように、輸送の手伝いをする人が現れるでしょう。新しい形の協力が行われるのが見られるようになるでしょう。

に関し

「どこかで見た内容だと思ったら、思い出した。
トマス・モアの『ユートピア』だよコレ。
ユートピアをアメリカのSF作家が書いたら、こんな感じになるだろうな。」


とのコメントを頂いた。

 まぁなんというか、理想郷というのは皆、似か寄るとは思う。支配層の理想郷はNWOなんだろうけど.....。

 そしてそのトマスのユートピアは、老子の「小国寡民」がヒントではないか? という考えもある。
以下がそれを説明したものである。

トマス・モアと老子のユートピア


(トマス・モア 世界の名著17 中央公論社から) 


 トマス・モアの『ユートピア』の第二巻「一ユートピア島の地勢について」は、次の文からはじまります。(上記『世界の名著』トマス・モアから)

 ユートピア人の島はその中央部〔一番幅の広いところ〕で二百マイルにわたり、島の大部分を通じてこれよりもずっと狭くなることはありませんが、両端は、長さ五百マイルにわたる円を描いたようになっており、この島全体を新月のような形にしています。・・・・

ではじまります。自然の地形による外敵からの防備などを語った後、ユートピア島の起源について、

ところで、この島の平定者で島名の起原となったユートプス〔それまで島はアプラクサと呼ばれていたのです〕というひとがいました。このひとは、荒っぽく粗野だった民衆を教養と人間的洗練という点で今日ほかのほとんどすべての人間に勝るというところまでに導いたひとですが、上陸するやいなやたちまち島を平定し、それと同時に、大陸とつながっていた半島部分の十五マイル掘り起こさせ、海が島を囲むようにしてしまったのです。・・・・

と語りながら、ユートピア島について語ってゆきます。
 ユートピア、理想郷、桃源郷とも呼ばれる夢みる平和な世界です。

 多分こころ描くことがない人はいないと思います。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

老子の第80章は、次のように書かれています。

小国寡民。使有什佰之器而不用、使う民重い死而不遠征。雖有舟輿、無所乗之、雖有甲兵、無所陳之。使人復結縄而用之。
甘其食、美其服、安其居、楽其俗。隣国相望、鶏犬之聲相聞、民至老死、不相往来。

という漢文、これを一般的な解説書を次のとおりに読み解きます。
 
 国は小さくし、住民は少なくする。人力の十倍百倍の機能を持つ道具があっても用いないようにさせ、住民には生命を大切にさせ、移住しないようにさせる。船や車があっても乗ることはなく、甲や武器があってもつらねて使うことはない。住民には、むかしのように縄を結んで記号として使わせる。
 自分たちの食べ物をうまいとし、自分たちの衣服をいいものとし、自分たちの住居に安んじ、自分たちの習俗を楽しいとする。隣国が見えるところにあり、鶏や犬の鳴き声が聞えてきても、住民は老いて死ぬまで、お互いに行き来することがない。(『老子』蜂屋邦夫訳 岩波文庫)

小さくて人口の少ない国がある。
数多くの道具があったとしても、誰もそれを使わない。
人々は生命を大事にし、誰も遠くに移住することを望まない。
船や車は役に立つが、誰れもそれらに乗らない。
すばらしい武器を所有していても、誰れもそれを使わない。
人々にもう一度、縄を結んで約束のしるしとしたような時代に戻らせ、
すばらしいごちそうで楽しませ、立派な服装を着させる。
自分の住居でおちつかせ、慣習を楽しませる。
隣の国はすぐ見えるところにあり、鶏の鳴き声や犬の吠えるのが聞えるけれども、人々は互いに往き来することもなく、その人生を送るのである。
(『老子の思想』張鍾元著 上野浩道訳 講談社学術文庫−理想の社会−)

 小さな国で人民も少ないところ、いろいろたくさんの便利な道具はあってもそれを使わないようにさせ、人民が自分の命をたいせつにして、遠方の土地に移動することのないようにさせたなら、船や車があったところでそれに乗るときがなく、よろいや武器があったところでそれを見せびらかすときがなかろう。
 人びとがむかしにかえってまた縄を結んでそれを文字の代わりにし、自分の食べものをうまいと思い、自分の着物をりっぱだと思い、自分の住まいに落ちついて、自分の慣習を楽しむようにさせたなら、隣の国は向こうに見えていて、その鶏や犬のなき声も聞こえてくるような、状況でありながら、人民は老いて死ぬまでたがいに行来(ゆきき)することもないであろう。(『老子』金谷治著 講談社学術文庫−小国寡民・ユートピア−)

それぞれの先生の持味が出ています。
 これが伊那谷の老子加島祥造先生ですと次のように表現されています

私は国境のない世界を願っているが
まだ無理なようだから、まあ
自分の理想とする国を、描いてみよう。
私の大切にしたいのは
大きな国でも強い国でもないよ。
ほんの小さな、まあ
村落の集まりのようなものだ。
人口もごく少ない。
住民たちは、
いろいろの道具を持ってはいるが
ろくに使おうとしない。みんな
命をとても大事にするから
危険な旅なんかに出ない。
船や車は持っているんだが、ほとんど
乗らないってわけだ。同じように
武器もちっとは備えているけれども
誰も使わないし
商取引をするには、ただ
ごく単純な数え方ですます。

それでいて
食事はゆったりと、おいしい物を食べ
着るものは美しい上等な服、
日々は安楽であり、
習慣を乱そうともしない。
隣りの国は近くて、
犬の吠える声や鶏の鳴く声が聞こえるほどだが、
そんな隣国とも往来しない、
そして、ずいぶん歳をとってから
静かに死んでゆく。(『タオ・老子』加島祥造著 筑摩書房−理想の国−)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 トマス・モアはきっと老子を読んだのかもしれません。

 トマス・モアも老子も、隣国との往来をしない小さな国、島国を前提にユートピアは語られています。そう言えば日本は島国でした。



 私も上記の管理人様のように、道徳経だけでいくつか書籍を持っている。加島祥造氏の「タオ・老子」はベストセラーだ。しかし加島氏の解釈だけは受け入れられないところも多々有ったが....。

 ところでこの「小国寡民」の云わんとしていることは、今の私に通ずるものがある。

 そう、私はこの地を気に入っているから特に旅行に行きたいとも思わないし、立派な服を持っていてもこんな山奥では使い物にならないし、見せる人も居ないのだからボロでもいいし、物も最低限のここで必要な道具さえ有ればいい。故に他人の持ち物など興味はないし、食べ物だって野菜は地場産が最も身体に合うのだからそれがいい。と。

 つまり、この「小国寡民」の章は、ポジティブ思考の元祖である。今を満足していれば、余計な欲は湧いて来ないというもの。そして、自分の食べものをうまいと思い、自分の着物をりっぱだと思い、というのは「知足」を云っている。

 「隣の芝が青く見えるのは、己の観念次第」と云う事だ。それはつまり、我々が今後3次元に留まるか? 5次元に移行したいかの決め手となるものだと云える。それはあらゆるメッセージで共通して語られたものが、この知足であることからも分かる。

 人類の飽くなき欲望こそが、闇の者たちの栄養である。皆が足るを知れば、闇は栄える事ができないのだから。

今はチャネリングからのレッスンを受ける時ではない。

 いま語られているチャネリングメッセージは、読んだとしてもあまり深入りしない方がいい。特にチャネラー:キャサリン・メイのソースには要注意だ。

 彼女が繋がるソースはほぼ同じグループと思われる。母/父なる神、主創造主、サナンダ、それと別のチャネラーが伝える幾人か居るアシュターのどれか。

 これらは、それぞれのソース名をそれぞれがメッセージの中に入れたり、近い時期に同情報を伝え合う事によって「違うソースが同じ事を言っているから...」と情報に信頼性を持たせ、聞く者を信じ込ませようとする過去にカバールがさんざんやって来たメディアの手法とそっくりである。

 あなたがもし文章を書く仕事なら、私の理屈が分かると思う。私はリーマン時代に社報を含め編集等に関わってきた経緯もあり、その巧み? というかズルさというか....、そういうプロットからの文字お起しまでの流れが漠然と見える。いみじくもピュアインスピレーションさんも一部ソースへは同様な指摘をされている。

 また、別のところでは、例えばライオンズゲートに関するキャサリンのメッセージは、大天使より数日遅れである。
私は以前、このソースは誰かのメッセージを元に作成されているような気がすると書いたが、未だにこの疑念を抱かせるメッセージが繰り返されている。
 正直、こんなに不信感を抱くメッセージ、チャネラーも珍しいくらいだ(笑


 さらに彼女のチャネした(別のチャネラーのサンジェルマンとは区別)セント・ジャーメイン(チャネーラが記載されていないが、文中にキャサリンと出てくるので彼女と考えて間違いないだろう)は、豊穣ファンドについて一人数十億円を持つようになるとしている。これも現実味がなさ過ぎる。やはりコブラの言う1千万円辺りが納得がいく。

もちろん、99%の真実に1%のうそなら、真実も多く伝えているだろう。
しかし、彼女が伝えるメッセージのほとんどが、既存の宗教的なステップを踏んでいるように思えてならない。彼女のソースは宗教を否定しているが、大衆への洗脳と云う意味では似通っている。


 今、私たちがチャネリングメッセージ受け取る必要があるのは、社会情勢だけでいいのではないかと思う。
なぜなら、いずれ本物のマスターが現れる。そのとき、私たちはレッスンを受ければいい。今はまだ、誰が本物で偽物か分からない時期である。だからこそ深入りしてはいけないし、その必要もない。

逆に言えば、この時期にそういうレッスン的なメッセージを送ってくる者は要注意だと云えよう。しかも彼女のソースは早々とキャサリンがマスターだと言っている。それ自体があり得ないし、この時点で怪しいと思うのが普通だと思う。
だいたい、本物のマスターはチャネリングなどしなくても全てを知っている。長年修行してきた私からすれば、彼らはマスターという言葉を軽んじているとしか思えない。本物であれば、すべてのベーダの知識をそらで伝えられるんだろうな? と問うてみたいものだ。

 ちなみに、一人のチャネーラーが高次元の意識体と、低次元の意識体とを受け取る事はない。なぜなら、行為自体がその者の周波数によるからだ。
そして高次元の周波数に繋がるチャネラーであれば、低次元のソースが偽物だと分かる為、騙される事はない。

 レッスンは、イベント後に現れるマスターを待つのが妥当だろう。

目指すは仙人?

 なんてことだぁ!ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!

昼メシ喰ってねー! すっかり忘れてたぁー! ェェェーーーーヽ| `Д´ ;|ノ



 もうすぐ4時じゃん。ついにボケたか!?

まっいいか....。


 ハッ、もしかして光だけで生きて行ける身体に?Σヽ(゚Д゚○)ノ そういえばスピチュアルメッセージで 7/26-8/12 がどうのと言ってたな.....。


 イヤイヤイヤ。ないない。


2013/7/29:ニュー コブラインタビューのトピック

 当方PCが最新のコブラインタビューの音声プログラムが働かないという事で、そのインタビューで論じられた主題が書かれた記事情報を読者から頂きました。以下参考になれば幸いです。
なお、元記事にあるライターの感想部分のいくつかは削除しています。また、あくまでもトピックなので、何が語られているのか...、のみなので、それに対しての詳細は書かれていません。ご理解ください。
 ただ、目新しい部分のみ赤文字にしました。

イベントの状況、ファーストコンタクトはいつになるのか。そして、彼がどのようにして「コネクタ」としての立場になったか、そして彼のあだ名の起源。

テンプル騎士団(正と負の派閥)、ホワイトDragon Society、カバールの逮捕。 地球が解放されるべき最後の惑星な理由。そして新しい法王。
宇宙人、ヒューマノイド対バタフライ(蝶)のようなエキゾチックな種族。実在のようだ。ワォ!

おもしろい.....非干渉(均衡が尊重されるだけ)の法則はこれまでなかった。とコブラは言う。
その法は、我々の分離の感覚の一因となるカバールによって作成された; 我々は孤立しており、手の施しようがない。

コンゴで開いているポータルを経由して1996年に爬虫類の侵略...興味をそそられる...アルコン、エーテル次元の否定的な存在… 地球を囲んでいる様々な次元、ie(すなわち?)肉体次元、エーテル、アストラルの次元、天国の次元、アストラルの旅。

DNAの活性化、(DNAの)螺旋の数、歴史の改ざん。

惑星ニビル...全て偽情報!惑星Xは、我々の解放をもたらすために1999年に一斉に到着した解放軍の起源(ルーツ)であり、基本的には私たちと同じ種族。

私たちに自由な生活が生じると、あまりにも多くの探求すべき視野が広がるため退屈にはならないだろう。

イベント後に対処すべき最初の問題は人道的なプロジェクトになるだろう。みんなのためのきれいな水、食物、および避難所。

男女のソウルメイトとの関係や、男性のエネルギーと女神のエネルギーを統合することが、どのように地球上のすべての苦しみを根絶させるだろうか。

火星基地-カバールの基地は2003年以降、すべて排除された。

何がイベントを妨げているか? 人間は闇の勢力によって容易に操られる、そして、私たちは否定的な観念を私たちの心に植えつける試みを阻むために私たちの思考と衝動に気づいてなければならない。 己を知って、光に祈り続けて、闇に「ノー」と言うことを学ぶことで、彼らはどんな影響も私たちに与えることはできない。

現在の金融状況の変化における聖ジャーメインの仕事は、、第32レベル以上の光でないフリーメーソンに対するもの。レベル31と32のメーソンは大部分がポジティブである。

私たちはミステリースクールで学んだ後、私たちは思うままに私たちの体を具現化したり、非物質化することができるようになる。それと他の多くの”奇跡”と。

多くの人々がイベントで起こることを「把握しない」だろう。そして、彼らが順応するにはいくらかの時間がかかるだろう。

人間には非常に否定的な状況に適応する能力が常にあるのに、なぜ彼らはポジティブなものに適応することができないのか? とCOBRAは尋ねる。

オーバーロード作戦。これらの否定的な勢力がどのように数千年の間も管理し、またどのようにして光の勢力が人類の為に軌道をポジティブに変換したか。

エジプトとムスリム同胞団、彼らがピラミッドを爆破することを望んだ理由。ギザ台地の意義。偉大なピラミッドの冠石(頂点:金メッキ)がどのように黄金の光を伝達するためにピラミッドの有効性を減少させたか。グリッド上のすべてのピラミッドの重要性。

たとえば、核戦争が現在起こり得ないように、地球のすべての負のタイムラインがどのようにして光の勢力の多くの激務の末に終了したか。

中東での戦いと、なぜそれがエネルギーに関して、このような誰もが欲しがるエリアなのかの訳。

ブルービームプロジェクト(偽のエイリアンの侵略)は単にカバールの幻想である。 それは起こらないだろう。

2013年に現れるどんな宇宙人も100パーセント信じることができるが、一般の人々が2013年にそれを経験するかどうかは分からない。

特定の個人は、イベント後にプレアデス人によって連絡が取られるだろう、その後、それらの経験が他の者と共有されるだろう。
それらのコンタクティは、ETとの接触のため、特定の条件(最低水準の覚醒と十分に心が開かれていることを含む)を満たす必要がある。
それから彼らは出発して、愛、統一、変化、および光に関するメッセージを広げるだろう。


New COBRA Interview for July 29, 2013


 Thank you Mr.May0blessU.


今月いまのところ最も笑った記事

 阿修羅でおなじみのポスト米英時代さんの投稿がおもしろい。
以下はその部分の抜粋だが、リンクより全文読まれる事をお勧めする。

昨日デズニーでモーニングを久しぶりに食べたが相変わらず飯屋のおばちゃんというか小兵力士のようなおばさんが不思議の国のアリスみたいな服装で現れたがそれはいつもの事でいいのだがマークハントを弱くしたようなデブが我が儘な注文を始めて言う事を聞かないとビーチサンダルを脱いで厨房までネチネチと文句を言いに行っていたのでこらー君ーやめたまえ回りのお客さんも迷惑してるじゃないかーと言おうとガタッと席を立ち一瞬喫煙者コーナーが氷ついたがそんな事には頓着せず彼をめがけてスタスタと歩きすわK1ファイトかと店中の客が固唾を飲んで私を見守ったが私の鋭い眼光にビビった彼の目を見て武士の情けという言葉が頭をよぎり彼を通過してそのままトイレめがけて個室に入ってスッキリしてから涙目になっていた顔を洗いまた彼の前を通過する時は今日の所はこれぐらいにしといたるわという気持ちで手もみをしながら通過したが私の英断でキューバ危機を脱した訳だが人事屋たるもの伝家の宝刀はめったやたらに抜かない訳である。

〜略〜

因みにデズニーでは帰り際のレジで力士ウェイトレスに馬鹿を相手にしなけりゃいけなくて大変ですねーと彼に聞こえないようにこそこそと声を掛けてピンポンダッシュで店を出たがリーダーたる者そういう気遣いが大事な訳である。

阿修羅 ポスト米英時代



 この記事の中で、ポスト氏は

爬虫類人や宇宙人がいるかのように見せているがそんなものは存在しないのである。
ドラえもんのどこでもドアみたいなタイムトラベルも嘘でタイミングよく古代都市の遺跡発見しましたーというのも嘘で円盤もラジコンのようなものでただの高高度戦闘機と人工衛星の合の子のようなもので別に宇宙人が乗っている訳ではなく無人君かパシリが乗って悪さをしているだけか動くプラネタリウムみたいな目眩ましである。


 とも言っている。
 まぁあのサイトの常連さんたちは3次元が好きみたいだから....(笑

アンドロメダ評議会が云う5ヶ月前がやってきた。

 昨日書きたかったが......、

 さて、というか、ついにアンドロメダ評議会が告知していた ’14/1 の五ヶ月前がやって来た!
この内容は以前、記事にした(いつだったか忘れた)。

 そう、彼らは、

2014年1月初旬に肉体が地上にあればほとんどの人は少なくとも4次元に移行します。高い波動と本質的魂と精神を持つ人は5次元に移行します。


 という。

 その上で、アンドロメダ評議会は「3次元の世界に住み続けたい人はどうなるのですか?」という質問に対してこう答えている
 

 3次元の世界に残って生活を続けたいという50%(±5%)の人たちは選択することができます。これは自由意志によるものだということを心に留めておいてください。3次元の生活を選択する場合、地球が今のように工業化する前の原始の汚れない地球に移ることになります。この地球も天の川銀河系に移動することになります。銀河を横を下にして水平に置かれた風車のようなものと想定してみてください。地球はその羽根の 7:00のところにあります。新しい3次元の世界は別の風車の羽根の10:00のところに存在します。この世界に渡っていきたければ2013年の夏に前もって出発の情報が提供されます。14年1月の約5か月前になるでしょう。ご理解ください、この惑星への移動と調整に10年~12年かかると我々は試算しています。
 この生態系に住む人々が新しい世界に一緒に旅するにはそれくらいの時間が必要なのです。地球上のあらゆる国、文化、言語、信仰、習慣をもつ人々が集まるのです。お互いに慣れるための調整がいります。また、その旅の間に共に暮らす新しい世界と生活がどうなるか学ぶのです。



 この青文字部分は、他のソースでも伝えられている。

 要するに、3次元を選択した者は、今月から情報の提供を受けて、10年〜12年かけて他の惑星へと移動するという事らしい。

 ちなみに、5次元を選択した者はどうなるのだろう? キャサリン・メイは、以下のように伝えているが、他のチャネラー、エリザベス・トラットウインはそれを否定している。それも「冗談でしょ!」とまで....↓

中間地球と無垢な者の過去生を知らせる母/父なる神というお伽噺に群がる一群のライトワーカーが見られます。彼らは、小さいペットがどうなるのか心配しながらも、地球が居住不能になるので(冗談でしょ!)数ヶ月間ふるさとを離れて宇宙船に乗船するかどうかを問われています。彼らは死ぬことのない不死の身であり、次元上昇のキープレイヤーで、宇宙のキリストの妻であると言われています。人々は、母船の上の中間地球へと飛び立つためにリュックサックに必要な物を詰め込んでいます。あるブロガーは、天使との一時間の会話で、選ばれた者だといわれて、出かけて行って岡の上に立ち、宇宙船に拾われるのを待っていました。ワウ!



 但し、アンドロメダ評議会は、地球が居住不能になるとは言っていない。以下抜粋。http://www.andromedacouncil.jp/

この時期には、磁極のシフトで磁場が逆転する現象が起きますが地球上の人達には何ら問題がおきないでしょう。但し、地球上の電気システムが磁場のシフトにより一時、中断することがありますが、数時間で回復するでしょう。大きな問題にはならないでしょう。

変動地球の変動は2013年の間中続きますが、10月頃には落ち着き2013年の12月にはおわります。



 それにしても、この日本では、とても情報が提供される状況とは思えないのだが......。

       子供たちよ、夏休みの自由研究はこれだ!


生きてます

 生きてますよ〜。

ちょっと疲れが出てまして.....、昨日は目と首と肩の凝りから頭痛で。まぁパソコンのせいです。

そんなときなのに稽古で....。仕方がないので頭痛薬のみましたが。
身体がだるくてしかたないんですよ。昨日の暑さは尋常じゃなかったですからそのせいかと....。


 それはそうと、BSでしつこいばかりの青汁宣伝ですが、実は一月程飲んだことがあります。
相方が試供品をもらった人からもらって。

ちょっと便が出にくかったので、「飲んでみたら?」といわれたので一箱30個、一月飲んでみました。


 で、何も変わりませんでした。そこで一句。


 ”ベジタリアン 青汁飲む意味 分からない”   m(_ _)m


プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム