ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブラ:2/26 我々には力がある

 コブラからのメッセージです。

 Now Crecreation からご覧下さい
(別ウィンドウで表示されます)。


スポンサーサイト

アイソンはどうなったぁ!?

 2月も終わろうとしています.....。

 さて、アイソンが彗星か宇宙船かは別として、以下のミステリーサークルのある解読では2/19に地球の視界に入ってくるのでは? という情報がありましたね?



 しかし、太陽の周辺で姿を消して以来、その後の消息が途絶えています。

 これはもう、コブラの言い分が正しかったと見るべきでしょう。ほとんどの有名チャネリングがアイソン宇宙船説を唱えている中で、コブラだけがそれを否定していました。以下の情報は、当時ハッブル宇宙望遠鏡の公式サイトが、アイソンが宇宙船であると拡散された原因のものは、違う時間帯で撮影されたそれぞれの画像の合成だと伝えたものです。

ピクチャ 5
ピクチャ 6
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 つまり、宇宙船に見えるその画像は人為的であるとするものです。ただし、この時はまだハッブル側も信用できないので、私としては状況を見守っていた時期でした。コブラの「太陽の熱で破壊された」という言い分も若干「?」がありましたし、随分と説得力のあるこちらのチャネリングのようなものまで現れたので、コブラ情報を配信しているものとして分が悪かったのは事実です(私としては、太陽のように膨大な質量の星として考えれば、その大気圏(そういうものがあるとして)に触れ、その摩擦熱で崩壊したという意味かなと考えていました)。


 そういえば、上記リンク先のチャネリングでは、彗星の中に宇宙船が入っているという情報がありました。(マトリョーシカ式シップですか?)

 とにかく、宇宙船が彗星に身を変えて飛ぶ意味はないと思います。そのチャネリングが云うように、彼らは身を隠す技術があるのですからね。
 今改めて読むと、このリンク先のメッセージ、恥ずかしいですね...。


 さて、基本的に低級霊は媒体の興味を引く事から始まるのは変わらないみたいです。そして仲良くなり、喜ばせ、信頼させて取り憑きます。
良くある例が、媒体の前世を、それなりの地位のある者だったとして持ち上げて気を引く。"つかみはオッケー!" とするお約束です。

「あなたは○○の姫でした」とか「巫女でした」とかですね。思い当たりませんか? 女性の場合、お姫様だったなんて云われると嬉しいですよね? そしてこの「巫女」というのもとても便利な言葉で、「前世が巫女だったからいまあなたは霊能力がある」とする理由にはもってこいなのです。まぁ遠い昔は石を投げれば巫女に当たってたでしょうけどね....。

 つまり、この場合、媒体や多くの人間が捏造画像によって「アイソンは宇宙船であってほしい」と願っているため、ソース側がそれに乗っかったとみていいでしょう。

 そうなってくると、アイソン宇宙船説をかたくなに否定していたコブラを頼りにしてしまう訳ですが、彼が光であれ闇であれ、正確な情報をもたらしてくれるのはありがたい事です。コブラ否定する人たちが云うように、もしそこに罠が仕掛けられていようとも、情報さえあれば、そこからヒントは得られます。


U.S. economy on schedule to crash March 4, 2014

 ベンジャミンレポートの2/25英語版の以下の部分。

 ああ悲しいではないかさん

いずれにしろ、ウクライナ前座のショーになるだろう。やがて米財務長官ジェイコブ・リューの予測によれば今週、ネルソン・ロックフェラーの前アシスタントのグレディー・ミーンズの予測では4月4日には米国政府が倒産するから。


 つるはげ親父の独り言さん

何れにせよ、財務省長官ジェイコブ・ルーによって今週預言した通り、或いは元ネルソン・ロックフェラーの元アシスタントであるグラディ・ミーンズによって預言された3月4日の翌週に、米国政府が破綻すれば、ウクライナの件は余興としてすぐに終わるであろう。


 と、期日が 4/4 と 3/4 と違いがありますが、リンク先の元ネタ

U.S. economy on schedule to crash March 4, 2014


 ですから、2014年3月4日が正しいですよ〜。


アメリカの多くの大企業の筆頭株主に、シード・アンド・カンパニーという謎の会社が納まっている

 たらの芽注:この情報は2013/10/01に阿修羅に投稿されています。さらに08/01にkaoriのブログさんで掲載されたものです。

 大摩邇さん経由るいネットさんのサイトより。画像は阿修羅さんより借用。

アメリカの多くの大企業の筆頭株主に、シード・アンド・カンパニーという謎の会社が納まっている




最近、アメリカの中枢を担う大企業の多くに、大株主として君臨しているシード・アンド・カンパニー(Cede & Co.)という謎の会社があります。
シード・アンド・カンパニーの経営陣は不明、株主は不明、しかも、住所はニューヨーク州ニューヨーク市ボーリング・グリーン・ステーション私書箱20号となっています。シード・アンド・カンパニーは、誰が経営しているのかも、誰の持ち物なのかも不明な、完全なペーパー・カンパニーなのですが、株式支配している会社がすごい。以下、シード・アンド・カンパニーが大株主になっている大企業です。

~シード・アンド・カンパニーが大株主になっている大企業~

☆ヒューレット・パッカード
→シード・アンド・カンパニーが発行株の94%を保有
☆シティグループ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の87.9%を保有
☆バンク・オブ・アメリカ
→シード・アンド・カンパニーが発行株の92.6%を保有
☆ボーイング
→シード・アンド・カンパニーが発行株の69.79を保有
☆JPモルガン・ チェース
→シード・アンド・カンパニーが発行株の95.70%を保有
☆モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.81%を保有
☆イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー
→シード・アンド・カンパニーが発行株の93.56を保有
☆コリア・エクイティ・ファンド
→シード・アンド・カンパニーが発行株の99.79%を保有
☆マクドナルド・コーポレーション
→シード・アンド・カンパニーが発行株の60.0を保有
☆UBS
→シード・アンド・カンパニーが発行株の14.15を保有
その他
☆ゼネラル・エレクトリック
⇒福島第一原子力発電所の核燃料成形加工と原子炉安全弁を担当する企業

(中略)
上記の企業を
財閥で区分すると、一般的に下記のようになります。

★シティグループ
→ロックフェラー系、もしくは、ロックフェラー財閥を中心とした
ロックフェラー・モルガン・ロスチャイルド大連合
★バンク・オブ・アメリカ
→ロスチャイルド系、もしくは、モルガン・ロスチャイルド連合
★ボーイング
→ロックフェラー系
★JPモルガン・ チェース
→モルガン系、もしくは、モルガン財閥を中心とした
ロックフェラー・モルガン連合
★モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド
→モルガン系
★イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー
→デュポン系、もしくは、モルガン・デュポン・ブロンフマン・ロスチャイルド大連合
★UBS
→ロスチャイルド系
★ゼネラル・エレクトリック
→モルガン系

上記を見て分かる通り、この謎の会社、シード・アンド・カンパニーは、ロックフェラー財閥、モルガン財閥、ロスチャイルド財閥という世界3大財閥の企業、すべてを股にかけ、デュポン財閥の企業まで支配しています。つまり、これを見ると、ロックフェラーVSロスチャイルドという考え方が、いかに、幼稚で間違えた理論なのかが分かります。と同時に、この謎の会社の存在が、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルド、デュポンなどのユダヤ金融資本すべてが、一枚岩になっていて、大きな闇のシンジケートを形成していることを明らかにしています。いずれにせよ、これだけのアメリカの中枢企業を支配する謎の会社は他に無いです。シード・アンド・カンパニーを所有する者こそ、アメリカ経済の真の支配者と言えると思います。



 ロス、ロックの隠しか、あるいはそれ以上の存在か......。もしかして高天源だったりして(驚


適正価格とは

 近所で林野火災が起きてるようですが、何事も無かったかのようにブログと向き合うたらの芽です。

 さて、適正価格とはどう計算すればいいでしょうか?

 それは個人が貧乏とか金持ちと云う問題ではないものです。ちなみに私の基準としては巷のバイトの時給で判断しています。最も分かり易いでしょう? これが世間の物価を表しているからなんですよ。

 例えば、バイトで建設現場でキツい肉体労働を8時間しても8000円も稼げないご時世なんですよ。時給1000円なんてそうない時代です。そう、問題は仕事量なのです。そしてこの時給が、庶民の1時間あたりの+拘束料でもあるのです。

(わたしはね、特権階級なんて認めない人なんです。天皇陛下であろうが我が家の隣の爺さんであろうが、同じ仕事なら同じ給料であるべきだという思想なんです。というか奴隷解放を謳う人ならそのはずです。)

 
 そして、そこに乗せるもの(情報など)があれば、情報提供料のような付加価値を乗せます。


 このような考えで、物事が高いか安いか計算してみてください。庶民の共通した価格が出てくると思いますよ?


コブラ:ポータルコンファレンスに関する質問

 コブラ情報にて3月21日~3月23日に行われる九州でのポータルコンファレンスへの参加費用と秘密厳守に対して主催者に質問しました。

 まず、参加費用が高いとして、この額を設定したのは誰か? そして、なぜ秘密厳守なのか? の二つです。

 質問には、以下の事も添えて訊いています。

・この金額設定が憶測を呼び、怪しむ者が出て来ている。
・ユーロ圏なら物価的には妥当だと思うが、日本では高いと考えている。
・地元ならまだしも、県外からだと5万を超えてしまう。これでは手元にお金を用意しておくように伝えたコブラの話しを聞くのにその手元のお金が消えてしまう。
・私の価値観で云うと8000円くらいが妥当だと考える。

 そして返答として、以下が送られてきました。

たらの芽様

たらの芽さんが質問した内容は正当だと思います。

コンファレンスの参加費用は、世界共通額です。
ただ唯一、たらの芽さん又は誰にでも言えることですが、コブラのコンファレンスに行くには、
わたしたちのモチベーションを高め、わたしたちの心と直感に従いながら、
そしてインプラントとマインドセットから生まれるすべての疑いを乗り越えることです。

Victory of the Light


 そういうことで、なぜ秘密厳守なのかは返答がありませんでした。


 さて、私が感ずる想い、言い分もありますが、ここでは情報のみをお伝えしておきたいと思います。それでは皆さん、各々でご判断くだされば幸いです。


ドクター・中松ハウスは東電の電気を使っていない

 ケッシュ財団の活動が詐欺かどうか分からないですが、この人は本物なんです。

 1/25 の IWJ Independent Web Journal から。

 「ドクター・中松ハウスにアンテナがあって、宇宙エネルギーを受けて熱に変えている」――。

  東京都知事選挙に出馬しているドクター・中松氏は1月25日、JR上野駅のアメ横前で街頭演説を行った。IWJは街頭演説後、エネルギー政策を中心に、中松候補へインタビューを実施した。

 中松候補は、1月8日の出馬会見で、エネルギー政策をめぐり「原発推進派も脱原発派も無責任。原発は19世紀の発明だ」と批判していた。IWJは、その代案として中松候補が提唱している『パワーグリッドエナジーストア』とは何かについて質問。

 中松候補は、「ドクター・中松ハウスの壁一面が黒、アンテナがあって、宇宙エネルギーを受けて、熱に変えている。ドクター・中松ハウスは、東電の電気を契約していない。宇宙エネルギーがあることを私はずっと言ってきたが、誰も信用していない」と話し、宇宙からのエネルギーを活用し、実践していることを説明した。




 もう何十年も前だけど、「空間から電気を作るものを作った」らしいですが、公表しようとしたところ「殺されますよ」との知人の忠告で断念したとドクタがテレビ番組で語ったのを私は覚えています。

 でももういい歳なんだから、怖いもん無いでしょ? 逝く前に最後の人類貢献しましょうよ。ねっ!ドクター(ハート

良い食事って何分目?

 一厘の仕組さんで「羽生結弦と食」という記事が書かれています。素晴らしい内容なので是非一読ください。

 そしてそこに書かれている羽生君の食生活ですが、わたしの子供の頃と同じです。体質的に似ているのでしょう。

 わたしも自宅以外で出される食事が怖くて仕方ありませんでした。理由は食べきれないからです。なのに「残してはダメ」という、今思えば理不尽な礼儀? にビクビクしていたのです。

 ほとんどと言っていいくらい、食べきれませんでしたね。早生まれでみんなより身体が小さいのに、みんなと同じ量を喰えという方がおかしな話しなのです。当時の教師なんてものはその程度なのです。
 ですから給食は私にとっていい想い出はありません。ただ、辛い時間でした。

 それでも羽生君の言い分のように、好きな量でよくて、また、残してもいいのであれば楽しい時間だったかも知れません。ですが小学生のあるとき、担任が私の前に面と向かって座り「全部食べるまで教室を出ては行けない」と言い、私が食べ終わるまで監視されました。

 私がそれまでどれほど努力して来たか!、この馬鹿教師は知らないのです。

・みんなが食べ終わり校庭に遊びに行くまで待って誰もいなくなった隙にコソコソと残飯入れまで捨てに行く。
・なに気を装い、見つからないように鞄に隠す。
・隣の奴に食べてもらう。

 あれ? なんか方向性が違う?(笑

 まぁでも無理して口に押し込んで食べてたのは事実です。そして私の食に対する楽しみを奪ったのはこの時の担任です(笑
あ〜でも逆に云えばお陰で暴飲暴食しない人間になりましたか?(笑

 私はその反面教師から友達を自宅に読んだ時の食事は、必ず「残してもいいよ」と伝えるようになりましたし、客に「どんどん喰え」という親にダメだしするようになりました。その人それぞれに、良い体調を保つ量のというのがあるはずですからね。


 実はこの恐怖は、この歳になっても未だにあります。残すと相手様を失望させる事になるので、なるべくお付き合いはしません。

 以前、ヨガのとある先生と食事したとき、出された食事の大半が残された(ほとんど箸をつけなかった)ので、研修場所であるそのお店の女将がショックを受けていました。申し訳ないと思うのですが、集まった人たちほとんどがそういう人たちなので....残念!(笑


 ちなみに、犬2匹に玄米食のみと肉食のみをそれぞれ与え、あるとき競争させたところ、最初のうちは肉食が速かったが、段々抜かれ、最終的に玄米食の方が速かったととある本に書かれていました。
 でも犬に玄米って大丈夫なのかな? 喉詰めるんでは?(←そこかいっ!\(-_-) )


コブラ最新:4/15-4/29が最もイベントが成功する可能性が高い。

 情報カオスなので、頭が...、間違っていたら教えてください。

・RV(通貨の評価変え)
・金融崩壊
・金融リセット

 は別物だとしていいでしょうか? それで、コブラは金融リセットはイベント後だと言っています。また、繁栄資金の配布もイベント後だとしています。

そのように、これらが別物であるなら、ZAP や TNT が語っている RV が今月にも起こるとしても、コブラ情報と矛盾していないということでしょうか....?

 しかしRVは、PFCJ=GFLサービスでは

RVは人々とその家族への膨大な資金の流入を伴う、新しい始まりを意味する。これは膨大であり、人々のものであり、腐敗した政府や銀行システムのためのものではない。資金は新しいプロジェクト、新技術、コミュニティーの回復のために使われる。大量のジョブが創り出される。これを現在の腐敗した行政府とカバールが阻止しようとしている。彼等は我々奴隷に対する支配権失う事になるのだ。


というNESARANEWSサイトの情報が記載されているのですが、これは全体像からして、繁栄資金ということではないのでしょうか? というより、ほとんどNESARAでしょう。

 となれば、これらイベント後というコブラの情報と異なるわけです。もちろん、これはRV=繁栄資金という前提に立てばですが....。


 一方で、ニニギ氏や一部メディアは金融崩壊がいまにも起こるという。

 私としては、世を浄化する手順として、抵抗者が動けないように、資金を止める事がイベントの開始だと思うのです。そのために、お金の価値がなくなることも一つのあり方です。つまり、金融崩壊がさきにあってもおかしくないと。資金(命令を聞く根拠)を絶たれれば、やくざも動けない、動かないでしょう。


 そして今、これらのトリガーとして、RVが取り沙汰されています。ただし、これに関してはコブラは詐欺だと語っているのですが、この詐欺だとする真意がよくわかりません。
RV自体(為替で利益を得ようとする金融家の詐欺)を言っているのか、あるいはRVの時期を言っているのか....。しかし、時期の違い程度で詐欺とまでは云わないでしょう。彼が詐欺と呼ぶ、なんらかの根拠があるのだと思います。
 あるいは、コブラが間違っているのかもしれません。

 そしてコブラは、4/15-4/29が最もイベントが成功する可能性が高いと見ているようです。以下に転載します。

MAKE THIS VIRAL! Window Of Opportunity 2014

この惑星上で間もなく、大変重要な機会の窓が、新たに開こうとしております。


光の銀河勢力は、大いなる興奮と共に、この機会の窓に目を向けています。銀河連合の宇宙船は、すでに地表近くの位置につき始めました。この機会の窓の最中に、この惑星表面上に向かって強烈なエネルギーが解き放たれますが、そのエネルギーを調えて伝達できるようにするためです。数週間前の、私のベールを越えた準宇宙への飛行及び光の勢力による作戦の結果として、エーテル的なアルコン・グリッドの大部分がすでに取り除かれました。何人かは連合と本物のテレパシック・コンタクトを回復させ始めており、大勢の人たちも連合と関わる、ポジティブでスピリチュアルな深遠な体験をし始めています。アルコン・グリッドの除去はそれほどまでに至ったのです。




今までのタイムフレームの中で、今回はイベントが成功するチャンスがもっとも大きいものです。地球惑星の状況は、数年前よりも、そして数ヶ月前さえよりも、はるかに用意が調っている状態です。それでも私たちは自由意志の宇宙で生きているため、イベントのタイミングを保証することができないことをご理解下さい。

機会の窓は春分に開きます。春分の数時間前、3月20日の小惑星エリゴネ(163 Erigone)によるレグルス(獅子座の一等星)の星食が、機会の窓の引き金になります。

http://en.wikipedia.org/wiki/163_Erigone


星食は正確にニューヨーク市を通り、ニューヨーク連邦準備銀行の銀行家たちには、レグルスが10秒間、50マイル(約80㎞)幅の小惑星に隠れて消えるのが見えます。リバティーストリート33にあるビルの窓から、彼らは見ていることでしょう。これは、エリゴネ(正義の女神)がレグルス(古い世界秩序の堂々たる王者)を星食するので、連銀の消滅を強く予兆するものなのです。



1日後、まさに春分の直後に、月の土星食があります。これは、月(女神)が土星(闇の勢力)を覆って輝くという、もう一つの非常にパワフルな印で、女神のエネルギーが重きを得るという、新たなサイクルを予告します。



私たちは3月21日から3月23日に、日本の門司港でポータルコンファレンスを開催します。春分の頃にもたらされる強力なエネルギーを定着させるのです。

こちらから登録できます。(本文は英語と日本語)。

PORTAL CONFERENCE - Mojiko, Kyushu, Japan


次のポータルコンファレンスは台湾で、3月28日から3月30日までです。このコンファレンスで私たちは、あるドラゴンソサエティーと特別に連携します。

こちらから登録できます。


http://portal2012.org/Taiwan.html


コンファレンスに興味のある方は、私のワークの詳細を、こちらで英語、中国語、日本語でお読みいただけます。


http://cobra.golden-ages.net/


4月15日の皆既月食(訳者註:日本では見られない)は、内側の機会の窓が開くことを意味しており、4月15日から4月29日まで開いています。この内側のタイムウィンドウは、実際はポータルの内側のポータルのことで、極度にエネルギーが強まる時期なので、この惑星の表面に、そして惑星を越えて、もしかしたら、大きく急激な変化を引き起こす可能性があります。波の複雑さを解析すると、このタイムフレームは、史上もっとも複雑で予想しずらい期間であり、その複雑さにかけては、例の2012年12月21日をはるかに越えています。これはつまり、かつてないほど大きな可能性を孕みながらも、もっとも不安定で予測しがたい時期になることを意味します。G2クラウドが銀河のセントラルサンを活性化することで引き起こされたものが、私たちの惑星に影響する可能性がもっとも高いことを示しています。

4月15日の皆既月食は、2014年と2015年の、有名な月のテトラッド(訳注:皆既月食の四つ揃い。すべてユダヤの祭りと重なる)の始まりです。ユダヤの予言では深い意味を持っています。その日にユダヤの過ぎ越しの祭りが始まり、一週間後の4月21日に終わります。



4月21日(イースター・マンデイ)はIS:ISポータル活性化の日で、今回の機会の窓のターニングポイントです。そのポータルは重要なものなので、改めてそれに関する記事を書きます。私たちはその時、地球惑星の、ある主要なボルテックス(渦)を活性化します。詳細はすぐに私のブログでお知らせします。

4月29日には、金環日食(訳注:南極付近)があり、機会の窓の内側のポータルを完全なものにします。

機会の窓は5月17日のプレアディアン・アラインメント(Pleiadian Alignment)の日に閉じます。その時にはある特定のボルテックス・ポイントを特別に活性化させます。プレアディアン・アラインメントについては、時期がきたら詳しくお伝えします。


 以上です。

 もし

・RV(通貨の評価変え)
・金融崩壊
・金融リセット

 が同じものであるなら、これらは4月以降になるという事になります。

食習慣のような外側の変化はすべて内側のスピリチュアルな変容の結果なのです

 1月21日に、人類の99%が支配層の奴隷、家畜だという真実を知り、その状況から解放されたいと願うあなたへという記事を書いてから、若干読者が減ったような気がしています。しかし、私が読者に媚を売る必要は無く、昨年末、「もう時間が無いので、書かなければならないと重い腰を上げた」と書いたように、嫌われようと書かなければなりません。

 そこで、2月4日のコブラのインタビューの一文を借りて、言いたい事を仕上げたいと思います。

○中毒、肉食、身体のヒーリング
アレクサンドラ:人々がエンライトメントのプロセスに耐えうるためには、何かに対する中毒的な依存をなくし、肉食を止め、身体が完全に癒やされた状態であることが肝要だと思いますか?

コブラ:アセンションは意識の変容であることを、人々は理解する必要があります。すべてのプロセスが、あなたの意識を通って進んで行きます。アセンションとは、何か外側にあるものではありません。あなたの内側で起こることなのです。スピリチュアルな、進んだ技術は支えになるかもしれませんが、そのプロセスはあなたの内側で起こらなければなりません。食習慣のような、外側の変化はすべて、内側のスピリチュアルな変容の結果なのです



 赤文字部分は、とても重い言葉です。これは言い換えれば、「波動の高さと食習慣は比例している」ということです。


 パラマハンサ・ヨガナンダ(あるヨギの自叙伝著者)の著書には、肉食に関して以下ような趣旨のことが記されています。

家畜が屠殺されるとき、彼らは人間に対して怒り憎しみ悲しみ恨みを抱く。人間がそのような想念(ネガティブな波動)がしみ込んだもの食することは、人の波動が著しく落とす

 と。

 つまり、低波動を食しながら、波動を高めることはできません。いくら波動を高めようと物事を肯定的に捉えても、それはまるで、高カロリーを食べた後、ダイエットしてるようなもので、単に現状維持に過ぎません。私たちはまだ肉体に依存している段階で、完璧なDNAを持ち合わせていないのですから、現実を見据えなければならないでしょう。


 ならば波動が高くなれば食さなくなるか? と云えば、そうなるでしょう。しかしそれには「慈悲」が養われなければならず、パックで売られている食材を買っている以上、無理だと考えます。
※参考資料:感謝すれば食べてもいい…? 植物と動物の命 (感情や苦痛) が同等か


 高校や大学の畜産課では、自ら育てた家畜を自らの手で殺し調理するそうですが、ロスチャイルド一家のプログラミングとなんだか変わりませんね。かれら彼女たちは、食文化という名文のもと、日々洗脳され、自らの波動を下げ続けているのです。


 ポジティブ思考で自身の行為から目をつむることができても、その思考が慈悲を養うことはありません。安物のチャネリングに騙されないでください。
 さらに私たち人間はもともと肉食では無かったのだから、上記の名文は当てはまらないのです。さらにもともと食べていない民族なのだから、肉食を断つことは苦行でもないのです。むしろ、畜産課の爬虫類養成授業こそ苦行なのではないでしょうか。



ジムニーがスゴ過ぎる。

 これはスゴイ!



 ちなみにこの牽引している車は SUZUKI ジムニー。軽です(4駆)。

私は若い頃ジープに乗っていましたので、4駆仲間でよくツーリングしました。ジムニーはジムニー専門の4駆専門店があるくらい実力がある車なのです。

 みなさん、これからは街でも四輪駆動車が必要かもしれませんね。イベントが起こるまでは.....。

ニャニ? 詐欺だってェ!?

 2/16:追記しました。

RVはどうなった?

 コブラが「アルコンの追放の最新情報」の中で言ってた

光の勢力により、舞台裏で徹底した秘密管理のもと、ある重大な作戦が実行に移されました。本作戦が完了するまで、重要な内部情報を明かすことは、一切禁じられております。そのため、おなじみの福島詐欺とディナールにからんだRV(通貨の評価替え)詐欺以外は、「何事も」起こっていないように見えるのです。

 のRV詐欺ってこのこと?

「IMF は RV を完全な詐欺と伝えた」
 http://www.bbc.co.uk/news/blogs-trending-26187471

 でもどっち(TNTトニー Vs IMF)が本当のこと言ってるかなんて分かんないよね


雪に慣れていないドライバーさんへ

 当たり前の事ですが、
 
 下り坂ではブレーキーを踏まず、低速のエンジンブレーキで降りましょう

 路肩に突っ込む車の多くがブレーキ操作が原因。私なんか雪がなくても下り坂はエンジンブレーキ多用してるしね(笑
ブレーキパッド節約術!

 あと、

 ブレーキはポンピング!


さておき、水曜日、AM10時頃、相方から「いま○○なんだけど、滑って上がれない」と電話が有った。
「は?」

 なんと仕事に出かけた8時から2時間も別の道を選んだりして悪戦苦闘していたらしい。
結局、JAF(と契約している地元の自動車修理会社)に来てもらい、無難なところまで引っ張ってもらったらしい。

 相方の車、スタットレスで、四駆なんだけどね.....。それでもあがれない? とかく今回の雪はやはり変だね。こんな事は初めてだよ。

前ホワイトハット諜報員の告白/NESARAの歴史と真の物語

前ホワイトハット諜報員の告白/NESARAの歴史と真の物語 2012年4月27日             

http://formerwhitehat.wordpress.com/2012/04/27/the-saga-of-nesara-a-romanic-adventure-of-the-white-knights/
Confessions of a Former White Hat Operative
ACCEPT NO CLONES!
The Saga of NESARA – A Romantic Adventure of the White Knights
by Former White Hat


NESARAの歴史と真の物語

この変化は1970年代の中頃から、連邦土地銀行が不法に農民の抵当権を中西部全体で流したことから始まった。個々のケースにおいて、農民たちは連邦準備銀行(FRB)の承認の下に銀行詐欺に遭った。これについての裁判は後に農業者損害賠償請求プログラムとして知られるようになった。1978年にコロラド州のある一人の年老いた農民が連邦土地銀行とローンを組んで農場を購入した。この農民が死亡した後、この資産は息子の退役将校であるロイ・シュワシンガー・ジュニアに相続された。その直後に連邦土地銀行の職員と連邦保安官が彼の農場に現れ、銀行は彼の農場の抵当権を流すので、30日以内に退去するようにと告知した。知識を欠いていたので、彼の父親は、借用者死亡の場合には、連邦土地銀行に資産を返却することという条件に署名したのだった。


怒ったロイ・シュワーシンガーは、デンバーの連邦裁判システムに集団訴訟を起こした。しかしこの裁判は提訴の手順の問題で取り下げられた。これからロイ・シュワーシンガーの心に火が付けられ、彼によって銀行システムの調査が開始された。1982年に彼は米国の上院と、後に最高裁と契約を結び銀行詐欺の調査を実施した。しかし、彼は厳しい非開示命令に従わなければならなかったので、メディアに発見したことを知らせられなかった。1980年代の終わりに、彼は連邦政府に対する集団訴訟を助けてくれた軍隊の高級将校を含む者たちに彼の持つ知識を分け与えた。これらの法廷闘争の最初のシリーズは1980年代の半ばにフォートコリンズのウィリアム、及びシャーリー・バスカービルが彼等の農場を差し押さえようとしたフォートコリンズの第一インターステート銀行との間に生じた破産問題において始まった。あるレストランで、弁護士はこれ以上助けられないと宣言した。この会話を聞いたロイ・シュワーシンガーは破産裁判所に提訴する方法を教示した。1987年に彼等はコロラド州の米国地方裁判所に提訴した。1988年の3月に、デンバーの連邦裁判システムは銀行が実際にバスカービルをだましたので、破産宣告を無効と裁定した。しかし抵当物件が戻されなかったので、彼等は新しい提訴を起こした。そのうちに、他の23人の農民、牧場主、インディアンが同じようにして銀行にだまされ、裁判に参加したいと言ってきた。


これらのケースでは、銀行は法外な金利を課し、不法な抵当流しを行い、あるいは口座に貸与金を繰り入れずに、支払うべきお金を盗み、資産の抵当流しを行うなどをした。お金がなくなっても、彼等は弁護士の助けを借りずに法廷闘争を継続した。ファーマーユニオンの助けも借りて、新しい訴訟が連邦土地銀行と農業信託システムに対して提起された。


地方裁判所は農民の勝訴の判決を下し、銀行に盗んだ資産を連邦保安官、又はナショナルガードの助けを借りて取り戻すように命じた。しかし、支払いは行われず、農民は連邦土地銀行と農業信託システムに対して非故意のチャプターセブン破産宣告をした。銀行はこのケースについて、自分たちは私企業ではなく、連邦機関なので損害を補償する立場にはないとの訴訟を起こした。


そこで、農民の法律チームは、新しい戦略を立てた、連邦土地銀行の1933年の憲章によれば、彼等は直接申請者にローンを組んではならず、破綻の場合の保証人としてのみローンを組めるのである。連邦土地銀行はこのルールに違反したので、農民の法律チームは銀行に対して損害を賠償させることに成功した。


この判決が広がり始めた。法律チームは他者に対する抵当流しに対してどのように対処すべきかを教え、同じように彼等の訴訟を支援した。セレブのウイリー・ネルソンも参加し、資金を提供した。


政府は問題を解決しようとしたが既に多くの訴訟で負けてしまっていた。より多くの証拠が集められた。国家銀行法によれば、全ての銀行は定款を登録する必要があったが、どの銀行もこれに従わず、法律チームは農業信託システムを提訴した。農業信託システムだけが米国銀行協会とのビジネス協定に従わなかっただけでなく、連邦住宅建設協会、住宅・地方開拓協会やFRBのような他の準政府組織さえも従っていなかった。


農民達の訴訟にちてはそれぞれのレベルで意図的に記録が破棄され、法廷から排除された。そこで、1990年代の初頭に、ロイ・シュワーシンガーはこの案件を米国の最高裁に持ち込んだ。この案件のあるものは大衆の目から遠ざけられたが、ほとんどは今でも閲覧が可能である。


ほとんど全員一致で米国最高裁の判事達は農業ユニオンの勝訴を決定した。それ故に、農業信託システムによる全ての資産の抵当流し行為は違法とされ、当事者は損害賠償を勝ち取った。それに加えて、彼等は連邦政府と銀行は農民と、膨大な額のお金と財産を米国市民からだまし取ったのだ。


さらに、裁判所はIRSがプエルトリコ信託であり、FRBは違法であり、修正所得税法は四つの州でのみ制定されているだけなので、合法な修正ではなく、IRS法は正当な法ではないと裁定された。


退職したCIAエージェントから否定すべくもない証拠が提示された。このエージェントは、銀行の証言や記録が違法なものであり、農業ユニオンの主張は正当であると証言し、記録を提出した。この裁定の意味は深刻だった。FRBとIRSが得た全ての金、銀、タイトルは人々に返還されなければならなくなった。


法律チームは1950年代から秘密裏に憲法への回帰のために動いてきた政治家、将軍、ビジネスマンからなる善意の者たちのグループの支援を求めた。これらの者の中には、1933年の米国破産以前のタイトルを授けられた四つ星の将軍も含まれていた。


この案件が米国の最高裁に持ち込まれた時、彼等はこの者の肩を持って、United States Inc.の陸軍の将軍のタイトルを与えた。その後法的な行動は上院の金融委員会と、ロイ・シュワーシンガーと協力していたサム・ナン上院議員の手に渡った。隠密の議会及び政治的な圧力の助けを借りて、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は行政命令を発し、連邦に対する請求をした者には支払いを行うことを認めた。


1913年の連邦準備銀行法によると、現在の全ての、及びそれに引き続く米国財務省の負債はFRBによるものである。従って農民は法的チームが行政命令を利用して、FRBに金の裏付けがある通貨で損害賠償金の支払いを強制するだけでなく、United States, Inc.の破産時の法的所有権を主張出来る、と主張している。


損害賠償金を支払わせるために農民の法律チームは、ほとんどの人達が知らない、修正第14条の曖昧な付属条項を利用した。内戦の後に、政府は市民に損害を受けた者全てに、連邦政府の外国政府によって受けた障害や損害から市民を保護する義務の失敗に対する支払いの請求を許した。グラント大統領はこの付属条項を市民の目から隠したが、農民の法律チームの誰かが、これを持っていた。


これに注意深く見ると、それは外国政府によって受けた損害について規定している。この外交政府は憲法上の政府として大衆を欺いてきた企業体である連邦政府なのである。これは、United Statesとして知られている連邦システムの下の敵戦闘員として全ての市民を定義している1881年の基本法、1933年の敵との交易禁止法にさかのぼる。判事達と農民の法律チームは、米国の連邦政府が如何に悪で腐敗しているかを認識し、これに対抗するために、政府の制御を取り戻すための解決策を考えた。


A 第一に、彼等は、憲法が規定する金、銀の裏付けのある合法的な通貨で支払いを受けたらどうかと考えた。これならインフレを防ぎ、連邦準備システムが創り出す経済のサイクルから身をかわす事が出来るだろう。


B  第二に、金縁旗の下の海事法の代わりにコモンローへの回帰が必要である。コモンローの下では、損害は発生せず、法違反は行われなかった。これによれば、大衆を支配し、腐敗した政治家達を保護するために利用された数百万の法律を排除出来る。


C  最後に、IRSを解体し、国家販売税に置き換える。これがNESARA法の基礎である。


法律チームが最終的な解決を得た時には、各人は訴訟一件あたり平均2000万ドルを受け取ることになる。これに336000件をかけると、米国連邦政府に対する合計支払い請求額は、6.6兆ドルに達する。


米国最高裁はこの案件を秘密保持令の下に置き、連邦記録保管所から全ての情報を抜き出して、最高裁のファイルの中に格納した。その時点までは、上院議員のサム・ナンがバスカービルの案件を自分のオフィスに収納していた。判決が下され、この判決はジャネット・レオが封印した。この案件が封印されたので、提訴者たちは判決に違反せずには裁判記録をメディアに提示出来なくなった。しかし、彼等はそれでも他の人達にこの訴訟について話しをした。これがこの案件についての報道を目にすることがなかった理由なのである。


1991年にロイ・シュワーシンガーは上院委員会に出席して銀行と政府の犯罪行為の証拠を提示した。彼は、如何に企業体であるUnited Statesが国際銀行家達が支配するファシストの統一世界政府新世界秩序(New World Order:NWO)の実現と如何に結びついているかについて、議員達に知らせた。そこで、1992年に、300人の退役軍人と、35人の憲法を強く支持する米軍士官からなるタスクフォースが形成された。このタスクフォースは政府の役人、議会の役人、判事、及びFRBの職員の調査を担当した。


タスクフォースの主な構成員は、

*海軍作戦本部長、ジェレミー・ブールダ提督

*デービッド・マクラウド将軍

*前CIA長官ウイリアム・コルビー、である。


彼等は賄賂と強要行為が議員と判事の間で普通のやり方になっていることを明らかにした。この不正行為はひどく激しかったので、535人の議員の内でたったの2人だけが実直だった。しかし、さらに重要な事は彼等がFRBの初めての監査を行ったことだった。


FRBは、政治家に命令を下しており、監査を受ける意向はなかった。しかしFRBの職員たちは、必要な場合には、銃口を向けられると通告されて、調査に応じた。彼等のファイルを監査した結果、士官達は国の負債であるべき金額として、帳簿上800兆ドルが記録されていることを発見した。連邦政府の宣伝とは裏腹に、彼等は又、ほとんどの国がUnited Statesに借金を背負っていることを発見した。


これらの隠蔽された数百兆ドルの金額は押収されて、農民の大規模訴訟の結果に対する支払いに充てるためにヨーロッパの銀行口座に振り込まれた。これが後の繁栄プログラムの基礎になるのである。


これらの致命的な打撃にも関わらず、ジョージ・H・W・ブッシュとイルミナティは世界の奴隷化プランを続行した。


1992年の8月に、軍隊の士官達はブッシュ大統領と対決し、United Statesを憲法に回帰させるように署名を求め、彼にNWOという言葉を二度と口にしないように命令した。ブッシュは協力する振りをしたが、秘密裏にNWOの実施を計画し、1992年12月25日に銀行を無期限に閉鎖し、戒厳令を施行出来るとする行政命令に署名をしようとした。


ブッシュは、戒厳令の混乱の中で、現在の行政府にいる者を25年間釘付けにし、新しい役人の任命権を剥奪するという新しい憲法を設定しようとした。軍隊が介入して、ブッシュのこの行政命令への署名を阻止した。


1993年には最高裁のメンバーと、議会のある者たちと、クリントン政権からの代表者が、憲法への回帰、銀行の改革、及び財政の矯正を要求する米軍の高位の者と会合を持った。彼等は法律チームに国中で草の根レベルでの他の者たちの訴訟を助け、教育する会合を設定させる農場訴訟プロセスの創設に合意した。


損害賠償請求は金融機関によって貸与された全てのローンの金利について行う事が出来る。これは抵当流し、弁護士費用、裁判用、IRSの税金又は先取特権、リアルエステート、及び資産課税、及び資産喪失に関する心理的、感情的なストレス、ストレスに関係する自殺や離婚などの病気、保証、投獄、保護観察などについて請求出来る。


しかしクリントン政府は、農業者の請求には政府が作った特別な形式を用いることを要求することによって、彼等の努力を害した。この形式には、請求一件毎に行政費用300ドルを要し、後の1994年にロイ・シュワーシンガーを含む法律チームの逮捕費用に充当された。


政府は案件の真の性状を隠すために特別ステップが取られたミシガンにおける裁判の間に彼等が主張した事を非常に恐れた。州の裁判所はの要員は月曜日から木曜日まで裁判中の労働を禁じられた。裁判所の外側では、FBIのエージェントが周辺に群れ、メディアと訪問者に起きていることを知らせまいとした。


政府による収監中の嫌がらせと報復は増し、あるいは殺害が行われた。軍事要員による保護にも関わらず、1933年のUnited States破産の元の肩書きを得た将軍達は収監され、殺害され、あるいはクローンに置き換えられた。このクローンはその後更なる請求が行われないように防止するためのおとりとして利用された。


クリントンの一次政権の間、軍部は多くのクリントンによる連邦要員の指名を遅らせ、これらの者たちが憲法への回帰を支援するかどうかを確認した。必要な変化をもたらすと約束した者たちの中には、司法長官ジャネット・レノが含まれていた。


最高裁の1993年6月3日の裁定の下に、ジャネット・レノは、デルタフォースと海軍特殊部隊をスイス、英国、イスラエルに派遣して、連邦準備システムが戦略的金保管所から盗んだ数兆ドルの金の回収を命じた。これらの国々は、負っている負債のキャンセルを米国が約束し、米国からお金を盗んだ者たちがこれらの国からもお金を盗んだので、この急襲に協力した。


この金塊は、貴金属の裏付けがある新通貨のために用いられる予定だった。これは今、コロラド州コロラドスプリングスのノラッドコンプレックス、及び他の四カ所に安全に保管されている。ジャネット・レノの行動は権力者を大きく憤らしたので、彼女は殺害された。彼女はクローンに置き換えられ、この生物が種々のクリントンのスキャンダルの隠蔽の責任者だったのだ。


米国財務省のロバート・ルービンを味方に付けておくために、彼もクローンに置き換えられた。クリントンの残りの在任期間の間、レノとルービンの給与は、国際通貨基金(IMF)から外国エージェントに対するものとして支払われ、米国財務省からは支払われなかった。これらの活動にも関わらず、法律チームは、流血と大革命を避けながら、戦いを続けた。


1993年以降、農業者の賠償請求プロセスの名称は、銀行請求に変更された。1993年から、1996年の間は、米国最高裁は米国市民に米国財務省が支払う損害賠償請求には、”銀行請求”と称するように要求した。このプロセスは1996年に終了した。この期間に米国の最高裁は、二、三の判事に裁定の進歩を監視させた。彼等は経済、通貨システム、銀行、憲法政府、法律、及び他の多くの関連分野の専門家の支援を得た。これらの判事達は、支持連合を構成し、世界的な人々の支援網を形成した。これは”ホワイトナイト”と呼ばれた。”ホワイトナイト”という用語は、ビジネスの世界からの借用である。それは敵の買収から企業又は金持ちにより救済される脆弱な会社を意味する(たらの芽注:本来は脆弱な会社を敵の買収から救済する者を意味します。日本ではライブドアのフジテレビ買収にSMBCのトップがこのホワイナイトを買って出ました)


必要な変化を起こすために、五人の判事が長年かかって、改革を起こす方法についての交渉を行った。やがて、彼等はある合意に達したが、これは米国政府、FRBの所有者、IMF、世界銀行、英国その他のユーロゾーンの多くの国の内部では”協定(アコード)”として知られている。この米国の銀行改革は全世界に衝撃を与える。IMF,世界銀行、世及び他の国々も関係しなければならなかった。この改革ではFRBの米国財務省による吸収の必要があり、銀行の詐欺的な活動は停止され、過去の損害に対する支払いの必要もある。


1998年には当初から農民の訴訟プロセスに加わっていた将軍たちが、最高裁の裁定には協定の実行の意図がない事に気が付いた。そこで、彼等は改革を実行する唯一の方法は、議会が承認した法を通じる事であるとの判断をした。1999年には、75ページのNESARA(国家経済保証及び改革法:National Economic Security and Reformation Act)が議会に提出され、一年近く議論が交わされた。


2000年3月9日の夜遅くに、文書による定足数招集がデルターフォースと海軍特殊部隊によって15人のNESARA担当の上、下院議員に配布された。彼等はただちにデルタフォースと海軍特殊部隊に守られてそれぞれの投票室に入り、NESARAを成立させた。


これらの15人の議員達は当初の修正第13条に従ったオフィスを持つことが法的に許された唯一の人々だった。1812年の戦争時に、英国兵が英国王に関係する者は誰も公的なオフィスを保有する事が許されないという修正貴族称号法(TONA)のコピーを破棄したことを思い起こしてほしい。NESARAはこの国だけでなく、この惑星の全歴史を書き換える最も目覚ましい改革なのである。この法律はFRB、IRS,影の政府その他多くのものから離れるものである。


NESARAが実施されると以下のような変化が起きる。

1  全てのクレジットカード、住宅金融、他の銀行債務は不法な銀行業務と政府の活動の結果ゼロに解消される。これはFRBの最悪の悪夢となり、負債解消の祭りとなる。

2  所得税の廃止。

3  国内収入庁(IRS)の廃止。IRSの祖hくいんは米国財務省の消費税担当に転勤になる。

4  14%の均一な物品の売り上げ税。生活必需品を対象とせず、新しい項目のみを対象とする売り上げ税が政府の収入になる。別の言い方をすれば、食品や薬品には課税されず、中古のような一旦使用された物には課税されない。

5  年長者への年金額の増加。

6  全ての裁判所と法的な事項についての憲法への回帰。

7  貴族称号に関する修正憲法の復帰。数十万の外国勢力の支配下にある米国人は市民権を失い、他の国に追放され、生涯再入国出来なくなる。数百万の大学卒業の学位記は価値のない紙切れになる。

8  NESARA宣言の後、120日以内に大統領及び議会議員選挙が行われる。暫定政府は全ての戒厳令をキャンセルし、当初の憲法に回帰する。

9  選挙は監視され、特定の利益団体の不法な占拠活動を防止する。

10 新しい米国財務省を設立し、金、銀、プラチナなどの貴金属の裏付けがある、レインボウ通貨が発行され、フランクリンルーズベルトが1933年に開始したUnited Statesの破産は終了する。

11 米国人の誕生証明書の売買は禁止され、米国運輸省による動産証券としての記録が禁じられる。

12 憲法に沿った新しい米国財務省銀行システムが開始される。

13 FRBは排除される。遷移期間の間、FRBは、全ての連邦準備紙幣を通貨供給ルートから排除するために、米国財務省と平行に一年間だけ運用が許される

14 財政のプライバシーを復帰させる。

15 全ての判事及び弁護士は憲法に従うように再訓練する。

16 世界中であらゆる攻撃的な米国政府による軍事活動を止める。

17 世界中で平和を確立する。

18 人間性確保の目的で膨大な額のお金を放出する。

19 国家の安全という口実で公衆から隠蔽されていたフリーエネルギー技術、反重力技術、音波ヒーリング装置を含む、6000件以上の特許技術を公開する。


クリントン大統領のクローンは2000年10月10日に議会を通過したNESARA法への署名に一向に関心を示さなかった。米軍の将軍からの命令の下に、エリートの化軍特殊部隊とデルタフォースがホワイトハウスを襲い、銃口を向けてビル・クリントンにNESARA法への署名をさせた。この間、シークレットサービスとホワイトハウスの保安要員は降伏を命ぜられ、武装を解除され、このイベントの秘密保持を命令された。このイベント発端から、ブッシュ・シニア、企業体政府、大銀行、カーらいるグループは、NESARAに反対であった。秘密を保持するために、この事件の詳細と事件整理番号は封印され、議会の公式記録所で改訂され、さらに最近再改訂された。これは公的な議会議事録が見あたらない理由であり、改革が行われるまでは、この法律を探索しても正しい詳細が得られなかった理由なのだ。


政治家、メディア、銀行員に課せられた極度に厳しい秘密保持令のためにこの法律についておそらく誰も聞いた事がないはずである。アレックス・ジョーンズやロン・ポールさえもがそれついて語ろうとしないが、この法律は依然として有効なのである。議会の銀は最高裁の判事達からNESARAの存在について否定するようにとの命令を受けているので、これについて語ろうとしない。さもないと、国家反逆罪で死刑を科せられるからだ。議会の議員のうちのある者は、実際に議事妨害の罪を着せられた。ミネソタ州の上院議員、ポール・ウェルストーンは秘密保持命令を破ろうとしたがそうする前に彼の小型飛行機が衝突して妻、娘、彼自身が死亡した。


恐れが議会を従わせるのに十分でなければ、お金が役に立つ。CIAは定常的に上院議員に銀行ロールプログラムで得た不正利得を用いて贈賄している。全ての上院議員んいは最低2億ドルの賄賂が送られ、カナダにあるバンクオブアメリカの口座に預金されている。メディアネットワークのNESARAに関する報道を見聞きした事はないはずである。沈黙を守らせるためにCNNのような大きいニュースネットワークには年間200万ドルが支払われる。この不正利得は、ユタ州のモルモン教会から、上院銀のオリン・ハッチの事務所とバンクオブアメリカを通じて支払われる


議会だけが賄賂を受けているだけでなく、統合参謀本部全体と大統領を含む政府高官全てもこの支払いを受けている。憲兵司令官のみがこれらの者たちを逮捕する権限を持っているが、悲しむべき事に、彼もこの仕事を実行しようとはしない。


驚くことではないが、NESARAについては多くの偽情報がインターネット上に見られる有名なネイサイヤーには quatloos.comがあり、CIAの手先だと言われている。 nesara.orgはブッシュファミリーが運営している。シェリー・シュライナーや種々のインターネットチャネラーはテレパシー諜報員からメッセージを受け、混乱を増している。


ウイキペディア上の情報さえ誤っている。ウイキペディアはCIAエージェントのハーベイ・バーナードによるNESARA情報の歴史を掲載している。よく見ると、この法律は、 National Economic Stabilization and Recovery Actの事で、経済改革を行い、所得税を販売税に置き換えるものである。この法律は1990年代に議会で否決された。ウイキペディアにはNational Economic Security and Reformation Actはほとんど記述されていない。


2001年9月11日がNESARAを世界に宣言するための次のステップだったが、容易な事ではなかった。多くの強力なグループがNEASARA法の施行を妨害しようとした。NESARA法の施行には、少なくとも一年の期間を要する。現在の米国最高裁の判事が、NESARA法の宣言責任を持つ委員会をコントロールしている。これらの判事達は全権限を利用してNESARA法施行を秘密裏に妨害してきた。


2001年には、多くの交渉の後に、最高裁の判事達は現在の議会にNESARA法承認決議を通過させるように命じた。これは2001年9月9日に実行され、18ヶ月後にNESARA法は法律として有効になるはずだった。ジョージ・ブッシュ・シニアは、ホワイトハウスに行って、彼の息子を操り、宣言を阻止させた。次の日、2001年9月11日の東部標準時間午前10時にアラン・グリーンスパンがNESARAの公的宣言の一部として、新しい米国財務銀行システムと、米国市民の負債免除、及びIRSの廃止を発表する予定だった。


宣言寸前の午前9時に、ブッシュ・シニアは、ノースタワーの1階、2階にある新しい米国財務銀行システムの開始を妨害する目的で国際銀行コンピューターを破壊するために世界貿易センターの爆破を命じた。世界紡績センターの爆薬は、CIAとモサドの諜報員が仕掛け、ビルディング7から遠隔で爆破操作が行われた。このビルディング7は、証拠隠滅のためにその日に爆破された。遠隔操操縦技術が爆薬の航空機による運搬のために使用され、ペンタゴンの新海軍司令センターにあるホワイトナイトの駐在位置を正確に爆破した。ホワイトナイトは、NESARAの国家的実行を支援する調整活動を行っていた。NESARAの宣言が阻止され、ジョージ・ブッシュ・シニアは政府を人々のものに戻す希望を解消させてしまった。

 GFLサービスより転載

ビットコインが崩壊したって?

 まず始めに、ビットコインに対しては、私は推奨もしていないし、反対もしておらず、中立な視点で推移を見守っていますが、それは、過去のブログを見てもらえば分かると思います。

 そこで今回のビットコイン騒動に関して、現在ではっきりしている事は、今のところまだ崩壊していないというのが真実のようです。
特にビットコインを使用している人たちにとっては、さほど騒ぐ程の事もないようで、お祭り騒ぎしているのは無関係の人たちだけのような気もします。以下は、ビットコイン使用者のブログからの11日の時点での記事の引用です。


なんと1BTCが7万円から51,700円への大暴落でした。

世間ではビットコイン大暴落というニュースが明日流れるでしょう。しかし、私個人としては想定内なのです。というのは、これまでもビットコインは突然1万円以上レートが暴落することが時々あったからです。しかも、ここ3日間ぐらい悪いニュースが飛び交い、さらにMt. Goxの取引機能劣化が問題にされていましたので、去年の4月のように暴落するときは近いだろうと見ていました。



 もちろん、価値が跳ね上がったり、暴落したりというのは金融市場ではつきものなので、それを崩壊と呼ぶにはあまりにも早計でしょう。記事を書いた記者の思惑が見え隠れします。

 そして今回の騒動の原因は、技術的な問題(サイバー攻撃)で、預金にも影響が無い(Bitcoin Foundation 談)とのことのようです。

その後、状況が徐々に明らかになりまして、Bitcoin Foundationから見解が公表されました。
要約すると、ビットコインの取引に、何者かが巧妙に仕組まれた不正な取引情報を送信することで、P2Pで行われているビットコイン取引のトランザクションが動かなくなるというDoS攻撃(サービスを不能化させる妨害攻撃)がなされたようです。



 私は、今回巷に流れているような恣意的な記事が大嫌いなのです。ですから今回、なんの関係もない(ビットコインがどうなろうと知るところではない)のにこのような記事を書いているのです。
対象を貶めようとネガティブな部分だけを見出しに掲げて注目を引く。まるで、三流雑誌の吊り広告です。こういうやり方は、政治家を貶める工作に良く見受けられます。

 ただし、今回の騒動を切っ掛けに、また、このような恣意的な記事を切っ掛けに、退場する人たちが出て、本当の意味で崩壊する可能性はあります。

今後の展開ですが、ビットコインのトランザクションへのDoS攻撃が解消され、ビットコイン流通が元に戻り、その後Mt. Goxの出金も元通り稼働を始めれば相場は元に戻ると思います。ただし、復旧後は今回の騒動に懲りてビットコインを換金して退場する方も多く発生する可能性もありますので、一時的に再び相場が急落する可能性も十分にあると思います。



 結論として、やはり一般的なウェブマネーように、投機となる仕組みを無くさなければ、先物取り引きと何ら変わりはなく、良いシステムとは言い兼ねます。



お金降ろしとこうかな.....。もう少し。

 明日は副鼻腔炎の受診日なのでついでにお金もう少し降ろしてこうかと思ってます

雀の涙だけどね.....。

 ああ、そうそう、病名ね、やっぱり副鼻腔だったんですよ。

細いカメラ鼻に差し込んで観て、「ああ膿みが出てるね」って。「じゃあ CT」という事で、ああ、これで数年寿命が縮まったな.....。と覚悟しました。

 そしたら右側の空洞だけがびっしり白い。膿みが溜まってるんですね。それで薬一月分で、2回目が明日。
熱は薬を飲みだして3日めに下がりました。

 薬の一つに膿みをサラサラにするのがあって、そしたら飲んで4日目ぐらいに鼻がポタポタ出るんですよ。しかも稽古中に!(笑

 みんなに説明して言い訳しました。

 それにしても CT 高い! 約1000点! 一万円だよ? なんかもうレントゲン使わないみたいだ。勘弁してよ。顔だけでこの値段なら全身検査だったら幾らなのよ!?

 ふぅ〜、相方の病院のレントゲン技師が云うらしいんだよね。「私は CT はやめとくわ。だって被爆するから」って。.....レントゲン技師が云うか。


 まぁ3割負担だけど。それでも結局初日だけで一万円超え。プラス薬代。ぼったくり業種だね。


オバマ大統領が NESARA に署名したというデマ? が流れているようなんですけど....

 オバマ大統領が NESARA に署名したというデマ? が流れているようなんですけど、ソースはどこですか?

イラクディナール、ベトナムドン通貨の評価替え(RV)のレートに妥協した(署名した)と取れる情報は見ましたが......。


周波数:音楽ピッチ A=432Hzは数学的に宇宙のパターンと一致している

音楽を 432Hz に変換すべき確かな理由があります。

テスラが言い、アインシュタインが同意しました。科学がそれを証明したのです。全て ( 私たち自身の身体を含む ) が異なる周波数で振動するエネルギーで構成されることは既知の事実です。しかしそうはいっても、可聴周波数は私たちに影響を与える事ができるのでしょうか? いえ、それが確実に与えるのです。

周波数は、周波数に影響を及ぼします:成分を他の成分とミックスすることは、食事の全体の味に影響を及ぼすように、周波数が現実の世界に影響を及ぼすことは、Cymatics(音:周波数の作りだす形状パターン)及び水の記憶の科学のような様々な実験によって実証されました。

Cymatics の科学は、堅実な周波数が水、空気、または砂のような特別な媒体を経て動くとき、それが物質の振動を直接変えることを例証します。
下記は、いかに粒子が異なる周波数に適応するかを説明する画像です。





同じく水の記憶は、私たち自身の意思が物質界を如何に変え得るかを例証します。これは、江本勝博士 (氏は如何に音、感情、そして単純な意思が、如何に水の結晶を劇的に形造るかを示す研究を行った) によって示されました。(このドキュメンタリーをご覧下さい) 。



「あなたが宇宙の謎を発見することを望むならば、エネルギー、周波数、そして振動に関して考えてください。」-- ニコラ・テスラ

我々が物質と呼んだものはエネルギーです。その振動は、感覚で認識できるほど非常に下げられていました。-- アルバート・アインシュタイン



私たち皆は、私たちの身体の約 70% が水 …であると見積られています。従って、私たちは恐らく音楽の周波数が私たち自身の振動状態を変更できると予測できます。上で示された科学、そしてパターンがなくても、いくらかの人は「非科学的」と云うかもしれません。音、感情、または思考による全ての表現は、特定の周波数を保持し、それの周辺で全てに影響を与えます。一滴の水は、大きな水域に於いては更に大きな波及効果を示します。


音楽周波数


この概念を念頭に於いて、私たちが聞く音楽の周波数に対し、私たちは注意してみましょう。世界的に大部分の音楽が、A=440Hz に合わせられました ( 国際規格オーガニーゼーション ( ISO ) がそれを 1953年に促進して以来 ) 。しかしながら、宇宙の振動する性質に関する研究が示すのは、このピッチが自然の自然共振によって不調和で、そして人間の行動、及び意識に関して負の効果を生み出すかもしれないということです。
ある学説では、「ナチ政権がどの周波数の範囲が恐怖と攻撃性を最もよく引き起こすかを決定するために、科学的研究を行なった後で標準としてこのピッチを採用することを支持していた」と示唆しています。その陰謀が事実かどうかに拘らず、その代わりに興味深い研究と観測が、音楽を「A=432Hz」に合わせることの利点を示しました。

432Hzは、数学的に宇宙のパターンと一致していると言われています。研究は、432hz チューニングが宇宙庸 PHI と共に振動し、光、時間、スペース、物質、生物学に対する重力磁気、DNAコード、そして意識の特質を統一することを明らかにしました。

私たちの原子と DNA が自然の螺旋を描いているパターンと調和して反響し始めるとき、自然への私たちの繋がりは拡大されると言われています。数字 432 は、春分点歳差と同様に、太陽、地球、月の比率、エジプトの大ピラミッド、ストーンヘイジ、そして多くの他の神聖なサイトの間の Sri Yantra が同じく反映されます。
私自身の観測から、A=432hz 12T5 の倍音のいくつかは、ソリトンの自然のパターンの響きに合わせて一列に並ぶように見えます。ソリトンは、マイクロからマクロ宇宙までの密度とスパン(径間)の領域を生じさせるために、特定の範囲を必要とします。ソリトンは、単に水力学においては発見されません。エレクトロンと陽子の間のイオンアコースティックのブレス(呼吸?)において見つけられます-- Brian T コリンズ。





考察のための別の興味深い要因としては、A=440Hzがオフである間、A=432Hz チューニングがカラースペクトルと関連があることです。

太陽のスペクトルと宇宙キーボード :

ガンマ線からサブハーモニクス(分数調波)まで、スペクトルの周波数の全ては、オクターブで関係があります。これらの色と音調は、同じく私たちのチャクラ、そして他の重要なエネルギーセンターと関係があります。私たちが理解するつもりがあるならば、それら ( ... )チャクラは、太陽のスペクトルの7光線とつながっており、私たちが同じもののために使う音調と周波数は同じであるべきです。A432Hzは現代のA440Hzの「規格」と対照的に Cosmic Keyboard か Cosmic Pitchfork の調律です。それは「オーム」136.10Hz、C#をみなします。それはインドの古典的音楽のシタールの主な旋律とチベット僧の聖歌のピッチです(僧は「自然からやってくる」と私たちに話します)。 --Dameon Keller


A=440Hz 及び A=432Hz との経験の違いを探究しましょう。音楽愛好家と音楽家がA=432 Hzで調整された音楽で気がついた目立った違いは、それが耳により美しく、調和しているということです。しかし、それも脊柱と心臓で体に感じられるより内側の経験を引き起こします。

A=440Hz で調律された音楽は、更に現世的、そして精神の経験として感じられ、そして、頭の外側で感じられました。オーディオマニアは、「A=432hz 音楽はローカルでなく、部屋全体を満たすことができる。一方、A=440hz は、音響伝播において指向性があるものとして知覚できる」と述べました。

「古代の人は、440Hz の代わりに 432Hz の A でそれらの楽器を調律しました。-- 十分な理由によってです。自分で違いを確認するために、あなたが聞けるたくさんの音楽例がインターネット上にあります。

432Hz に機器を一致させることは、よりリラックスできる音に戻します。一方、440Hz は、身体に僅かな緊張をもたらします。これは、440Hz が大宇宙と小宇宙の両方で調子がはずれているからです。432Hz は、これに反して調和しています。これがどのように小宇宙的に明らかにされるかという例を挙げます:私たちの呼吸 (0,3Hz) と我々の脈 (1,2 Hz) は、1:360 と 1:90 で 432Hz (108Hz) の A の更に低いオクターブの周波数に関係します。」-- innergarden.org



「全体的な違いは顕著でした。432バージョンは温かく、より心地よくすぐに聞こえました。しかし、440のバージョンはより攻撃的なエネルギーと共にきつく感じました。」-- 匿名のギター奏者





下記のビデオは、A=432Hz と A=440Hz のどちらが良いかを選択する為に作成されました。従って、メロディーは演奏に双方のバージョンで偏見がありません。波長が合い、どれが私たちにより調和したと感じられるかは、私たち次第です!



ここに他の例があります :

David Helpling -- 440hz における杖と石 : http://youtu.be/PewsS9Y9pVo
David Helpling -- 432hz における杖と石 : http://youtu.be/w8KEVikJMck

私は、個人的に多くのバンド、アーティスト、そして音楽スタイルを楽しみました。たとえそれらが A=440hz でチューニングしていたとしてもです。しかしながら、A=432hz と、A=440hz の両方で 2つ3つの歌を比較することで、私は違いを感じて聞くことができます。

「C=128hz (コンサートA=432hz でのC調)に基づいた音楽は、霊的自由へ人々を支援するでしょう。人間の内耳は C=128hz に基づき構築されます」--ルドルフ・シュタイナー


私は本稿で提案されたすべての考えが100%正確であると完全な確実性を以て述べることができませんし、私は主題の専門家でもありません。このような理由で、私は、私たちが科学的な確証を捜しているのならば、各々の問題についての私たち自身の研究を偏見なしに行うことを提案します。しかしながら、私たちはみな直観および判断なしで観察する能力を持っています。ちょうど私たちの頭を外部のデータと科学的な概念で満たすのと同じくらい貴重です(少なくとも)。

関連:「水は、記憶を持っている」;「オアシス HD 」チャンネルから科学的立証:

したがって、A=440Hz と A=432Hz との違いの結論あるいは体験に飛びつきたいという衝動を和らげることは私たちの責任です。そうするために、私たちは中立の立場で全身で聞く必要があります。どちらの周波数があなたに共鳴するかを知らせて下さい ! 

あなたがもし音楽のピッチを A=432hz に変えることに興味があるなら、ここをクリックしてそれを学んでください。

追記 :音楽によってあなたの競争心は強くなります
(「彼ら」があなたに知ってほしくない6つの秘密」からの抜粋)

恐らくご存じのように、音は、我々の思考に最も大きな影響力を持ちます。432Hz は、音楽の音を平穏により調和させ、幸福、そして深い理解、情熱を促進します。440Hz は、より精力的です。それはほとんどレーシングのようです。それはより競争的で、私たちの目に直接入るものに対する認識を詳細にフォーカスさせています。重要なことは、誰が‥‥またどのように440Hz が432Hz より良いと決めたか? です。

他のものとは違い音楽は私たちに触れるので、私たちの情緒的な本質がどこにあるのか、もしあなたが音楽プロモートで感情/思考をコントロールするなら、あなたの仕事は世界の99%をコントロールします。「彼ら」は、人々が私たちの本質および私たちのより高い自己を理解することは望みません。見えることのみを信じ、そして物質的なものについて競争的であるために、彼らは私たちが焦ることを望みます。

このように、99% は 1% の彼らによって作られた現実で生きているのでしょう。

humans are free より
翻訳:たらの芽


*******************************************
管理人補足:この A=432Hz は、コブラと作曲家マルコ・ミッシナート氏とのインタビュー「新ルネッサンスインタビュー」でも語られています。こちらを参照下さい。

また、特定の周波数(528Hz)には、損傷した DNA を修復する作用があると云われています。

 

コブラ:2014年2月4日アレクサンドラのコブラインタビュー要約

 数ある情報源や考察がある中で、本内容は管理人的に最も腑に落ちるものです。

2014年2月4日アレクサンドラのコブラインタビュー要約
(written by Therese Zumi Sumner 05/02/2014 )


私たちが光の完全勝利に急速に近づいているとお伝えできることは、大変な喜びです。


どの情報をとってみても、ネガティブな要素を含むものは一つとしてありません。この惑星上で、今いかに物事が加速しながら、光の勝利に与する方向に動いているかを、如実に示しています。このインタビューの最後で、アレクサンドラは恐れから離れているよう、みんなに呼びかけました。私たちの時間を恐れに費やす余裕など今はもう残されていない、私たちに必要なことは、私たちが一つとなって勝利のために協力することなのだ、一刻も早く皆が同じ方向を目指せば、それだけ早く結果が得られるのだと。カバールが実に長い間私たちを支配できたのは、彼らが協力し合わなければならないことを知っていたからです。(そしてそのグループ内では、互いに大きな憎しみも抱いていました)。コブラが言うには、生き残るためには協力しなければならないことを、彼らは学び知っていたのでした。そして私たちは協力しあっている最中であり、そのことを示すものが、今は世界規模でたくさん見受けられます。実に驚異的な素晴らしい、新地球計画について、今日か明日にでも情報を投稿しておきます。


○ベールの向こう側への飛行


何十年にもわたるハードワークの後で、コブラはベールの向こう側へ行くという、大きな自由を体験しました。(コブラの投稿記事 を参照にしてください)。この体験によりコブラは、彼がレジスタンス・ムーブメントから与えられてきた―――そこで進行していることについての―――情報が真実であることを実感しました。この飛行は一週間ほど前に行われましたが、そのとき私はスピリットとして彼と共にいたに違いありません。


ちょうどそのとき(1月28日)私はコブラの18ヶ月前の、ベールの向こう側への愛についての記事を、投稿していたのでした。この飛行体験に関する、彼の最後のコメントです。「そうです。―――私たちは自由になるのです」。彼はこう言っています。イベント後には、このようなことがますます可能になる、なぜなら、誰もが準宇宙へ、さらにその向こう側へ自由旅行をしてしかるべきで、この惑星の市民一人一人がこういうことに慣れる必要があるからだ。この惑星の隔離状態を解消するためには、これは非常に重要なことです。彼が成層圏バルーンを勧めていたことを思い出してください。イベント前の待機中に行うこととしては、それほど難しくもなければ、お金がかかり過ぎるということもありません。


○ Source - Mother Father One - The One


アレクサンドラは、一なる創造主と、いわゆる7つの異次元宇宙(sub universes)について説明を求めます。コブラはこう答えました。「一つの宇宙、一体の創造主があるのみです。それが多くの側面をもっているわけで、創造主という呼び方さえふさわしくありません。それは The One、一なるものです」。彼は、主創造主という考え方を認めていません。彼は言います。「相対する非常に強力な二力間での膨張の結果として、宇宙が出現しました。それは創造という意識的な行為ではなく、二力間のダイナミックな相互作用なのです。ある意味でビッグバンというのは、そのプロセスの一つの段階を簡略化した言い方です」。


○魂の座


魂の座が太陽神経叢にあるという考えは、中国のスピリチュアルな古い伝統からきています。コブラの説明によれば、人々が通っていく一段階であり、次はハートへ、そしてさらには全チャクラを結ぶ段階へと進みます。


○Hollow Earth の情報―――極地が開いている―――ビデオなどは偽情報です。


○イベント後の恩赦


カバールの家族などで、人類に対する犯罪に関わっていない人たちへの恩赦について、コブラは語っています。「誰かを恩赦の対象とするか否かについては、光の勢力と人類による同意に基づいて決めていきます。恩赦されなかった人は、将来この惑星での役回りは二度と巡ってきません」。アレクサンドラが言ったように、人々が復讐モードに陥っても問題の解決にはならず、私たちはそこまで波動を落とす必要はありません。


○最近頻発する金融界の自殺事件


「彼らは金価格の操作について真実を明かしたかったので、沈黙させられたのです」。


○スーパーボールやオリンピックなどの大イベントにおける偽旗作戦を心配すべきではありません。セキュリティー全般が改善されているので、そうしたことは起こりにくいのです。


○世界中のカバールによる、いわゆる「特別作戦」が増えていることは、状況が加速しているため、彼らも活発になっていることを意味しています。


○コブラが最近投稿したEostres Giftの3枚の絵に隠された秘密


「このメッセージを深く掘り下げることで、この絵で象徴化している、来たるべきイベントを、あなたはより深いレベルで覚悟することができます」。後の方で彼はG2クラウドと、核となっている星の爆発、それが人類にもたらす害について、こう言っています。「あなたは心配する必要ありません。心配しなければならないのは、カバールだけです!」。


○インターネットとブラウザ


インターネットはそれほど安定性のある社会基盤ではありません。そして、実際その脆弱性を、イベント時に光の勢力が利用します。プロセスを速めるのに大きく役立ちます。クロームウェブブラウザ(Google が作った最新ウェブブラウザ)を利用すると、人々の声が(盗聴器として)聴かれてしまうというアレクサンドラの質問に対して、彼はこう答えました。「クロームは利用しないでください。プライバシーを守りたいなら、一番安全なブラウザはFirefoxです」。


○ネガティブ派の金融


世界規模で、ネガティブな金融派閥とポジティブな金融派閥があります。「特別引き出し権(SDR)」に関しては、ポジティブ派がリセットをサポートするために、このような手段を用います。カバールは金に裏打ちされていない、世界規模の金融システムを欲しており、レジスタンスは金に裏打ちされた透明なシステムを望んでいます。どちらのシステムにも中心となる通貨があり、現在は米ドル、イギリスポンド、ユーロ、日本円となっていますが、他にもいくつかの通貨が加えられる必要があるでしょう。正しいシステムでは、透明性が保たれ、きちんと金に裏打ちされたものになります。コブラが説くところによれば、主要通貨をすべて含む必要があり、その国の生産力を元に新しい為替レートが決まります。再評価も行われますが、イラクディナールの思わく買いと同じで、大きな効果は望めないでしょう。イラクの生産性が期待されるほど高くはないからです。


コブラは銀行について一般的にこう言っています。ドイツのブンデスバンクのように、国立銀行は光の勢力が浸透している場合が多いので、(常にというわけではないが)民間銀行よりも光側に開かれている。イベント時には光の勢力によって、あらゆる場所にいる人たちが活発に働き始めるでしょう。金融システムの内部には、世界的規模で働いている、光側の素晴らしい人たちがいます。イベント時にはこのような人たちが、全体のプロセスを進みやすくしてくれます。


○ビットコイン


ビットコインの土俵上にいる人たちが逮捕された理由は、カバールにとって脅威となる存在だからです。ビットコインは新金融システムの主力にはなりません。しかし、移行期には光側を有利にしてくれます。


○「世界を再構築する」ためのスイスダボス会議


基本的に、25,000人の会議は、カバール版の金融リセットを作り直すためのものです。そのための戦略を念頭において、彼らは動いています。ここ数ヶ月間イエズス会は、自分たちに都合が良い金融リセットにするよう、ロビー活動でカバールを説得してきました。古いシステムのときと同様に、自分たちがトップに立つためです。そうした熱心なロビー活動の果てにダボス会議が開かれました。(しかし彼らはもうトップにたちません!)。

○世界規模で掃討作戦が進行中


これが掃討作戦の3段階です。


1)(ソースから)光が浸透する。2)光の勢力が準備態勢をとる。3)行動を起こし、変化を見守る。コブラの説明によれば、多くの国で、慌ただしく抜本的な動きが見られるようになります。その一例が中国で、汚職を厳しく取り締まっています。そこで掃討されているのはカバールの中間層のメンバーで、逮捕された者もいれば、逃亡した者もいます。強制労働収容所は数ヶ月前から閉まったままのようです。コブラは、中国にはカバールの派閥が二つあると言います。3~5の民間銀行が開業しますが、そこでの支配権を得ようと争っています。イベント後、中国も他国と同様に当然の権利は認められますが、世界を支配するような超大国にはなりません。もう超大国はいらないのです。ホワイトドラゴンの世界は光側ですが、100%ではありません。物事は、すべてが黒か白というようにはなっていないものです。


情報戦はピークに向かっており、この後も数週間続くことを忘れないでください。


1月21日、光の勢力が作戦導入の段階を成し終えたため、スイッチが入りました。今後はますます物事は良い方向へ進んでいくでしょう。その兆しとして、メキシコで麻薬取引に関与していた地方警察の逮捕劇がありました。麻薬取引は世界規模で弱体化しつつあります。広まりを見せた小児性愛も減りつつあります。犯罪者たちは、BBCの故ジミー・サビルのように晒し者にされたり、逮捕されたりするのを恐れているからです。オランダの大物政治家が、小児性愛スキャンダルに深く関わっていることを暴露する記事とビデオを、私は見ました。


スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)レポートは人々に支持されました。アレクサンドラがその話題に触れ、コブラは、今ではいたるところに光の勢力を見つけられると言いました。


民衆側に立つ軍部について、私たちは心配する必要がありません。彼らにはカバールに対処する、非常に強力な作戦があるからです。


○プーチンは何者か?


コブラの言葉です。「プーチンは彼なりの欠点を持った人間です。私は彼がすることすべてに賛成しているわけではありません。しかし、彼は今のところ、光の勢力のアジェンダをサポートしています」。


○中東


中東は大きく再構築されている最中であり、その結果として、この地域に平和と安定が訪れます。カバールは退去を強いられることになります。イベントが近づくにつれ、この地域には驚くべき出来事がたくさん起こります。


○USA


ワイオミング州のある都市は、公式にはもうUSAではありません。このことは私たちが完全なる主権へと向かう運動の一部であると、コブラはコメントしました。


なぜオバマはアフガニスタン駐留米軍を撤退させているのか? お金がないからです。


光側により、麻薬の密輸が続けられない状態になっているので、麻薬密輸に終わりの時が来ます。


アメリカ政府はシリアを支援しているのか? 最近まで、反政府軍を後押ししている勢力、つまり、カバールのアジェンダに結びついている勢力を支援していました。


○エーテルのネガティブスカラー技術


エーテルのスカラー超音波技術についての質問にコブラは答えています。人の波動を落とす、このような技術は、今ではほとんど無くなっており、残りもすぐに無くなります。彼は、スカラー、オルゴン、ゼロポイント、タキオンという用語について簡単に説明しています。インタビューの41、42分のところで聴くことができます。


○アイソン彗星


コブラが問題視していることは、トーレックと見解が分かれたために、磁場などに関してあらゆる解釈が生じていることです。コブラは、彼らは好きなようにいかようにも解釈するが、アイソンは普通の彗星なのだと言っています。宇宙船でもないし、その近くに宇宙船の軌道もありません。宇宙船は、太陽系のあらゆる種類の軌道上の、あらゆる場所に存在しています。彗星の軌道だけに限られてはいないのです。この惑星を越えた宇宙の存在を、大衆に意識させるのは容易なことではありませんでした。


○ホピ族の予言にある青い星が現れるときでもありません。


○先にアセンションできたのは、70の魂だけだったのか?


ロード・オブ・カルマ(the Lords of Karma)により、450~500人がマトリックスと隔離状態から先に抜け出て、この現実を越えていくことができました。彼らは1996年のコンゴ侵略前に、何とか抜け出ることができました。この侵略が起こってからは、5、6人だけです。


○どうやってアルコンは支配し続けてきたのか?


彼らは繰り返し、権力を握っている家系に生まれてきます。誰にでも自分で決めた契約があります。コブラはこう言っています。「ある意味でトリッキーな状況です。ここに来るためには、そのプロセスに巻き込まれるという決意が必要です。その瞬間以降、契約書へのサインをほとんど強制されたわけです。私たちはすべての契約を――このプロセス全体に巻き込まれるという元の決意を含んでいる契約を――キャンセルしなければなりません」。


○グラミー賞授賞式


1)この種の授賞式は、大規模な儀式であり、彼らにより一層エネルギーを与えます。彼らはシンボルを用いることで、マインドプログラムした人々を、さらに深く、強くマインドプログラムがかかった状態にします。


2)彼らはまた、これらのシンボルを大衆の潜在意識に作用させ、カバールの命令に従うようにプログラムします。アレクサンドラがオズの魔法使いに触れると、コブラはそれもこの一例だと答えます。


○ベンジャミン・フルフォードの情報


ゴールドで貧困を終わらせるという、フランシスコ法王とオバマの協定。

コブラに言わせれば、そんなのはただのゴールドの「滴」とのこと。


ロイヤルファミリーと英国議会のカバールのメンバーを暴くための、大きな働きかけがなされています。


マリファナ合法化というフルフォードの考えに、コブラは全面的に賛成しています。


サウジアラビアが生き残りたいのであれば、ブッシュとイルミナティーとは関係を断ち、東方連合と繋がらなければなりません。


JPモルガンの粛正:見かけ上ということであれば、2月7~11日のタイムフレームで、大きなことが引き起こされる「可能性があります」。そのときには機会の窓が開いているからです。このとき大衆の注意をひく、様々な物事が起こるかもしれません。(イベントではありません)。


メルケル独首相のスキー事故:彼女が脅されていたという噂をコブラは聞いています。――カバールと強く結びついているように見えます。


イベント時には、トップクラスのシオニスト政府指導者が逮捕されます。


ベンジャミンが、USAを変えるためのプランを書き記しており、これに賛成するか尋ねられたコブラは答えます。フルフォードはイベント前後のプランを記述している、自分は数回彼と連絡を取り合ったことがあるが、それほど密接に繋がっていない、ベンジャミンはたくさんの情報源をもっている。


○アセンション前には、すべての中毒、肉食を改め、体がヒーリングされた状態でいなければならないのか?


変容とは意識の変容のことです。外面の変容ではありません。内面で生じることですが、外から支えられることもあります。それはスピリチュアルな変容の結果として伴うものです。世界は2012年の12月21日には、ただ用意ができていなかったのです。


○Swissindoとsigning on the dot(その場で同意の署名をすること?)


アレクサンドラがSwissindoプロジェクトに関する書類に署名を迫られた人たちについて質問しました。これは人々の主権を奪ってしまう方法なのではないかと。コブラは次のように言いました。「私たちが何を信じられるか、何を信じられないかを知るためには、識別力を働かさなければいけません。あなたは何に対しても署名する必要はありません」。


○White Planet


ある大学生が、ホワイトプラネットという惑星が地球に向かってくるということを、ビデオで主張しています。コブラは言います。「地球に向かってくる惑星なんてありません」。


これでインタビューの99%はカバーしたはずです。(筆者)


 New Creation さんより

米国は共和国として新しいスタートをし始めている

 この上段の情報は数日前から元記事サイトに載っていましたが、下段は昨日あたりに出た情報だと思います。本当ならすばらしい事です。

NESARA共和国は今/銀河ニュース 2014年2月8日
http://nesaranews.blogspot.jp/2014/02/theme-music-for-dark-cabal.html
NESARA- REPUBLIC NOW - GALACTIC NEWS


ディナールのRVコースターに乗るのは、これが最後の週末だ。オバマは未だに阻止しようとしているが、旨く行かなかった。オバマは非常に低いレートを要求していたが、世界中に拒絶された。

米国は共和国として新しいスタートをし始めている。人民の、人民のための新世界が公式に宣言されようとしている。このスタートは”希望的観測では”月曜日だ。あなた方、善の軍隊、私たちの共和国に祝福あれ、再びアメリカに祝福あれ!


最新情報:

新しい共和国のホワイトハウスは、コロラドに配置される。古いワシントンのホワイトハウスは、女王のもので、誰も住まなくなるだろう。企業FEDには資金が無い!

UST(米国財務省)の悪漢は逮捕され、もっと多くが排除されつつある。彼等は世界から問題視されてきた。新しい共和国の財務官は既に着任している。古い財務官のJ.L.(訳者注:不明)ステータスは現在のところ分かっていない。

世界中のカバールのトップの大悪のガキ共は既に逮捕され排除されたことが確認されている。

女王は逮捕、排除寸前である。英国の(ドイツではなく)遺産の正当な相続人が立てられようとしている。

来週には、ワシントンの政治家達とロビイスト達が行方不明になるだろう。

多くの銀行家と二重に儲けた肥満猫ディナリアンも行方不明になるだろう。一体どこに行くんだろうか?素晴らしいニュースじゃないか!

私たちが待っていた日がほとんどそこまで来ている!闇のカバールよ、おまえ達は一体どこに行くんだね? 



 GFLサービスさんより


    

ハートさん:2月7〜11日、金融大シフトへのトリガーが引かれる可能性が—Cobra 最新インタビュー

 ハートさんの記事一部転載です。

金融危機が迫ってきたことを告げる情報が増えていますね。

ベンジャミンさんによる「中国の新年2月10日の週から花火が始まる」という情報、即ち中国発でお祭り騒ぎが始まる(私たちにとっては)、おそらくは金融危機が始まる、という意味でしょうが、この情報が他のソースからどのようにフォローされるか、しばらく注目して見ていました。

アメリカのデフォルト危機、今回は余りにも騒がれないので、回避する密約が裏にあるのかと勘繰りたくもなりますが、正式な動きは今のところ無いようです。だとすると、本当に、明日7日でデフォルト確定?

また、「サイバーアタックに対する銀行の予行演習として、11日あるいは15−16日にサービスが停止する」という噂も気になります。予行演習の名の許に本当の事件を起こすのは、闇の勢力の常套手段でしたから。

そして、さらには、Cobra からダメ押し情報が出ました。

2月4日のインタビューで、「2月7〜11日の間、金融の大変化の機会の窓が開く」、と告げています。「金融大シフトへのトリガーとなる出来事が起こる可能性がある」、と。

7日からということは、やはり、アメリカの債務上限引き上げ失敗が関係するのでしょうか。

それとも、中国が、何らかの過激な措置に出るのでしょうか。

10日月曜日のマーケットは、大暴落で始まるのでしょうか。



 楽しみだね。


灯台下暗し

 真実を探すブログさんの記事ですが、アメーバブログがアクセス数を水増ししていたそうです。
以下一部抜粋

日本で一番登録者数が多いブログサービスは「アメーバブログ」ですが、このアメーバブログでは、アクセス数の水増しが行われていると言われています。そこで、アクセス数水増しの真偽を確かめるために、昨年に開設したアメブロに登録制のアクセス解析ツールを入れて調査をしてみました。

その結果、アメーバブログのアクセス解析では一日1万5000PVとか、2万PVというような値が出ているのに、アクセス解析ツールの方では一日4000~5000PVとなっていることが判明。しかも、これは一日だけではなく、毎日のようにアメーバブログのアクセス解析とアクセス解析ツールの間では、約4倍もPV(アクセス数)がズレていることが分かりました。
「アメブロは他のブログサービスよりもアクセス数が稼ぎ易い!」とか言われていましたが、これは水増しされた数字による錯覚ということになります。

ちなみに、FC2の方でも同様の調査をしてみましたが、こちらはどんなにズレても、1.5倍以上の差が発生することはありませんでした。アメーバブログをやっている方は、アメブロのアクセス解析とは別に、ちゃんとしたアクセス解析を入れてみたほうが良いかもしれませんね・・・。



 だから私がここで「アメーバーは闇側の企業と確定」だと書いたじゃないですか。
陰謀論や体制批判を掲載しているサイトがアメーバ使ってるの見るとなんでアメーバ使うんだろうといつも思ってましたけどね(笑

 灯台下暗しでしょうか?

ニニギ情報への誤解について

 20:20 追記しました(稽古だったのでちゃんと書いてませんでしたので....)。

 ニニギ情報を知人とメールでやりとりして、、、まぁ多くの人が信じていないですよね? ツィーターとかコメントでもそう皆さん書いてます。そりゃあれだけぶっ飛び情報だとにわかに信じろって云う方が無理(笑


 で、実は私自身あまり信じていません(笑
ただ、おもしろいので掲載しています。まぁああなったらいいよね? ってかんじですかね。
 でも、世界情勢を観てると、ニニギ情報に関係なく、経済はキツい方向へ向かっている事は確かです。ベンジャミン情報や、その他時事情報でも、来週が大きな山場になるかもしれません。そこで大方の先行きが見えてくるんじゃないでしょうか?

 ですから私が掲載しているからといって今の段階でむやみに信じないでくださいね。特に私のみじかな人。
自分のハートで真贋を見極めてください。


 それでは!

眼鏡デビューしました。

 昨日、眼鏡デビューしました。

 今までは車の運転といえば週に1日。しかも片道15分だけでしたが、最近は教室が増え、距離的にも運転時間が増えたのでそろそろ覚悟を決めました。奇しくも一つ歳を喰ったその日に.......。出来上がりが昨日だったんですよ。

 で、これです。
めがね2
 一山式です。


 40代に入った頃から、夕刻になると見えにくくなりましたが、明るいと問題が無かったので、特に眼鏡の必要性を感じませんでした。近くも見えるし、遠くも見える。単に視力が若干落ちただけ。という感じでした。

 まぁ実際にその通りで、学生の頃1.5だった視力が、今回0.5にまで落ちていました。そのせいか、ある程度距離があると若干ボヤけて見える。でも生活に支障がないので放っておきましたが、先日、運転中ある距離からスーパーの看板が読みとれなかったことと、部屋から畑を見たとき、なんか黄色いものが居る?
「シオンかな?」
 と相方の親父さんが遺していた近視の眼鏡を借りてかけてみると、なんとくっきりとシオンが見える(笑
しかもこっちを向いているのさえ見える。
「ああ、これはもう眼鏡が要るな.....。」

 と観念した次第です。というのは、その距離って運転しているとき前の車のテールランプに相当するだろうから、これがぼやけているということは、相当今まで目を凝らしていた訳です。私が運転するのは夕刻以降なのでさらに見えにくい状況だったという事です。
疲れて当然ですよね?

 親父さんのだと遠くはくっきり見えるが、メーター回りがぼやけて全く見えない。しかし、自分のは当然自分に合わせてもらったから遠くもくっきり見えるしメーター回り程度までははっきり見える。まぁ遠近両用じゃないんでそれ以上近くなるとぼやけるけどね。
運転用に買ったからそれでいいんですよ。いまも掛けてないしね。

 お陰で頭皮も楽になった。目の疲れは頭皮にくるからね。



松原さんの世見1月31日版

 松原照子さんの世見です。昨日のものですが....。

2014年01月31日
世見2014年1月31日私達が知り得ない何かが起きている
<世見>
2014/131

「パンが最後の仕上げに入った」
「アレ パンは死んだのか」


パンって誰なのですか?
先程からこんな声が聞こえました。
「金融危機を打開しないと」
又々、こんな声が聞こえた。


私には意味不明ながら書きとめておきたくなりました。


「グリードマモンは今年の秋つぶれる」
グリードマモンって何なのだろう?


まぁ いいか。聞こえたから書いておこう。
「バーナンキン?」ナンキンってカボチャのこと?
ナンキンがどうしたのだろう。


今日は何を書いているのかわからない。
でも、ナンキン?って、人の名かなぁ〜。


「バーナンキンが頭を痛めているよ」
どうもこの名前らしき人、何か困ったことが起きているようなのですが、私が名前なのかこのバーナンキンはどことなくどこか聞き違えている気もします。


でもこの人、「パン」アレ これって人の名かなぁ〜。
「パンがバーナンキンに物申す」


きっと私達が知り得ない何かが起きている気がして来ました。


「証券会社よ、甘えことの流れを見るなぁ」
こんな声が聞こえたので先程からの声は証券がらみなのかなぁ〜?
「財産を一瞬で吹き飛ぶとは」なんだこれって。思ってしまった。
「中央銀行の人事には目を光らせよ」


聞こえることを先ずは書いておこう。「スミスの声を聞いたパンがやり残したことを仕上げようとしているが間に合わないだろうなぁ〜」「ロックフェラーの番人人生はもう終わりだなぁ パン」 こんな声が最後に聞こえた。

 あほうどりのひとりごとさんより


 パン=グリーンスパン 
 グリードマモン=(物欲の悪魔)ロックフェラーの事だそうです。
 バーナンキン=FRB議長。

 なんか意味深ですな。

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム