ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日「N1-頂上決戦!」

.
 明日、ついに我が家の猫たちに張ったバリヤを解除します!
これにより、地政学的な勢力図が変わることでしょう。

CIMG1147.jpg
 バリヤがあるので互いに強気な二匹w

ああ、ご報告してませんでしたが、今はテクノロジーを駆使した扉式のこんなバリヤが張られています。スッキリしてます。

CIMG1159.jpg

 ↓未開の時代はこんなんで人さえも通れませんでしたw 本末転倒です。

CIMG0601.jpg


 で、現在、ちょろ太だけが他の猫から隔離されています。状況はこう。
(○は良好。×は一触即発、前に戦っている。△は威嚇はするがケンカにはならない)

シオン×ヤクモ=○
シオン×クロ=×
シオン×ちょろ太=×

ヤクモ×クロ=△(不思議と一緒に寝るのはOKらしい)
ヤクモ×ちょろ太=×

クロ×ちょろ太=△

従って、シオン、ヤクモ、クロは、どれかが外にいても外に出しても今では大丈夫になった。しかしちょろ太が出られるのは誰も外にいないか居てもせめてクロくらい。時々外で出会って唸り合ってるw
そして夜はシオンとヤクモを自由にするため、ちょろ太のみ部屋に閉じ込められる。いつまでもこのままで良いはずがありません。神はそんな悲惨な状況を変えるべく、ついにグリーンライトを灯した(さじを投げたw)のです。


さて、現在の我が家のヒエラルキーはこうです。

たらの芽→シオン→ヤクモ→クロ→ちょろ太→相方w

ちょろ太は最もでかいですが、まだ若造です。クロは同年ですが、我が家では先輩で、しかも野生児。体は一番小さいが氣では優っています。クロが真剣に怒るとちょろ太は引きます。
ちょろ太はクロが好きなようで、威嚇されているの見るとなんだかかわいそうです.....。

 さてさて、これがどのように変わって行くのか、戦々恐々。特にシオンは高齢なので、セコンドが必要です。明日は革の手袋をして見守りたいと思います。

結果はまた後日報告しましょう!

スポンサーサイト

喪中でもお祭り(笑

.
ようやくなんとか落ち着いたかな....。

今月はなにかと忙しかった.....。親父の死から始まって25日の祭りが終わりようやく肩の荷が下りた感じです。祭りは前日からの準備と終わってからの片付けとでもうクタクタ。翌日は全身筋肉痛だった。それにしても25日はあちこちで祭りがあったみたいですな。
 来月は四十九日がありますが、それ以外は日常に戻れそうです。

 まぁとにかく実家とか遠くまでの運転が多くて今月は身体に負担が掛かりすぎた。わたしは車の運転が好きじゃないから余計です....。

さらに弟子が帰国で平日に稽古に来るから、ウチは泊まれないので宿泊先探して魚がダメだというからそれを踏まえて宿さがして、ようやく予約とったら、やっぱ旅券の関係で日帰りにしますとかで、キャンセルして....。おいぃぃぃ! いい加減にしろよw
しかも子供つれてくるというからチャイルドシート用意しておいたのに単身できやがってw 
「来年連れてきますから」ということで謝ったが、嘘だったら買い取らせます(笑
娘なんですが、動画見せてもらったらだんだん女の子らしくなってきてる。まぁ女の子はかわいいね。祭りの日には女児にさんざん弄られたけど、それも好かれてる証拠←ポジ。

「なんでスカートはいてるの?」(友達に訊いてくれと頼まれたらしい)
「袴っていうんだよ」
「その下はどうなってるの?」
「あのお姉ちゃんとおんなじ(道着の)ズボンはいてるよ」とめくってみせる。
「でもあの人達は(袴)はいてないよ」
「これは強い人しか履けないんだよ(男子の場合のみ)」
「(おじさん)つよいの?」
「とーーーぜんw」
「ねぇねぇ、なんで髪が長いの?」
「若いときからこうだからそのままなんです」
「おかまなの?」
「www」

 とまぁこんな感じで。生徒も笑ってた。スカートと髪が長いのが合わさってもう男じゃないんだろう。田舎には私のようにポニーテールしている親父はそうそういないんで不思議だったんだろうな。ちなみにこの歳になってJSにかっこいいって云われるなんて、、、オレもまだまだ捨てたもんじゃないな.....( ̄ー ̄)と遠い目をした私である。


 さて、いつもの農家から新米を買ったが、去年の米がまだ大量に残ってる。ウチは昼しか米喰わないんで累積して行くんですよね.....。
 そこで、久しぶりにどぶろくでも作ろうかな....と。どぶろくっておいしいですよね? 頭痛くなるけど(笑

頭痛持ちなのは酒のせいかなw いや350の缶ビール1本くらいだし、、、やっぱりくねくね道の運転のせいだろう。首がスゴく凝ってます。
だれかはやく人間用のドローン完成させてくれ。それなら一直線だ! って出来てるし(笑

http://www.yukawanet.com/archives/4896325.html

電池の問題あるみたいだけど、燃料はケッシュの電池で解決だ! でもちょっとでかいですね。自動車くらいにならないと....。


 私信:このブログを見ている年賀状やり取りしている諸氏。そういうことであなたたちには喪中ハガキ出さないのでよろしく。


whoisではFRBは1989年に国有化?(笑

.
 最近、FRB(連邦準備制度理事会)が国有化されたとの情報が流れています。 

 で、、 FRB の以前の民間 URL だという federalreserve.org サイトにはそのままでは繋がりませんが、http:// を https:// に直すと federalreserve.org というサイトに遷移できました。

 しかし奇妙なのは、この federalreserve.org というホスト名は登録されていません。

ピクチャ 4



 そして今回、国有になったとする federalreserve.gov のホストは登録されていますが、登録日が 1989-03-13 となっています。

ピクチャ 5

ピクチャ 6



 さてさて、どういうことなんでしょうか......?



本物なら買い

.
皆さん既知だと思いますが、ケッシュ財団からフリーエネルギー装置が販売されたようです。


ピクチャ 3


で、約8万円くらいなのですが、どうやら300ユーロの寄付が強制されているようなので、実質799.99ユーロのようです。
そこに税と日本への送料がついて合計約968ユーロ。日本円で約13万円くらいです。

......詳細がわからないので何ともいえませんが、車を動かせてこの価格なら買いですね^^

 もちろん、詐欺でなければですが.....。

 200万以上した太陽光パネルはなんだったんだ...._| ̄|○



アセンションできたかね?

.
 両親が今の土地に越してかれこれ四半世紀になる。
息子(兄)夫婦と同居(同じ敷地に2軒)を条件に見知らぬ土地での残りの人生をどう生きて来たろうか。

 新参者への風当たりはきつく、嫌がらせもあった。町内会の集金(任意という名の強制w)も、新参者からは倍とれという声すら出たという。しかし当然まともな方もいて、その声には怒鳴って諌めたらしい。


 当時、その地へ越して来たのは両親だけで、他は別荘感覚で週末にしか訪れない家が1軒あっただけだった。

 両親としては初めての注文建築なので、自分たちの想いを具現化できたが、それが近所の妬みにもなった。

「あれは部落の出らしい」
「そうとう悪い事をしてきたらしい」

 等々、ある事ない事が一人歩きした。

 その土地を探してきた私としては、そんな土地柄と知って申し訳なかったが、しかしそれは当時としてはどこもさほど変わらないであろうと思う。
いずれにせよ、両親にとっては完全に失敗の移住だったかもしれない。ところが、母と近所の婆さんとのふとしたある会話から、状況は一変した。


婆さん「昔はこの辺りの者はみんな○○まで出稼ぎに出とった。」

○○はこの地域とはまったく縁のなさそうな数十キロも離れた地域ではあるが、ばあさんは言う。

婆さん「そこの××さんにはこの辺りのみんなが世話になった」

母「......、それウチじゃん」


 

          ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|         ..|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ


婆さん「工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 あんた××さんとこのもんか!?」

母「そう、うち本家」

婆さん ;゚Д゚)ノヽ(д゚;)ノヽ(゚ )ノヽ( ゚)ノヽ(;゚д)ノヽ(゚Д゚;)

 そう、つまり、母は移住先の地域のみんながお世話になったという××家のお嬢様だったのだw プライバシーに関しての田舎の情報伝達の速さは LINE を上回り、その日から両親に対する誹謗中傷が消えた(笑

 まぁ母もまさかの話しだったらしい。しかしもしかしたら、じっちゃんたちはもっと多くの地域(そこより近い)の人たちにも感謝されてるのかもしれないと思うと、徳を積んだのではないかと思う。

 そんな事があったからか、以後、どうやら父は母や私たちの知らないところで近所に対してお調子者を演じていたようだ。親戚も友人もいなかった土地で、どう感謝されるような事をしたのだろう....。昨日、町内会長さんが、父には世話になったと、わたしの隣で嗚咽を漏らした。その遺影は5月にうちの桜の前で撮ったやつだよな?


 お疲れ、親父。

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム