ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンクルとの戦い-あとがき

 アンクルとの戦いを書き終えて、まぁ......拍手も・・・・・、コメントもありませんし・・・。つまんなかったんでしょうね。独りよがりですしね。何かわびしい今日この頃です(ノд-。)

 さて、物語はアンクル達を『悪』に見立てて進めていますが、一般的には彼らは善人の部類に入ります。甥に至っては、彼を悪く言う者はいません。人のいいやつです。しかし書いた通り、タオイストの価値観からすれば、それはあくまでも「一般的には」です。

 彼らの初歩的なミスや無知から生まれた我が家の金銭的な損害は何十万にもなります。単に「知らなかった」では済まされません。
 ブロックを倒された、或いは埋め戻された、程度のことは、私たちがやり直せば済むことで、たちまちは金銭的な被害はありませんが、コレらに伴って失われた時間、つまり人を拘束した時間を人件費と算出し、それぞれのミスが生み出した我が家の精神的苦痛を鑑みれば、その被害はさらに多くなります。
 センサーの音は、正直本当に神経を蝕みます。想像してみてください。一度耳に付いた音というのは癇に障るものなのです。それが15年も続いたのです。

 また、半日で済んだ仕事を1日仕事にしたのはアンクルのミスです。にもかかわらず、彼らは請求を半日換算することなく、しかも割り引くこともなく、謝罪することもなく請求してきました。あの時、甥は本当に目を合わせようとしませんでした。これは彼が後ろめたかったからに他ありません。ならなぜ自分に正直になり、身内のミスを認め、謝罪しなかったのでしょう。或いは半日として請求しなかったのでしょう。
 それは、そこに金銭が絡むからです。私が、この章を"指輪"に例えて書いた理由はそこなのです。彼と初めて合った時、彼は確かに善人でした。それは事実です。まだ若かったとも言えるでしょうか。しかし、彼が業界に浸かれば浸かる程、その誠実さが欠けていきました。地方では、談合は未だに臆面もなく続けられています。そのような業界の体質が彼から誠実さを奪っていきました。
「さぁ、その指輪を投げ込むんだ!」というの天使の叫びは、多くの人に投げつけられています。彼も又、それをはね除けた一人になってしまいました。

 彼らができる限りの誠意を示していれば、私も彼らのミスを悪行呼ばわりしなかったでしょう。ところが"指輪"を投げ捨てるのを拒んだ彼には、もはやそれがありませんでした。ですから、善人というのは「表の顔にすぎない」ということでなのです。

 プロというのは、その為すことに対して100%理解できてなくてはなりません。そうでないと、私達みたいに辛い想いをする者が後を絶ちません。塾や学校の先生が、教科の教えるべき範囲をしっかり理解できていなければ、それは教える資格がないのと同じです。
 

 さて、もううんざりかも知れませんが、次回は造園業者の悪行を書きたいと思います。これは、ホントに悪行です。犯罪ですね┐(-。ー;)┌

 では -~)ノ~~

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「アンクル」おもしろかったですよー!
スタンドのヨッシー氏にはたまらなくグッときました。
これからも楽しみにしてまーす!

ありがとう

清さんですね。

 気を使ってくれてどうもv
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム