ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人げない

私は、地元の子供達に習い事を教えているが、とある少女○○が、なぜか私の素性に興味津々なのだ。

「先生何歳ですか?」

この質問を、習いに来た当初から会うたびに浴びせられている。実は教えようとした時、「36歳?」と先に言われたので、あとが続かなくなった。私は心の中で、「この子は若干8歳にして好感度の得方を心得ている.....」と恐れをなした。
いまでは髪も白くなり、どう見ても私は実年令より老けてみられるはずだ。

「それだと君達のお父さんやお母さんより若いじゃないか(⌒-⌒)」と応えて笑った。


仙人を目指す私は年齢不詳のほうが都合が良い。そうやって隠すからますます子供達の興味の餌食になってしまった。
確かに、以前バーベキューで家を訪ねた時、先生は一人だったが、家は独り者の様相ではない。それに子供の気配もない。
この人は一体・・・・・。と幼い頭で考えたのだろう。

 
すると昨日、お稽古事が終わり、その○○ちゃんの姉二人(小、中)が迎えに来た。教室から見える距離だが、昨今は危険なので送り迎えは必須だ。しかし何としたことか、その姉までもが「先生って何歳ですか?」と訊いてきやがったぁ( ̄□ ̄;)!

他の子供達が「○○ちゃんと同じ事訊いてる(^∇^)」と笑った。

この家族は何故にもそんなに私の素性を知りたがる? そう思いながらその場をあしらった。しかし「手相見せて下さい」とその姉は食らい付いた。

そして見せると、結婚線がどうの、子供が何人.....とのたまい、そこに○○が割り込んで「でも離婚線があるから結婚線あっても関係ないよ」とまぁ言われ放題( ̄、 ̄;)ゞ

このままではいけない!(>ω<*)ノ

そこで親指をみせ、先生らしさの回復を図った。それがこ.れ.だ...1,2,3。

仏

「あるヨギの話だと親指にお地蔵さんが現れるのは仏心を持った人の証なんだとさ」
 そう言って自慢げに見せた。

「そのヨギの人もこんなふうなんだ」
「じゃあ先生みたいな事をしている人は同じような指紋になるってことですか?」
「そういうことだろうね」

 ふふっ、してやったり( ̄ー+ ̄) 小中学生に負けてたまるか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム