ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと死んでました

 先週火曜の夜から体調を崩していました。

金曜には病院で点滴を受ける事になってしまい、だからといって回復はしませんでしたが.......。


 火曜の夜食後、違和感を覚えたので、そそくさと横になりました。そこから日曜の朝まで、のたうち回る苦しみの日が続きました。

 当初は、安静にしていれば治ると考えていました。いや、安静にしていれば治るもの症状の物なのです。ただ、それが、あまりの苦しさに、もはや自己の治癒能力では耐えきれないと知り、受診したのです。

 木曜の夕刻、もはや我慢できないと、勤めに出ている相方に電話を入れ、早退してもらい、病院まで搬送してもらいました。

 相方は病院勤務ですが、症状が内科であろうからと、専門医の居る別の病院に電話をかけ、閉院後だが診てもらえるかを問い合わせて、とある病院へ向かいました。


 私の症状は、私の見解では、腰から背筋力の低下に寄る消化器系の機能低下よって起きたように思われる。
急激な肉体疲労によって熱を持ち、それが苦しみを伴うこととなった。つまり、本来、熱は体を元に戻すために出る。これが筋肉を弛緩させ、苦しみの原因となった。

 消化器系統が弱っているため、抗生物質が投与できず、熱を冷ます事が出来ない。
よって、あとは自浄に任せるしか無いのだ。

 つらい五日間だった....。もうあの苦しみは味わいたくないね。

 ほとんど食がとれなかったので、断食状態で、宿弁も取れた。そして疲れていた筋肉の症状も良くなったと思う。
 まぁ、結果的にはリセットされた訳だよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム