ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が人生

 相方の布団で寝ていた八雲が、夜中にごそごそした気配に意識を戻した私は、ついでにトイレにいっておこうと起きた。

 八雲もボーッと座っていたが、私が階下に降りると着いてきた。
そして私が用を足す間、扉の前で待っていた? 八雲に「寝るよ」と声をかけたその時!

 ウゲッ..ウゲッ..としゃくり上げ始めた。

「おい、マジかよ〜....Σ(T□T)
 と慌てて総菜のトレーを前に持っていたったら、避けるように移動して別の場所で吐きやがった!

どっさりの毛玉。しかもくせぇーー! なんだってそんなに臭いんだ? まるでうんちのように臭い!
ティッシュで取るけどベトベトで何枚も重ねてようやく取って、その後、HB-101かけてさらに拭いた。

 しっかり目が覚めたが、もう一度寝た。


 朝起きると、昨日ロシアンとの戦いで敗れて? 部屋の隅に引きこもっていたシオンが階段から外を眺めていたから外へトイレに連れていった。昨日の夕刻からトイレをしていないからだ。

 そして部屋に戻ると、

 ウゲッ..ウゲッ..としゃくり上げ始めた。

「おい、マジかよ....Σ(|||▽||| )
 なんで外に出た時出してこないんだよ!!と口には出さないで突っ込む( ̄∇ ̄*) 

 で、臭くはないが、同様にティッシュで取るけどベトベトで何枚も重ねてようやく取って、その後、HB-101かけてさらに拭いた。



 我が人生.....しっかりと下僕の道を歩んでいる(;´ρ`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム