ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦慄の動物病院

 八雲が調子が悪いので、近場の動物病院を探している時に知った事実だ。

相方の知人が、とある動物病院へ行ったとき、、なんと「野良猫は診ない」と突き放されたそうだ。

今は飼っていると説明したが、「うちではペットショップ等で購入した身元がはっきりしているペット以外は診ない」といわれ、隣接する隣県の病院を紹介されたそうな。

 なにそれ?

 そこに居るのはホントに獣医? なに命を差別化してんの?

なんかまるで19世紀以前の人間の病院みたいだ。

 それって人間だとどんなに苦しんでいても、「みなしごは診ない」って言ってるってことだよね?


とても信じられないが、これは実際にあった対応だ。

断るだいたいの理由は分かっている。おそらく○○の理由だろう。
でもそれは、私からすれば到底受け入れられない理由だが、何を診ようが病院の自由だし、いやなら他をあたれば? がまかり通る。だから、そこは文句を言っても仕方ない。

 ただ、あきれるばかりだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム