ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武の秋

ちょっと寒いな,.....。

 そんな秋になると、ちょっと武に目覚める(笑

 ネットでいろいろな方の情報を見ていると、「過去の武術が現代スポーツより優れているというのは妄想だ」と捉えている人が多く存在していることに気づく。

確かに、現代の武術やスポーツは過去のそれに対して研鑽を積んだ結果とも言え、進歩して来たのではなかろうか。


 ただ、私の視点は書かれている方々と若干違う。古の武が優れていたと言われる方々を私なりに代弁したいと思う。

例えば、昔の人は暗闇でも目が利いたと聞く。今でも、マサイの人が都市に住むようになってから、夜が見えなくなったと語るTvをつい先日観た。

 また、我が家の猫も、目に見えない物の氣を感じ取る。これらは、毎日自然の動物たちを見ていても分かる。鳥にカメラを向けただけで、彼らの動きは止まり、警戒する。
 最近では、野良を生き抜いてきたロシアンのすごさを痛感する。寝顔をみようと窓越しにちょこっと覗いただけで、「なに?」って気づかれる(笑

つまり、「本来持っていた能力が失われている」といいたかったのではないだろうか。

 まぁそういえば良かったのに....、とも思うが。

 それと、現代ルールでは各々、現代が有利かと思う。つまり、妥協の勝負である。しかし、命のやり取りとなると大きく違ってくる。人を殺す勇気、気概、残忍性に於いて、現代人は遥かに劣っている。

 ありがたいことに........。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム