ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い目を見るのは第三者

 実は三日ほどまえに、ロシアンとシオンのケンカの仲裁に入り、左手をかまれました。
しかも飼い猫であるシオンに(笑

 血を拭いて、水洗いの後消毒しました。

あまりの痛さに、腕が上げられません。噛まれたところは、親指の付け根周辺で、肉の焼き方の基準になるところが特に深かったです。
 まるで万力で挟まれたかのような強さでした。

 噛まれたのはそこですが、経絡てきなものでしょうか? 肩まで痛みがきます。
 
 消毒も、深いところまでは出来ず、左手がパンパンに腫れ、そのご体が熱を持ち、全身がだるくなりました。

 一番辛いのは、ズボンをはくにも力が入らず難しいのと、トイレでケツが拭けないことです(*ノノ)(私は左利き)

 ようやくキーボードが打てる状態までになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム