ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主の御意思です(笑

 人類を「家畜(羊)」として支配して来た根源が、ついに光に屈したか!

ローマ法王ベネディクト16世引退

以下転載-----------------

ローマ法王ベネディクト16世引退 退位は約600年ぶり
退位を表明するローマ法王
枢機卿会議で退位を表明するローマ法王ベネディクト16世
Photo By AP=共同

 ローマ法王庁(バチカン)報道官は11日、ローマ法王ベネディクト16世(85)が高齢を理由に2月28日をもって退位すると発表した。共同電によると、法王が11日の枢機卿会議で表明した。実質的に終身制の法王の退位は約600年ぶりで極めて異例。

 法王は枢機卿会議で、高齢のため法王の重責を果たせないと感じカトリック教会の利益のために引退を決めたと述べた。後任を決めるための法王選挙(コンクラーベ)開催も要請した。今後、後任の法王選定に向けた水面下の動きが活発化する。

 法王は前法王ヨハネ・パウロ2世の後を受け、05年4月19日、第265代法王に選出された。先代法王に続き、生命や家族の重要さを説き、保守的立場を貫いた。10年に出版された本の中で「法王は体力的、心理的、精神的に務めが果たせなくなった場合は辞任する権利と責任がある」と述べ、引退を考えているとの観測が絶えなかった。近年はサンピエトロ大聖堂のミサで自ら歩かずに車輪の付いた台座に乗り、従者に押してもらって祭壇に向かうなど体力の衰えが指摘されていた。

 1927年、ドイツ・バイエルン州マルクトル生まれ。大学で教義と神学を教えた後、77年ミュンヘン・フライジング大司教に就任、同年枢機卿に任じられた。

-----------転載ここまで。

 聖マラキの予言では、現16世の次の代でバチカンが終わると言っています。それについてはこちらが分かりやすいでしょう。

 いずれにしても、バチカンが真実を語る時、この世に大混乱が起こる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム