ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスクロージャープロジェクトから

ディスクロージャープロジェクトファイルより

『3.1 公開: 環境,世界平和,世界の貧困と人類の未来に対する意味』から抜粋 

-------------------------------------------------------
1) Greer, Steven M. Disclosure: Military and Government Witnesses Reveal the Greatest Secrets in Modern History. 2001.
----------------------------------------------------------
環境に対する意味:

“人類は秘密にされているエネルギー発生と反重力推進の装置を実際に所有しており,それらは,現在のエネルギーと輸送システムのあらゆる形態を完全かつ永久に無用のものとする能力を持つ” 我々は,公開された議会公聴会で上記のことを立証できる事情通と科学者たちを確認している.それらの装置は,空間の電磁気とゼロポイント・エネルギーと呼ばれる状態に作用し,いかなる汚染をも伴わずに,巨大なエネルギーを生み出す.本質的にこのようなシステムは,遍在する量子真空エネルギー状態,つまりあらゆるエネルギーと物質を生じる基底エネルギー状態を利用して,エネルギーを発生させる.すべての物質とエネルギーを支えるのはこの基底エネルギー状態であり,特別な電磁気回路と構造を使えば,我々を取り巻く周囲の空間/時間から,巨大なエネルギーを引き出すことが可能なのである.これらはいわゆる永久機関ではないし,熱力学の法則にも違反しない.ただ周囲に遍在するエネルギー場に作用して,エネルギーを発生するのである.

 このことは,これらのシステムが,燃やす燃料も分裂または融合させる原子も必要としないことを意味する.これらのシステムは,発電所も送電線も,また膨大な経費を要する関連設備も使わずに発電し,インド,中国,アフリカ,ラテンアメリカなどの奥地に電力を供給する.これらのシステムは,必要な場所にありさえすればよい.どこにでも据え付け可能で,必要なエネルギーを生み出す.本質的にこの技術は,我々が直面している大部分の環境問題に対する最終的な解決策となる.

 このような発見が環境にもたらす恩恵は,数え上げることすら難しいが,幾つかを列挙する:

◆ 石油,石炭,ガスはエネルギー源として不要になり,輸送やこれらの燃料の使用による,空気と水の汚染がなくなる.石油流出,地球温暖化,空気汚染による病気,酸性雨などは,10から20年で解消できるし,そうしなければならない;
◆ 資源枯渇と化石燃料資源の争奪がもたらす,地政学的な緊張は終わるだろう;
◆ 空気,水の両方において,産業排出をゼロまたはゼロに近づける技術はすでにある.しかし大量のエネルギーを消費するために,完全に適用するには費用がかかり過ぎると考えられる.さらに,それらは大量のエネルギーを消費するものであり,今日のエネルギーシステムは世界の空気汚染の大部分を発生させていることから,環境への逆効果となるときがすぐにやってくる.この方程式は,もし産業が大量のフリーエネルギー(燃料不要,発電機よりも廉価な装置のみ)を利用できるようになれば,劇的に変わるし,またそれらのシステムは汚染を発生しない;
◆ エネルギーを大量に消費する再生利用は,繰り返すが,固形廃棄物を処理するためのエネルギーが無料かつ豊富にあるために,完全実施されるだろう;
◆ エネルギーに依存し環境を汚染する今の農業は,きれいで汚染を発生しないエネルギーを利用するものへと変化するだろう;
◆ 砂漠化の進行は食い止められ,世界の農業は脱塩施設により活性化されるだろう.現在この施設は,エネルギーを大量に消費し,また高い建設費がかかる.しかし,一度これらの汚染を発生しない新エネルギーシステムを使えるようになれば,費用効率のよいものになるだろう;
◆ 航空輸送,トラック輸送,都市間輸送システムは,新しいエネルギーと推進技術に取って代わられるだろう(反重力システムは,地表面上を無音で移動することを可能にする).汚染は発生せず,エネルギーにかかる費用が無視できることから,経費は大幅に下がるだろう.さらに,都市部での大量輸送には,無音かつ効率的な都市間移動を提供する,これらのシステムが利用できるだろう;
◆ ジェット機,トラック,その他の輸送形態による騒音汚染は,これらの無音装置の利用により解消されるだろう;
◆ それぞれの家庭,職場,工場が必要なエネルギー発生装置を持つことにより,公共施設は不要になるだろう.つまり,暴風雨による被害で停電を起こしがちな見苦しい送電線は,過去の遺物になるだろう.地下のガス管も,しばしば破裂や漏洩により土壌や水を汚染するが,これもすべて不要になるだろう;
◆ 原子力発電所は閉鎖され,その跡地を浄化する技術が利用可能になるだろう.核廃棄物を無害化する秘密の技術は,すでに存在する.


 ------------------
 米国がケッシュ財団の申し出を断るのは当然だ。すでに技術を有しているのだから。
そして宇宙の財産、つまり神の恩寵を一国家が独り占めするのは神への冒涜ではないだろうか。国への訴えにはそこを突くのが効果的かと.....。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム