ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王暗殺計画

 エリザベス女王に関して、ベンジャミンフルフォード氏はこういっています。

以下転載--------------

◆ エリザベスの毒殺未遂疑惑の次はドイツ金融界全面攻撃

≪2013/03/04 VOl.213≫

先週1日、英国のエリザベス女王は「胃腸炎を発症した」として翌日2日に予定されていた軍の式典への出席を急遽キャンセルした。

http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=270719

しかしCIAやグノーシス派イルミナティなど、多くの情報源が『ブッシュ一族やロックフェラー一族、ローマ法王、ベアトリクス女王が失脚した今、次に狙われているのはエリザベス女王である』と明言する最中に伝えられた今回のエリザベス女王の体調不良について、『果たして偶然なのか』と疑問視する声は後を絶たない。いずれにしても、今週6日~7日、エリザベス女王はイタリア・ローマを訪れる予定となっているが、それまでに体調が回復して、公務に復帰できるか否かが注目される。また別の関心事としては、先週25日に英国ローマ・カトリック教会最高位にあるキース・オブライエン(Keith O’Brien)枢機卿が突然の辞任を発表している。辞任の理由は公表されていないが、彼は『配下にある神学生や司祭らに対して性的虐待などを含む同性愛行為を強制した』として告発されていた人物である。

エリザベス女王は、16世紀にイングランドで成立したキリスト教宗派「イングランド国教会」のアングリカン・コミュニオン(聖公会の組織)の首長でもあり、ローマ教会のベネディクト16世の退位、またヴァチカンの高位聖職者たちによる辞任・解任劇などの動きを含めると、キリスト教全般の変化の前触れのようにも感じる。ちなみにローマ・カトリック教会では、3月1日から新しいローマ法王が選出されるまでの間、法王の次位にあたるヴァチカン市国の国務省長官:タルチジオ・ベルトーネ (Tarcisio Bertone)枢機卿がヴァチカンの最高権力者となっている。

このように欧米権力の中枢が方々で混乱を極める中、欧米経済の空中分解は日に日に加速している。これについて、ヴァチカンに繋がるイタリアP2ロッジの幹部は、『今度は、これまで比較的に安定していたドイツの金融界が全面攻撃を受け始めている』との情報を寄せてきている。


---------------転載ここまで。

 なんかこれだと女王はいい人扱いだな.....
有罪判決の事には触れてない。知らないのかな?

 分かりやすくまとめてくれているのが銀河連邦日本さんのこちらです。

転載ここから-----------

女王暗殺未遂の下手人

検査入院したエリザベス女王は無事で直ぐに退院したそうですが(*1)、この話の裏を見ると状況がとても良く理解できます。

フルフォードさんの3月4日の日本語版週報では「エリザベスの毒殺未遂疑惑」という衝撃的な題ですが、中身では「CIA やグノーシス派イルミナティなど、多くの情報源が『ブッシュ一族やロックフェラー一族、ローマ法王、ベアトリクス女王が失脚した今、次に狙われているのはエリザベス女王である』と明言する最中に伝えられた今回のエリザベス女王の体調不良について、『果たして偶然なのか』と疑問視する声は後を絶たない。」

とやんわりと纏めていましたが、一日後の彼の英語版週報(*3)では下手人をハッキリと特定しています。

それは「前裏の法王、イエズス会のトップで、あの311も俺がやったと大言壮語した、ピーター・ハンツ・コルベッツで、女王が今週ローマに来る時に暗殺する計画だった。ローマ法王を辞めさせたのも彼で、今はレバノンに隠れてムスリムの革命組織を指揮しているが、じきに捕まえられ尋問を受けることになる」そうです。

即ち、法王と女王に表で罪を着せ、影で“NOW:世界統一教”を達成しようとしているみたいです。

そしてベンジャミンは、「ベアトリクス女王・ローマ法王・エリザベス女王と続いた次は・・・・・

オバマだ」と言っています。「グノーシス派イルミナティーはヨーロッパとアメリカをカバルの New World Orderの陰謀から解放させようとしている。オバマはイスラムとキリストを統一の宗教に統合し、世界を監視する世界政府のリーダーになることになっている。 ワシントンDC政府を制御しているカバル達は、今だに古い陰謀に強情にしがみついている。」

偽宇宙人・偽UFOや、偽ディスクロージャーもその”世界統一政府”達成の一環なのでしょう。

道理で安倍総理が呼び出され、世界政府の項目の一つであるTPPの話がまた取りざたされたりしているわけです。もういい加減にしてほしいところですが、真実を未だ知らない人にTPPの怖さ等“日本や世界や宇宙の動向”さんも良く纏められています(*4)ので、光のイベント(マスメディアが解放されるまで)気を抜かず拡散を続けましょう。


-----------転載ここまで。

 あれ? オバマって悪人なの?

でも、オバマさんTPPの実態を知らなかったってことらしいよ?
管理する委員長すら草案にアクセスできなかったそうだから。
 こちらをどうぞ

 カレイドスコープさんはすでに昨日から同じ記事を書かれているけど、こちらはオバマ悪説だね(笑

 でもね、TPPはオバマの公約と違ってて、政府関係者がだれも草案にアクセスできなかったんなら、オバマは無実なんじゃない? 日本では官僚がよくやる手を企業側がやったんだと思うな。法案ができて来たら逃げ道の一文がそれと無しに挿入されてた、というやつね。それでよく大臣が怒ってたよね。やられた!って。

 米国でも問題になって来たみたいだから、掘り下げるんじゃないかな?

 エリザベス女王、旧教皇、カナダ首相に3/6逮捕状が出ました。詳細こちら

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム