ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリンタよりスゴイ技術

 チャネリングメッセージでは、幾人かのソースで「権力の座にある人たちが辞職し、突然病気になり、あるいは死んだりしており、大きな浄化が行われていて、闇の者たちは舞台から追放されつつある」と伝えています。

 それらの中で、今回入院し、退院したエリザベス女王は、クローンだという。
このクローンという定義は、いくつか有ると思う。

 -肉体はそのままで、魂のみ入れ替わる。
 -肉体そのものがコピーで、魂が入れ替わる(記憶は維持されている)。
 -肉体も魂も本人のままだが、浄化された(光の勢力によって光を注入された)。

等々

 あるメッセージでは、旧教皇もクローンで、そのクローン形態は劣化が早く、事実彼は肉体を維持できなくなり、引退に至ったという。今後彼を観る事が有れば、それは本物らしいので、今までより若く見えるらしい。

 さて、そんなクローンだが、とかく多い。

 ブッシュJrもそうらしいが、退院後のヒラリー・クリントンもそうらしい。
前者クローン化は、闇の勢力によって施されており、彼を利用する為であり、後者は光側によって施されたとみていい。


 で、話を戻して、先述の、権力の座にある人たち....突然病気になり....ということと、今の世情を鑑みると、入院前、退院後の前都知事はクローン(だった)かもしれない(笑

 まぁ、クローンであれば、暴走したとしてもいくらか許される。

「う〜ん、クローンじゃしかたないよね?┐(´-`)┌」とか、
「まぁまぁ、クローンのしたことだから....ヽ(´〜`;」とか、
「クローンに任した私がバカだったよね?((^┰^))ゞ」とかとか。


 もし以前が闇だったとしたら、退院後は清々しい笑顔で、今後は光の勢力としての元気な復帰をお待ちしている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム