ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春分前夜

ここ数日のネット上での記事で、関連性のあるいくつかの記事がある(日付は前後する)

2013/3/18
元米国国務長官ヒラリー・クリントンは、自宅軟禁下に置かれている

”米国連邦最高裁は ワンタ-レーガン-ミッテラン協定の履行を4月1日に期限を定めた。かつての米国国務長官ヒラリー・クリントンが今、金融反逆罪の咎で、米軍によって自宅軟禁下に置かれている。

先週の金曜日、財務長官ジャック・ルーは、反社会的人間ヒラリーが不法に中国の秘密のCIA口座の米国債基金の1.7兆ドルを流用しようとしたと証言した。”


 他のサイトでも記事にしているが、私はここの管理人が好きなのでリンクさせていただいた。
そして、2013/3/17

 プーフネス:終わり・フィニート

”ジャック・リューあるいはクリスティン・ラガルデはそこにいるとは言われていないが、実際にはいるのだ。彼らは決起集会のために集まっているのだ。ワイングラスを持ち上げてこの世界を21世紀に押しやっているのだ。RVS(通貨改定)は世界中で動いている。通貨関係者は既に祝杯を上げている。聞くところによると、彼らは既にある者たちを自宅拘禁にしているので、世界が待っていたことの達成のための妨害も遅れもないということだ。
 最後の瞬間まで彼らは生き残りを図っている。ゴキブリみたいに、足を動かして、いまだに生き延びている。

 ウエブでどう言われていようが、背後にいる人たちの首領を殺そうとするたくらみがあるにもかかわらず、レーガン/ミッテランプロトコルは生きている。お金が姿を消すようなことは起きていない。”


 さらに、キプロスでの「突然の預金封鎖の発表」。
この問題はこのタイトルでググれば多く出てくる。

 さて、いくつかのキーワードが共通している。
-ジャック・ルー(リュー)
-自宅軟禁
-レーガン-ミッテラン協定

 おもしろい.....。そして 2013/3/17

ファティマのレディーからのメッセージ

”五次元へようこそ。
光の時代が始まりました。
偉大な母が私たちに言いました。:

 私は、人間のために心の底からこの愛の歌を歌っています。
3月19日には、エネルギーが今までに見られなかったほどの上昇を示し、この日は、この惑星の最終目的地への上昇の時になるでしょう。
3月19日には、あなた方に対する大計画が明らかになり、世界が何のために存在するかが示されるでしょう。
3月19日には、地球はその住民と共に低次元からの完全で最終的な離脱をします。この日には、宇宙の計画と共に、新しい次元の地球に向けての回廊の開放が示されるでしょう。
3月19日には、爆発的な祝賀が行われ、巨大な光の爆発とエネルギーの上昇が感じられるでしょう。この日には、水面下の流れが認められ、海洋と水面下の種族が区分されるでしょう。
3月19日には、あなた方は地球の舵を取り、ハートが上昇するでしょう。この日には、地球は清掃され、櫛がけされるでしょう。
 
 そして、3月25日には、地球は最終的な照明をし、全ての者に白いカードを渡し、それによって高次元の意識状態での新しい暮らしをプログラムし、人々は浄化された過去の暮らしに気が付き、又更に、あらゆる事への機会に満ちた約束の未来に気づくことでしょう。

 〜略〜

そしてここに、闇による新世界秩序の確立の画策の終わりに向けて人間が歩みを進めてきた、侵略者に打ち勝ち、環境が浄化され、高周波数の光が高く飛翔する、新しい強さと喜びの空間の中に、とうとう入っているのです。”


 そしてそんな19日の我が国のニッチな報道に

1、3、4号機プール、共用プールすべて冷却停止、猶予は4日wwwwwwwwwwwwwwなんてこったぁ!

 ふっふっふ.....。激動の春分前後だな。

 実を言うと、未だに新世界秩序がどうのとオバマ大統領を悪として伝える記事が後を絶たないが、まだそんな事を言っているのかと呆れている。3次元でしか見えていない人たちはそうなのかもしれない。
 しかし、5次元からの視点でこの世界を観、5次元からの声に耳を傾ければ、それが如何に愚かな事かが分かる。
 5次元での視点とは、物理学の方程式に今や「意識」を入れるべきであると同様、思考の公式に「銀河」という単位を入れる事である。
 さて、プーフネスは別として、現・過去ここに転載しているメッセージおよびケッシュ氏の告知がカバールの陰謀だったとしても、内容は間違いなく5次元意識の思考である。つまりその内容は、騙される価値のある内容だと言う事だ。

 しかも911の真相究明を指示したのはオバマだという。第一、そうでなければ誰がヒラリーその他を軟禁できるのだ? 2013/3/14

母/父なる神・・・サイケデリックな音、法王のアバール

”同様な変化は政府と世界中の金融機関にも起きるでしょう。不幸にも米国人には外国における事件については極くわずかな情報しか与えられませんので、世界のほかの国のようには、明らかではないかもしれませんが、変化は既に始まっています。ヨーロッパの銀行は崩壊しつつあり、スコットランド銀行、バークレイ銀行は既に最後のあえぎの状態にあります。ロックフェラー、ロスチャイルド、及びブッシュ王朝は裸の王様への道をたどっています。非常に間近に、長い間待ち望まれていた9/11の調査結果が公表され、インサイダー犯罪が裁判に持ち込まれるでしょう。そうです、私たちの親愛なるオバマは、ブッシュ時代の恐るべき犯罪に対する証人になり、証拠を提出する者の安全の確保のために、以前は問題外であった事実の完全な調査を支持したのです。議事録が少しずつ公開されるのを見ることが出来るようになると、法的なプロセスの引き延ばしが分かるようになるでしょうし、恐るべき公開が行われる都度、人々はそれらを吸収し、消化する時間を取ることでしょう。そして、そうです、米国の代議士の多くは排除されるでしょうが、あなた方の憲法教授である大統領の法的な機敏さに驚くことでしょう。”


 弁護士だしね。
 ちなみに、私がTPPに関してスルーしているのは、そういう相対的(2元)な流れに振動数を落としたくない為だ。つまり、誰が得をして損をする? という考え方である。

 上記メッセージにあるように、また過去の記事にあるように、新世界秩序を企んでいた大物たちは軟禁され、ある人物は神人に入れ替わり、もはやその計画は頓挫した。未来は明るい!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム