ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日に韓国で発生したオンラインシステムの不具合の件

 20日に韓国で発生したオンラインシステムの不具合の真相について、それはどうやら
非正規Windowsサーバーのパッチ配布が原因』のようだ。詳しくはリンク先を参照してほしい。

 この現象について、実は北朝鮮でも同じことが発生しており、韓国側は北の...、北側は南の...、と、互いにその仕業の矛先を相手に向けている。

 日本のマスコミは、この事実を知ってか知らずか、いずれにせよ北の仕業と報道している。仮に知っても、北の仕業としてあくまでも北を「悪の枢軸」として留めておきたいのは明らかだ。

 ましてや、宗主国である米のいまや代名詞でもあるMSが問題だったとは認めないだろう。まぁ原因は非正規を使用したあちらにあるのだから、MSに非は無いが.....。


 とにかくだ、マスコミは戦争をあおり、日本を軍事国家にしたがっている。如何に北が危険であるか。過去連綿としてそのプロパガンダに洗脳されてきたが、北は日本と戦争をする気などない。それだけは事実だ。


 それよりも、もっと恐ろしい事をなぜマスコミが指摘しないのかが不思議だ。
今回の出来事が示すことは、世界中の国家のインフラシステムは、MSに握られているという事に他ならない。つまり、プログラムに更新が義務づけられている限り、MSがその更新の際に、ある目的のプログラムを加えておけば、今回のように瞬時にしてインフラを麻痺させるこが出来る。
 
 まさか重要部署で、MSを使っているとは思われないが、おそらく、これは米国による強制なのだと思う。

 例えば、福島の原発事故で、国内に重機や設備があったにも拘らず、わざわざフランスから取り寄せたようなことだ。その額も、尋常ではない。
ここに、このような非常事態でさえも、あくまでも我が国を牛耳っている者たちに利益が行くように政府は動いている、ということの一例がある。

 つまり、上記のソフトも、その選択権は米の属国にはないのだと思う。
※北は単にコピーを使ったんだと考えるが、北は実は米の傀儡であるという指摘もあるので、なんとも言えない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム