ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に救世主?

 なんというか....欧州では色々あって、いちいち書いてられないというか....。
ただ、それが黄金時代への布石なのかどうか、はっきりしないので手が止まる....。

 ケッシュ氏は、22日に書簡を公表すると言っていたのにしていないようだ。どうしてこう、みんな言ったことを守らないのだろうね? 理由があるならそれを告知してほしいものだ。


 そんな中、今日おもしろそうな情報がセントジャーメインのメッセージにあった。
チベット国境付近の中国に、19才の天才が居ると.....。

” 彼が行動することを決めるとき、その新しい思考が夢想と考えられることはないでしょう、それは世界が欲する一つの答えになるでしょう。"

” 支配者達は彼を潰すか、彼を受け入れるか?彼らにいかなる選択もありません。彼は支配者達の「新世界秩序」主張を科学で無効にします。そして、変化は彼らが対抗することが出来ないくらいに大胆奇抜です。”


 しかし、そんな彼にして、救世主ではないという。
中国の19才の青年に期待したいと思う。

 ただ、この翻訳も、いつもと同じくところどころ意味が分からん部分がある。

” いつ、私達は彼の作品を楽しむことが出来るでしょうか?世界が彼の夢を受け入れることが出来るに充分なまでに光りが暗くなる、その後です。"
 
要するに、もう闇が行き着くところまで行った後? ということか...。

" 〜この男の子は彼の応分を主張することが出来るようになるでしょう。次は、私の内なる案内への彼の開始です。”

 私の内なる案内への彼の開始? HMMM....。意味が分からん。原文を読んでみると。以下のようにも訳すことが出来る。

イ-次は、彼が私の内部の案内に通じていることです。
ロ-次は、彼が私の内部の案内に開けることです。

 日本語としては、イが正解なのではと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム