ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来における唯一の税金は、新しい物資に対する14%の税のみである。

 以前に書いたし、常々言っている事に、税は悪である。ということがある。
昨今、様々な情報からさらにそれらがどのように支配層に流れて行き、国民の為でなく、1%の為に有る、かが理解されつつ有ると信じている。

 税など取らなくても、きっちり運用すれば、世界は円滑に動くのである。金が足らない足らないというのは、あるところに流れて行くからである。

 国民の三大義務:教育、納税、勤労?

はッ ふざけるなっての。国民から むさぼり取る為に義務にした極悪なシステムである。
このふざけたシステムのなかで、最近増税が予定されている消費税を見てみよう。例として、商品がユーザーに渡るまでとする、

メーカーは材料を仕入れる。この時、材料の購入費(100円としておこう)に消費税が加わる。5円
卸業者がメーカから完成した商品を仕入れる時、メーカーが決めたその価格(500円とし、4掛けとしておこう)に消費税が加わる。10円
小売店が卸業者から仕入れるとき(6掛けとしよう)、さらに消費税が加わる。15円
そしてユーザが購入する時、25円

 合計で55円 本来定価500+5%で25円の消費税のはずが30円も余計に取っている。しかも物によってはその商品自体に別の税が入っている場合もある。酒やガソリン系...等。
例えば、家はそれぞれの材料にすでに消費税が掛けられているにも拘らず、購入時にも加算され、さらには固定資産税という極悪な税まで付される。これらはすでに違憲であるはずだ。

 もう笑うしかない。


 中国では、土地は国家の物で、民に貸しているだけだということだが、これは我が国も同様である。我々は、固定資産税という税で、土地や家を国家からレンタルしているに過ぎない。

 この税は永遠に搾取され続け、代が替わっても続き、なんと場合によっては相続税までついてきてしまう。土地評価格が高ければ、払え切れずに最終的に売るか没収される事にり、そのような人たちが多く存在する。私の知人も、相続したはいいが、相続税と、今後の固定資産税が払えないということで土地を切り売りした。

 そう、税を納めなれば、国はハゲタカのようにすべてを奪って行くのだ。つまり、地主持ち家といっても、年貢を納めることによって土地、家屋を借りているに過ぎないという事である。払わなければ強制的に盗られる。そう、それは自分の所有物ではないと言う事だ。

 ローンで払い続け、それが終わった後も払い続けるのだ! 奴隷どもよ!


先日の「イベント抄訳」で、

" 将来における唯一の税金は、新しい物資に対する14%の税のみである。"

 とあったが、これが最低限だろう。これすらも新しい物資でなくなれば廃止される税であろう。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム