ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河は動いていて、最終位置に向かっている。

 アガルタのゾラちゃんの話が更新されている。そのなかで、「地球の隆起は起こる」と応えられている。そうなると、先だってのマシュー君のメッセージでの、森田氏は起きないと訳したが、このゾラのメッセージもTaki氏の訳なので、その真実は分からない。

転載ここから----------------

ゾラとの対話詳細(ラジオ放送からの聞き取り、一部不鮮明) 2013年5月19日 

Hollow Earth Network
A script written directly in Japanese by Taki hearing from radio talk with inner earth Zora
May 19, 2013


ローカルなエネルギーで作られたものを食用にするとよい。たんぱく質はナッツ、豆から得る。チーズの振動は低い。肉の振動は低い。バッファロー、オストリッチの肉はよい。果物、野菜、ナッツは振動数が高いので、良い。

デスクロージャー市民公聴会では多くの情報が公開された。米国は、ET経験をしたが、効果がなかった。

病気は完全になくなる。身体各部の痛みも消失し、失われた四肢も元通りになる。 

デスクロージャーの前のイベントとは何か?満月である。この満月は、昼夜、エネルギーが降り注がれる、高エネルギーイベントである。このエネルギーは、2012年12月21日にもたらされたエネルギーよりも強力である。ホワイトハウスの芝生への宇宙船の着陸が起きる、といううわさがあるが、このような可能性はない。

創造主は地球全体のエネルギーフィルターを、6月の1日から30日まで、完全に除去する。したがって、6月は全体でエネルギーが強く、覚醒が進む。目覚めていない者は銀河的な衝撃を受ける。

ワシントンDCでのデスクロージャー市民公聴会には、国連の代表が出席していた。デスクロージャーは、ワシントンDCよりも国連で起きる。来月の6月には、国連の、瞑想の日に関する投票が行われ、銀河の者たちを招待し、銀河を世界に紹介することになる。銀河の者たちが大気に入ることを全面的に世界的に許可する。地球全体で、電話、ラジオ、携帯、テレビなど全ての通信手段、メディアを通じて、銀河連合からの通信が行われる。銀河連合は全ての通信に介入できる。世界的な通信が行われると、銀河連合は到着の宣言をし、宇宙船とETの出現(デクローキング)が行われる。デクローキングの地区は軍隊が介入出来ない場所である。これは現在作業中である。

カバールは、恐れを起こそうとしているが、誰も戒厳令の必要を感じていない。人々が権力を取り戻すのでカバールにはそのようなことは許されない。ポジティブな現実のみが許される。ネガティブな言動は消失する。武器も同じ。全ての武器はゼロに帰する。武器のパワーがなくなる。核弾頭、原子力、生物・化学兵器は、無力化される。生物、化学兵器は無力なもの、無害なもののみを放出し、無害化される。

メディアは時代に遅れを取り、国連瞑想はメディアにデスクロージャーをさせる。メディアのメッセージは受け取られなくなる。

オバマはラインから外れていると人は感じている。オバマは、アドバイザーの妨げを受けている。彼は、デスクロージャーを妨げられているが、国連が瞑想投票に成功をすればオバマを妨げるものはなくなる。皆さんには、彼に愛と光を送るようにしてほしい。

5月25日以降のイベントは何か?物理的なシフトがあるのか?。エネルギーが地球に浸透し、これが物理的なイベントの、前駆体になる。

次元との関係は?地球は、5.3次元から5.4次元に移る。毎月レベルが一つずつ上がる。12のレベルが各次元に存在する。全ての人のDNAが変わる。贈り物としての、テレパシー、超聴力、透視力などが身につく。テレパシー、ESP、などこれまでタブーだったものが可能になる。モーメントが得られる。これが、いわゆる覚醒である。

現在の現実には満足できなくなる。もっともっと素晴らしい現実を要求する。死に集中しないこと。ゴッドセルフを大事にしなさい。皆が神と一つなのだ。ゴッドセルフは若いのだ。鏡を見てゴッドセルフを見よ。不死も見られる。死は恐れるべきものではない。死んでも再び同じライトボディーに戻る。病気、バクテリアはなくなる。

地球の進展は?銀河は動いていて、最終位置に向かっている。最終位置では、星座のいくつかの場所は変わる。宇宙も別の場所に動いているが、これは創造主の意向による。

内部地球の様子は?内部地球は祝賀の最中。母なる地球とその人々の目覚めを祝っている。銀河の最終位置への到達を祝っている。多くの内部地球の者が表面にいて祝っている。国連瞑想の日以降は、内部地球人が地表に現れる。彼らは色々なことを教えに来る。

今でも、光の銀河連合の宇宙船が降下し、多くのライトワーカーを招いている。レディー・ナダなど、(ジーザスサナンダのツインフレーム)多くのツインフレームが再会する。エディー・ナダは長さ2000マイルのニューエルサレムに乗船する。。

質疑応答

町の銃は?  
答え:難しい質問。武器の製造は近い将来機能しなくなる。

気候は?    
答え:激しい気候はある時期に世界的に同時に穏やかになる。

変化は?    
答え: 地球は拡大する。隆起が起きる。シンクホール、クラックがおきる。地震が起きる。破壊も起きる。全ての人は安全な場所に移される。これは創造主からの最新情報である。

高層ビルは?  
答え:もう役に立たないから、全て破壊される。地球はヒーリングされる。コンクリート構造、道路舗装も同じ。

高次元の人々との接続は?  
答え:直接的な接続が可能になる。

新金融システムは?   
答え: サンジャルマンの仕事。金融システムは劇的に変化し、お金は変化し、最終的に、無効になる。

オバマはレプティリアンか?  
答え: そうではない。

NESARAは?     
答え: 全ては実現されるだろう。光の銀河連合の到着次第NESARAへの作業が始められる。

神との対話は?   
答え: あなた自身が神である。自然のもとに行ったら、自然と話しなさい。

GMO(遺伝子改変有機物)はどうなるか?  
答え: 全ては原始の状態に戻る。GMOは当然皆無になる。GMOを食べた人ももとの状態に戻る。

イルミナティはどうなるか?  
答え;排除されるが、機会も与えられる。

ポールシフトはどうなるか?三日間の暗黒は? 
答え:ポールシフトは起きない。三日間の暗黒も起きない。

オバマはシリウスの評議会のメンバーか?  
答え:YES

次元上昇の時の動物は?  
答え:体ごと人間に伴って次元上昇をする。


----------------転載ここまで。

 首を傾げたくなるのは、医療的な事や「全ての人は安全な場所に移される。」のような事が起こるのなら、もう現状のシステムは機能していないということだろう? それなのになぜ、この期に及んでNESARAの作業が必要か? 

なんか矛盾を感じる。あまり信じない方がよさそうだ。


 さて、ゾラの話の中にある「銀河は動いていて、最終位置に向かっている。最終位置では、星座のいくつかの場所は変わる。宇宙も別の場所に動いているが、これは創造主の意向による。」というのが、以下のブログ記事と重なるところがある。

転載ここから--------------

☆地球は螺旋を描きながらベガに向かっている☆

人間のミクロの世界から、ときには宇宙に思いを馳せて、壮大な視点を持ちたいものです。


太陽を中心とする太陽系は、銀河の公転面に対して60度傾いた状態で、銀河の北極方向(上)から見て右回りに回っています。

私達の地球の自転の速度は秒速400m。
さらに秒速29.6kmの速さで太陽のまわりを公転していて
その太陽系自体も秒速19.2kmで、琴座のα星ベガ
の方向へ向かって、超高速で宇宙空間を螺旋状に動いているのだそうです。

近年、NASAが発表した太陽の移動速度は時速約8万3700キロで、聞いただけで目が眩むような速さです。

〜省略〜




太陽はまるで彗星のように航跡を描きながら、太陽系惑星を引き連れて、銀河の中心に向かって移動していきます。

太陽系惑星達の描く航跡は、まさに螺旋=voltexであり、星の集団が大きな螺旋構造を作り出しています。

それはまさに、「マクロとミクロは相似形」という言葉に相応しく、銀河系宇宙の螺旋と同じように、太陽系自体が大きな「渦」を描いているのですね。

電子・陽子のミクロの世界から始まって、宇宙の太陽系~銀河系までが、螺旋という創造のエネルギーを生み出しているのだということがわかります。




ところで太陽系がいま向かっている琴座のベガですが・・・

太陽系は、ベガ星から八方位に分散したリラ系宇宙種族が、長き銀河流浪の旅を終えてたどり着いた最終の理想郷だと聞きました。


『スターウォーズは 実話だった!』 琴座星域で起きた星間戦争


琴座には3つの文明があり、一つはベガ星そのもの、二つ目がベガの伴星、あともう一つ、琴座本体の中の星があり、3つ文明があったそうです。

その内、ベガ星は、受身、陰性(女性原理)を表し、それとは別に、能動的な「陽」の部分を現している星があり、その星の人(リラ星人)は、「自分のやりたいことを明確にして、具体化していくタイプ」の文明だったそうです。
「ベガ星は昔、その星と大戦争をしたことがある」 と、ベガ星人が語っていました。

そういう意味での闘争の歴史があり、琴座には、「陰」と「陽」の文明があったと。
宇宙には3つの原理があって、ベガのような「調和」とその対極にある「進歩」と、両者の「中道」の3つがあるとのこと。
この地球は、新たな「中道」を目指す文明なのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いま、太陽系がベガに向かっているということは、再び私たちは、魂のふるさとに戻っているのかしらと、ふと思ったのでした。

しかも、女性原理の星ベガへ、中道を目指して・・・

陽の文明(物質文明・男性性)が極まった地球を、太陽がベガへと向かって、引き連れていっているのでしょうか。。。

ベガ(織姫星)は実は瀬織津姫ですものね。
瀬織津姫の時代でもあります。

昨日見られた琴座の流星雨も何かリンクしているような気がしますが。。。


---------転載ここまで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム