ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築革命が起こる

 フリーエネルギーが各家庭に1台という時代が来ると、家作りの方向性はかなり変わってくる。
それは、電気代が掛からないという事で、寒い冬も暑い夏も、エアコンを点けっぱなしに出来るということから起こる建築革命である。

 私の経験上、密閉でさえ有れば、暖房を点ければかなり暖かい。そう、以下のようなブルーシートだけでも十分冬を越せる。
 これは管理人が土地を整地するまで住んだ仮小屋である。
開拓_02
 中の様子。見ての通り、壁はシート一枚である、
開拓_03

 ちなみに、冬はこんな
仮小屋-冬
 感じになる地域だ。

 もちろん、シート一枚では外と中での温度差があるため、シート内側は結露が激しい。しかし、そのための画期的な解決法もある。それは、

 シートを二重にする! って..ヾ(ーー )オイオイ


 いや、本当です。間に角材分の空気層をつくれば結露がなくなるのだよ。

 まぁ、シートで、とはいわないが、従来の建築に必須である断熱材やそれに伴う構造が不必要になるのでコストも下がるということだ。

 それに前記事のように、固定資産税が掛からなければ、さらにお得! 

 もしかすると、キャンピングカー的な家が一般になるかも入れない(廃車にしとけば税は掛からない)。いや、やはり時には南の海で....ということで水に浮かぶ仕様にしといたほうがいいかな。

こんな感じ?

或は



 てか、今よりコスト掛かるでしょ....。
やっぱ飛ぶと別の税(空中使用税?)取られるのかな......。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム