ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の云うところ

 もやもやしてて、叫びたくて仕方がない。もう何日にもなる。

しかしあまり誰かを叩くというのはしたくない。ああ、でももうワタミ会長をしちゃったぁ(笑 いまさらなにを.....。

 庭に穴でも掘って「王様の耳はロバの耳!!」って叫べばいいのだろうが、それは不毛だ.....。だから、このブログが穴だと思って叫んでやる!

 で、

 「○/○なる神」のソースは、神じゃねェー!ヽ(`Д´)ノ

 
 (;-д- )=3 ハァハァ 言ってやったぜ。ふふっ


 と、いうことで、あのメッセージは人間が書いたものか、或はどうしてもそれがチャネリングだというのなら、同レベルのアストラルからの声だろう。

 書いてある啓発的な内容自体はおおむね間違っていないのでその事はどうでもいいが、内容は単なる啓発テキストに過ぎない。「神」とするにはあまりにも人間臭い(笑 
ただ、二日ごとにメッセージを作成するのは面倒な事だろう....とは言っておきたい。

 よく読んでみてほしい。そう、当たり障りのない事しか言っていないのだ。たまにでもいいから、宇宙の事、人類の歴史、私たちが知らないもっと壮大な事を語ってみてはどうか? もちろん、他のソースがまだ語っていないことでである(ここがミソである)。

 私が言いたいのは、内容は自己啓発として受け入れ、好きな人は読めばいい。ただ、その程度で「神」を騙るな。と言う事である。
 そこの書かれているレベルは、この手の本を長年読んで来た人たちならだれでも語れる程度の内容だ。そういう意味では、まさに媒体であるその道のDr.にふさわしい内容であろう。叡智も輝く波動も感じない。感じるのは疑念ばかりである。


 ああ、本人は多くを啓発したいと思っての事だろう。そういうことにしておく。ただ、実はそれは大義名文で、本人自身が気がついていない、(あえて書かないが何か)付加価値を求めているように感じられる。

 おそらく、わたしの云わんとしている事は「ああ...」と分かってもらえると思う(メッセージの文中に、媒体である女性の名前が出てきた部分のその語られた内容から推し量ってほしい。日本の霊能者にもよくあるパターンだ)。


 インドの聖人故サティア・サイババの語る言葉には叡智があった。それは私の魂が自然に受け入れている。
しかしそれでも彼は自分は「神」ではないと語っていた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム