ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオイストに戻る

 チャネリングメッセージもそろそろ出尽くした感があるし、あちこちで転載されているので私が書く事もなさそうだ。
そろそろタオイストとして「道」に戻ろう(笑

 偽チャネメッセージを転載することで、闇に加担したくはない。ネガティブな情報を載せて、ダークサイトになりたくもない(笑
現実として、私視点でのいい加減な情報(私が納得がいかない内容と云う事)を記載しているサイトを見たとき、私自身いわゆる振動数が下がる(これは私の未熟さが原因なのだが)。それと同じ事を私がしてはいけない、させてはいけないということだ。


 ところで、先だって「NASAが確認・・・太陽を凝視することで超人になれる!」という記事を「日本や世界や宇宙の動向」さんで読んだのだが、その概要は

『NASAによると、太陽を凝視することで同時に複数の場所に出現できるような、スーパーヒューマン(超人)の能力が身に付くというのです。マヤ、エジプ ト、アステカ、チベット、ヨガなど多くの文明で使われていた古代テクニックの提唱者等は、一般的な病気を治癒するだけでなく、高度なテレパシーや食物を一 切食べずに生きて行ける超能力を身に着けることができると言っています。』

 というものだ。

 実は私は太陽凝視をやっている。そこに書かれているようなメソッドに沿ったものではないが、夕刻、太陽が目に耐えられる程度のまぶしさになっていれば時々している。入り日なら何分でも大丈夫だ。太陽は真っ白。ゆらゆらして見える。気温はそうでもないのに、体が熱くなってくる。「ああ、エネルギーが目から入ってくるんだ....」と思う。

 10年ほど前より以前は、真夏の太陽を真っ昼間に凝視していた。お前はガラパゴスのイグアナか! 段々慣れてくるもので、少しずつ凝視する時間は長くなった(それでも1分もやらない)が、今はもう出来ない(やっていないから)。
 そのころは、例えば車を運転していて正面に太陽が来てまぶしくて、誰もがサンバイザーを降ろすときでも、私はまぶしくなく前方が普通に見えるという恩恵があった(笑

 実を云うと、私は食に関してあまり欲がない。食べなくても平気なたちだ。もちろんお腹は空くが、だからといって別に食べたいというところに繋がらないのだ。どちらかと云えば、食べるのが面倒というのが本当のところ。だから時々食を抜くことがよくある。子供のときからそうなので、小学校時代、担任が心配して困った(笑 向うも困っただろう.....。
 「たらの芽君が給食を食べない」そういうことでよく親が呼ばれてウダウダ話し合ってた(笑

 まぁ過去はどうでもいいとして、NASAが研究したというその記事はまんざらではないだろうということだ。

「人は食物で生きているのではない。神の光で生きているのだ」

 パラマハンサ・ヨガナンダが書物のなかで良く言っていた言葉だ。


 仙人のように霞を喰って生きて行けるまでには至らないが、でも年を取ればだれでもそうなるのではないか? (年を取れば食が細くなるのが正常だ)もちろんその為には、邪気に当たっていない事が必要だろう。

 そういう意味でも、今後はダークサイト(管理人認定の)には近づかないようにしたい。もちろん今後も、ポジティブな情報が有れば記事にするつもりではある。



 あ〜ぁ、、、土曜日に雨が降ったから草がボウボウ....。自ら切り開かないと道ってなくなるんですよ......。自然はね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム