ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世見:危険は日に日に高まっている

 続いて、松原昭子さんの世見です。今日も興味深いので転載させていただきます。

(赤字は管理人)

危険は日に日に高まっ​ている

<世見>
2013/7/30

中国がこれから歩む道は険しい。確かに急成長はしました。

「GDP世界2位」

経済力は豊かに見える。
でも私の心の奥で嫌な感じがしてならない。
きっと近い将来この国は大変なことになると思えるのです。


「共産党が崩壊」と書くとあなたはどのように思いますか。
「共産党の高官暗殺のシナリオが進められている」こんなことも書きたくなってしまいました。

「北京が」「北京が」こんな声が聞こえた。


「共産党」の幹部達が大金持ちになっている現実を中国国民は許せない感情を今ギリギリのところで抑えているのを感じる。

インサイダーは当たり前。共産党の幹部達が儲かるように出来ている。

再開発は彼らの思うがまま。国民の生活なんか彼らには関係がない。でも彼らも馬鹿ではないためにお金で移住地を買おうとしているのも感じる。

いつ暴動が起きてもおかしくないくらい国民の生活は苦しい。13億人と云われる中国国民。富裕層はたったの50万人と聞くと悪寒が走ります。

もしもあなたが中国に行き、食事をする時安心して食べていられるだろうか。

こんな話を不思議な世界の方から聞いてしまった。

ホテルから出る汚水から油を抽出していると云うのですから驚きです。幼子は売買され、想像を絶する世界が中国には存在する。

「暴動」ではなく「一揆」は年を増す毎に数は膨れ上がることでしょう。その数大小を混ぜ合わせると15万件 一日410件どこかで何かが起きています。

中国は広大な土地を持っていますが政府高官の殆どは何らかの身の危険を感じ始めているはずです。どんなにセキュリティーのいい住みかを持っていても危険は日に日に高まっています。

幸福への近道より



 段々、一部ですがベンジャミン・F のようになってきました(笑
あと、数はどうか分かりませんが、一揆が実際に起きているは確かです。「中国 一揆」で検索すれば沢山見る事が出来ます。

 ちなみに、松原氏はわたしの感覚では(こんなことが出来る以外は)普通の人のようです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム