ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今はチャネリングからのレッスンを受ける時ではない。

 いま語られているチャネリングメッセージは、読んだとしてもあまり深入りしない方がいい。特にチャネラー:キャサリン・メイのソースには要注意だ。

 彼女が繋がるソースはほぼ同じグループと思われる。母/父なる神、主創造主、サナンダ、それと別のチャネラーが伝える幾人か居るアシュターのどれか。

 これらは、それぞれのソース名をそれぞれがメッセージの中に入れたり、近い時期に同情報を伝え合う事によって「違うソースが同じ事を言っているから...」と情報に信頼性を持たせ、聞く者を信じ込ませようとする過去にカバールがさんざんやって来たメディアの手法とそっくりである。

 あなたがもし文章を書く仕事なら、私の理屈が分かると思う。私はリーマン時代に社報を含め編集等に関わってきた経緯もあり、その巧み? というかズルさというか....、そういうプロットからの文字お起しまでの流れが漠然と見える。いみじくもピュアインスピレーションさんも一部ソースへは同様な指摘をされている。

 また、別のところでは、例えばライオンズゲートに関するキャサリンのメッセージは、大天使より数日遅れである。
私は以前、このソースは誰かのメッセージを元に作成されているような気がすると書いたが、未だにこの疑念を抱かせるメッセージが繰り返されている。
 正直、こんなに不信感を抱くメッセージ、チャネラーも珍しいくらいだ(笑


 さらに彼女のチャネした(別のチャネラーのサンジェルマンとは区別)セント・ジャーメイン(チャネーラが記載されていないが、文中にキャサリンと出てくるので彼女と考えて間違いないだろう)は、豊穣ファンドについて一人数十億円を持つようになるとしている。これも現実味がなさ過ぎる。やはりコブラの言う1千万円辺りが納得がいく。

もちろん、99%の真実に1%のうそなら、真実も多く伝えているだろう。
しかし、彼女が伝えるメッセージのほとんどが、既存の宗教的なステップを踏んでいるように思えてならない。彼女のソースは宗教を否定しているが、大衆への洗脳と云う意味では似通っている。


 今、私たちがチャネリングメッセージ受け取る必要があるのは、社会情勢だけでいいのではないかと思う。
なぜなら、いずれ本物のマスターが現れる。そのとき、私たちはレッスンを受ければいい。今はまだ、誰が本物で偽物か分からない時期である。だからこそ深入りしてはいけないし、その必要もない。

逆に言えば、この時期にそういうレッスン的なメッセージを送ってくる者は要注意だと云えよう。しかも彼女のソースは早々とキャサリンがマスターだと言っている。それ自体があり得ないし、この時点で怪しいと思うのが普通だと思う。
だいたい、本物のマスターはチャネリングなどしなくても全てを知っている。長年修行してきた私からすれば、彼らはマスターという言葉を軽んじているとしか思えない。本物であれば、すべてのベーダの知識をそらで伝えられるんだろうな? と問うてみたいものだ。

 ちなみに、一人のチャネーラーが高次元の意識体と、低次元の意識体とを受け取る事はない。なぜなら、行為自体がその者の周波数によるからだ。
そして高次元の周波数に繋がるチャネラーであれば、低次元のソースが偽物だと分かる為、騙される事はない。

 レッスンは、イベント後に現れるマスターを待つのが妥当だろう。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セント・ジャーメインの文章
>必要な物はは交換によって入手でき、寛容、親切、及び哀れみによって、誰もお金を必要としない点にまで達することができるのです。
>多くの人がやってきて生産を手伝い、全ての人が必要なあらゆるものを入手できるように、輸送の手伝いをする人が現れるでしょう。新しい形の協力が行われるのが見られるようになるでしょう。

どこかで見た内容だと思ったら、思い出した。
トマス・モアの「ユートピア」だよコレ。
ユートピアをアメリカのSF作家が書いたら、こんな感じになるだろうな。

kさんへ

そのヒントは老子の80章「小国寡民」とも云われていますね。

行き着くところはタオ、老荘思想ということですな
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム