ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医食同源ならぬ医器同源

 今回は完全無農薬米が手に入らず、減農薬米となってしまった。
農家さんの話しでは、イノシシにやられたそうな.....。

 HMM......猟友会の偽旗作戦じゃないの?

 まぁしかたなかろう。

 ところで、皆さんも食材に関しては気を使っていることだろうと推察します。
しかし、ハード面に関してはいかがですか?

 例えば、我が家には電子レンジはありません。これは基本ですよね? 
IHも然りです。炊飯器を買い行ったとき、家電屋の人に「IHじゃないものを」といったら「なんで?」と怪訝に聞かれました(笑
理由が面倒くさいので、「ペースメーカの問題で」といってごまかしましたが....。

 そして鍋はアルミ製は使用しません。もちろんアルマイトもです。理由は身体に良くないからですが、これも基本です。

我が家で使用している鍋は:土鍋、ホーロー、銅、チタン、ガラス、ステンレス(ネコのエサを茹でる時に使用)です。
      フライパンは:鉄、チタンです。*鉄は鉄分摂取に必須です。

 ※フッ素およびテフロン加工は論外です。金や銀製は良いですが、手入れが大変ですし、高価なので購入していません。

日常使うスプーン、フォークは:チタン製。もちろん箸は木製ですが....。

          食器類は:陶器、ガラスで、プラ系は使いません。


 このようにハード面に気を使うようになったのもこちらに越してからですが、成人する前から水を買って飲んでいたので、舌が敏感です。そのため、使われたハードで味が変わる事に気づき、ある時に徹底したというものです。
 ちなみにブラインドでも分かりますよ。いや、たぶん誰でも分かると思う。ただみんなやってみないだけでしょうね。


 我が家にある物でお湯を沸かして最も美味しいのはホーローです(ホーローは調理面側に傷が有ると有害ですので気をつけてください)。ですからよく食べるインスタントラーメンをホーローで作ってみてください。味の違いがすぐに分かるはずです。


 そういうことで、料亭の格を知りたければハードをみれば分かります。アルミ鍋を使っている店はアウトです。著名な料理人でさえ使っていたりしますが、舌がバカなのではなく、意識がそこまで到達していない現れと観る事ができます。包丁だけが料理人の魂では有りませんよ?

 さて、チタン製は、鍋もスプーンも味を損ねません。特にスプーンの鉄やステンは金属の味がして私は使えません。私はお弟子さんにはこういう事を伝えているので、一部のお弟子さんはスプーンを購入して、さらには両親にもプレゼントしたようです。銀製は高価ですし、手入れも大変ですが、チタンなら手が届きます。もちろん一度使ったらもうステンには戻れませんとのことです(笑

 あと、お酒は箱入りしか買いません。透明なビンが光を通してしまうので味が損なわれているからです。酒屋の展示が蛍光灯なら、そこはアウトです。蛍光灯は有害です。


 さぁ、いままで気にかけていなかったとしたら、今すぐ取り替えましょう。今はさほど高くもないでしょう。

 健康に対する不安は、このように形から入っても幾分解消するでしょう。また続きを書きます。
今日はこのへんで....。


 *以前飼っていた犬が、サビた金属を食べ始めた理由が、鉄分不足だったと分かった。犬ってスゲェーと思った出来事だった。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム