ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金の切れ目が縁の切れ目

 先のコブラの情報で気になるのは、ホワイトドラゴン、キーナン、OPPT がカバールとされているところだ。
 OPPT なんて多くのブログで光側とされていたと思う。気をつけろという警鐘もあったが....。

 ホワイトドラゴンに関しては、エジプトの大規模デモの際、

この活動は、一般大衆によってサポートされたポジティブミリタリー、テンプル騎士団、レジスタンスムーブメント、そしてホワイトドラゴンとの間で何ヶ月もの慎重な準備と共同の協力の結果である。


 とコブラは伝えている。にも拘らず、彼らはカバール側なのか? 或はカバールでも時として手を組むということか....?

 それと、

新しいジェスイットの法王もそのほとんどの部下もいずれにしても逮捕されるでしょう。


という部分だ。

 その新しい法王だが、ハートの贈り物さんには

複数のチャネリング・メッセージから、「彼はウォーク・インで、既に、元のソウルは了解のもとに去り、新しい光のソウルが代わって入っている」と、伝えられています。


 とある。

 コブラは先のインタビューでも「法王を信用していない」と語っていた。しかも今の法王の動きはイベント後のバチカンと自らの恩赦目的と捉えているようだ。


 まぁそれにしても面白いのが、世界の政局を鑑みると、お金というアイテムで人々を操り、お金の為に動くように政治家等を洗脳してきた支配者たちが、逆に洗脳された彼らに「金がねーんなら働かねーよ」とそっぽを向かれ始めたことだ。
 自らが施した洗脳教育に窮地に追い込まれるとは、まるで映画のような話しである(笑

 その笑い話の部分。

闇の勢力は政府高官を買収して、皆さんに対する支配力を持続しようとたくらんでいたからです。しかし、彼らの支配力のソースは光のエイジェントによって握られて、これまでのようなサポート(資金援助)が受けられなくなったのです。彼らは自分たちの時代が終わったことを悟っています。

ふるやの森より




 さてさて、何が真実か分かりかねるが、最低でもベルルスコーには逮捕にならないとおかしいだろ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム