ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンジャミン・フルフォード最新情報 10月2日

 つるはげ親父の独り言さんより

 日本語の記事は今週はお休みのようです。


Cabal buys time with proposal to hand over money to humanity

陰謀団は人類にお金を引き渡す提案をして時間稼ぎをしている。


At a meeting between cabal representatives and the White Dragon Society yesterday (September 30th) the cabal was able to gain a little breathing room by promising to distribute money for the benefit of humanity.

 陰謀団の代表と白龍会との間での昨日(9月30日)の会合で陰謀団は、人類の益になるお金を配ることを約束することによって、わずかな猶予を得ることができた。


The cabal representatives showed up with a detailed and complex flow-chart showing the exact nature of the cabal governing structure and the names of the people involved.

 陰謀団の代表は社会構造を統治する陰謀団の素性及びそれに巻き込まれた人々の名を示す詳細で複雑な関係図を提示した。

Close to the top of the chart could be found US National Security Adviser Susan Rice, Hillary Clinton, US Defense Secretary Chuck Hagel, CIA head John Brennan, as well as the Rothschild, Rockefeller, Morgan and Chinese dynastic families.

 その関係図の頂点付近には、米国国家安全保障顧問のスーザン・ライス、ヒラリー・クリントン、国防長官のチャック・ヘーゲル、CIA長官のジョン・ブレナン、勿論ロスチャイルド、ロックフェラー、モーガン及び中国王族までも名を連ねる。

Other institutions that featured prominently included the UN, the British Monarchy, the G7, the Bank for International Settlements etc.

 その他の団体では、国連、英国王室、G7、国際決済銀行等が特に目立つ存在だ。

Only three copies of this chart are supposed to exist and the WDS was not allowed a copy in order to prevent other cabal members from identifying the person who showed the chart to the WDS.

 この関係図のコピーの3枚のみが認められた。
 白龍会は自分達の関係図に乗っている陰謀団の他のメンバーを特定されることを嫌い、コピーを承認しなかった。

The very top names were missing from the chart.

 本当にトップにいる者の名はその関係図には載っていなかった。


In any case, several prominent Asian power brokers were involved in setting up this meeting.

 何れにせよ、少数のアジアにおける権力ブローカーは、この会合には巻き込まれなかった。

For this reason, we can confirm it represented genuine cabal interests.

 その理由として我々は、陰謀団の代表的な真の利害関係を確定できるからだ。

The meeting was called in response to a plan by right wing power brokers in Japan to stage a coup d’etat against cabal rule.

 この会合は、陰謀団の支配に対してクーデターを起こす日本の右翼の黒幕による計画を配慮したと言える。


The WDS proposed that while some existing cabal interests could be preserved, entirely new transparent financial structures, involving humanity as a whole, would be needed in order to prevent violent revolution and civil war in the US and other places.

 白龍会は、利害関係のある陰謀団の存在が保護されている間、人類全体を考えた新たな透明性のある金融構造が、総じて人類を巻き込むので、米国その他の地域において暴力による革命や民衆による戦争を起こさないようにする必要があると提案した。

In response the cabal representatives said that they would have to consult with their bosses on the issue.

 それに対し陰謀団の代表は、その問題については彼らのトップに支持を仰がなければならないようだ。


At the meeting, the WDS mentioned the example of the break-up of Stanley Ho’s gambling monopoly in Macau as a possible template for future action.

 その会合で、白龍会はスタンレー・ホーのマカオにおけるギャンブルの独占の崩壊例についてできる限り言及した。
 それは将来取る行動の指針になるからだ。

Stanley Ho was forced to share his gambling monopoly with 5 other groups.

 スタンレー・ホーは5つのグループとギャンブルの独占を分かち合わなければならなかった。

Ho now controls only 25% of Macau’s gambling market but, because competition made the market grow so quickly, the 25% share is worth far more money than the 100% share he used to own was.

 現在ホーは、マカオのギャンブル市場の25%しか支配していない。
 何故ならば、市場における競争が急速に発展したからだ。
 25%のシェアは金額的に、彼がかつて所有していた100%以上の価値がある。


In the same way, if the cabal shares their monopoly on central banking with other groups, they would unleash so much dormant human potential that they would be far better off than if they continued their futile efforts to control everything.

 同様に、仮に陰謀団が他のグループと共に中央銀行においてそれらの独占権を共有したら、もし彼らが全てを支配するために無駄な努力を続けても、それよりはるかに良くなる潜在的な人間のポテンシャルを解き放つであろう。


In this way, various groups fighting for control of the world’s financial system could all be made happy.

 このように、世界の金融システムの支配を巡り戦っている様々なグループ皆が幸せになれる。

Neil Keenan and his group could start their big projects to turn the deserts green etc.

 ニール・キーナンと彼のグループは、砂漠の緑化及びその他の大きなプロジェクトを開始できるだろう。

The other M1 and their OITC group (presumably the Vatican) could finance big anti-poverty campaigns being promoted by Pope Francis.

 その他M1とOITC(The Office of International Treasury Control 、国際財務管理機構、恐らくヴァチカン)は、法王フランシスによって勧められる大掛かりな貧困をなくすキャンペーンに資金提供されるだろう。


The British Commonwealth and their interests could also start massive projects, as could the Germans and just about everybody else.

 英連邦とその関係国も、ドイツやその他全ての国と同様に、大掛かりなプロジェクトを開始するはずだ。


It was also proposed that democratic, mass-participation financial structures be set up to compete with the various elite based entities in existence or being proposed.

 民主的で、大多数が参加する金融構造が実在する様々なエリート間で競い合うように設定されることも考えられるし、現在提案されているようなものも考えられる。


In general, the end of the private central bank monopoly system should be release so much latent human potential that is should be possible to make everybody happy (at least at first).

 一般的に民間中央銀行の独占システムの終焉は、全ての人を幸せにする可能性を持つべく、潜在的な人間のポテンシャルを大きく解き放つものであるべきだ(少なくとも最初は)。


The WDS has suggested that publicly opening $1 trillion Federal Reserve Box 1558 after paying the original owners $500,000, would be one way to kick start the new system.

 白龍会は、新たなシステムを開始するきっかけとなる50万ドルを元の所有者に支払った後、米連銀の私書箱1558の1兆ドルを公開する提案をした。

It is just a proposal and other ways to kick off a big campaign to end poverty and stop environmental destructions are also being proposed.

 貧困を無くし、環境破壊を止める大掛かりなキャンペーンを始める提案や他の方法も提示されている。

The point is to stop talking about it and stop jockeying for power and start fixing the planet instead.

 議論を止め、権力を行使するのをやめ、その代わりこの惑星の修繕を開始することが重要だ。


The WDS also said that a jubilee was a necessary prerequisite for the new system.

 また白龍会は、新たなシステムに向け、予め祝典を用意することも説いた。

This would involve a write off of all debts, public and private, as well as a redistribution of assets.

 それは資産の再分配同様、公的にも私的にも全ての借金を帳消しにすることも含む。

People who rent apartments or houses would be allowed to own them while those who relied on rental income would get government pay outs equivalent to their rental income.

 賃貸住宅を借りてる人は、家賃収入に頼っている人達が政府から同額の支払いを得ている間、それらを所有することが許されるだろう。

Corporate ownership would also be redistributed from the 0.01% to the 99.9%.

 企業の所有権も0.01%から99.9%まで再分配されるだろう。


Since the cabal representatives at the meeting were only messengers, the WDS is waiting, impatiently, for more concrete action.

 会合で陰謀団の代表がただのメッセンジャーだったので、白龍会はより具体的な行動をとるのが待ちきれないようだ。


Until that time, increased pressure needs to be raised against the cabal and their interests until talk ends and concrete action begins.

 議論を止め、具体的な行動を始めるその時まで、陰謀団とその関係者に対して圧力を増幅させる必要がある。


However, as the WDS was told years ago, there would be no sudden announcements but rather a process of change that would become obvious over time.

 しかし、白龍会が数年前に言われたように、明らかに時間切れになるであろう突然の告知ではなく、むしろその過渡期があるのだろう。

That is taking place.

 そしてそれは行われた。


The pentagon, for example, as opposed to cabal controlled rogue forces like Al CIAda, has refused to participate in the cabal war against Syria and it also did not participate in the campaign against Libya.

 例えばペンタゴンは、アルカイダのような陰謀団に支配されたゴロツキ勢力に対して反対の立場を取っているので、シリアに対する陰謀団による戦争に参加することには拒否したし、リビアに対する攻撃にも参加しなかった。


Pentagon sources also confirm they were told by Russia that any US military moves against Syria would lead to war with Russia; something the pentagon wants to avoid.
 同筋はまた、如何なる米国軍もシリアに対しては行動を起こし、ロシアと戦争を交えることは避けたいと、ロシアが言ったことも承認した。


The recent move by the US government to normalize relations with Iran is another sign of declining Zionist (cabal) influence in Washington.

 イランとの関係を正常化させる米国政府の最近の動きは、ワシントンにおけるシオニスト(陰謀団)の影響が低下していることのもう一つの兆候だ。

Maybe a few people there are starting to wake up to the fact that for 30 years now Zionist controlled media
have been saying Iran is within months of having a nuclear weapon and needs to be attacked.

 恐らく、30年間シオニストが支配するメディアが、イランが1か月以内に核を保有するので攻撃する必要があると言ってきたことに対し、覚醒し始めた人が何人かいるのだろう。

The US military are not allowing themselves to be manipulated into criminal wars by Satan worshipping fanatics any longer.

 もはや米国軍は、悪魔を崇拝する狂信者によって犯罪的な戦争を扱う自分達が許せないのだ。


Then there is Pope Francis who is clearly different from his predecessor, who was forced to resign because of his Satanic connections with known war criminals like Tony Blair and George Bush.

 更に、前任者と明らかに異なる法王フランシスがいる。
 前任者は、トニー・ブレアやジョージ・ブッシュのような戦争犯罪者として知られる者との悪魔の人脈を理由に辞任させられた。


We are also seeing more and more people finding the courage to publicly take on the cabal.

 我々はまた、陰謀団と公然と接触するような度胸を見いだせる人を次から次へと見ている。

Journalist Seymour Hersh, for example, has outed the fake Bin Laden murder in formerly cabal controlled media outlets.

 例えば、ジャーナリストのシーモア・ハーシュは以前陰謀団が支配するメディアでビンラディン殺害の偽装を報じた。

Other corporate media operatives are now getting brave enough to write about cabal murder squads.

 他の民間メディアの諜報員は、今では陰謀団の殺人集団について報じる勇気を十分持っている。

Then there is this story in the Daily Mail about 20 billion Euros in unclaimed cash at Moscow Airport:

 そしてモスクワ空港で持ち主不明の現金200億ユーロについて、デイリー・メールの報道がある。


http://www.dailymail.co.uk/news/article-2437208/Is-Saddam-Husseins-fortune-warehouse-Moscow-Mystery-16-75bn-piles-cash-left-airport-years.html


However, there are still many mass murdering war criminals at large who need to be removed before we can say the nightmare is over.

 しかし、未だ罰せられてない多くの大規模な戦争犯罪者がいる。
 彼らは、悪夢が去ったと言えるようになる前に排除されるべきだ。

The criminal regime in Saudi Arabia and their Nazi partners like Benjamin Netanyahu, for example, need to be dealt with firmly and decisively.

 例えばサウジアラビア及びベンジャミン・ネタニヤフのようなナチの連中による犯罪体制に対し、断固たる扱いが必要だ。


One way to go about it would be to open an investigation into the 311 mass murder attack against Japan.

 退路を断つには、日本を攻撃した3.11大量虐殺の調査を開示することだ。

Direct human intelligence (i.e. moles within the cabal terror network and other witnesses) has shed a lot of light on that terror operation.

 諜報工作員そのもの(即ち陰謀団のテロネットワーク及び他の目撃者の中にいるスパイ)は、そのテロの作戦の解明のヒントになった。

We know the names of many of the operatives behind that attack including former top Jesuit Peter Hans Kolvenbach, Tony Blair, Benjamin Netanyahu, Yasuhiro Nakasone, former pope Benedict and P2 honcho Marco Di Mauro.

 我々はあの攻撃の背後にいた多くの工作員の名を知っている。
 その中には元イエズス会総長であるピーター・ハンス・コルベンバッハ、トニー・ブレア、ベンジャミン・ネタニヤフ、中曽根康弘、前法王ベネディクト及びP2のボスであるマルコ・ディ・マウロも含まれる。

Why aren’t they confessing to their role in this mass murder on public airwaves?

 公共の電波でこの大量虐殺における役割を白状したらどうだろう?



 もっと見たい方はこちらの元記事をどうぞ:http://benjaminfulford.net/


 米国政府機関の一部が閉鎖されましたが、国債発行上限額を急いで上げないと...等と余計な心配はしてません。
 また、安倍首相が来年4月に消費税を上げることをテレビを通じて国民に一生懸命説明してましたが、彼の表情に空しさというか悲壮感を見たのは私だけではないはず...これも余計な心配ですネ。


コメントの投稿

非公開コメント

詳しい情報ありがとう

ベンジャミンの情報は、やはりデマではなかったね。
それでも、安倍は、まだ信用出来ない。
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム