ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨幣経済なんてバーチャルリアリティそのもの

 経済の崩壊を、闇側が仕組む罠的なことを言う有名なブロガーさんたちがいるんですが、私の観点だと、経済がこのまま今まで通りに残れば、支配者は支配者のままであり、奴隷は奴隷のままで、何も変わらないと思うのですが......?

 それに世界の時事情報を鑑みれば、既存の銀行システムが立ち行かなくなっていることが分かると思うんです。そんな状況下において、崩壊後、闇勢力が経済支配を盛り返せると思いますか? 

 いつも思っていたんですが、コブラ的奴隷解放を叫ぶ人たちを闇(又はイルミのプロパガンダ)と呼ぶ人たちは、そんなにまでして今の経済システムにしがみついていたいのでしょうか。
 そして、なにか勘違いしてませんか?

 別にコブラたちレジスタンスムーブメントが経済崩壊をさせているんじゃないんですよ? 経済が崩壊するのは既存のシステムに無理があったからです。つまり、資本主義です。そしてそれは世界を巻き込んだねずみ講です。
 要するに、このシステムがが壊れるのは必然だということです。

 命よりお金が大切な人たちは困るんでしょうが.....。まぁ肉体の快楽やお金に執着している限り5次元にはいけませんのでそれは自由意志ですけど......。


 よく、私たちみたいな(コブラ的解放を望む人)人は「地に足がついていない」「お花畑の人たち」と揶揄されますが、私からすれば、将来をバーチャルなお金というものに依存している人たちより、現実に食糧や燃料を手に入れられる私たちの方がよっぽど地に足がついていると思います(ほんとは地に足など着けず、ふわふわ浮いていたいですけどね)。


 で、そんな「お金=現実」に執着している「砂漠の人たち(金、金と喘いでいる)」は、本当にこのままでいいんですか?


 経済なんていつどうなるか分からないですよ? 今まさにその瀬戸際でもあります。

 通帳に0が沢山並んでいたって、株や国債をたんまり持っていても、

「デフォルトぉ〜、、あー言っちゃったぁ( ´艸`);」

と為政者に宣言されたらそれまでです。お金に将来を託していたら明日は無いですよ?


 コブラが、税は新アイテムに対し14%のみと言っているのは、今の我々にはまだお金に頼らない生き方ができないので、しばらくは公的に支援体制が必要だからです(過去のインタビューより)。しかしお金に頼らない生き方ができるようになった人たちから、徐々に自由を勝ち取ればいいと思います。




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム