ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3次元情報と5次元情報が交錯してきた。

 カレン・ヒューズ氏の告発内容(未知との遭遇までノラリクラリさんからリンクで「世界銀行元内部者~ドルは価値がない,クラッシュ目前①②)はナイドル、コブラ、ベンジャミンが再三伝えて来たもので、目新しいものではないにしても、このような形でのディスクローズは懐疑的な者たちの多くを目覚めさせる。

 肩書きに翻弄される3次元では、この女史のような肩書きの者の告発は信頼されやすい。
ナイドルは、再三金融システムのスムーズな移行が水面下で進められている事を、そしてコブラは兌換となる金の存在を伝えて来た。

 ベンジャミンは金はなかったと伝えたが、ヒューズ氏のビデオにあるように、それは金の相場が崩れる程にあるということだ。


 さて、当ブログでは、基本的にチャネリングには一歩引いて観ていると過去に伝えている。その中で、特にキャサリン・メイが関係するソースには特に懐疑的であるが、Cosmic Awareness に対しては歯牙にも掛けていない(あくまでソースに対してであり、チャネラーを批判するものではない)。

 そんな当ブログが、コブラの報告を配信しているのは、コブラの報告がチャネリングでないからである。ベンジャミン・Fの電波版とでも言おうか(笑

 それは、前者の啓発系チャネリングが、「今、もうすぐ、数週間...」と言っている時でも、コブラだけがそれがなかった。
 例えば、昨年の12/21に関しても、事前に「物理的に何かが起こる訳ではない」と伝えており、人々の誤った期待を戒めている。さらに今年5/25のポタール開口以前のメッセージに於いても、多くの啓発系チャネリングが期待感を募らせる内容だったにも拘らず、コブラは、「やる事が多すぎてポータル開口までに(アルコンの排除が)間に合わない」と焦りを伝えていた。
 そしてアイソン彗星に関しても、彼は他の情報源と一線を画している。確かにコブラの言い分はもっともである。彗星に化けて見守る意味が分からない(笑
 ニビルも然りである。コブラは偽情報だと断定している。そういった意味では万華鏡さん(←伏せる意味あるのか?笑)の批判は当てはまらない。
 ちなみに、コブラ自身もチャネリングはアルコンフィールドによるホログラムだと伝えている。

 チャネリング情報にロマンを見いだすのは自由だが、情報は正確でなければならない。そして、高次元の魂は、決して方便(嘘)は言わない。仮に我々にネガティブな感情を持たせなくなければ、彼らは情報を偽るのではなく、口を閉ざすだろう。

 なぜなら、魂は相手の嘘を見抜くからである。私たちを(光の)魂の存在であると訴える彼らが、そのような訴えに矛盾するような嘘をつく(情報を偽る)などという稚拙な慰めは決してしないということだ。
 これに関しては、多くのヨギ(例えばヨガナンダ)がそのように証言している。

 余談だが、私がお弟子さん(子供)たちに伝えている苦言を僭越ながら、、、

「嘘をつく事に慣れると、夢は実現しないよ。なぜなら "自分が口にする事は嘘なんだから" と意識に刷り込んでしまうから。それは "実現しなくていいことなんだ" と自分に言い聞かせているようなものだよ」

 と。

 さて、話しを戻すと、ローマ法王に対するコブラの見解は、法王の現在のポジティプな行動が人類の為なのか、或はバチカン存続の為なのかを見極めかねているのだろうと推測する。コブラが「法王を信用していない」というのは、もし法王の行動に、バチカンの存続と言う狙いが微塵でも入っていれば、その行為は偽善である。これは私ですらそう捉える。それがコブラの本意ではないかと考えている。厳しいようだが、神を語る法王という立場はそれほど重いということだ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム