ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガティブ感情を他人のせいにしてはいけない。

 昨日、相方が「実家の母への荷物の送り届けを里に住む妹に頼んだ」ので、荷物を渡しに行くと言う。それではと、私も買い物がてらに付き合った。

 相方が母親への贈り物を買い、妹の家へ行く途中、妹からのメールがまだ来ていないという。
「なにそれ? 確認とれてなかったの?」って感じだ。

 妹の家に着いても妹は居ない。相方は、「なんで、返信しないの!」と妹に電話をかけるが、応答が無い。

 まぁこの妹は確かに忙しい。ある分野では知れた存在だ。その手の雑誌や新聞にもよく出ており、紙面にはカリスマ的存在とまで書かれていた。そんなだからおそらくメールを見ていないのかもしれない。
 ちなみに相方と私はそれなりに歳が離れていて、その妹だから、またさらに離れている。早く言えば若い(笑

 結局、相方の愚痴を聞きながら宅配業者の窓口へ行く事となったが、「妹も自分が要望を受けると勝手に期待されて、それを受けなかったからといって勝手に非難されたら叶わんなぁ」と擁護した。姉からしたら、前日にしているメールの返事が無かったが故の不満だろうが、相手にも事情が有る。

 そしてこの手の人間が山ほど居る事を私は知っている。多くのブログから読み取れるのは、チャネリングやその類の情報に勝手に期待して、妄想し、そうならなければそれらを非難するというものだ。

 期待するのは本人の問題で、彼らは情報を提供しているだけなので、彼らを責めるのはお門違い。むしろ、非難する己こそを反省すべきだろう。

 もちろん、気に入らなければ見なければいいのだ。公共の放送ではないのだから。


 私は、聖者パラマハンサ・ヨガナンダの師であるスリ・ユクテスワが、「先生は期待を裏切られて悔しく無いのですか?」というヨガナンダの問い対して『私は何にも期待しない。だから裏切られる事は無い』と答えたその言葉を、それが記された著書「あるヨギの自叙伝」を読んだ時から肝に銘じている。

 期待とはエゴであるということを理解していれば、裏切られるという現象は起こりえない。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム