ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「井口博士」新刊が地方書店にない理由。

 を、出版関係に足を突っ込んでいる私、たらの芽がご説明しましょう。

 現状の書店への配本は、未だ古い体質がはばかり、取り次ぎ会社(トーハン、日販など)が全権を握っているといっていいでしょう。

 つまり、地方都市への配本数は、これら取り次ぎ会社が決定しているということです。ここには出版社の意向はあまり繁栄されません。
 過去、私はこのような質問をした事が有ります。
「....ということは、取り次ぎが一番強いという事ですか? 出版社より?」
 返事は
「....まぁそういうことになるよね?」
 と。

 出版社が多くの書籍を棚に並べて見栄えを良くしたいと思っても、取り次ぎが決めた冊数しか流れないのですから、そういう事になります。
 但し、取り次ぎ会社としても、売れるか売れないか分からない書籍(すみません...)を新刊だからといって配本し、最悪書店に在庫を抱えさせる訳にはいきませんから、これは取り次ぎを擁護せねばならない部分でもあります。
 特に、返品が幾らでも可能な書店ではなく、返品率が仕入れの%で決められている書店にとっての大量の在庫は店を潰しかねません。


 人口の少ない地域の書店で新刊を並べるには、出版社の営業努力に頼らざるを得ません。このような地方の書店は、おおむね店頭に並べる書籍は取り次ぎ会社に依存しており、自ら注文を取るのは客からの注文が入った時ぐらいです(一応、新刊目録は各書店に配布されている)。

 ですから、任意の新刊を地方の書店に並べたければ、出版社は各書店に新刊案内をFAXするなり足を運ぶなりして、書店自ら取り次ぎ会社に注文をしてもらうしか手は無いのです(もちろん、取り次ぎを介さず自らの足で交渉し、足で運び、返品100%OKで書籍を山積みさせることは書店次第で可能ですが)。

 ベストセラーになるか否かは、このような営業努力によってなし得るものです。そしてここに私たちの社会に存在する小さな陰謀(笑)があるのです。

 有名な話しでは、「世界の中心で愛を叫ぶ」があります。若い方は知らないかもしれませんので、説明しておきましょう。

 まず、出版社は大手書店の棚の一郭を買うか借りる(有料)かしました。そうする事により、その棚のレイアウトは他社にいじられる事も無く、自由に戦略を行動に移せました。

 棚はセカチューで埋め、目に入る位置はすべて面出しし、客の興味を誘います。
客としては、「書店がこれほど力を入れるなんてよっぽどの内容かしら?」と騙されます。書店の意向なんて関係ないのにです。

 そして満を持して、人気女優の書評をさりげなくポップにして宣伝するといった趣向です。

 出版社の戦略を知らなければ、このベストセラーが作られたものだとは気がつかないでしょう。それにしても、そこまでして売ってくれた営業マンに、作者は感謝すべきでしょうね。

 ちなみにある有名作家の出版社の営業に対して叱責が有名です。

「私の本が売れないのはあんたたちの営業努力が足りないからよ!」ってね。


 さて、このような業界の仕組みは音楽業界も然りですが、どこも似たり寄ったりです。
まず、この配本の全権を握っている取り次ぎ会社ですが、結局はこれらの株主は大手出版社で、そのうち大株主は講談社です。私たちは、このように大手企業のいいように泣いたり笑ったりさせられている訳です。テレビ番組で紹介されるのも、有名人がちょっと鞄の中に入れてくれるのもすべて宣伝です。カネかね金です。

 がしかし! 昨年辺りから

「セブン&アイと手を組み、既得権益を守りたいトーハンと、その中抜きを目論む出版各社を代表する野間氏の対立軸が浮かび上がってきた」by BJ

 という業界噂もありますから、電子書籍などの関係から、その支配体系も崩れて来ているのかもしれません。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム