ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブラ:カバールがいま恐れているもの

 コブラの最新:アルコン追放の最新情報の中で語られているカバールがいま恐れているものを、同時に掲載しておきます。
 このカバールが恐れているものは、同時に私たちにも大きな影響があることでしょう。

 カバールがいま恐れているもの。機械翻訳にて。

星を包含し得るG2クラウド:コア爆発の可能性の増大


図1。G2の雲の軌跡が、銀河コアに近づくにつれて。

これは銀河のコアに向けて、高速軌道にあることが観察され、G2の雲の詳細更新です。図1を参照してください。この上の最後のポストのここのクリック 、またはここに 。証拠は今のG2雲が埋め込まれた星(や星)が含まれていることはほぼ確実に見えます。エッカートら、2013年はクラウドのKバンド赤外線画像を検出し、それらの結果は、クラウドがどこか1太陽質量と30太陽質量(間の質量を持つ星が含まれていることを示していると結論しているエッカート、2013A 、エッカート、2013bを )。彼らは、DSOとしてのG2クラウドを参照するか、「ダスティS-Clusterオブジェクト。

すべての約45%は1太陽質量の星は、バイナリ伴星を持っていることが観察され、全10太陽質量の星の約60%は、恒星の仲間を持つことが見られ、全30太陽質量の星の約75%は、コンパニオンの星を持っている。だから、G2クラウドSTARに述べた質量範囲のために、それは恒星の仲間を持つことを約50:50のチャンスがあり、それは恒星の仲間を持っていない場合は、まだ100パーセントの確率で約が残っている、それがすること巨大惑星や褐色矮星コンパニオンを持っている。だから、状況はかなり深刻に見えるし始めている。
G2はクラウド上で、これまでに発表された論文は、埋め込まれた星がそれで仲間を運ぶかもしれないという可能性を議論するために失敗している。そして、まだこれは銀河コアに伴星と同調の潮リッピングがほぼ確実に我々の太陽系に、結果として迅速なsuperwaveインパクトのコアの爆発の引き金になるので、この今後のクラウドコアの出会いに考慮すべき最も重要な側面である。

伴星が剥ぎ取られているかどうかは、それは外または主星のL1のラグランジュ点の内側軌道かどうかに依存してほこりを周回し、それを超えるノーリターンのポイント、惑星、またはコンパニオンの星は、銀河核の支配的な重力の影響下に来る引っ張る。のL1点は銀河コアに面する側に星の近くに位置しています。図2を参照してください。伴星がこののL1点距離よりも近い距離で、その主星を公転する場合は、原発の引力の影響を受けて残り、バイナリ軌道上に結合したままになります。そうでない場合には、コアのロシュ·ローブに入り、ピンを吸引し始める


図2。G2のスターとの関係で、L1ラグランジュ点のイラスト。

統計は、コンパニオンの生存に有利に見ていない。彼らは非常に近いバイナリ中のAu 0.1だけ近くに配置することができますが、連星は、約8天文単位(AU)で、平均して互いに分離されている。比較すると、エッカートら G2は雲が近星点距離にあり、その埋め込まれた主要な星が1太陽質量の質量を持っている場合、その、L1ラグランジュ点は約0.1 AU離れて位置することになるときに注意してください。組み込み星は8太陽質量の星、そのL1とした場合ポイントは約0.5 AU離れて、さらに外にあるだろう、とクラウドは30太陽質量の星が含まれている場合は、そのラグランジュポイントは約1 AU離れて、さらに別の外にあるだろう。だから、ラグランジュ点は、一次星(0.1から1 AU)に非常に近いもので、チャンスはG2の雲がて座A *への最接近を行うと、伴星がL1ラグランジュ点の外orbittingとの範囲内であること、銀河コアのロシュローブ。これは、ほぼ確実に剥離し、コアに引き込ま得ることを終えることを意味します。潮汐取り除か体ではなく、星のような、地球サイズの惑星や木星の惑星のような低質量のであれば、それが引き金コアの爆発がずっと小さくなる可能性が高い。どのように規模の大小は言えない。予測する方法はありません。

近星点、銀河コアに最接近時、G2は雲が図1に示されている、高度に偏心軌道以下のどこかに、AU 125〜200コアからなります。最接近時には、その星が近星点にあるとき、S2スターとしてコアに近い約来る。S2は15歳以上のビットの軌道周期を持っていますので、重篤な結果を伴う過去数世紀にコアへの多くの近くにアプローチしてきた。S2はスターが2002年にコアに近い渡されたときに何の爆発活動が認められなかったので、1は、我々は、G2のクラウドから心配する何かを持っているかどうか尋ねるかもしれません。目立った結果を伴う銀河核を繰り返し通路を作るために、S2のスターのために、我々はそれがシングルスターであり、任意のコンパニオンがずっと前にコアの重力場によって剥ぎ取られたような星や惑星などのオブジェクトということを結論付けることができる。実際、S0は、そのコンパニオンが大量過去のある時点から剥離し、コアの爆発を生じた持っていたインバウンド星系の名残である可能性があります。例えば、それは、過去5300年の間に行われた13マイナーコアの爆発の1を引き起こしている可能性があります。G2群には、しかしながら、コアのその最初のパスを作っている、および統計は、それが仲間を有する支持して積層されている。

潮のリッピングは、おそらくG2は雲が銀河コアに最接近その近星点、ポイントに達したときに発生することを開始します。様々な著者の予測に基づいて、これはいつか月と2014年5月の間に発生することが考えられ、我々は、G2のクラウドデバイドと分離するマスが表示されたら質量が到達する前に、我々は唯一の2〜3週間になります表1を参照してください。コア表面と爆発をトリガします。だから我々は何かが起こることを約あるべき注視しておく必要があります。



この投稿の準備に入った研究はスターバースト財団によって融資された。これらのG2クラウドへの投稿が対象で一般的に重要であると感じている人は、アクセスしてくださいスターバースト財団のウェブサイトや寄付をする 。

Paul LaVioletteポールLaViolette
January 3, 2014 2014年1月3日


 コブラ:アルコン追放の最新情報

光の勢力により、舞台裏で徹底した秘密管理のもと、ある重大な作戦が実行に移されました。本作戦が完了するまで、重要な内部情報を明かすことは、一切禁じられております。そのため、おなじみの福島詐欺とディナールにからんだRV(通貨の評価替え)詐欺以外は、「何事も」起こっていないように見えるのです。

本作戦について私が言えるのは、次のことだけです。この作戦が、残りのすべてのアルコンを、地球惑星から追放することに関わっていること。そしてまた、そもそも数百万年も前に、闇が銀河中に広まった、真の原因を取り除くことに関わっていること。

物質的プレーンでは、現在のアルコンの指導者は、ローマからそう遠くない、小さな田舎町で今は暮らしています。彼は1995年に、ベローナに近い、地下深くにある軍事基地のポータルから、地球に侵入しました。アセンションと惑星解放 ―当時は機運が完全に熟していました― を阻止するためです。そして1996年における、コンゴのアルコン侵略を企てました。当然ながら、彼はイタリアの黒い貴族に属していません。けれども、彼はそのような連中とは、とても強く結びついており、イエズス会のネットワークとも、下記の三つを中継ぎとして繋がっていました。

http://www.orderofmalta.int/around-the-world/10689/holy-see/?lang=en

http://orderofmalta-malta.org.mt/wp/wordpress/home/

http://www.smomembassytoslovenia.org/contactus.html


彼の今の役割は、地球惑星を隔離された状態のままにし、「何かが起こることを阻止する」ことです。


主要アルコンである黒い貴族の家系のうち、依然として注意が必要なのは、ファルネーゼ家、オルシーニ家、Aldobrandini(アルドブランディーニ?)家、キージ家です。

ファルネーゼ家はカバールの主立った策士で、ボルハ家の助けを少し借りて、イエズス会を創始しました。1540年のことです。その直後、ローマに近いカプラローラに、最初のペンタゴン式宮殿を建設しました。



内部には「地図の部屋」があり、16世紀、17世紀の世界の運命を描いていました。



16世紀の地図に、南極大陸があることは興味をひかれるところです。正式には1770年に「発見された」のですから。その頃、ファルネーゼ家は次のことを決断していました。イエズス会士アダム・ワイスハウプト(ヴァイスハウプト)を使い、イルミナティを創設し、ロスチャイルド家に権力を与え、ファルネーゼ家の権力の座をワシントンDC.に移すことです。彼らはそこに、2番目のペンタゴンを建てました。ラリー・ファルネーゼ上院議員が、その家系から出ていることも面白いところです。

http://www.senatorfarnese.com/

オルシーニ家は、レプタリアン種族と非常に強い繋がりがあり、物質的アルコンと非物質的アルコンの、主なつなぎ役となっています。レプタリアン種族とローマカトリック教会との間の条約を作ったのは、この連中です。ずっと昔、彼らの主要ポータルは、ピティリアーノの地下トンネルにありました。そのトンネルシステムは、オルヴィエートまでずっと続き、オルヴィエートの地下室にヴァチカンのゴールドを貯蔵していました。オルシーニ家は、2010年5月の光の勢力の大作戦で、大きく力を失いました。ミッション・ブルー・シールドと名付けられた作戦です。


アルドブランディーニ家には、数百万年前にソースから分離する経験を選択した、もともとのグループのメンバーがいます。彼らの所有物には、秘密の書があり、アトランティスの存在について、そしてアトランティスのミステリースクールの儀式が断片的に書かれてあります。この家系は、女神のエネルギーの重要性に気づいています。この家系については、ある事実があり、イベント後に公にされます。多くの人を驚かせることでしょう。


キージ家はイエズス会のための銀行家で、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行を支配しています。私が一ヶ月前に述べたように、東方連合は、金融に関する連中の陰謀を食い止めました。ここに、その結果が掲載されています。

http://goldenageofgaia.com/2013/12/the-worlds-oldest-bank-is-on-the-brink-of-collapse/

こうした家系はすべて急速に力を失いつつあり、カバールも何世紀にもわたる背後からの支えを失いつつあります。それに加え、カバールは今これを恐れています。

http://etheric.com/g2-cloud-likely-contain-star-increased-chance-core-explosion/


これが理由で、カバール組織の中にいる多くの人が、現在の文明の終わりに備えたり、シェルターを建たりしているのです。ギャラクティックセンターの活動(特に3月から5月のタイムフレームで)に関する、ハイレベルの情報はすべて、今のところ機密扱いです。


東方連合は大きな進展を遂げようとしているところです。特に中国では、カバールの手下共を権力の座から降ろし、制度を改革しています。

http://www.nation.com.pk/international/11-Jan-2014/over-182-000-corrupt-officials-punished-in-china

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/china/10561434/China-abolishes-its-labour-camps-and-releases-prisoners.html

http://thebricspost.com/china-announces-new-private-banks/#.UtMCEvuNvGc


光の勢力の、ある作戦は、一週間かそこらで完了します。そして物事は前に進み始め、さらなる情報といい知らせをすぐにお伝えできるでしょう。


非物質的プレーンでは、アルコンらとその手先共、彼らのテクノロジーの排除が続きます。良き進展が見られる地域の一つでは、エーテルの超低周波音のテクノロジーが除去されました。これは、人間の振動周波数を上げないようにする技術です。


先月には、3分の2以上のテクノロジーが排除されました。エーテルのスカラー装置は、測定可能な物理的超低周波音を発生させます。自然の中で、周囲の音を2通りの単位(ヘルツとデシベル)で測定すると、100ヘルツまでの超低周波音が、他の周波数の音より強いことがわかります。最大で35デシベル、数値が高くなっています。超音波でも、10キロヘルツと15キロヘルツで奇妙なピークが生じています。頭脳の活動をスキャンする、エーテルの超音波ネットワークと一致しているのです。





エーテルの、超低周波(infrasound)と超音波(ultrasound)は、平均的人間が、聞こえないぎりぎりのところにセットされています。人々が不思議に思ったり、何か奇妙なことが起こっていると感じさせないためです。人の聴力を示すグラフが、上の二つのグラフととても似通っていることがわかるでしょう。



なかには、このような超低周波音が聞こえる人や、超音波音さえ聞こえる人がおり、多くの研究者がTaos hum(訳注:ニューメキシコ州タオスのハム音という意味。ここでのハム音が注目を浴びた)と呼んでいます。このハム音は専門機器で録音されており、このような音です。

https://jumbo.iskon.hr/dl/c2dbd730-5a9e-400d-8734-ef0de30abd08

このようなテクノロジーや構造物を除去するには、光の勢力の多大なハードワークが必要です。アルコンらはこの25,000年もの間、非物質的な、支配のネットワークを改良してきたのですから。このすべてを解体するには、25,000年より、はるかに少ない時間で済むでしょう。しかし、何かしらの目に見えるブレイクスルーがないまま、1、2ヶ月が過ぎたからといって、気落ちしないでください。結果が出るのはもうすぐです。それまでは、とても内容の濃い、この記事を読むといいでしょう。

http://www.ascensionhelp.com/blog/2013/11/21/tell-the-lords-of-karma-that-you-are-sovereign-no-longer-a-lightworker-part-2/





コメントの投稿

非公開コメント

No title

アルコン追放の最新情報の中に出てくる
「福島詐欺」と「ディナールにからんだRV(通貨の評価替え)詐欺」という言葉の意味がわかりません。教えてください。

コタローさん

「福島詐欺」は、欧米では必要以上にフクイチの放射能の恐怖を煽った報道が為されているようです。逆に日本は安全詐欺のようですが...。つまり、嘘の情報が流されているという事のようです。

「RV」は、イラクディナールの評価替えが今にも起こると何度も繰り返し偽情報が出ている事を行っているのではないかと思います。コブラはこれについても、イベント後にしか起こらないという立場なので、RVが今にも起こるという情報は詐欺だと行っているのでしょう。
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム