ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生集団行動大会に見え隠れする軍国(石破)化

 昨日、「小学生の集団行動大会」というのをTVでやっていて、ちょこっとだけ見たが、まぁ呆れた。

一糸乱れぬ行進 26日・テレ朝系



 整然と隊列を組み、一糸乱れぬ行進をしたり、隊列を瞬時に組み替えたり。

 日本体育大学伝統の「集団行動」は見る者を魅了する。このパフォーマンスに、全国の小学生が挑む様子を追ったドキュメンタリー風のバラエティー番組「全国小学生 集団行動発表会」が、テレビ朝日系で26日午後2時から放送される。

 番組で取り上げるのは、2013年末に行われた集団行動全国大会=写真=。前年の優勝校、八王子市立弐分方(にぶかた)小(東京都)など全国の6校が参加し、正確に行進できたか、指揮官の言葉に隊列を乱さずに反応できたか、隊列の交差を安全にできたか、など五つの基準で競い合った。

 「集団行動」は、隊列を組む全員の意思が統一されないと成功しない。それだけに発表までの練習も厳しく、スタジオでは司会の石原良純やゲストが、子どもたちの挑戦を見守る。

 ※管理人補足:動画で見たい方はこちらをどうぞ。集団行動とはどういうものか分かりやすいと思います。



 完全に軍国化への布石ですな。

我々の子供の頃にも「前に習え」とやらされたが、その程度だ。ここまで大掛かりになると黙っていられない。
 
日体大の学生がするのは構わないんですよ。大人なんだから、自分の判断でしたけりゃすればいい。しかし小学生ってどういうことだ。己の判断じゃないのは言うまでもない。

 やりたくなくても、先生がやろうって云ったら断れない。クラスの多くがやろうって云えば断れない。仲間外れにされる。いじめられる。だから断れない。まさに集団行動だ。

 わたしが親だったらまず、その大義を教師に問いますね。それで納得いく答えだったら文句はないが、まぁどんな説明受けても納得は無理でしょうな....。

 タオイスト(私)が最も忌み嫌う行動なんでね(笑

 それにしても、そもそもなぜ私はこういう行為が大嫌いなんだろう? 朝礼(毎週月曜に校庭に集合)時、小学生では決まってお腹が痛み、保健室へ逃げ込んだ。中学3年生になると、己の意思で一人教室に居残った。クラスメートの一部から非難の放火を浴びたが、彼らの非難は私が単にサボっているとの認識でそれをやってのける私に嫉妬していただけというのが真相だ。そう、奴らは何も考えていない、奴隷志願の者たちだったということだ。


 こうやって幼い時から"従う"という行為を学ばされて、それが普通になっていく。石破が戦争に行けというと「ラジャー」と無意識に答え、「え、閣下に逆らう? それは死刑でしょ」と石破語録も受け入れる。そんなロボット少年少女をただ今育成中といったところか....。


 バラバラ行動でもいいんですよ。ぶつかりそうになったら己を優先して突き進むんじゃなくて、そこで足を止めて互いに譲り合えばいい
 
 それが"道"なんですよ。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

番組ごらんになったんですね。
私は見ることできません。
我が子がそうされたらと思うだけで憤死します。

wpさん

観たっていっても1、2分くらいです。
チャンネル変えたとき映ってたみたいな。

ああ、バカな事やってんな〜と認識するくらいの時間ですね(笑

No title

軍国化というより、赤化といった方が適当ですね
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム