ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余計な時間を取られた。

 XPが動かなくなった原因はこれだった。

MsMpEng.exe - アプリケーション エラー
"0X5a4d684D"の命令が"0x00000000"のメモリを参照しました。
メモリが"reed"になることはできませんでした。



 というのが起動時に現れる。

 今日も動かなかったのでこの表示が最近入れた古いソフトが問題だったか? と削除したのだが、解決されず、調べ得るとMicrosoft Security Essentials がその元凶らしく、早速元を断つ事にした。

 それこそサポート終了を知らせるダイアログ、これ



が頻繁にニョキっと出てくる。

 これが元凶で、これをプログラムの削除から削除したら正常に動くようになった。

MSの悪魔め....。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム