ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待はずれ

D/Aコンバーターを試聴しました。貸し出しなので無料です。

DAC-AH

この機器は、ノンオーバーサンプリングはもとより、フィードバックやデジタルフィルタ等の余分なフィルタリング処理を極力排除し、可能な限りオリジナルの音場を引き出すD/A変換処理を狙った設計がなされている。とのことで、人によってはその方向性のほうが音がよいと言う。

 それは一度聞いてみなければ! と試聴に至った。

基本は手持ちのCDプレーヤーだ。これはプロビット方式と言ってヤマハ独自の信号補正が施された音だ。それがどう変わるのか.....。

DACを繋いでまず感じたのは、音が荒い。これが何も補正しない16ビット44.1khzの純な音なのか? と悩む。
なんか奥行きも無くなったような....? どうなんだろう....。
そしてノイズを感じる。これが生で記録されている音なのか? と悩む。

 しかしそうではなかった。音を鳴らさないでもノイズが出てる。これは機器のノイズだ。

 まぁ多くが改造目的での購入なので、上記の残念な部分は承知の上らしい(中国製だし)。だからその点は無視して、ノンサンプリング+フィルターレスがいい音なのか? という観点だけをみると、人によってはこの荒さがグッとくるとも言える。
 そういう意味では、ノイズさえなければとてもいい品物だろう。すこし残念だ。

 ただ、私の場合、基本のCDプレーヤの音の方が好みのようだ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム