ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルマとは観念である:後編

5/29:勘違いが危惧されるのでラストを再度追記しました。
5/13:ラスト7行目の誤字を修正しました。大きく意味を勘違いされていたと思います。
5/11:ラスト6行追記しました。

 カルマシステムは、人類を3次元に縛り付けておく為のプログラム(観念)である。

 このプログラムは、聖書で言う『自分で撒いた種は自分で刈り取らなければならない』を具現化するシステムである。そしてこの撒いた種(後にカルマとなる因子)を「ヴァサナ」という。

 私たち人類は、私たち自身が潜在意識(アンタカラナ)からこのプログラム自体を削除するか、ヴァサナを一つずつを消去しない限り、私たちは輪廻を繰り返させられる。なぜ輪廻しないといけないのか? それは撒いた種を刈り取るためだ。
 そして、このカルマというシステムが実は観念に過ぎないのだと気づき、潜在意識からそれら因子を消去した者が所謂「解脱者」である。つまり、この輪廻の元を絶たなければ、私たちが解放される事は無いということである。これが闇が人類に強制した契約であり、このような契約は神のものではない。

 さて、このカルマというプログラムを起動させる因子ヴァサナは、光によって消去することができる。 

 瞑想に於いて、光がヴァサナを取り込むと内部意識であるアンタカラナが清められ、ヴァサナは消滅する。このヴァサナは、後に害を及ぼすウィルスのようなものだ。そうすると、光は白血球になぞらえてもいいだろう。

 ちなみに、このヴァサナが消滅すると、天の智プラーニャが発生し、頭頂から光の洪水が降りてくる。それは内部意識に降りてくる光であり、肉眼では捉えられないが、肉眼で観るよりも強烈なまばゆさである。ヴァサナが消滅したかどうかは、この現象が起こるか否かによって把握できる

 以前、光にフォーカスするだけでいいと書いたのは、こういう体験を経た背景があってのことである。しかしそれもそろそろ必要なくなるだろう。


 ※上記瞑想に於いて、光をイメージできない方は、瞼を閉じて、両手(指3本くらい)で両瞼をぐぅ〜っと押していけば、やがて色彩豊かな光が見え始め、最後に白光が見える。その白光をイメージすればいい。こうすることで、どこでもイメージが可能である。


 ところで、皆がカルマだと思っていること、実は人間ルールであることを勘違いしているきらいもある。多くが云う因果応報とは、単に「仕返し」システムである。昨今「陰謀者たちが行った罪は償わなければならない」というのは、彼らにその責任を問うということであり、それはカルマシステムではない。つまり、カルマの法則を理由にして己の恨みや妬みを正当化しているということである。だいいち、愛そのものである神が、そのような常に人間を罠に嵌める(悪循環の)ようなルールを作ろうはずがない。例えば日常の中で、例えば妻の悪戯に対し、夫が許せばそれでもう裁く者はいないし、他の者には裁く権利は無い。愛なる神は、許した者の自由意志を尊重されるだろう。つまりそれは、やはり人類の想いによって具現化されているという事である。これは因果律とは関係のない話しだ。この辺りはコチラを参照。
 




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一介の〜さんへ

 再度のコメントご苦労様です。

..っていや、ですからね? もう机上のうんちくは結構ですからご自身の体験から悟られた事をお書き願えませんか? 何度も書きますが、もう知ってますって...。私も過去に勉強してますから....(トホホ

 単語ですが、神智学で云わなくてもヨガでいうんだからしかたないでしょう? それが何だって云われるんでしょうかね? それにしてもラスト5行、サイババがネガティブETとは思いませんけどねぇ〜....。

 まぁ私からすれば「魂の進化」という言葉がくせ者なんです。これが闇が人類を3次元に縛り付ける名言なんですな。私たちの魂は完全なのでその必要はない訳です。真実は単に神への回帰なんです。それに気づきなさいとババも言ってた訳です。受け売りで云わせて頂くと

「私は神です。あなた方も神です。私とあなた方の唯一の違いは、私はそのことを知っていますが、あなた方はそのことを全く知らないことです」

 ということです。この言葉自体がもう全てを語っています。あなたも瞑想して、肉体の衣から抜け出れば私の言ってる事が理解できますよ。いあゆるJnana Yoga(知識の道)に固執することの落とし穴にはまってますよ。

 それに、今更神智学でご説教頂いても興味はありませんよ。神智学がどう説いていようと私には関係ありません。私には私の悟りが有りますからね。

 それに、私は神智学も日月も信じておりません。参考までに以下のような情報もありますのでご覧下さればと思います(日月は関係ないです)。

 http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=58374

 また、私は読者を説得しようなどとは考えておりませんので、みなさんそれぞれの悟りでよろしいかと思っています。

 カルマの法則を信じたいならば、それでいいのです。なぜ私を説得したいのですか?(別に答えは要りませんよ:笑)ご自身の信仰を否定されたと? でもそれは仕方ないです。みなそれぞれ自由意志を持ってますので。

> ぜひ、こうした点をご自身で再考なさる様にとお勧め致します。

 30年近くやってきました。その上での現時点での答えです。それにしても、30年以前には私が「それはカルマだからしかたないよ」と言ってもだれも理解してくれなかったし、カルマという言葉さえも巷では無縁だったというのに、いまでは誰もがカルマカルマと....。
 宗教が人類の奴隷化プロパガンダということを考察に取り入れれば、闇のプロパガンダが見事に成功したという結論に達しますね。

 水掛け論はこのへんにしましょう。いつもご訪問頂きありがとうございます。
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム