ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判が必要だな....。


 既にTVでも放送されたので皆さんご存知だと思いますが、この動画。そう、少年を襲う犬を猫が撃退したというもの。



ビデオの内容は次の通り―

「ジェレミー君が自転車で通りを走っていたところ、隣に駐車していた車から突然犬が飛び出し、男の子の足にかみついた、彼が倒れると、犬は足をかんだまま引っ張ってゆこうとした。するとそこにどこからともなくメス猫が現れ、犬に飛びかかり退散させた。驚いた母親が、坊やに走り寄った。一方猫は、しばらくの間犬を追いかけまわした。」

  この出来事は、米カリフォルニア州ベイクスフィールドで起きたもの。

 犬にかみつかれた坊やは、数針縫わなければならない傷を負ったが、全体として心配はない。

  ジェレミー君を助けたのは、彼のかわいがっているメス猫のタラだった。地元警察によれば、彼にかみついた犬は、8カ月のラブラドル犬で、薬殺される。専門家らは、突然攻撃的行動を取るペットの危険性について警告している。

Vesti.ru



 で、なんで今頃とりあげたかというと、『かみついた犬は、8カ月のラブラドル犬で、薬殺される。』に目が止まったから。
 
 .....やっぱりこの犬、殺されるんですね? そこまでしなくてもいいんじゃないですかね?
人間が人傷つけても死刑にはなりませんでしょ? なぜ人間はいつも人間以外には無慈悲なんでしょうね....。アメリカだから余計なのかな?

 いや日本でもただ人里に降りて来たというだけで熊やイノシシが殺されてる。似たようなもんだね.....。

 
 思うんですけどね? もしかしたらこの少年、この犬に恨みを買ってたかもしれないでしょ? ちゃんと裁判しようよ。

 うちも神戸に住んでいたとき経験有るんですよ。通学路だったんでね。噛んだりはしていないけど、小学生がいつもちょっかいかけてわざと怒らすんですよね。柵があって攻撃できないと分かってるからいい気になって偉そうな口叩くんですよ。

 「かかってこいよ!」とかね。

 私が「うるさい」って家の中から怒鳴るとあわてて逃げますけどね。

 時にはブロック塀の通風口から棒で突いたりします。そりゃ〜犬だって怒りますよ。ですからもしそういう経緯なら噛まれたとしても自業自得だと思います。むしろそれが正義です。二度とバカなマネはしないでしょうしね。


 それにしても猫のタラだっけ? やっぱ名に「タラ」の着く奴はすばらしいね!(笑 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム