ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイヴィッド・ロックフェラー死去!

 15:02 追記。

Google での検索で、その一覧に

[Fiction] David Rockefeller dead at 99 (death of David Rockefeller). David
Rockefeller, born on June 12, 1915 in New York, was an American business man
. He died on August 5, 2014 at the age of 99.


 というのがヒットします。そこへ遷移すると、このサイトは死亡予測のサイトであり、内容も死亡日時がAugust 7 になっています。キャッシュでは5日だったので、日本の wiki に追記した誰かが、この記事を誤解して記事更新した可能性があります。

 ※現在Wikiの死亡日時が削除されています。


 今朝亡くなったようです。真偽は確認できていません。

デイヴィッド・ロックフェラー・シニア(David Rockefeller, Sr. [[1915年]6月12日 -2014年8月5日 ) は、アメリカ合衆国の銀行家、実業家であり、ロックフェラー家第3代当主。

<経歴>

1915年6月12日、ニューヨークで五男一女の兄弟姉妹の末っ子として生まれる。長女が生まれたのち、五人の男子が次々と生まれた。 2014年8月5日死去した。99歳没

祖父はジョン・ロックフェラー[1]、父はジョン・ロックフェラー2世。

* 長女:アビー・ロックフェラー・モーズ(Abby Rockefeller Mauzé)
* 長男:ジョン・ロックフェラー3世 (John D. Rockefeller III)
* 二男:ネルソン・ロックフェラー(第41代アメリカ合衆国副大統領)
* 三男:ローランス・ロックフェラー(Laurance Spelman Rockefeller)
* 四男:ウィンスロップ・ロックフェラー(元アーカンソー州知事)

そして、五男(末子)がデイヴィッドである。

国際基督教大学に留学していたことでも知られるジョン・ロックフェラー4世(John Davison "Jay" Rockefeller IV)はデイヴィッドの兄ジョン・ロックフェラー3世(英語版)の長男である[2]。

1936年、ハーヴァード大学卒業。ヨーゼフ・シュンペーターに師事し、卒業論文のテーマはフェビアン協会[3]であった。その後、フェビアン協会が設立したロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)に留学[4]、同校で修士号を取得。また同時期にLSEのハロルド・ラスキのもとに留学していた後のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディと出会う。その後、シカゴ大学で経済学博士号を取得。博士論文はハーバード時代の恩師シュンペーター、LSE時代のフリードリヒ・ハイエク、シカゴ大学時代のフランク・ナイト、そして祖父のジョン・D・ロックフェラーに影響を受けていた[5]。

1973年三極委員会を設立。

1981年までチェース・マンハッタン銀行の頭取兼最高経営責任者。外交問題評議会名誉会長。ビルダーバーグ会議には初会合から参加している。

フィランソロピストとしても知られている。


 wiki より(たらの芽注:死去が伝えられているのは日本語版のみ)



 合掌......拍手?


コメントの投稿

非公開コメント

デイヴィッド・ロックフェラー死去の情報元はどこでしょうか?

翻訳元リンクでしょうか?
ブログの主さんの水面下の情報でしょうか^^;

詳細が知りたいです





Re: タイトルなし

> デイヴィッド・ロックフェラー死去の情報元はどこでしょうか?

 ああ、ごめんなさい。抜けてました。wikiです。阿修羅で知りました。

脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場

世界皇帝 ディヴィッド・ロックフェラー 死亡 金星人(-) 毎年8,9,10月が大殺界 広島、長崎への原爆投下を今も謝罪しないアメリカに、反アメリカ感情を今こそ噴出せよ。 アメりカの洗脳広告代理店である電通を使った、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、見事な洗脳に晒され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! 我々はハッ、と気付いて用心し、注意し、警戒すれば騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム