ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルマソフトウェアー仕様マニュアル


 このたびは当アルコン社が提供させ頂くカルマソフトウェアーをご要望頂き誠にありがとうございます。
ご契約の際には以下の「マニュアル」をよくお読みになり、正しく輪廻ください。

 なお、このソフトウェアーはご契約者様の手を一切煩わせることなく当カスタマーセンターにてご契約者様の前世より引き続き組み込ませて頂いておりますのでご安心ください。


 アルコン社製カルマソフトウェアーの特徴:

 霊的法則で作用するのは「波動」でございます。地球惑星の皆さまの多くが、これに伴う法則を引き寄せ、或は因果応報と曲解されておられますが、弊社が提供するカルマソフトウェアーは、ご契約者様のご行為に伴う現象を輪廻プログラムに反映させる地球惑星独自の仕様となっております。

 さらに、このソフトウェアーはご契約者様の物理的なご行為だけでなく「想う」という人類の皆様がつい軽んじてしまわれるご行為にさえ作動する優れものでございます。ご契約者様の欲望、願い、それらの全てを余す事無く輪廻プログラムに反映することが可能です。弊社では、地球惑星への転生を望まれる方に限り、転生回数に制限を設けておりません! それにより、ご契約者様が数ある前世で成し遂げられなかった願望の全てが成就されるまで、何度でも繰り返し輪廻プログラムの転生システムをご利用頂けます!
 また、ご契約者様のご行為に伴う現象は、今生または来生以降にも繰り越すことが可能!となっております。

 ※ヴァージョンに伴うアップロードはヘルプチャネルより意識に直接ダウンロードできます。



 アンインストールの方法:
 
・ご契約者様が過去にダウンロードした霊的知識を削除してください。
・コントロールマトリックスを無視してください。




 

 ご注意:

 このソフトウェアーは、地球惑星での輪廻プログラムに何らかのアクシデントが発生しますと、システムに不具合が発生するおそれがございます。その場合、地球惑星同等の波動を備えた代替の惑星及び衛星をご用意しておりますので、カスタマーセンターまでご連絡ください。 


 おかしいな? っと思ったら:
  
・まずは魂が抜けていないかコンセントをご確認ください。
・ご契約者様が光に感染されている可能性がございます。速やかにチャネルを閉じ、弊社推奨のワクチンソフト「低アストラル i 」最新バージョンをダウンロードされることをお勧めします(当該ソフトは光に対してのサポートは行っておりません)。





コメントの投稿

非公開コメント

カルマはアルコンソフトではない

人間の「魂」とは、「全智全能の神が自分を忘れたらどうなるか(?)」という神の好奇心で創造されました。
神は人間に「自由意志」を与えましたが、同時に「カルマの法則」と「カルマ」を作用する様にしました。
「自由意志」とは、神の創造物(=人間)が「神」になるか、「神以外の者(=悪の存在)」になるかの選択です。
「カルマ」と「カルマの法則」は、人間が自由意志の乱用で踏み外した「神への道へと戻る」為のものです。
私達の中の「神の魂」とは、「全能の神の子の魂」に「忘却のベール」がかけられた(=無能な)存在です。
私達の「魂(=無知の子神)」は次元降下し→形の世界を探検→自分は神を悟り→次元上昇(忘却のベールを脱捨て)→「完全な魂(=全智全能の子神)」となり→自らの体験を「親神へと持ち帰る神の子の魂」です。
(この意味で私達の中の「神の魂(=無知の子神)」は、「無知のベール全てを脱ぎ捨てる迄は不完全」です)
私達の魂は形の世界で、鉱物意識(=群魂)→植物意識(=群魂)→動物意識(=群魂→個霊魂)→人間意識(=個霊魂→自我(利己)確立)→超人意識(=利己→利他)→神人意識(=無条件の愛)へ進化する存在です。
(無限時間後の結果は決まっており)、遅かれ早かれ神の子魂(=人間)の全員が、親神の元に帰ります。
つまり、私達は「必ず次元上昇」せねばならないが、「その時期は人間の自由意志」に任されています。
(次元上昇が可能か(?)否か(?)は「自らのカルマ」と「カルマの法則」を受け容れるか(?)否か(?)が鍵です)

カルマとは「自由意志の乱用」の結果、神への道から外れた事で生ずるものです(痛み悩み苦しみ死等)。
カルマの法則は、外れた歩みを(再び神への道へと引き戻す)為「罪の償いの受容へ導く」為のものです。
罪の償いを受容し実行する事で→カルマが解消され→次元上昇へと繋がる事ができるのですが・・・・
しかし、貴殿のブログの主張は、カルマやカルマの法則は「闇の閉ループシステム(=アルコンのソフト)」だとして、破棄や無視すべきとの主張(結果として罪の償いを拒否)です。これは「光への道を闇、闇への道を
光」だと言い放つが如きものです。貴殿は間違った主張をし続けています(少なくとも半年程前~)
私自身はこうした内容をこのブログとの読者の方々に知っていただく為に投稿しているものです。
(ただ、ブログ主があまりに頑ななら、「死人は死人にまかせなさい」のイエスの言葉に従うつもりですが)

タラの芽氏の言うアルコン社の「カルマプログラム」は存在しませんし存在する必要もありません。
但し、各人の「過去世のカルマ」に基づく今世の「人生の出来事の概略の青写真」はありますが・・・。
タラの芽氏は(私から見て)「神の魂」の真実も知らず、「カルマ」や「カルマの法則」の考えも、自分独自で、しかも勝手な間違った解釈ばかりと思える内容です。
まず今回のタラの芽氏の記事の元となる、以前の記事が根拠のないデタラメ解釈である事を示します。

カルマとは観念である(前編=2014-05-09の記事)より
1>私はいかなる教義も経典も信用していない。信じるのは己の体験のみ。経典などはただの論文に過ぎないのだ。検証して、己で体験できて初めて真実として捉える事ができる。・・・・・・・故に書物の受け売り
でなく、自身の体験で語るべきである。
→(×)思い上がり、増上慢の傾向が見受けられます。但し、この文章だけだともっともな事を言っている様に見えますが、他の部分の文章(次の2>)とは矛盾しており、ご都合主義です。従って「×」です。

2>肉体を離れ、この地球から出て御覧なさい。そこには何ら縛るものはありません。・・・・・・ある欧州の人が、「地上8.6マイル(約13.7km)のベールの境を越すと、一切のネガティビティーもない、何も無い状態。マトリックスが一切無い状態。あるのは全くの純粋性のみです」と語っている。・・・・・
この欧州の人物の語る事を信じない者もいる。・・・・・・彼のこの情報が嘘だという者は、己がまだそのステージに達していないだけだという事を謙虚に受け止めるべきである。
→(×)上記の内容が正しいか否かは判断しないが、明らかに1>で述べている内容と矛盾している。貴殿が1>を主張するなら、2>で他人(欧州の人)の体験を語るのではなく、自分の体験で語るべきである。
他人の体験を書いたという事は、自身は検証していないのか。(1>を主張しつつ)ご都合主義ではないか。

3>そう宇宙には何も私達を縛るものはない。縛られるのはこの地球という惑星次元で肉体を持った時だけである。従って肉体依存の私達人類に降り掛かるカルマという概念自体、それは、宇宙の法則でもなく、神の法則でもないことが分かる。そう魂は完全だからだ。
→(全て×)地縛霊、浮遊霊といった存在はどうなのか。「死後霊界地図」の本でも、死後何日間は肉体から離れられなかったと書いてある。また肉体を脱ぎ魂となっても「自分のレベル以上の霊界」へは行けない。
従って、肉体を脱いでも「魂は(カルマの重さ)により霊界の行き先に限界がある」と言える様です(!!)。
日月神示によれば、大神の自由>神の自由>人間の自由です。「真の自由」は大神にしかありません。
そうならば、カルマは宇宙の秩序を守る法則だと考えられ、現状の魂は完全ではなく「不完全→完全を目指す存在」と言えるのではないか(?)。従って書かれている内容が全て「×」である。

4>カルマなどマーヤに過ぎない。それに気づかない限り、真我には届かない。
→(△)一見もっともに思えるが、3>で魂は完全ではなく「不完全→完全を目指す存在」の結論だった。
従って、完全となった魂から見れば「カルマはマーヤ(幻想)」かも知れないが、「完全を目指す状態」の魂から見れば、カルマはマーヤ(幻想)などではなく、「現実に作用する体験で、自らを縛る力」でもある。

道を失った魂の行くところ(2014-10-21の記事で私の投稿への貴殿の回答2014-10-22)
5>さて、毎回ですが、貴殿が私の解釈の深浅を論じる事はできません。
→(×)私は、貴殿の解釈の「深浅」ではなく、「真偽」を指摘し、それについて説明しようとしています。
既に貴殿の情報には、上に示した1>~4>の様に一見もっともに見えるが矛盾や嘘が多数見られます。

6>>「(魂の)閉ループシステム」=「闇のマトリックス」=「カルマの法則」
よくご理解いただけた。それは密接な関係にあります。
→(×)私が言うのは「(魂の)閉ループシステム」=「闇のマトリックス」≠「カルマの法則」です。
私は「カルマの法則」=「(人類を解脱に導く為の)神の愛の法則」だと考えて(かつ確信)います。
カルマの法則と闇のマトリックスは無関係です。貴殿の主張は理解できません。

7>おそらく貴殿はカルマの法則を理解できていません。理解していれば「そんなもんは要らん」と思うでしょう。・・・・・カルマとは二元性の根源なんです。・・・・・(このあと意味不明(?)の呼吸法の話しが続き)・・・・・
それに加え、カルマとは3次元的な行為だけでなく「想う」という行為にさえ機能する。あなたの欲望、願い、それらの全てに機能する。だからそれを成し遂げるまで転生を繰り返させられる。それはつまりイコール
なのですよ。
→カルマの法則を理解できていない(誤解している)のは貴殿(タラの芽氏)のほうです。
カルマの法則はキリストの言葉によれば、「天地が滅びゆく迄まっとうされる」と言っています。そして仏陀やキリスト、マホメット、その他の次元上昇して昇天した聖人達は「カルマの法則」で自らのカルマを解消し昇天を果たしたのです。カルマと呼吸法とは「殆ど何の関係もない」と思います。これは貴殿が呼吸法の話(吸うと吐く)と、カルマを無理やり関連づける為に持ち出して来ただけだと私は考えています。
さらに、カルマとは(人が意識して行う)「神にあらざる行為」に関して、カルマが発生するのであり、「想い」だけで、行動を伴わないものに関しては「カルマとは言えません」この点は明らかに間違いです。
(但し、思いが瞬時に現実化するアストラル界以上なら「思い=現実」の為そういう解釈も可能でしょうが・・・・)

聖書(キリスト)の言葉ですが、
(マタイ5.17)わたし(キリスト)が律法(=モーセの律法)や預言者を廃するために来たと思ってはならない。廃するためではなく、成就するために来たのである。よく言っておく。天地が滅び行くまで、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとくまっとうされるのである。
また、カルマの定義とは(シュタイナーによれば)「結果がそれを引き起こした原因に立ち戻ってくる事」がカルマであると述べています。「想い」だけで「行動に至らない場合」は3次元のカルマとは認められません。

8>あなた方は、ご自身が善人だと思い、自分はカルマの法則が機能しても問題ないと思っているからこそ、その法則を神の愛だと信じたいのでしょう。
→(×)「カルマ」の痛み悩み等は、神の道から外れている事を悟らせる為のもので、それにより内省しつつ言動を改める事で、神への道をまっとうできるので「カルマの法則」を神の愛だと言っているのです。

9>カルマの法則は何時の生の行為の結果が帰ってくるかわからない。ヴァサナは条件が揃うまで芽を出さない。種とはそういうものです。
→ヴァサナと言う語句について調べました。「ヴァサナ」は私達の人生を無意識下からコントロールしていると言われています。ヴァサナは過去から持ち越した性分、性癖、思い癖、悪習、良習など個々人のパーソナ
リティを構成している要素で残存印象とも言われていますが、現代語に直せばストレスという概念が近いかと思います。という内容。
上記から私はヴァサナを「心の傾向(=カルマの因子?)」と考えました。
カルマの因子(心の傾向)に「縁」が作用して「行動する(=善をなす、悪を働く)」。その行動の結果が「カルマ」として将来の自分自身に返って来ると考えています。私はこの様な理解です。

(カルマとは観念であるの後編に)
9-1>このカルマというシステムが実は観念に過ぎないのだと気づき、潜在意識からそれら因子を消去したものが所謂「解脱者」である。・・・・・・・さて、このカルマというプログラムを起動させる因子ヴァサナは、光によって消去させる事ができる。
→(×)「解脱者」とは因子のヴァサナ(=欲望)を消去させた者でなく、カルマ(魂の負債)を解消した者です。
そして、神智学によれば、欲望を消滅させたと思っても「欲望は後で復活」する事となるので「一時的な低い解脱」にしかならず。(長期間のカルマ解消の延期)という結果しかもたらさない。と述べている。
(神智学大要・コーザル体・下の(P.20-22)の内容です。以前投稿した筈、詳細は長くなるので省略)
また、9>のヴァサナに関する内容から、ヴァサナは「心の傾向(=カルマの因子?)」ではあるが、行動する前の状態を指す為に、「心の傾向+縁→行動」した事で生じる「カルマ」とは区別する必要があります。
また、潜在意識から「ヴァサナ(=この世の欲望?)」を消去したとして、過去に行なった行動の結果のカルマからは逃れられません。ヴァサナを消滅させる事で、「過去のカルマも自動消滅(?)」の考えは虚構です。
カルマの解消(消滅?)は、「過去の行為と逆の行為」(大難→小難とした上?)を行って行うものです。

10>>これは否定的な行動に対して課せられる罰則ではなく、気づきを広げるための機会なのである・・・・私の思想に共感してくれる人が居ればいいだけで、気にいらない人はスルーすればいいだけの話です。
→貴殿の主張が、互いに矛盾していたり、あまりにも間違いだらけの認識で、(このままでは)貴殿自身やブログを読み貴殿を信じる人の次元上昇に「障害物を置く」様な内容ばかりなので、彼らに気づきを与える
為に投稿しているのです。(気にいらなければスルーせよでは)「気づきを与える」事にはなりません。
(今回の投稿はここまで。多分(?)文字数制限で)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

神智学を学び中の者 様

 お疲れさまです。

May0blessUさん

 申し訳ないです。クリックミスで前コメントが消えてしまい。順番がMay0blessUさんのあとになってしまいました。

 お気持ちだけでもうれしいです。

 田舎で深呼吸すればそれらは小さい事なんです(笑

 でもこのままだと否定コメントだけのブログに.....(笑


 

田舎で深呼吸

『田舎で深呼吸』というブログ名からして、私は大好きです、最高です。

これからも信頼してます。
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム