ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で泳げる人、補助があれば泳げる人、泳ぐ気のない人

.
 ある行動に対して、人それぞれのタイプを水泳に例えてこのように云います。

  イ, 自分で泳げる人
  ロ, 補助があれば泳げる人
  ハ, 泳ぐ気のない人

 そこで、瞑想に関して少し書きますので、上記ハ,の人は読まないでください。その気もなく、また努力もせず経験もないのにいちいち他人の軒先(当ブログコメント欄)で風呂敷を広げられては迷惑です。

 注:ここから先は、泳ぐ氣のある人のみ読むのを許可します。


 今回この記事を書くのは、泳ぐ気のない人が、泳げる人や泳ごうとする人を非難するという愚行が見受けられるからです。ましてやそれが、自分が出来ないからという嫉妬心からきていることはイタいことです。自ら努力して悟るのではなく、神示や学問を読んで悟った気になっている者は、夏休みの作文の宿題を己はせずに、クラスの誰かが苦労して書いたのを丸写しして提出していい気になっているようなものです。そんなものはあとで先生にバレて叱られるのです。
 泳ぐ気もなく、泳げないなら、泳げる人を非難する資格はありません。そして気に入らないなら、静かに立ち去ればいいのです。それが大人というものであり、徳を積む道なのです。


 さて、瞑想とは自身を見つめる行為だと以前から書いてきました。そしてそれこそが後に意識の拡大へとつながる道でもあります。そしてその意識の拡大が、アストラルを通り抜け、光につながるというものです。

 まず、なぜそれが自身を見つめる行為なのかというと、瞑想や禅は、心を鎮め、何も考えないようにするのですが、それでも色々思考してしまいます。そのとき、日常特に気に留めず流していた想いが出てくるのです。例えば、
「たらの芽のやろうほんと腹立つな....」とか、「あの子ほんとに気に入らないわ」等。

 こういう、自身のなかにある苛立ちや嫉妬心などに改めて気づくことが重要です。

 そして思考が疲れて、本当に何も考えなくなった頃、潜在的な自身の声が聞こえてきます。それは思考するような頭で浮かんでいるのではなく、身体全体から湧いて来ているような聞こえかたです。そしてこの声は、自身の深層に隠れている本心であり、別の言い方では自ら押さえつけて表に出そうとしない自身の想いでもあります。

 この声を聞くことにより、人は己の本性を知ることができます。人は、己がどんな感情を抱いているのか知らなければ治すことができません。瞑想とは、自身で行うセラピーです。
 そしてそれは、思いもよらない声であるでしょう。私の場合、もう何年も前ですが、もう許していたと思っていた人物を罵倒する声が浮かび上がってきました。これは、表向き許したと思っていても、深層ではまだ許していなかったことを現しています。

 このようにして、瞑想すると自身の本当の想いを知ることが出来ます。そしてこのようにして押さえつけていた想いを解放することにより、己の未熟さを知り、反省することができます。また、それは人によっては精神の不安定を作り出していた元凶を取り除くことにもなり、癒しにもなります。

 実際、鬱を通り越し精神病の手前まで着た女性に瞑想を薦めたところ、当初は聞く耳を持ちませんでしたが、あとで聞くと、今は瞑想によって安定を取り戻しているとのこと。でも多分、私が薦めたことは忘れてるでしょうね(笑

 この時の肉体的な状態は、呼吸がとてもゆっくりになっています。


 そしてさらに、潜在的な想いが一通り出てしまうと、意識はアストラル域に入ります。このとき、呼吸は完全に停止しています。
 しかしここから先は、泳げる人以外は進まないでください。進む場合、以下を心に留めて行ってください。

 初心者の場合、もちろんこの領域は低域なので、くだらない輩(魂)が攻撃してきます(今は知りませんが)。中には瞑想者を騙そうと、善人ぶる者もいるようです。ここでそれらを振り払えない人は、奴らに捕われ、精神が破綻していまいます。霊能者や精神病の多くが、瞑想以外のところで彼らに捕われた者達です。
 ※自らの意思で瞑想しようとするものは、しっかりとした精神を持っていますので、捕われることはおそらくないと思われます。

 アストラルの住人に対しては、どんなに善人に思えても無視することが肝心です。私の場合は、善人は出てきませんでしたが(笑)印象に残ってるのは「バカなことしてるなぁ」「そんなことしたって意味ないよ」「やめろやめろ」と幾つもの魂が瞑想を止めるよう囃し立てました。当初私は黙って言わせてやってたのですが、あまりにきりがないので「出て行け!」と一喝すると、一瞬にして消え去りました。以後、奴らが出てくることはありません。私の精神の方が強いことが分かったので、彼らはもう手出しが出来ないのです。


 アストラルの住人の邪魔が無くなると、完全なる静寂が訪れます。オーム音が聞こえ、その後優しい光に包まれます。そして頭上から、目も眩むような光の柱が降りてきます。
 最新のコブラのインタビューに、「チベット死者の書」についての回答が有ります。そこに、以前から私が光によってカルマの種子を消し、この3次元の罠から逃れる趣旨を書いて来たのと同等のことが語られています。

ロブ:『チベット死者の書』から死の体験についての質問です。「白い光を思い出しなさい。その純粋な光は、宇宙のあらゆるものがそこから出て、宇宙のあらゆるものがそこに帰るところ。あなたのマインドの本質であり、未だ顕現していない宇宙のあるがままの状態。輝いた光の中へ自らを解き放ちなさい。信じて、融け込みなさい。それはあなたの真の本質。それは故郷だ。」これは死の移行の時に役立ちますか、誤っているところはありませんか?

コブラ:これはとても良い助言です。死に際して、あなたの真の本質、あなたの内なる光に集中する助けとなるような説明です。それは実際、死ぬときにアルコンの罠を避ける方法です。



 瞑想は、死後でなくともアルコンの罠から抜け出る為の方法なのです。潜在意識にわだかまりを残している人は、光とつながれないからです。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

たらの芽さんは、オームの音が聞こえ、光も見られたのですね。
わたしも、パラマハンサ・ヨガナンダの本を読み、瞑想を始めました。
根気よくやれば、神が訪れてくださると信じています。
続けるということは、難しいですね。ときどきやれない日もありますが・・
わたしも早くオームの音を聞き、光を見、神にお会いしたいです。

No title

私もアラーエさんの瞑想を続けています。
はっきりした言葉は聞こえませんが、キラキラした耳鳴り?や、クスクス笑いなどが聞こえるときがあります。
食事も、肉はほとんどやめ、野菜中心。
一年くらい続けたら、目を閉じているとき、白・青・紫などの光が見えるようになりました。
瞑想を始めたばかりの頃は、何故か悪魔のようなイメージが頭に浮かんだりしてましたが、たらのめ様の言うことなのだなあと思います。悪夢ばかり見ていたのですが、最近は悪夢はみず、幸せな感じの夢を見るようになりました。
瞑想中やリラックスしているときは、手のひらや頭などに、ジーンと、心地よい熱?エネルギー?が入ってきます。
体も最近はとても軽くなりました。
たらのめ様の言う通り、瞑想はとても良いことなのだと思います(*^^*)

No title

上記の文章は、多分自分のことを書かれているのだろうと感じました。
コメント欄を荒らすつもりではなかったのですが、たらのめ様に不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
今後はたらのめ様のお仕事を邪魔することは致しませんのでご安心下さいm(__)m
短い間でしたが、ありがとうございました。

めぐさん

> たらの芽さんは、オームの音が聞こえ、光も見られたのですね。

 いまはもうオーム音はスルーして光だけになってますね。

> わたしも、パラマハンサ・ヨガナンダの本を読み、瞑想を始めました。

 ヨガナンダの本は人類の宝ですね。

> 根気よくやれば、神が訪れてくださると信じています。

 ですねv まぁあと何年もすればしなくてもつながるんだと思いますが.....。

nuts & co さん

> 上記の文章は、多分自分のことを書かれているのだろうと感じました。

 そうですね。基本的に体験談しか語りません。

nuts & co さんが体験されているそれは光とつながる前段階ですね。若い頃、そのような光がぽつぽつ見r始めた時がありました。それは気づきがあったり、意識レベルが高い時に起こる現象です。正道を歩んでますねv

> コメント欄を荒らすつもりではなかったのですが、たらのめ様に不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

 いや、全然荒されてませんけど....w

> 短い間でしたが、ありがとうございました。

 なに?そのさよならみたいな.... まぁそういわずに^^

No title

ちょっと気になって、覗いてみたらお返事があったのでコメさせてください。
昨日の今日だったし、自分が変なこと書いたのでご立腹してると思い、かなりかなり落ち込んじゃいました(T-T)
怒ってなくて?良かったです‥。
今超安心しました(*^.^*)良かった~~~(*´ω`*)
未熟者ですので、どうか温かく?見守ってください~m(__)m

No title

またまた失礼いたしますm(__)m
オーム音という言葉をこちらで初めて知り、ネットで調べてみたら、思いあたる出来事がありました。
1つめは、その日滝を見に行き、動画に撮ったのを見てたときに「おーあー」とという声?のような音が聞こえました。
2つめは、夜寝てたらふと目が醒め、目を閉じていたのですが、金色に光る人のような顔が微笑みながら過ぎ去る影像が見えました。その後「おーあー」という声?が聞こえました。
どちらも瞑想中ではないので、オームとは関係ないかもですが、少し気になる体験談でした(*´-`)
この他にも、覚醒?したころから不思議な体験がたくさんあり、これからも増えていくような気がします。

nuts & co さん

 こんにちは

オーム音はですね。モーターのような音なんです。ウォンウォンウォンという音です。洗濯機の回転の時のような?
 このURLの鳴り始めの頃の音が揺らいでいる時の音がかなり近いです。

https://www.youtube.com/watch?v=SdSht2c1PLM

 周波数は私に絶対音感がありませんので分かりませんが、こんなに高くはなかったと思いますが.....。


「おーあー」ですか? なんの声でしょうね?

No title

お返事ありがとうございます(*´-`)
この音先月夢の中で聞きました(°▽°)

またまた夜寝てたらふと目が醒めたのですが、体にすごい振動を感じて、「これは、噂に聞く幽体離脱というやつか~♪wktk」と思っていたら((意識はしっかり)、今度は夢の中に入ったようで(半覚醒のような)、幽体離脱した感覚でした。その状態で、自分の姿を見たあと、家の外に出たら、遠くの方から、(たらのめ様のYouTubeの)オーム音が聞こえていて、その方向に天から光が差す建物?が見えて、そこに向かって「おーい!」(^o^)/と一生懸命手をふる夢を見ました。
その時の不思議な音は、宇宙からの音?光の銀河連邦?なんなんだろうと思ってたんですが、オームの音にとても似ていてびっくりしましたヽ(・∀・)ノ
たらのめ様、すごいです\(^o^)/感謝ですo(^o^)o

nuts & co

 こういうコメントを入れて頂くことによって私の(過去も含め)記述が嘘でないことが立証され助かります。
まっ、それでも馬鹿にする人は何書いてもしますし、別に構いませんけどねw

>その状態で、自分の姿を見たあと、家の外に出たら

 魂は肉体から出てる状態ですね。基本的に睡眠中は光の中に入ってますからね。
ただ、多くがそれを知覚出来ないようです。私は普通の人が「コクッ」と眠りに落ちる瞬間以後も意識をとぎらせず入れるようにいつのまにかなったんですが、そこは光の世界ですよ^^
 つまり眠りに入った週刊の世界というのは光の世界。神の世界に戻ってるんです。
 よろしかったらどうぞ。すぐに意識は戻されますけどね....未熟なんでw

No title

自分の意思で光の世界に入れるなんて、すごいですね(°▽°)
私の場合、宇宙人の声が聞いてみたい~とか、見てみたい~、と思えば思う程遠くなっていくみたいです(*_*)
私念?(欲?)もなく、何にも考えてないときに、不思議現象がおこるようです。
たらのめ様に教えていただき、すっきりしましたヽ(・∀・)ノ
ありがとうございます♪
私の家族や友人も、私の話しを聞くと爆笑しますが、最初は悲しく思うこともありましたが、たらのめ様や宇宙への旅立ちやシェルダンさん、サルーサさんなどのブログや励ましを読んでたら、独りじゃないんだと思えるようになりました(^^)
これからも応援してます(^-^)


訂正

>  つまり眠りに入った週刊の世界というのは光の世界。神の世界に戻ってるんです。

 週刊→瞬間

プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム