ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルフォードレポート(12/15)の件

.
 これは、情報元の立場を考えると、本人は正確な情報を拡散、届けてほしいと願うはずです。本人は伝えているのに、訳者の個人的な立場から読者に伝えないというのは、情報元が悪く誤解される可能性があります。
 従って、そこは指摘しておきたいと思います。


ああ悲しいではないか フルフォードレポート英語版(12/16)

この報告書の公開は、英王子ウィリアムが世界銀行会議に出席のためにワシントンに来た時に起こった。日本政府情報筋はワシントンにいる間に、ウィリアムは米企業政府の所有権の変更を確認する条約に調印したという。しかし、MI5情報筋はウィリアムはいくつかの文書に署名しただけだと確認した。拷問の報告書に公開の時期はそれと関連していると思われる。


 ところが、GFLサービスさんでは上記の赤文字部分が削除されています。

GFLサビース ベンジャミン・フルフォード 2014年12月15日

この報告書の開示は英国のウイリアム王子が”世界銀行会議出席”のためにワシントンに訪問した時におこなわれました。ウイリアムは、米国の企業政府所有権の変更を確認する条約に署名しました。拷問レポート開示のタイミングはこれと関連していたかもしれません。



 原文を確認したところ、ああ悲しいではないかさんが正しいことが分かりました。GFLサービスさんは以下のような情報を掲載しているので、都合が悪いので削除したのでしょう。

今は歴史的な時です。米国東部時間12時01分に、あなた方は再びアメリカ共和国の市民になりました。ウイリアム王子が軍用ジェットでRENOに飛来し、アメリカと大英帝国との間の条約に調印しました。アメリカは自由な国になりました! 



 情報の真偽は読者の判断に任せるべきで、恣意的な(偏向)開示、翻訳はその者や組織の誠実さを疑わせます。このような行為をしただけで、正しい情報さえも今まで改ざんされていたのではないかと疑われてもしかたありません。



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム