ブログランキングに参加中。
よろしかったらポチッとお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開き直った日本会議

.
 日本の年寄り連中がついに公に集会を開催したようです。



日本会議の大規模集会で安倍首相がビデオメッセージ!1万人以上が参加、国民投票の早期実現を決議!「私たち自身の手で憲法をつくる

一目瞭然、上記リンク先のコメント欄の感想が物語るように、まさにカルト集団のように見えます(笑
我が国の現総理大臣及び内閣は、この日本会議のメンバーであり、彼らの意思の実行部隊です。

この年寄り集団は、隠れ宗教団体で、かれらの上級組織に神社本庁があり、つまり彼らは神道による国づくり、つまり(神道を国家神道とすることで日本国民の道徳の根源として、事実上国教化していた:wiki)戦前の日本を目指しています。

この神道による国づくりと聞けば日本人にとっては(ある意味)聞こえがいいかも知れませんが、それは中世ヨーロッパにおいてカトリック教会が民を支配していたように、神への冒涜の元に言論が弾圧される全体主義の世界であり、封建社会の構築であります。そしてそれは現政権が次々に議決して行く法案を考えれば分かる事ですが、もう一つの側面を見ても分かってきます。

山口県田布施町の怪(上)

《1》  鬼塚英昭氏の新著『日本のいちばん醜い日』(成甲書房)を読むと、 日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られたということであることが解る。
 長州藩の田布施一味とは、山口県熊毛郡出身の政治家らのことである。
熊毛郡の田布施町を中心にしている。
ここは光市と柳井市に挟まれた寒村だった。
大室寅之祐=明治天皇、
伊藤博文、 幸木戸一、 宮本顕治、 河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣などである。
むろん、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、この田布施一味の末裔である。  
小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施(現在は加世田市金峰町)出身の朝鮮人である。
鹿児島の田布施も山口県の田布施と同じ、朝鮮人部落である。
小泉純也は上京して小泉又次郎というヤクザ(刺青大臣と言われた)の婿養子となって「小泉姓」を名乗り、日本国籍を取得したのだ。
小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身であることが偶然であるわけがない。
 ユダヤ国際金融権力は、こういう人間を使って、日本乗っ取りを支援しながら、連中の弱みを握って、思い通りに支配してきたのだ。



 また、美智子様の実家である正田家も部落にあったとされていることから、美智子様が嫁がれた理由、そして彼らが天皇を中心とした(戦前の)日本をとりもろすwというのは彼らなりに納得のいく考えなのかもしれません。

 ですから、安倍政権を批判する者は在日(朝鮮人)だ。と攻撃する人たちは、もっと背景を見極めるべきです。事実は朝鮮人が安倍政権の後ろ盾なのです。安倍首相が統一教会とつながっている事は周知の事実です。


 さて、上記枠内には「ユダヤ国際金融権力は、こういう人間を使って、日本乗っ取りを支援しながら、連中の弱みを握って、思い通りに支配してきたのだ。」とあります。

つまり、今の日本は田布施一族に乗っ取られており、その彼らを支配しているのがユダ金なのです。そして昨今、その事実が国民に知れ渡ったと同時に、強硬な政権運営への国民の反発により安倍政権の力を見せつける必要性にかられ、まさに開き直るしかなかったのでしょう。


 

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

タラの芽団地

Author:タラの芽団地
タオイスト
ベジタリアン
合氣道々場主

猫は左が紫苑、右が八雲。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム